27Feb

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(二十四)

时间: 2015-2-27 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

479:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/13(水)01:10:38 ID:YYmdLSwtV

「いやあ!まさか、咲子の彼氏がのび太だったとはな!」

咲子さんの部屋で、舞さんはビールを片手に豪快に笑う。

「哎呀!真的是没想到,咲子的男友竟然会是伸太啊!」

在咲子桑的房间里,舞桑单手拿着罐装啤酒豪爽地笑着

 

「ホント不思議だね……まさか、お姉ちゃんの知り合いなんてね……」

咲子さんはおつまみを出しながら、感慨深そうに呟く。

「真的是不可思议啊……真的是没想到,和姐姐竟然是认识的……」

咲子边端出下酒菜,边感慨颇深地这么感叹道

 

「………」

一方、話題の中心にいる僕は、気が気ではなかった。

「………」

另一方面,身处于话题中心的我,则完全是一副坐立不安的样子

 

舞さんは僕が咲子さんの彼氏だと気付くなり、しばらく顔を見た後、まるで何事もなかったかのように接し始めた。

いったい、何を考えてるのだろうか……

舞桑意识到我是咲子桑的男友后,只是稍微看了一下我的脸

然后仿佛什么事没有那样,保持着跟平时同样的态度接待着我

舞桑,到底在想些什么呢……

 

「――あれ?ビールなくなっちまった……。咲子!ちょっとビール買ってきて!」

「もうお姉ちゃん!今日はちょっと飲み過ぎだよ!」

「固いこと言わないって。せっかくのび太もいるんだし。な?のび太?」

「は、はい……」

「——啊咧?啤酒没有了诶……咲子!稍微给我买罐啤酒回来!」

「真是的姐姐!今天稍微有点喝太多啦!」

「别这么死板啦,难得今天伸太也在。是吧,伸太?」

「是、是的……」

 

「――ってことだ。すぐそこのコンビニにあるだろ?ちょっと頼むよ」

「……もう。仕方がないなぁ……」

ぶつぶつ文句を言いながら、咲子さんは部屋を出ていった。

残されたのは、僕と舞さん。玄関が閉まる音が響くなり、舞さんは先ほどまでの緩い顔を一変させ、真剣な表情を見せた。

「——就是这样了,这下面没几步路不就有个便利店吗?拜托了噢」

「……真是的,真拿你没办法呢……」

咲子桑边这么发着牢骚边离开了房间,只留下我和舞桑在房间里

在门口那边响起关门的声音后,舞桑直到刚才为止的那副放松的表情瞬间发生了改变

表情严肃地看向了我

 

「――で?これはどういうことだ?説明してもらおうか……」

その目には、凄まじい威圧感があった。

そんな視線を受けた僕に抵抗など出来るはずもなく、ことの経緯を洗いざらい説明した。

「——然后?这到底是怎么回事?能给我说明一下吗……」

那个目光里蕴含着骇人的威压感

当然不可能承受得住这种视线的我,老老实实地把至今为止的经过讲述了一遍

 

486:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/13(水)01:33:34 ID:YYmdLSwtV

「――そうか……咲子が……」

「もちろん、僕からも交際を申し込みました。それが、今の関係です……」

「そうか……」

難しそうな顔をしながら話を聞いていた舞さんは、話を聞き終えると目の前にあるビールを一気に飲み干した。

(まだ入ってたんだ……ってことは、さっきのは僕と二人になる口実だったわけか)

「——是嘛……咲子她……」

「当然,从我这边也对她提出过交往的请求。于是才有了现在的关系……」

「是这样啊……」

在我讲述的过程中,舞桑露出了一副为难的表情

然后在我完全讲完的时候,她一口气将面前的啤酒喝了个干

(原来还没完全喝完啊……也就是说,刚才那个只是为了把咲子桑支开的借口么)

 

