18Mar

『长篇故事・2ch』讲讲我跟恋人私奔,从村里逃出来的故事(十一)

时间: 2015-3-18 分类: 讲讲我跟恋人私奔,从村里逃出来的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/cat_1150354.html


 

上一章 目录 下一章

 

370:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:36:29.08 ID:tpbZim4N0

どうやら、その姿をみた僕はとてつもなく青い顔をしていたらしい。

看样子,当时我的脸色恐怕是青得骇人了

 

将太が心配し、覗き込んできた。

「おい!大丈夫か?アイツ誰なんだ?」

僕は将太に奴が今の有紀子の許嫁である事を伝えた。

「冗談だろ?あんな禿げダルマが??」

在一旁的将太用一种很担心的眼神看着我

「喂!你没事吧?那家伙是谁啊?」

我告诉他这就是有纪子的未婚夫

「喂喂开玩笑吧?那个秃顶圆滚的大皮球么」

 

それよりも僕にとっては奴があんな恰好であそこに入って行った事が大問題だった。

比起那种事情

对于我来说那家伙以那种穿着进入到那个地方才是大问题

 

371:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:39:33.05 ID:tpbZim4N0

「よし。じゃあ俺が偵察してきてやるよ。」

そういうと将太は止めるのも聞かず、屋敷に入っていった。

「好,那我去替你侦查看看」

这么说完连叫都没来得及叫住,将太就那么跟进了宅院里

 

見つかればタダじゃ済まない。

下手したら僕の計画もばれてしまう。

这个被发现真不是闹着玩的

搞不好我的计划也会被暴露出来

 

でも奴の真意も聞きたい。

不过确实想要弄清楚他的真意

 

不安で気分が悪くなりながら将太の帰りを待った。

边怀抱着越来越不安的心情边等待着将太的归来

 

372:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:40:07.88 ID:Z0cmDKAx0

将太行動力すげえw

将太的行动力好强w

 

374:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:41:38.80 ID:2R4si/Vj0

>>372

でも、行動力あるけど無茶して失敗するタイプに思えるww

>>372

不过,感觉是那种虽然有行动力但因为经常乱来所以很容易失败的类型ww

 

375:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:42:11.59 ID:B6AUKiU20

>>374

わかるわーwww

>>374

懂的懂的www

 

373:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:40:23.59 ID:RFVuGCmg0

wktk

心跳不已

 

376:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:48:08.53 ID:tpbZim4N0

30分程して将太が無事に戻ってきた。

「なんか、あいつがあの家に入る云々の話みたいだったぜ。

どうも奴と有紀子ちゃんの婚姻の日程が3月20日前後でとか」

过了30分钟左右,将太平安无事的回来了

「好像聊的是,关于那家伙入赘方面的话题

 看样子他和有纪子酱结婚的日期是在3月20日左右」

 

どうやら、卒業後の予定の話だったらしい。

1年も先の話を今からするのはどうも本決まりのようだ。

看来说的好像是毕业之后的计划方面的话题

在提前一年的现在就开始谈论,看来真的是定下来了的样子

 

「つうかあのおっさんやばいぜ。有紀子ちゃんの話が出るたびに明らかにニヤケてた。」

ゾッとした。

絶対あの野郎に有紀子は渡せない。

「话说那个大叔不妙啊,每次谈论到有纪子酱的话题时,嘴角都会明显上翘」

光是想象一下已经毛骨悚然

绝对不能将有纪子交给那家伙

 

しかし、ふと気になった。

将太はどこからそれを盗み聞きしたのか。

不过,忽然感到在意

将太从哪偷听到这些的啊

 

「ん?空き部屋から屋根裏潜って。俺んち大工だからさww」

忍者かお前は。

「啊?从空房间潜入到了屋内的顶棚,因为我家是搞木工的啊ww」

 

378:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:50:26.92 ID:bsqzhfwY0

>>376

予想以上の大活躍

>>376

预想之中的大活跃

 

379:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:52:19.54 ID:2R4si/Vj0

>>376

映画になると大活躍するジャイアンを思い出した

>>376

让我想起了在电影中大活跃的技安

 

380:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:52:34.75 ID:tpbZim4N0

そうこう話してると

太一(40)が屋敷からでてきた。

話は終わったらしい。

心なしか足取りが軽そうだ。

正当我们交谈之时

太一(40)从宅院里走出来了

好像谈完了的样子

走路一副轻飘飘的模样

 

