28Mar

『长篇故事・2ch』初次的打工去了一个不得了的地方(二)

时间: 2015-3-28 分类: 初次的打工去了一个不得了的地方 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/41729629.html


 

上一章 目录 下一章

 

28:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 17:48:55.56 ID:Jnfzpbqe0

帰ってから、母親にバイトが決まったことだけ告げた。

回去以后,只是告诉母亲打工已经找到了

 

母「じゃ、来月から月2万はいれてね」

母「那么,下个月开始每个月给我2万噢」

 

もうなにも言い返す気もなくて、答えずに自室へ。

帰り際にもらった仕事着を見て、少しにやにやしながら初めての社会体験を前に緊張していたと思う。

已经连反驳的脾气都没有了,一句话没说就这么回到了自己的房间

盯着离开店里的时候拿到的工作服,嘴角忍不住上翘

对这即将到来的首次社会体验既感到有些兴奋,又感到有些紧张

 

翌日、10時に出勤して厨房に入る。

第二天,10点的时候来到店里,进到了厨房

 

俺「おはようございます!今日からよろしくお願いします!」

社長「うい!とりあえず洗い場にある洗い物な。しまう場所分らんかったら聞いてくれ」

俺「はい!」

我  「早上好,从今天开始请多指教!」

董事长「喔!总之先洗一下水池里的那些餐具,

    如果不知道要收到哪里的话到时候再问我」

我  「好!」

 

もちろん職人さんA、Bともに無視。

少々気まずいながらも、家でひたすら水回りの仕事をやらされ続けた俺にとって洗い物など朝飯前。

まあ、実際は昼飯前なんですけどね。

当然厨师A、B对我是一如既往的无视

虽然感到有些难堪,不过对在家里被推给了各种家务的我来说,

洗碗什么的简直是早饭前的小菜一碟

……嘛,其实应该是午饭前才对

 

洗い終わった後の片付ける場所に戸惑いながらも、社長に聞きながら洗い物を終える。

なにせ盛り付け皿の種類の多さに驚いた。

在洗完以后,虽然不知道要收到什么地方,

但还是根据董事长的指示完成了整个洗碗工作

说实话被盘子的种类之多吓了一跳

 

26:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 17:43:04.01 ID:U3Ivhf000

なんかおもしろそう。

中学を出たてにしては結構挨拶とかちゃんとできたのですね。

好像挺有意思的

就算是初中毕业,对于打招呼什么的做得也挺到位的嘛

 

>>26

バイト探しの一環で学んだんだと思う。

>>26

我想这应该是寻求打工的过程中学到的东西

 

27:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 17:45:59.97 ID:1JfFVYae0

社長

董事长

『长篇故事・2ch』初次的打工去了一个不得了的地方(二)

 

 

婦人

贵妇人

『长篇故事・2ch』初次的打工去了一个不得了的地方(二)

 

こんなイメージ

在我脑子里是这种形象

 

31:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 17:52:24.46 ID:Jnfzpbqe0

>>27

割と似てるww

社長は髪を増やして、女将さんは太らせたらそっくりだww

>>27

还真挺像的ww

如果董事长的话头发再长一些,老板娘再丰满一点的话就一模一样了ww

 

34:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 17:57:55.06 ID:Jnfzpbqe0

俺「社長、次はなにを…」

社長「んー、あと10分ちょい待っとれ」

俺「はあ…」

我  「董事长,接下来要做什么…」

董事长「嗯~,再稍微等个10分钟」

我  「哈啊……」

 

よく分らないまま、手持無沙汰で困っていた。

不知道该如何是好,总之无所事事感到很困扰

 

社長「1、パチ○コとかは?」

俺「するか、ってことですか?」

社長「当たり前やろ」

俺「するもなにも、まだ15ですよ」

社長「お堅いww今度連れてったる」

董事长「楼主,柏青哥之类的怎样?」

我  「你是指,有没有玩过吗?」

董事长「这不是废话么」

我  「说什么玩没玩过,我才15岁诶」

董事长「太死板了你ww下次带你去一下」

 

なんて話していると来店を知らせるチャイムが鳴りだす

就在这么闲聊的时候,『欢迎光临』的电子音在店里响起

 

社長「ほーら来たwwまあ、焦るなよ」

董事长「看这不是来了嘛ww嘛,不要着急」

 

どうやら昼のピークの訪れのようです。

看来午间的高峰时段终于来了

 

35:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 17:58:06.03 ID:CusunNXs0

おばちゃんがいつ言い寄ってくるんだ

大婶啥时候会过来求爱啊?

