10Mar

『长篇故事・2ch』讲讲我跟恋人私奔,从村里逃出来的故事(三)

时间: 2015-3-10 分类: 讲讲我跟恋人私奔,从村里逃出来的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/cat_1150354.html


 

上一章 目录 下一章

 

60:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 01:54:31.34 ID:tpbZim4N0

バスが村の境を抜けた時。

僕の心の中は 成功 の2文字しか無かった。

在乘坐巴士越过村境的时候

我的心里,想的只有 成功 两个字

 

この後行くあて等有りもせず、数少ない資金。

けれどそんな事など一切頭にない。

在那之后没什么目标,资金也只有少量

然而那时的我,脑子里完全没去想这种事

 

何故ならドラマの中の駆け落ちはハッピーエンドだったから

という理由で

要问为什么的话,那是因为电视剧里的私奔是Happy End

仅仅是这样的理由

 

61:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 01:57:35.67 ID:tpbZim4N0

そして、バスが町の駅に着くとその駅から出る電車で一番遠い町の切符を買った。

駆け落ちとは遠くへ行くものだと思っていたから。

然后,乘坐巴士到达城镇的车站后,又买了从离那个镇最远的城镇的电车车票

只是想当然的觉得要私奔的话那自然应该跑到尽可能远的地方

 

そして、電車に乗り、目的地に着くまで2人でずっと他愛ない話を続けた。

然后,我们坐上了电车。直到到达目的地为止,两个人一直进行着漫无边际的闲聊

 

62:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:01:40.87 ID:tpbZim4N0

電車を降りると時間はもう夜の8時をまわっていた。

見知らぬ町の夜。

急に不安になってくる。

下了电车以后,时间已经到了夜里的8点

完全不熟悉的城镇的夜里

突然变得不安了起来

 

「ねぇ、夜どうするの?」

そう言われてハッとする。

なんと言ってもノープラン。

そんなこと考えてなかった。

「呐,晚上该怎么办啊?」

被这么一说才回过神来

完全没制定计划

脑子里根本没想这种事情

 

63:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:06:33.19 ID:tpbZim4N0

「大丈夫だよ!」

と粋がって見せ、近くの旅館の受付に入ってみる。

「没问题的噢!」

这么自以为潇洒的回应道,试着来到了附近旅馆的柜台

 

「すみません。2人なんですけど大丈夫ですか?」

受付のおばさんが不審そうな顔で僕たちをみる。

「抱歉,这里是2个人,还有位置吗?」

柜台的大妈用一种怀疑的表情看着我们

 

「君たち、2人?親御さんは?」

やはり中学生2人と言うのは怪しいのか。

「就你们2人吗?你们的家长呢?」

果然初中生2人比较可疑么

 

「ええ、親戚の家まで夏休みを使って2人だけで行ってみようって。

その途中なんです」

有紀子がアシストを入れる。

「嗯,我们是准备2个人到亲戚家度过暑假,现在正在途中」

有纪子为我打了帮腔

 

64:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:09:49.84 ID:tpbZim4N0

「けど、電車間違えちゃって。電話したら

今日はどこかに泊って明日行きなさいってお母さんが。」

と続ける。

「不过,搞错电车了。打了电话以后

 今天就先找个地方住,明天再去吧,母亲是这么说的」

继续这么说道

 

やはり、疑うような視線を向けてきたが、

「では、こちらに記入を・・・」

と受付の用紙を出してきた。

虽然还是用怀疑的视线看着我们,但

「那么,在这边登记一下吧・・・」

还是拿出了张接待专用的表单

 

僕がホッとしたのもつかの間。

用紙には住所と連絡先の欄があった。

松下一口气也只有一瞬间而已

单子上面有住址以及电话的栏目

 

65:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:14:36.16 ID:oCXIT4vP0

これはおもしろい

有点意思

 

66:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:14:38.22 ID:tpbZim4N0

しかし、ここで躊躇えば、間違いなく怪しまれる。

そう思い、半ば投げやりな気持ちで自分の住所を書いた。

電話番号だけは1文字変えてかいた。

不过,如果在这里踌躇的话,毫无疑问会被怀疑

这么想着,用一半是豁出去的心情写上了自己的住址

只有电话号码修改了一个数字

 

部屋に案内されホッと息をつく。

「とりあえず、ゆっくりしよう。お風呂入ってくるね。」

そういうと有紀子は部屋をでる。

被带到房间后暂时先松了一口气

「总而言之,放轻松吧。我先去洗澡了」

这么说完,有纪子离开了房间

 

彼女が部屋を出た後、どっと疲れがでた。

她离开了房间后,感觉疲劳一下就涌上来了

 

67:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:19:37.61 ID:tpbZim4N0

今日は何とか泊る事に成功した。

けど明日は?

今後資金はどうする?

など、ここにきて僕の無計画さから来た問題点が一気に噴出した。

今天总算是找到住的地方了

但是明天呢?

今后的资金打算怎么办?

等等……到了这里,我这毫无计划性的行动所带来的问题一齐爆发了出来

 

最大の問題は宿泊所と資金だ。

今日だけで二万円は使ってしまっている。

あと数日も持たないのではないか。

最大的地方是住所和资金

仅仅今天就已经花了两万日元了

恐怕估计撑不了几天吧

 

どうしようもない不安が押し寄せてきた。

気を紛らわせようと風呂に行く。

だが結局もやもやしたまま風呂を出た。

一股伴随着强烈无力感的不安涌上心头

为了转换心情,去浴室洗了个澡

然而最后离开浴室时,那种焦躁不安的心情还是没有得到丝毫缓解

 

68:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:20:56.28 ID:lAwCtT480

すごい行動力だな

好强的行动力啊

 

69:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:22:03.51 ID:35 ID:khdb1ZO

なぜかこっちまで緊張してきた

不知为何看得我这边也紧张起来了

 

70:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:23:18.92 ID:tpbZim4N0

部屋に戻ると、有紀子が浴衣に着替えて布団に座っていた。

その瞬間、さっきまで考えていた不安が引っ込むと考えは下心に切り替わった。

回到房间时,有纪子已经换好了浴衣,正坐在被子上

那个瞬间,直到刚才为止还缠绕着我的不安的心情一瞬间就转换成了邪念

 

何でもないふりして隣に座る。

良い匂いがする。

装作若无其事地坐在她身旁

身边传来一股好闻的味道

 

72:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:26:17.45 ID:tpbZim4N0

もう期待感MAXだった。

期待值已经成为MAX了

 

「どうしよう!どうしよう!」

と心の中で勝手に先走った考えでいっぱいだった。

「怎么办啊!怎么办啊!」

心里开始充斥各种乱七八糟的画面

 

「ねよっか。疲れちゃった。」

有紀子がそういって僕を見た瞬間。

「先睡吧,感觉累了」

有纪子这么说道看向我的一瞬间

 

よっしゃ!

と思いましたね。

Oh,yeah!

心里不禁摆了个胜利的姿势

 

74:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:30:29.61 ID:tpbZim4N0

まぁ、結局どうしたらいいかも判らず、僕もヘタレだった為

何も起こらず2人別々の布団に入る。

電気を消すとまた、明日からの不安が押し寄せてくる。

嘛,结果因为不知道该怎么做才好,我也是有色心没色胆

结果什么事都没发生,两个人分别钻进了不同的被窝

关掉了等以后,那种明天开始到底该如何是好的不安又涌了上来

 

75:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:33:35.27 ID:tpbZim4N0

「どうなっても私はいいから。」

不意に有紀子が言う。

「不管变成怎样我都没关系的」

忽然间有纪子这么说道

 

どういう意味かは聞けなかった。

ただ

「ああ。」

としか言えなかった。

并没有问这是什么意思

「嗯」

只是这么短短的回应道

 

結局何も考えつかないままその日は眠った。

结果后来也没想到什么好的注意,那一天就那么睡了

 

76:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:34:35.10 ID:FNM5NMj80

Wktk

忐忑不安

 

77:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:38:00.43 ID:tpbZim4N0

次の日。

朝早々と旅館を後にした。

第二天

我们早早地就离开了旅馆

 

あまり長くいると、親に連絡される可能性があり、電話番号が違うのも

ばれると思ったからだ。

因为觉得在这呆太久的话,可能会向我们的父母联系

电话号码不对这件事情,也有可能会暴露出来

 

旅館を出て、有紀子に

「東京を目指そう」

とつげた。

出了旅馆,向有纪子

「前往东京吧」

这么提议道

 

東京に行けば何とかなる。

そんな安易な考えで。

彼女は何も言わず頷いた。

到了东京的话总会有办法的

只不过是这种天真的想法

她也是什么也没说,只是点了点头

 

78:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:43:12.16 ID:tpbZim4N0

東京までの行き方を調べる。

とりあえず乗り換えのある駅まで行くことにした。

電車の中での会話は少なく、代わりに手を握る時間が長かったと思う。

调查了一下到东京的路线

总之决定了先坐电车到那种能够换乘的车站

在电车中没多少对话,取而代之的是握着手的时间比较长

 

そして、乗り換えの駅に着く。

もうすぐ東京。

そこまで行けば・・という根拠のない希望があった。

然后,我们终于抵达了换乘的车站

马上就要到东京了

只要到了那里的话・・心里有着这种没有根据的希望

 

80:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:48:15.73 ID:0y+uds2y0

こういうのいいね

喜欢这种类型的故事

 

81:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:49:36.66 ID:tpbZim4N0

そしてまた電車を乗り継ぎ僕らは東京まであと少しと言うところまで

たどり着くことに成功した。

時刻は夕方6時。

今日はこの町に泊ろうと前日と同じように宿を取った。

然后又换乘了电车,我们顺利地来到了离东京只差一步之遥的位置

时刻是傍晚6点

那天我们准备在那个镇住一晚,和前一天同样找了家旅馆

 

83:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:54:35.94 ID:tpbZim4N0

その次の日。

然后第二天

 

宿を出たところで僕たちは警察官に補導されることになる。

在我们正要离开旅馆时,却被警察抓了个正着

 

僕らの宿泊を不審に思った宿が住所の番号に連絡→番号違う

→警察に

という流れだったらしい。

さらに、僕らには当然のごとく捜索願が出されていたらしい。

好像是之前那一次觉得我们可疑的那间旅馆打了我们留下的电话→号码不对

→报警

这样的发展

然后,村里当然也对我们发出了寻人启事

 

僕らの駆け落ちは何ともあっさり終わってしまった。

我们的私奔就这样,很干脆地就结束了

 

84:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:59:52.61 ID:tpbZim4N0

警察署までは有紀子の両親と僕の父が迎えにきた。

父は僕を思いっきり殴った。

痛みよりも悔しさでいっぱいだった。

来到警察局时,有纪子的父母和我的父亲迎了上来

父亲狠狠地揍了我一拳

比起物理上的疼痛,那种不甘心的心情更让人难受

 

有紀子は両親にさっさと連れられて行ってしまった。

ドラマみたいに上手くはいかないという現実を一気に突きつけられ、

悔しくて仕方なかった。

没多久,有纪子就随着她的父母消失在了我的视野之中

我被迫认识到,现实根本就不可能像电视剧里那么顺利

对此我只觉得好不甘好懊悔

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. LY快乐无敌
    LY快乐无敌 发表于: 2015年3月10日 18:36:27

    竟然被抓到了。。看来还得继续私奔。。。

    • 炤炤穆穆
      炤炤穆穆 发表于: 2015年3月10日 18:49:40

      被抓到很正常,看接下来如何发展了。

      • hentai
        hentai 发表于: 2015年3月10日 22:24:03

        是啊是啊

  2. 贫乳控的射手座
    贫乳控的射手座 发表于: 2015年3月11日 01:19:51

    BE~BE~BE不是BE不科学~~~

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部