「……まさか、しずかの最大のライバルが、我が妹とはな……。世間ってのは、つくづく狭いもんだ……」

「……僕も、まさか舞さんが咲子さんのお姉さんとは思いませんでした……」

「まあ、いくら信じられなくても、純然たる真実としてあるわけだから、そこは何を言っても無駄だろう。

――それより、問題はアンタのことだ……」

「ぼ、僕ですか?」

「……真的是没想到,静香最大的情敌,竟然是我的妹妹……

 越来越觉得世界这种东西真的是太小了……」

「……我也是,真的完全没想到舞桑竟然会是咲子桑的姐姐……」

「嘛,不管再怎么难以置信,这已经是毫无疑问的事实了,现在不管说什么都改变不了什么

 ——这个先暂且不提。话说,问题其实在于你啊,伸太……」

「我,我吗?」

 

「ああそうだ。――のび太、お前、正直な話、どっちなんだ?」

「どっちなんだと言われましても……」

「簡単な話だ。しずかと咲子……この日本においては、一夫多妻制は認められていない。どちらかを選ばなくてはならない。……お前は、どっちを選ぶんだ?」

「そ、それは……」

「即答――出来ないんだな」

「………」

「啊啊,没错。——伸太,说实话,你究竟选择哪一边?」

「就算你说哪一边……」

「这逻辑很简单,静香和咲子……在这个日本,一夫多妻是不被认同的

 无论如何你都必须选出一个来。……你,究竟选择哪一边?」

「那、那是……」

「……看来没办法瞬间给出回答呢」

「………」

 

舞さんの威圧感は、僕の心臓を鷲掴みにするかのようだった。

それは、即答できなかった僕に対する、舞さんなりの怒りなのだろう。僕は、黙り込んでしまった。

舞桑的威压感,带给了我一种心脏被紧紧箍住的错觉

那应该是,对无法瞬间给出回答的我的愤怒吧

我,完全陷入了沉默

 

487:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/13(水)01:35:58 ID:YYmdLSwtV

「……すまない。少し意地悪が過ぎたな」

「……いえ」

「だがのび太。一つ、理解しておけ。お前は確かに優しい。相手のことを想い、気遣いが出来る男だ」

「………」

「……抱歉,稍微有点太刁难人了」

「……不会」

「只不过啊伸太,有一件事情请你理解。

 你确实是很温柔,是能为对方着想,顾及到对方心情的男人」

「………」

 

「……でもな、その優しさが、返って誰かを傷付けることもある。

今お前は、二つの岐路に立っている。しずかか、咲子か……どちらの気持ちもお前に向いている以上、そのどちらかを選ばなくちゃならない。

そしてそれが意味することは、必ず、誰かが傷付くということだ」

「………」

「……但是啊,你的那个温柔,反过来也有可能对什么人造成伤害。

 现在的你,正站在二选一的分叉点上。究竟是静香呢,还是咲子呢……

 既然两人的心意都已经朝向你这边,你就不得不做出选择。

 然后那也就意味着,你必定会伤害到什么人」

「………」

 

「咲子か、しずかか……それともその両方か……それは、お前にしか決められない。そしてな、その傷は、決断が遅ければ遅いほど、深く突き刺さるんだよ」

「……はい」

「那可能是咲子,也可能是静香……或者是两人同时……这个只能由你来做出决定。

 然后啊,你的那个决定下得越晚,她们在那之后受到的伤害就会越深」

「……嗯」

 

「正直、私はどちら側に付くことも出来ない。咲子は、私の大切な妹だ。しずかは、私の可愛い部下だ。二人とも私の宝で、幸せになって欲しい」

「それは……当然だと思います」

「说实话,我哪一边都帮不了。咲子是我重要的妹妹,然而静香也是我可爱的部下。

 两个人都是我的宝贝,当然希望她们都能够得到幸福」

「这……是理所当然的」

 

