29Mar

『长篇故事・2ch』初次的打工去了一个不得了的地方(三)

时间: 2015-3-29 分类: 初次的打工去了一个不得了的地方 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/41729629.html


 

上一章 目录 下一章

 

55:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:44:29.80 ID:Jnfzpbqe0

そんなこんなで初めてのバイトデビューも上手くいったように思えた。

次の日からも同じような感じで、要領を覚えるのに必死だった。

その週末、2階の大広間で予約が50人近く入ってるのに絶望を覚えながらも出勤。

不管怎样,第一次的打工我想应该算是比较顺利吧

第二天开始也是同样的感觉,总之是在拼命努力地去掌握诀窍

然后当我在那个周末,对在2楼的大厅有将近50人的预约这件事

边怀抱着绝望的心情边来到了店里

 

社長の盛り付けを手伝っていたときだったかな。

好像是在帮董事长将饭菜盛到盘子里的时候吧

 

社長「そういえば、お前の連絡先家の電話やろ」

俺「そうですけど…」

社長「携帯は?」

俺「持ってないです」

董事长「这么说来,你留的那个电话是你家里的电话吧」

我  「是这样没错……」

董事长「手机呢?」

我  「没有」

 

A「wwwww」

A「wwwww」

 

なぜお前がそこで笑う。

为啥你要在这里笑出来啊

 

社長「珍しいww不便だし、月曜日契約しに行くで」

俺「え?」

社長「行くな?」

俺「は、はい…」

董事长「这年代还真是稀奇ww这样太不方便了,周一带你去签约」

我  「诶?」

董事长「会去的吧?」

我  「是,是……」

 

状況が理解できないし、かろうじて理解できているところでも申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

一开始没明白状况,好不容易才搞清楚状况后又感到很抱歉

 

61:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:54:17.70 ID:Jnfzpbqe0

忙しさでどうにかなりつつ、無事宴会も終わり片付けをしていた。

社長が帰り際に「じゃあ、明日10時に店の前でな!」だけ言って帰っていった。

洗い物を手伝ってくれていた女将さんがなんのこと?という風な顔をしていた。

虽然忙得感觉都快坏掉了,但宴会总算是平安无事的结束,开始了收拾工作

董事长在回去的时候「那么,明天10点在店门前集合!」这么说完就回去了

在一旁帮我一起洗碗的老板娘露出了一脸『什么事情啊?』的表情

 

女将「明日、なんかあるの?」

俺「いや、社長が携帯を契約してくれるとか…」

女将「なんやそのことかww」

俺「知ってたんですか?」

老板娘「明天,有什么特别的吗?」

我  「不,董事长说是带我去弄手机的签约什么的…」

老板娘「什么啊,是那件事吗ww」

我  「老板娘知道吗?」

 

女将「なんかあんた家庭が複雑そうやし、あの人なりの優しさでしょww」

俺「なんか申し訳なくて…」

女将「携帯代は自分で払うんやでww」

老板娘「你的家庭环境好像挺复杂的,这算是那个人关心人的方式吧ww」

我  「总觉得很抱歉……」

老板娘「不过月租要自己掏钱噢www」

 

なんだかなんとも言えない気持ちになって、ただお礼を言うことしかできなかった。

总觉得有一种难以言喻的心情,除了谢谢之外的话都说不出来了

 

64:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 18:57:59.96 ID:WyyYX4B50

面白くなってまいりました

好像变得有趣起来了

 

65:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:00:23.32 ID:Jnfzpbqe0

なんかほんとみんなありがとう!

真的是谢谢大家!

 

翌日、店の前に行くと社長が車をスタンバイして待っててくれてた。

私服の社長はなんだか見なれなくて、少し違和感を覚えた。

なんかテレビ会社のプロデューサーみたいな格好だったと思うww

第二天来到店门前时,董事长以及他的车已经在那里等着了

穿着便服的董事长平时没见过,总觉得有一点违和感

有种像是电视台制片人那样的打扮

 

社長「うい!」

俺「おはようございます!」

社長「ほな行くか」

董事长「哟!」

我  「早上好!」

董事长「那就出发吧」

 