 

38:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:00:39.19 ID:1JfFVYae0

実は一人娘がいて……みたいな展開まだ?

实际上有一个女儿……之类的展开还没来吗?

(lu:这里可以先剧透一下,女儿没有,但过几章会来个过来打工的妹纸)

 

41:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:10:05.35 ID:Jnfzpbqe0

ぶっちゃけ昼のピークのことはよく覚えてない。

とにかくAさんBさんに怒られたことは覚えている。

社長にも少し怒鳴られた。

说实话当天午间的高峰时段的时发生的事情已经记不太清楚了

只记得弄得A桑和B桑很生气

也被董事长略微地骂了一顿

 

昼のピークが終わり、食器の片付けも終わりぐったりしていると

一服しながら社長が近くに寄ってきた。

午间的高峰时段结束,在收拾完餐具整个人都累得瘫掉时

董事长边抽着烟边走近了过来

 

社長「こんなもんやろww」

俺「申し訳ないです…」

社長「気にすんなや!お前も吸うか?ww」

俺「吸いません」

社長「wwwwとりあえず5時まで休憩!帰ってもよし、好きにしろ」

董事长「懂了吧,就是这种感觉ww」

我  「真是抱歉……」

董事长「别在意了!你也抽一支?ww」

我  「不抽」

董事长「wwww总之下午5点之前都休息!回去也可以,随你喜欢」

 

そう言って社長は事務所のほうにはけていった。

帰ってもよかったんだけど、せめて食器の置いてある位置だけは覚えようと食器棚とにらめっこ。

这么说完董事长离开了店里消失在了事务所的方向

虽然回去也可以,不过至少想把餐具摆放的位置给记住,

于是使劲盯着摆放餐具的架子

 

45:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:16:51.26 ID:Jnfzpbqe0

しばらくすると後ろに人の気配が。

稍微过了一会儿,感觉好像有什么人站在我后面

 

「ふんっ」

「哼」

 

なぜか鼻で笑われた。

誰かと後ろを振り返るとAさん。

この人は基本的に魚介、寿司を扱ってる人。

不知为何遭到了嗤之以鼻般地笑声

想着谁那么没有礼貌回过头结果发现是A桑

这个人基本上是负责鱼类,寿司那一块的人

 

俺「なんですか?」

A「…」

我「什么啊?」

A「…」

 

そこで無視かい。

立ち去っていくAさん。

この人とは仲良くできそうにない。

这里竟然是无视么

一言不发就这么离去的A桑

感觉和这个人没办法成为好伙伴

 

Aさんに聞こえるように大きめのため息をつくと厨房のほうから

发出了连A桑都能听得见的叹气声后,从厨房那边传来了一句

 

「あ、幸せが逃げた」

「啊,幸福溜走了」

 

Bさんの声だった。

俺がいる食器棚や食材庫が置いてある場所を覗いているBさん。

是B桑的声音

正望向站在餐具架和食材库前的我这边的B桑

 

俺「あ、ども」

B「ほら、あれだ、若いのがいるのが新鮮なんだよ」

我「啊,你好」

B「喏,就是那个啦,看到有年轻人在稍微感到有些新鲜而已啦」

 

ちょっといい人かもしれない。

或许是一个不错的人

 

47:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:17:33.85 ID:Ng/UY2HG0

結構繁盛してるのか

生意挺火爆的吗

 

48:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:19:36.32 ID:Jnfzpbqe0

>>47

そうですね、地元密着型なんで割と地元のお客さんで繁盛してます。

>>47

是啊,位置处于当地人口密集的地方,当地的客人特别多

 

51:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:29:29.19 ID:Jnfzpbqe0

ちなみにBさんは、野菜や果物、焼き物を扱ってる人。

社長は揚げ物やAさんBさんの補助もするオールマイティな人。

女将さんは接客兼、お客さんのお話し相手。

顺带一提,B桑负责的是蔬菜水果,以及各种烧烤料理

董事长是平时负责油炸类料理,但有必要的话也能辅助A桑和B桑的全才

老板娘则是负责接客兼作为客人的聊天对象

 

