1Mar

『长篇故事・2ch』自哆啦A梦消失以来,已经有10年了吗……(二十六)

时间: 2015-3-1 分类: 大雄:自那以来,已经有10年了吗… 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://open05.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1407666476/


 

上一章 目录 下一章

 

512:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/13(水)11:35:31 ID:Bp8HBABCR

その後、外に出た。もう一度、街を歩いて回る。

街角のタバコ屋、雷爺さんの家、みんなの実家……。過ぎ去る景色は、僕の心を、まるで昔にタイムスリップさせるかのようだった。

在那之后,我出去散了一下步。再一次,好好看了一下整个小镇周围

街角的香烟店,雷爷爷的家,大家的老家……

擦肩而过的景色,给了我一种仿佛回到了过去的错觉

 

河原の野球場では、子供たちが草野球をしていた。

施設が、ずいぶん新しい。

この野球場、実は最近整備されていた。それまでの野球場は、この十年でかなり老朽化していた。雑草が生い茂り、フェンスもボロボロになっていた。

それを、ジャイアンが修復した。もちろん当時野球をしていた僕らも、資金を出し合った。

在河滩附近的棒球场上,小孩子们正在打着业余的棒球比赛

设施看上去还很新

这个棒球场,其实最近才刚刚维修过

在这之前,棒球场在十年间里已经老化得很严重

到处都长满了杂草,而且围栏也是破旧不堪

技安看到这些后决定要修复球场,当然了,当时一起打过棒球的我们也出了钱

 

『ここは、俺達ジャイアンズのホームグラウンドだ。またここで、絶対野球するんだ』

これが、ジャイアンの修復発案時の言葉。それに全員が賛同し、修復した。

『这里是,我们技安队的本场。以后一定还要回到这里打棒球』

这个是,技安提议要修复球场时说的话

对这句话大家都表示赞同,纷纷出钱参与了修复

 

しばらく河原に座り込み、野球を見る。少年達はワイワイ騒ぎながら、試合を楽しむ。

稍微在河滩上坐下,看了会儿棒球

看着少年们兴奋地闹腾着,享受着比赛的场面

 

「打ったら逆転だぞー!!絶対打てよー!!」

ふと、一人の少年がバッターボックスに立つ少年にそう叫んだ。

「如果打中的话就逆转了噢!!绝对要打中噢!!」

忽然间,有一个少年对着站在打者区的少年这么叫道

 

「……打たないと、ギッタギタだからな……か……」

脳裏に焼き付けらた、ジャイアンの言葉を思い出した。

「……如果不打中的话,就把你撕成碎片噢……么……」

想起了技安以前说过的那句深深刻在脑子里的话

 

「打てないくらいで殴られるって……今考えても理不尽だよな……」

懐かしきジャイアン理論に、思わず苦笑いが浮かぶ。

「如果不打中的话就会被打……就算是现在想都觉得实在是太不讲理了……」

回想起令人怀念的技安理论,忍不住露出了一副苦笑

 

「――野比?野比か?」

野球を見ていると、後ろから声をかけられた。白髪の、スーツを来たメガネのオジサン。

「——野比?是野比吗?」

在我观看着棒球时,背后传来了搭话声

回头一看,是一个白发苍苍,穿着西装戴着眼镜的爷爷

 

「……あなたは……先生……」

先生は、ニコッと笑みを浮かべた。

「……你是……老师吗……」

老师脸上露出了笑容

 

「……久しぶりだな、野比―――」

「……好久不见啊,野比——」

 

540:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/13(水)19:57:02 ID:H3kqmpeHo

「……そうか。帰省してたのか……」

先生は僕の隣に座った。野球場からの少年達の声を聞きながら、雑談を繰り返す。

「……是这样啊,回家探亲来了吗……」

老师在我旁边的位置坐了下来

我们边听着棒球场上传过来的少年们的声音,边闲聊着

 

「先生は、まだあの小学校に?」

「まあな。ただ、私ももうすぐ定年だ」

「先生が……定年……」

時間の流れを感じた。あれだけ怖かった先生も、すっかり穏やかな表情となっていた。

髪も白くなり、体格も丸い。

「老师,现在还在那个小学里吗?」

「是啊。只不过,我也马上要退休了」

「老师……退休……」

真的是感觉到了时间的流逝,以前那么可怕的老师,现在也是一脸祥和的表情

头发变白,体格也变得圆滚了起来

 

「……しかし、野比も社会人か。あれほど0点を取った生徒は、野比、お前だけだったぞ?」

「ハハハ……面目ないです」

「いやいや、もう昔のことだ。それに、キミは今ちゃんと社会人として働いているではないか。

――あの頃は、私はキミたちに勉強をしてもらいたいがために厳しく言っていたが、キミの良さは分かっていたつもりだよ」

「僕の、良さ……」

「……只不过,野比也成为了社会人士了么,拿过那么多0分的学生

 野比,只有你而已噢?」

「哈哈哈……真的是脸上无光啊」

「不不没什么,已经是过去的事情了

 而且,你现在不也是有作为社会人好好地在工作嘛

 ——那个时候,我虽然为了让你们能够好好学习说过很多严厉的话

 但你的优点我还是知道的」

「我的……优点……」

 