車で揺られること10分、某柔らか銀行に。

適当に機種を見繕ってもらって、あっさりと契約。

在车子中摇摇晃晃过了10分钟,来到了Softbank

随便地挑了一个机型,很干脆地签了约

 

俺「なんかほんとに申し訳ないです…」

社長「なぜお礼が出ない」

俺「いや、あの」

社長「お・れ・い」

俺「ありがとうございます!」

我  「总觉得很抱歉……」

董事长「为何不说谢谢」

我  「不,那个」

董事长「谢・谢」

我  「非常感谢!」

 

こえーよ、社長。

昼飯も食ってくか、ってことで近所のファミレスへ。

適当に頼んで料理を待ってるときだった。

太恐怖啦,董事长

「那么去吃午饭吧」,就这样来到了附近的家庭餐厅

在我们随便点了些菜等待的时候

 

社長「俺、ガキいなくてさ」

董事长「我啊,没有孩子」

 

社長が誰に言うこともなく、そうつぶやいた。

董事长并不是对什么人说话,只是自言自语地这么说来一句

 

69:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:02:58.09 ID:Ng/UY2HG0

養子縁組やな

这是要收为养子的节奏吗

 

72:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:07:06.17 ID:Jnfzpbqe0

社長「いやー、俺の精子がないんやってww笑えるやろwwww」

董事长「哎呀,说是我没有精子什么的ww很好笑吧www」

 

なにも答えられずにいる俺をよそに、社長は淡々と話していく。

面对什么都没法回答的我,董事长只是平淡地讲述着

 

社長「いまさらどうにかなるって話ちゃうし、ええんやけどな。

最近お前がバイトに来てからガキができたみたいでさww

やばい、ちょっと重いかwwww」

董事长「嘛,事到如今再去想这个问题也白搭,先不管了

    从最近你过来打工开始,感觉自己像是有了孩子一样ww

    抱歉,话题太沉重了吗wwww」

 

俺「や、よく分らないですけど、悪い気はしないです」

社長「wwwwじゃあこれからお前は俺の店の奴隷だwwバイトじゃなくて奴隷なww」

我  「不,虽然不太明白,不过并不会感到不愉快」

董事长「www那么今后你就是我店里的奴隶了ww不是打工仔而是奴隶ww」

 

そう言って社長はげらげら笑った。

飯をつつきながら、今度は俺が家の話をした。

这么说完董事长哈哈笑了起来

边吃着饭边聊着,这次谈起了我家里的话题

 

母親がどうしようもない人間だということ。

家に居づらいということ。

社長はただうなずきながら、すべてを聞いてくれていた。

关于母亲是糟糕透顶的人的事情

在家过得不自在的事情

董事长只是一边点着头,边静静地听我说完了全部

 

73:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:07:46.90 ID:98 ID:yOlhEn0

奴隷wwww

奴隶wwww

 

75:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:08:50.79 ID:V3SVUQnhO

奴隷w社長面白いなw

奴隶w董事长还真是有意思啊w

 

82:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:18:32.42 ID:Jnfzpbqe0

社長「よし、帰るぞ奴隷1号ww」

俺「その呼び方だけはどうにかならんですか」

董事长「好,那么回去吧奴隶1号ww」

我  「只有那个称呼不能再改改吗?」

 

終始ご機嫌な社長を傍目に、店を出て社長に家まで送りとどけてもらった。

こんなに楽しい1日は初めてで、ほっこりしたのも初めてで、家に帰ってからもにやにやしっぱなしだった。

心情看上去一直很好的董事长,在离开餐厅时将我直直送回了家里

这么开心的一天对我来说还是第一次,这么温暖的一天对我来说也是第一次

回到家以后嘴角也是情不自禁地一直保持上翘的状态

 

そして手に入れた携帯の電話帳に入った最初の連絡先は社長だった。

社長、とだけある電話帳を見てぞっとしたのは言うまでもない。

然后手机的通讯录里敲入的第一个名字是董事长

看着只有一个『董事长』栏目的通讯录,

不禁打了一个寒战的事情当然不必说

 

また翌日から、またバイト漬けの日々。

基本的にうちは月曜日が定休日なんだけど、携帯を契約してもらった次の日出勤するやいなや、

从明天开始,又要回到投身于打工的每一天里

基本上我们店每周一是休息日,不过在手机签约后的第二天去上班时,早早地

 

