11Mar

『长篇故事・2ch』讲讲我跟恋人私奔,从村里逃出来的故事(四)

时间: 2015-3-11 分类: 讲讲我跟恋人私奔,从村里逃出来的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/cat_1150354.html


 

上一章 目录 下一章

 

84:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 02:59:52.61 ID:tpbZim4N0

警察署までは有紀子の両親と僕の父が迎えにきた。

父は僕を思いっきり殴った。

痛みよりも悔しさでいっぱいだった。

来到警察局时,有纪子的父母和我的父亲迎了上来

父亲狠狠地揍了我一拳

比起物理上的疼痛,那种不甘心的心情更让人难受

 

有紀子は両親にさっさと連れられて行ってしまった。

ドラマみたいに上手くはいかないという現実を一気に突きつけられ、

悔しくて仕方なかった。

没多久,有纪子就随着她的父母消失在了我的视野之中

我被迫认识到,现实根本就不可能像电视剧那么顺利

对此我只觉得好不甘好懊悔

 

85:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:06:44.03 ID:tpbZim4N0

父が少年課の刑事さんに頭を深々と下げてまわる。

父亲向每个少年科组的刑警深深地低下了头

 

その中、一人の刑事さんが僕に声をかけてきた。

「この年で駆け落ちとは無茶苦茶したなぁ」

思わず睨む。が

在那之中,有一个刑警向我搭话道

「这个年龄私奔什么的真是乱来啊」

禁不住瞪了他一眼,不过

 

「でもな。勢いだけじゃ何にも出来んかったろ?それ勉強したらどうするかな」

と言われた。

正直その時は全く理解できず、馬鹿にされたと思っていた。

「不过啊,光凭气势是做不出什么成就的吧?吸取教训的话接下来该怎么做呢」

被这么说了

说实话那个时候完全不能理解这句话的含义,以为只是单纯地被嘲笑了而已

 

86:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:12:28.01 ID:tpbZim4N0

僕は家に連れ帰られ、

父、母、祖父母と親戚にこれでもかと怒られ、

今後、有紀子と彼女の家に近づく事、そして残り夏休み外出禁止を喰らった。

我被带回了家

父亲、母亲、爷爷奶奶,亲戚们纷纷过来骂了我一通

在那以后,接近有纪子或她的家都被禁止,然后在剩下的暑假期间内禁止出门

 

両親と祖父母は有紀子の家にただひたすら謝り続けた。

一週間もすれば村中の噂はこの話で持ち切りだった。

だが、噂の内容は僕が有紀子を誘拐した事になっていたが。

父母以及爷爷奶奶,只是一个劲地到有纪子的家里不停地道歉

持续了一周以后,这件事在村里也作为传闻被流传开来了

只不过,传闻的内容变成了是我诱拐了有纪子

 

87:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:17:20.01 ID:tpbZim4N0

そして夏休みが明けて学校に行く事になった。

久しぶりに堂々と有紀子に会える。

そう期待して学校へ。

然后,暑假结束,终于能够去学校了

已经好久没法这么堂堂正正的去见有纪子了

怀抱着这种期待来到了学校

 

しかし有紀子は学校に来なかった。

然而,有纪子并没有来学校

 

89:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:20:24.86 ID:tpbZim4N0

「体調が悪いのか」

そう思っていた。

「身体不舒服吗」

一开始只是这么以为

 

だが次の日も有紀子は来なかった。

然而第二天有纪子也没有来

 

90:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:26:13.56 ID:tpbZim4N0

すると、クラスの女子で有紀子の友達が話しかけてきた。

名前をぶー子とする。

刚感到奇怪,班上一个是有纪子朋友的女生对我搭话了

名字就定为布子吧(lu:这是我随意翻的,原文中的名字在中文里并没有对应)

 

「ねえ、有紀子なんで急に転校なんてしたのよ?」

「は?」

何言ってんだこいつ?トリュフとマジックマッシュルームでも間違えたか?

「だから、なんで有紀子転校なったの?あんた同じ地区でしょ?何か知らないの?」

「呐,有纪子为什么突然转学了啊?」

「哈?」

在说什么啊这家伙?我没听错吧?