こちらへ向かってくる目を伏せ気味にすれ違おうとした。

その瞬間

「有紀子ぉ」

とつぶやくのが聞こえた。

パッと見ると嬉しそうに笑ってる。

因为他正向这边走来,所以准备低着头不对上视线让其擦身而过

在那一瞬间

「有纪子」

听见了他自言自语的嘟哝声

忍不住抬起头看向他,发现他正很高兴地淫笑着

 

この時。

今までに無い殺意が沸いてきた。

思わず、飛びかかろうとして将太に抑えられる。

那时

一种以前从未有过的杀意上涌

不禁想要冲出去,但被将太制止住了

 

381:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:56:41.37 ID:tpbZim4N0

「やめろ。ここでそんなんしても意味無いだろ!」

そうだ、意味はない。

僕にはやらなくちゃいけない事がある。

絶対奴に有紀子は渡さない。

「忍住,就算在这里做这种事情也没有意义吧!」

对啊,在这里出手没有意义

我还有不得不做的事情

绝对不会将有纪子交给他

 

「そうだ。お前は手を出しちゃダメだ。」

将太になだめられ冷静になった。

「没错,你不能对他出手」

在将太的劝解之下渐渐的取回了冷静

 

383:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 21:58:48.93 ID:tpbZim4N0

その事件後

有紀子の家に向かっていた太一(40)が足を踏み外し?

真冬の川に転落する事故が起きるのはまた別の話。

在那个事件后

前往有纪子家的太一(40)脚踩空失足?

在大冬天里掉进河川中的事故又是另外一码事了

 

384:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:00:02.13 ID:pRCMTvBh0

>>383

えっ?

>>383

诶?

 

385:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:00:14.98 ID:gBgBPbeT0

>>383

しょ・・・将太?・・・

>>383

将・・・将太?・・・

 

386:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:00:28.31 ID:oTtdaGi70

え、え?

诶、诶?

 

388:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:00:50.65 ID:tpbZim4N0

そして、僕らは高三になった。

駆け落ちの約束のリミットまであと1年。

就这样,我们升上了高三

距离私奔约定的期限还有1年时间

 

395:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:09:17.93 ID:tpbZim4N0

この一年で何としても目標金額まで貯める。

クラスメイトは進学・就職ムードへ一直線だった。

在这一年间我不论手段只为能存够目标的金额

班上同学各自朝升学・就职的方向努力

 

彩香も大学受験で忙しくなっていたが、勉強の合間に協力を続けてくれた

彩香虽然忙着大学考试,不过在学习的空闲时间还是一直有在帮我们

 

将太は

「俺は親父の会社はいるからw」

とマイペースだった。

将太的话

「我有老爹的公司w」

有个好爸就是任性

 

イベリ子は

・・・・・豚だった。

伊比利亚的话

・・・・・是猪

 

そして運命の転機が訪れる。

然后命运的转折点,终于到来

 

398:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:10:46.49 ID:2R4si/Vj0

>>395

豚だったって、意味わからんwww

>>395

是猪・・・完全意义不明啊www

 

402:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:13:34.40 ID:bAA0v0bc0

>>395

つ、ついに人間から豚へ…

>>395

终、终于从人类转职成…

 

400:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:12:30.28 ID:tpbZim4N0

僕の高校は修学旅行が三年の春先にあった。

行先は九州。

九州各県を回る四泊五日の修学旅行。

我们高中的修学旅行的时间在早春

目的地是九州

是在九州的各县观光的,五天四夜的修学旅行

 

その二日目の自由行動の日

将太に

「今日俺と一緒に回ろうぜw」

と誘われた。

もちろん断る理由などなかった。

然后在自由行动的第二天

将太

「今天和我一起逛吧w」

这么约了我

当然没有拒绝的理由

 

408:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:16:50.92 ID:tpbZim4N0

僕は将太に連れられて市街地を歩く。

・・・どこにも観光出来そうな場所や買い物出来そうな場所はない。

どこに行くのだろうと思っていた時。

何かの事務所みたいな所にたどり着いた。

在将太的带领下来到了市区

・・・不管怎么看都不像是用来观光以及能买东西的场所

正疑惑他想去哪里时

我们到达了像是事务所一样的地方

 