A「奴隷…」

A「奴隶…」

 

あんたが言うと怖いからやめてくれ。

被你说只会觉得恐怖饶了我吧

 

社長「すまんww広めたwwww」

董事长「抱歉www嘴滑了wwww」

 

あんんたって人は…。

この日から職場で俺の呼び名が奴隷になったのは言うまでもない。

董事长你这人还真是……

从这一天开始我在店里的绰号被定形成了奴隶什么的说多了都是泪

 

84:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:31:54.33 ID:Jnfzpbqe0

バイトを始めてから1カ月たった。

基本的にうちは、25日締めの月末払いで、その日は待ちに待った給料日でした。

バイト自体にもだいぶ慣れていて、その日の仕事を片付けると、女将さんから呼ばれた。

那是在打工开始后的一个月左右

基本上在我们店里,工资是从每月的上月26日~这月25日算的

然后月底是发薪日,那一天正是等待已久的发薪日

对于工作也比以前熟练了很多,那天在收拾完之后,被老板娘叫了过去

 

女将「はい、これお給料!」

俺「あ、ありがとうございます!」

女将「また来月も頑張ってねww」

老板娘「给,这是这个月的工资!」

我  「非、非常感谢!」

老板娘「下个月也要继续努力噢ww」

 

そう言われ渡された封筒をみると、表に大きく「奴隷様」と書いてあった。

すごく複雑な気持ちになった。

被她这么说完后看了一下递过来的信封,封面上写着大大的「奴隶sama」

……心情真的是非常的复杂

 

同時にAさん、Bさんともに給料をもらっていて、比べ物にならないほどの給料袋の分厚さだった。

同时,A桑、B桑也一齐拿到了工资,我的这个跟他们信封的厚度简直没法比

 

社長「おー、給料か!」

俺「はい、ありがとうございます」

社長「飼いならすためや、これくらいの投資はしゃーないww」

董事长「喔,工资吗!」

我  「嗯,非常感谢」

董事长「只是为了驯养罢了,这种程度的投资不算什么www」

 

奴隷というか、飼い犬状態じゃねーか。

这与其说是奴隶不如说是家犬的状态吧

 

社長「おーい、A、B!」

董事长「喂,A、B!」

 

急にAさんとBさんを呼び出す社長。

AさんとBさんを見ると親指でグッドサインを出しておられる。

突然被董事长叫道的A和B

看了看A桑和B桑结果看到他们做出了竖起大拇指的手势

 

社長「よし、1000円出せ」

俺「は、はあ…」

社長「じゃあ表で待ってろww」

董事长「好,拿出1000日元来」

我  「哈、哈啊」

董事长「那么在外边稍微等等ww」

 

そう言って客席に座らされて、しばらく待たせる俺。

这么说完我被带到客人的座位上,叫我稍微等待了一会儿

 

87:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:38:35.37 ID:Jnfzpbqe0

客席で待たされること30分弱。

女将さんと他愛もない話をしていると、社長と職人さんたちが厨房から出てきた。

在座位上等了30分钟左右

正和老板娘聊着些漫无边际的话题时,董事长和厨师们从厨房走了出来

 

社長「ほら、1ヶ月記念日やww」

董事长「来来来,工作了一个月的纪念日噢ww」

 

そう言って座っている机に並べられる懐石料理。

1ヶ月働いたんだから分かる、この店で1番高い懐石料理だった。

当然1000円なんかで食える代物じゃない。

这么说完后他们在桌子上摆上了怀石料理

我在这里已经工作了1个月了所以能够知道,这是这个店里最贵的怀石料理

当然不是1000日元这种程度能够品尝得到的东西

 

俺「え?」

社長「なんも言わんと食うたらええww」

B「手抜きで作ったったさかいww」

A「はぁ、俺の給料…」

我  「诶?」

董事长「什么都不用说了尽管吃吧ww」

B  「嘛,只不过是偷工减料做的而已ww」

A  「哈啊,我的工资……」

 

Aさん、あんたって人は…。

A桑,把我的感动还给我……

 

89:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:44:43.97 ID:Jnfzpbqe0

俺「い、いただきます…!」

我「我,我开动了……!」

 