「所以说,为什么有纪子转学了啊?你和她在同个地区吧?不知道些什么吗?」

 

聞き間違いじゃなかった。

看来并不是我听错了

 

92:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:30:44.68 ID:tpbZim4N0

「・・しらない。」

転校?全く意味が判らない。

あの家は引っ越しなどしてない。

ぶー子に詳しく話を聞く。

「なんか、おじさんの家から通うって言ってたけど。高校も向こうで行くって」

「・・完全不知道有这回事」

转学?完全意义不明

那个家怎么可能会搬家

问了问布子更详细的状况

「好像说是,搬到他伯伯家去了,上了那边的学校,高中也准备去那边的样子」

 

ショックで頭がおかしくなりそうだった。

僕はこうして有紀子と完全に引き離されてしまった。

因为太受打击脑子感觉都要变得不正常了

就这样,我和有纪子被完全隔离开来了

 

94:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:41:41.41 ID:tpbZim4N0

それからは毎日茫然とすごした。

連絡を取る手段もない。

在那之后每天都过得很茫然

也没有能够取得联系的手段

 

もうこのまま二度と会えず、有紀子はあの太一のものになってしまうのか。

そんなのは絶対に嫌だ。

けれど、僕にはどうしようもない。

ただ時間だけが過ぎ、有紀子と引き離されて一年が過ぎた。

この間、何度か有紀子に連絡を取ろうと試みたが全て失敗に終わっている。

这样下去的话,恐怕连见没见上一面,有纪子就会变成那个太一的东西了吧

我绝对不要这样

不过,我真的是一点办法都没有

只有时间无情地流逝着,转眼间跟有纪子分隔两地后已经过了一年

在这期间,虽然尝试了好几次想要跟有纪子取得联系,然而全部以失败告终

 

95:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:49:16.42 ID:tpbZim4N0

思わぬチャンスが訪れたのは中三の冬。

もうすぐ高校受験を控えた時期の事。

不过到了初三的冬天,意想不到的机会来访了

那是在大家都忙着准备高中升学考试那个时期发生的事情

 

僕らの中学の生徒のほとんどは地元の高校へ行くのが大半である。

クラスではグループ学習の時間があり、試験対策勉強を行っていた。

僕のグループは男子3人女子2人の5人グループ女子の一人はぶー子だ。

我们初中的学生,绝大部分都是准备去本地的高中

班上常常分成小组进行学习,共同商量考试的对策

我所在的小组,是三男两女的五人小组,其中一个女生就是布子

 

96:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:53:49.89 ID:tpbZim4N0

問題集の答え合わせをしてる時、

ぶー子がおもむろに口を開く

「そういえばさ~有紀子。○○高校行くらしいね~」

・・・思わぬ所から出てきた有紀子の情報に思わず反応してしまった。

在我们正在对着考题答案时

布子用一副悠然的口调说道

「这么说来啊~有纪子。好像要去○○高中的样子噢~」

・・・从意想不到的地方听到有纪子的情报,不禁做出了反应

 

「えっ?えっ?それマジ?」

この反応はまずかった。

「诶?诶?那是真的?」

这个反应太不妙了

 

ぶー子はニヤリとすると鼻をふくらませブヒブヒいいながら

「あれ~気になっちゃう?」

とからかいだした。

布子做出一副坏笑,鼻孔朝天地边发出『噗嘻嘻』的声音

边「啊咧~你很在意吗?」

这么用一种打趣的口吻问道

 

チャーシューにするぞ。

小心我把你做成叉烧肉饼噢

 

97:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 03:58:57.50 ID:tpbZim4N0

「いや、別に・・」

あせって何でもないふりをする。

「不,无所谓啦・・」

急急忙忙地装出一副怎样都好的态度

 

ぶー子は「ふ~んww」

と言いながらもニヤニヤしながらこっちを見る。

「まぁ、わたしも昨日電話で聞いたんだけどね~」

布子「喔~www」

这么说着一脸坏笑地看向这边

「嘛,我也是昨天在电话里得知的」

 

なん・・・だと・・・

你・・・说什么・・・?