「とにかく、よく考えておけ。そして、早く決断しろ。じゃないと、いずれアンタを含めた全員が傷付くことになる。深く、惨たらしく。

――そうなったら、私はアンタを一生許さない。たぶんな」

「………」

「……私は、のび太、お前のことも好きなんだよ。だから、私にそう思わせないでくれ」

「……はい」

「总而言之,先好好地思考吧。然后,尽可能早地作出决定吧。

 不然的话,总有一天包括你在内的所有人都会受到伤害……深切而惨痛地。

 ——如果真变成那样的话,我大概一辈子也不会原谅你」

「………」

「……不止是那两人,包括伸太你在内,我也挺喜欢的。所以,请务必别让我变成那样」

「……嗯」

 

「頼んだぞ……」

「………」

それ以降、舞さんは何も言わなかった。

「拜托了噢……」

「………」

在那之后,舞桑就没说什么更多的了

 

499:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/13(水)10:39:22 ID:Bp8HBABCR

それから、僕は咲子さんが帰って来るのを待って、自宅に帰った。

咲子さんは名残惜しそうにしていたが、さすがに時間も遅かったので引き留めることはなかった。

舞さんはヘラヘラ笑いながら手をひらひら振っていたが、帰り際、静かに耳打ちをしてきた。

在等待咲子桑回到家后,我也回到了自己家

咲子桑虽然看起来还是有些依依不舍,但毕竟已经是这个时间,所以并没有挽留

舞桑则是大咧咧地笑着,潇洒地挥舞着手臂

——不过,在我离开时则是悄悄在我耳边说了一句

 

『のび太……しっかりな……』

とても、穏やかな口調だった。――でも、とても重い言葉だった。

『伸太……要坚强噢……』

那真的是,非常祥和的口吻。——但同时也是,非常沉重的一句话

 

夜道を歩きながら、トボトボと帰っていく。

夜風は冷たく、心まで冷やすかのように僕の体を通り抜ける。

今日は星が見えない。月のない夜だからよくわからないが、薄く雲が張っているのかもしれない。

迈着沉重的步伐,我踏上了回家的道路

夜风非常地寒冷,仿佛要把我整颗心冻僵那般,穿透了我的身体

今天看不见星星。或许只是被薄云挡住了而已,不过因为是无月之夜所以不是很清楚

 

暗闇の空を見上げて、一度足を止めた。

そして空の彼方に向けて、呟く。

「……ドラえもん、キミなら、今の僕に、なんて言うんだい?」

『仰望着暗淡的夜空,我稍微停下了脚步』

然后对着夜空的另一边,轻声说道

……哆啦A梦,如果是你的话,对现在的我,会说些什么呢?

 

この街のどこかにいるなら、同じように、この空が見えているだろう。会えない彼に、空を経由して言葉を送ってみた。

――当然、空は何も答えることはない。

如果在这个城市的某个地方的话,应该也正和我看着同样的天空吧

对无法见面的他,试着通过天空传达了话语

——当然了,空中并没有传来任何回答

 

「……なんて、ね……」

見上げることを止め、再び歩き始める。

「……才怪咧……」

将视线移回到前方,我再次迈开了脚步

 

(いつまでも、彼に頼るわけにはいかないよね。彼は、僕ならいい方向に決めれるって言ったんだ。……それで、十分じゃないか……)

(也不能什么时候都依赖着他啊。

 他可是说过的,如果是我的话一定能做出一个好的选择。

 有这句话……不就已经足够了么……)

 

まずは、自分で出来ることをしよう。そう、思った。

僕は、誰もいない夜道を歩いて、家に帰った。

首先,先做一下自己能做的事情吧,我是这么想的

走在空无一人的夜道上,我回到了家

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. 烤火鸡腿
    烤火鸡腿 发表于: 2015年2月27日 23:19:37

    更了[鼓掌]

  2. v
    v 发表于: 2015年2月28日 15:52:52

    还想继续看

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部