B「まぁ、頑張れよ」

俺「あ、ありがとうございます!」

B「期待はしてないから」

B「嘛,加油吧」

我「非、非常感谢!」

B「并没对你抱有太大期待噢」

 

さらにここでメンタルを鍛えられそうな予感がした。

そんなこんなでAさんに無視され、Bさんにいじられ、食器棚とにらめっこしつつ休憩時間を終えた。

有一种自己的抗打击能力能在这里再次得到锻炼的预感

就这样,一会儿被A桑无视,一会儿被B桑逗弄,

一会儿瞪着餐具架子休息时间就这么过去了

 

4時前に戻ってきた社長はやたらとご機嫌だった。

4点之前回到店里的董事长看上去心情格外地好

 

社長「おい、聞けww」

俺「なんですか?」

社長「ジャグラーで3万勝ったww」

董事长「喂,听我说ww」

我  「怎么了?」

董事长「在juggler赢了3万ww」

 

なんの話かさっぱり分からず。

完全听不懂他在说什么

 

俺「はい?」

社長「ああ、スロットww」

俺「はあ…」

社長「今日、早く仕事が終わったら、終わったあと行くぞ!」

我  「啥?」

董事长「赌博机啦ww」

我  「哈啊」

董事长「今天,如果能早点干完工作的话在干完以后带你去噢!」

 

だから俺、まだ15歳だってば…。

所以说,我现在才15岁啦

 

53:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:38:00.04 ID:Jnfzpbqe0

また昼のピークの悪夢が続くのかと思えば、夜の来客数2人。

あんまりにも暇すぎてAさんは新聞を読みだし、Bさんは7時に帰る始末。

俺はと言えば社長に店のノウハウを教えてもらっていた。

还以为会再次持续午间高峰时段那种噩梦,结果晚上只来了2个人

实在是闲过头了A桑一直看着报纸,B桑则是在7点钟就已经回去了

我的话则是被董事长灌输着关于店里的情报

 

社長「とりあえず嫁に合わせときゃ上手くいくから」

俺「そうなんですか?」

社長「むしろあいつに嫌われたら、やってけないと思え」

董事长「总之如果和老婆关系处理得好的话事情一定能顺利的」

我  「是这样吗?」

董事长「不如说如果被那家伙讨厌的话,最好做好干不下去的准备」

 

どんな職場だよ。

どうやら店で1番幅をきかせているのは女将さんだと判明。

什么地方啊这是

看来在这个店里最有发言权的是老板娘这一点是明白了

 

結局片付けも9時前には終わり、その日はあがれることに。

なんだかんだで8時間の立ち仕事に足の疲労も結構なことに。

结果事后的收拾工作也在9点前就结束,那天就这么打烊了

不管怎么说也站了8个小时,双脚已经感到很疲劳

 

社長「じゃあ行くか!」

俺「だから俺は…」

社長「は?」

俺「お、お付き合いします…」

董事长「那么出发吧!」

我  「所以说我…」

董事长「啊?」

我  「请、请让我陪你一起去……」

 

口答えすることもできず、社長の運転に揺られ近所のパチ屋へ。

背徳感とほんの少しのドキドキがあったように思う。

結局、社長が売ってるのを後ろで見ていただけなんですけどね。

当然提不出反对的意见,就这样在董事长的驾驶下摇摇晃晃地来到了赌场

感受到的是背德感,以及真的只有一丁点的心跳的感觉

结果,也只是站在董事长后面看他操作而已

 

なにせうるさい、頭が痛くなった。

ただそれだけだったパチ屋デビューでした。

总之是吵得要死,感觉头都痛了起来

仅此而已的赌场初体验

 

54:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:42:30.87 ID:32 ID:6UcXy30

面白いね

好像有点意思

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年3月28日 23:45:42

    什么时候展开主线啊

  2. hentai
    hentai 发表于: 2015年3月28日 23:54:52

    哦哦哦,有过来打工的妹纸么

  3. 言一
    言一 发表于: 2015年3月29日 14:14:32

    A桑B桑是傲娇吗2333

  4. 伪文艺de茶叶
    伪文艺de茶叶 发表于: 2015年3月29日 16:37:33

    总感觉这楼主大概是被人上套了吧,一直邀请去赌场什么的

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部