 

98:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 04:02:49.54 ID:tpbZim4N0

思わぬところで有紀子と連絡を取る手段を見つけてしまった。

伝書鳩ならぬ伝書豚を。

問題はどうやって聞き出すか。

真的是在意想不到的地方发现了和有纪子取得联系的手段

不是从传信鸽而是传信猪那

问题是怎样从她嘴里问出来呢

 

このお調子者のことだ。食い物で釣ろう。

給食のシュークリームを使う事に決めた。

毕竟是那个轻浮的家伙,就用食物来钓她吧

决定用食堂的奶油馅面包来贿赂之

 

100:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 04:03:41.87 ID:2R4si/Vj0

>>98

伝書豚はさすがに言い過ぎwwww

>>98

传言猪有点说过头了吧wwww

 

99:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 04:03:31.90 ID:35 ID:khdb1ZO

チャーwwシューwww

叉ww烧www

 

101:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 04:04:08.90 ID:FNM5NMj80

勇者並の行動力

勇者等级的行动力

 

102:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 04:11:46.17 ID:tpbZim4N0

その日の放課後。

ぶー子にシュークリームを手渡す。

那一天放学后

将奶油馅面包交到布子手里

 

「有紀子の連絡先教えてほしいんだ。」

ぶー子が目をキラキラさせながらにやける。

「希望能告诉我有纪子的联络方式」

布子眼睛闪闪发光地坏笑着

 

「フヒwwなんで?w」

屈辱だが背に腹は代えられん。

「呼嘻ww为什么?w」

虽然感到屈辱但现在不得不忍下来

 

「理由は聞かないでくれ。頼む。」

「まwwいいけどwwはいww」

電話番号を教えてもらい、近くの公衆電話から掛けようと

教室を出ようとした。

「理由就不要问了,拜托」

「嘛www我倒是没差啦ww给ww」

拿到电话号码后,准备前往附近的电话亭去打电话

正准备走出教室时

 

104:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 04:17:10.29 ID:tpbZim4N0

「あwwwでも、それ有紀子の親戚でるから取り次いでもらわないといけないけどwww」

ぶー子テメェ。

「あww私が取り次いでやろうかwwwそん代わりww洗いざらい話せよwww」

この豚。思わぬ策士。

「啊www不过,有纪子的亲戚会接电话的,所以要转接一次才行噢www」

布子你这家伙

「不过ww就由我来帮你接电话吧ww作为代替ww整个事情全部都要跟我坦白噢www」

这只猪,真是意想不到的策士

 

しかし、このチャンスを逃せば永遠に有紀子と連絡は取れない。

僕はぶー子に屈してしまった。

不过,如果错过这次机会就再也没办法跟有纪子联系上了

我向布子屈服了

 

105:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 04:26:26.47 ID:tpbZim4N0

「うぇwww駆け落ちとかwww無計画ワロスwwwブヒヒww」

やっぱりコイツに話すんじゃなかったと大後悔時代到来。

「诶www私奔什么的www太没有计划了吧www噗嘻嘻www」

果然不应该跟这家伙说的

 

「でもあんた男らしいじゃんwwちょっと惚れそうwww」

マジでやめろ。

「不过你还挺有男子气概的嘛www稍微有点迷上了www」

说真的别开玩笑了

 

「いいよw取り次いでやるよww」

ぶー子と公衆電話に向かう。

ぶー子が電話をかける。

「好吧好吧w就让我帮你代接咯ww」

布子来到了电话亭前,按下了电话号码

 

「あ、もしもし。私有紀子さんの友達の裕子と申しますが。有紀子さんいらっしゃいますか?」

・・・いつもとキャラ違うぞ

「喂,我是有纪子同学的朋友叫做裕子,请问有纪子同学在家吗?」

・・・这家伙,角色跟平常有些不一样啊

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. lj
    lj 发表于: 2015年3月11日 21:25:44

    期待发展

  2. 哈哈d
    哈哈d 发表于: 2015年3月11日 22:27:08

    我去唉 又是这种时候断 真心怀疑LZ 故意了

  3. hentai
    hentai 发表于: 2015年3月11日 22:32:32

    啊啊啊,又断了

  4. LY快乐无敌
    LY快乐无敌 发表于: 2015年3月12日 08:25:07

    差评差评!断的太不是地方了!!~~~~(>_<)~~~~

  5. mousoukyou
    mousoukyou 发表于: 2015年5月2日 17:52:37

    すると、クラスの女子で有紀子の友達が話しかけてきた。
    名前をぶー子とする。
    刚感到奇怪,班上一个是有纪子朋友的女生对我搭话了
    名字就定为布子吧(lu:这是我随意翻的,原文中的名字在中文里并没有对应)

    根據上下文,這個ぶー子應該是豚(ぶた)子的意思
    翻譯成中文應該是豬兒
    怎麼樣,有沒有一種會使“千豬萬毒手”的感覺

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部