「仲間思いで優しい男の子……勉強は出来なくても、それ以上に素晴らしいものを持ったのが、キミだ」

「……恐縮です」

「まあ、もう少し勉強が出来ていれば文句はなかったんだけどな!ハハハハ……!」

声を出して笑った後、その場を立ち上がる。

それに続き、僕も立ち上がった。

「很会为同伴着想的温柔的男孩子……

 就算学习不怎么样,但还是拥有其他更宝贵的东西,那就是你」

「……惭愧」

「嘛,如果学习再稍微好一点的话那就没有怨言了呢!哈哈哈哈……!」

老师在笑出声音来后,从那里站了起来

我也紧跟着站了起来

 

「……さて、私はそろそろ行かせてもらおうか」

「はい……先生、お元気で……」

「ああ。野比もな」

そして先生は、そのまま去って行った。

遠退く先生の背中は、どこか小さく見えた。

「……那么,我也是时候该走了」

「嗯……老师,多保重……」

「啊啊,野比你也是」

老师在这么说完之后,就这样离开了

逐渐变远的老师的背影,总觉得看上去有点小

 

542:◆9XBVsEfN6xFl: 2014/08/13(水)21:10:29 ID:H3kqmpeHo

家に帰った後、僕は父さんと酒を交わす。

父さんは、上機嫌だった。顔を赤くして、ニコニコ笑っていた。

回到家以后,我和父亲喝着酒

老爸看上去心情很好。面色通红,脸上一直笑眯眯的

 

「――まさか、のび太と酒が飲める日が来るとはな!月日が経つのは早いものだ!」

父さんは僕のコップに、次々とビールを注ぐ。

「——没想到,会有和大雄一起喝酒的一天!岁月这种东西过得还真是快啊!」

老爸在我的杯子里一杯一杯地倒着啤酒

 

「……僕、そんなにお酒強くないんだけど……」

「細かいことは気にするな!さあ!どんどん飲め!」

父さんはすっかり酔ってしまっているようだ。ノリが、会社の上司によく似ている。

「……我的酒量可没那么好啊……」

「不要在意那么多细节了!撒!快喝快喝!」

老爸已经完全醉了的样子。这副调调跟公司里的上司非常相像

 

苦笑いする僕に、追加にビールを持って来ていた母さんが後ろから笑いながら話しかけて来た。

「お父さんね、楽しみにしてたのよ?のび太とお酒を飲むことを」

「父さんが?」

「そうよ。いつも家で晩酌をする時に言ってたの。ここに、のび太がいてくれたらなぁって……」

「………」

手里拿着追加啤酒的老妈,则是从背后向苦笑着的我笑着搭话道

「你老爸他啊,很期待有这么一天噢?和大雄一起喝酒的一天」

「老爸他?」

「是啊,在晚饭喝酒时他经常会说,『如果大雄在这里的话就好了……』这样」

「………」

 

「口では言わないけど、お父さん、寂しかったのよ。……もちろん、私もね……」

「……うん」

両親を安心させようと思って一人暮らしをした僕だったが、父さんと母さんは、別のことを思っていたようだ。

いくつになっても、子供は子供……誰かが言った言葉だ。

その意味が、少しだけ分かったような気がする。

「嘴里虽然不会说,不过你老爸也挺寂寞的噢。……当然,我也是……」

「……嗯」

虽然我是为了让父母安心才决定一个人住。不过老爸和老妈好像想着别的事情的样子

不管长多大,孩子就是孩子……不知是从哪里听到的这句话

里面蕴含的意义,感觉稍微懂了一些

 

父さんは相変わらず笑顔でお酒を飲む。母さんはお酒を飲まないのに、そんな僕達を座って見ている。

ずっと一緒に暮らしていた父さんと母さん。でも、一緒にいた時には薄れていたモノが、僕の中にはっきりと浮かび上がっていた。

――父さんと母さんの想いが、僕の中に注がれていたようだった。

老爸还是用一如既往的笑容喝着酒,老妈虽然本身不喝,但会在一旁看着我们喝

陪我一直长到大的老爸和老妈

住在一起时难以感受到的某种东西,到了现在感觉能够清晰地感受到

——老爸和老妈的思念,看样子一直有投注在我身上

 

「……父さん、お酒、注ぐよ」

「お!ありがとうな!」

その日は、夜遅くまで父さんと酒を交わす。心の中のしこりのようなものが、少しずつ溶けだしている気分だった。

「……老爸,我给你倒酒」

「噢!谢谢啦!」

那一天,直到夜深都一直和老爸喝着酒

感觉心里某种像是芥蒂一样的东西,正在慢慢地溶解开来

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. ryu
    ryu 发表于: 2015年3月2日 10:38:56

    雷爺さん? 原著里没印象有这个人,老师还是一如既往的没有名字

    • mousoukyou
      mousoukyou 发表于: 2015年4月30日 19:10:29

      記得是一個養著一條狗的可怕的老爺爺
      大雄被逼著去偷柿子之類的?
      還有一次是好壞判斷反轉的那次,大雄和技安被不同對待了
      似乎還有其他,記不得了

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部