「えーっとここだw間違いないw」

そういうと将太は躊躇わずにビルに入って行く。

僕は慌てて追いかけた。

「唔・・・就是这里没错了ww」

这么说着,将太毫不犹豫地走进了大楼

我也慌慌忙忙地跟了进去

 

411:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:19:11.08 ID:tpbZim4N0

将太が受付?の様な所で人に話しかけている。

ここは何なんだろう・・と考えていると

「こちらへどうぞ。」

と待合室の様な所に通された。

将太在像是柜台?一样的地方和人说着话

这里是哪里啊・・・正这么想着时

「请到这边来」

糊里糊涂地被带到了像是等候室一样的地方

 

しばらく待っていると

スーツを着た中年のおじさんが入ってきた。

稍微等了一会后

一个穿着西装的中年大叔走了进来

 

412:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:22:39.09 ID:tpbZim4N0

「将太!よく来たな!」

そういうとその人は将太をギュッと抱く

「おじさん!久しぶりw」

「将太!真亏你能来啊!」

这么说完那个人给了将太一个大大的拥抱

「伯伯!好久不见w」

 

どうやらこの人は将太の伯父らしい。

名を 中村 さんと言った。

看样子这个人好像是将太的伯父

名字好像是中村桑

 

「まぁ、座りなさい」

そういうと僕らをソファに促し腰をおろした。

「それで、電話で言ってた頼みとは何かな?」

「嘛嘛,先坐下再说」

这么说着催促着我们坐到沙发上

「然后,你在电话里提到的想要拜托我帮忙的事情是什么呢?」

 

413:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:26:04.52 ID:tpbZim4N0

どうやら将太は最初から伯父の中村さんに会いにここに来たらしい。

「修学旅行の小遣いでも貰いに来たか?はっはw」

中村さんが笑ったが、将太が一気に真面目な顔になった。

看来将太从一开始就打算来见他的伯父的样子

「过来跟我要点修学旅行的零花钱吗?哈哈w」

中村桑虽然笑着,但将太的表情一下子变得认真了起来

 

「伯父さん。お願いって言うのは、今日一緒に来たコイツの事なんだ。」

「伯父さん、卒業したら、こいつをココで働かせてやってくれないか?」

突然の事で僕は意味もわからずポカンとしていた。

「伯伯,我说的想要拜托的事情,正和今天跟我一起来的这家伙有关系」

「伯伯,高中毕业以后,能让这家伙到你这边工作吗?」

无法理解这突然的状况,我整个人都呆掉了

 

419:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:30:16.44 ID:tpbZim4N0

「それは、何故かね?」

中村さんが将太と僕を交互にみる

「いや、働くかどうかはコイツ次第なんだけど、俺はコイツの力になってやりたいんだ。どうしても。

だから、こんなことしか思いつかなくてさ。」

「这又是,为什么呢?」

中村桑交替看了看将太和我

「不,来不来还要看这家伙怎么说,只不过我想帮这家伙一把,无论如何

 然后,我能想到的地方就只有这里了」

 

将太の考えがわかった。

その瞬間涙が出てきた。

「甥っ子の頼みだ。私は構わないが何か理由がありそうだが?」

终于明白将太的想法了

那个瞬间我的眼泪就流了下来

「毕竟是侄子的请求啊,虽然我倒是不介意,不过好像有什么理由在里面?」

 

僕は事の一部始終を話す事にした。

我将整个事情一部分的来龙去脉跟他讲述了一下

 

421:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:33:14.51 ID:PUFgbj350

wktk

忐忑

 

422:名も無き被検体774号+: 2012/01/25(水) 22:33:50.47 ID:Fj43xLKH0

将太がいい奴すぎる

将太真是好人

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. tick
    tick 发表于: 2015年3月19日 00:19:18

    将太真是个很好的朋友呢

  2. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年3月19日 00:40:55

    383L说的真是很恐怖的感觉,浓浓的阴谋感

  3. LY快乐无敌
    LY快乐无敌 发表于: 2015年3月19日 09:08:19

    太一被抹杀了么。。。

  4. 姐控最高
    姐控最高 发表于: 2015年7月1日 17:19:58

    将太简直感动日本好伙伴啊

  5. Ficatsh
    Ficatsh 发表于: 2015年8月8日 08:52:39

    将太真的好好

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部