すごく食べづらかった。

社長さんが横でつついてくるからでもなく、Bさんが憎まれ口を言うからでもなく

Aさんが懐石の値段の内訳を言ってくるからでもなかった。

ただ美味しくて、心づかいがどうしようもなく嬉しくて、嗚咽が邪魔したから。

真的是很难下咽

并不是因为董事长在一旁不停地用胳膊肘子捅着我,也不是因为B桑的毒舌

当然也不是A桑在一旁不停强调着关于怀石料理的详细的价目

只不过是因为实在是太好吃,心里实在是太高兴

被从喉咙深处涌起的那个呜咽声妨碍

 

社長「人の作った料理で『うぇうぇ』言ってんちゃうぞww」

俺「ずびばでん…」

A「泣き顔、いつもに増してぶさいくやな…」

董事长「对着人辛苦做出来的料理说着『呜呜』什么的也太没礼貌了吧ww」

我  「堆不起……」

A  「哭脸,看上去比平时更丑了……」

 

分かった、Aさんはささやき戦術の達人だ。

我明白了,A桑你一定是私语战术的高手吧

 

(lu:私语战术是一个棒球用语,目的是扰乱击球手的节奏

 比如说下面这种感觉:

 捕手「呐,下一球盯准的是什么球?」

 击球手「・・・」

 捕手「我猜的话,应该是直球吧」

 击球手「・・・」

 捕手「那么,下一球是下坠球吧・・・(小声)」

 击球手「・・・!?」

 捕手「好的大家打起精神来噢~」)

 

92:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:47:12.29 ID:Jnfzpbqe0

ねえ、疲れちゃった、休憩していかない?

呐,有点累了耶,稍微休息下怎么样?(这句话模仿女性口气说的)

 

男が言っても誰得なセリフだな、これは。

ご、ごめんなさい、ちょっと疲れたので休憩しますorz

質問とかあれば答えますー!

嘛,由一个大男人说这种台词也没有人会高兴呢

抱、抱歉,因为有点累了所以稍微休息下orz

如果有什么问题的话会回答的~!

 

96:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:54:22.62 ID:t4eGDArN0

ごめんもう泣いた

抱歉我已经哭出来了

 

>>96

俺も思い出しながらうるっときてるのは内緒だぜ。

>>96

我才不会说我也是回忆地泪目起来了呢

 

95:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:49:43.88 ID:JCuhtjEx0

泊まりはなしよ!明日仕事だから!

不可以停噢!明天还有工作呢!

 

98:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 19:58:33.17 ID:Jnfzpbqe0

>>95

えー、俺は明日休みなんだよ。

お前も休めよ。

…なに言ってんだ俺。

>>95

诶~不过我明天休息诶

你也休息吧

……在说什么啊我

 

105:忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:8): 2012/12/09(日) 20:06:57.45 ID:VLx+z5/j0

いいスレに出会えた

遇到了一个好贴呢

 

106:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:11:07.59 ID:Jnfzpbqe0

結局終始鼻水だらだら、涙だらだらで家に帰ることに。

帰ってから給料袋の中身をみると、もちろん時給×時間分なんだけど驚くほど入っていて、手が震えたのを覚えてる。

结果至始至终都是鼻涕眼泪流个不停的状态,就这么回到了家里

回到家里后,看了看信封里的东西

虽然当然只是时薪×时间的分量但还是比我想象的要多,

都能感觉到自己的手在颤抖

 

俺「はい、これ」

母親「給料日やったんや」

我 「给,这个」

母亲「今天是发薪日么」

 

母親は特にリアクションを示すわけもなく、ただ俺から2万円を受け取った。

それに対して俺も憤りを感じることもなく、自室に戻ってから一人暮らしの算段を始めた。

母亲并没有什么特别的回应,只是平淡地接下了我递过去的2万日元

对此我也没有感到什么特别的愤慨,

只是回到自己房间后开始盘算起了独居的事情

 

決めたこと5万円は貯金しようということ。

携帯代を差し引いても多少は自分に使えるお金も残ることに目途も立った。

上手くいけば半年もしないうちに一人暮らしが始められることに、早くも希望を感じていた。

最后决定将5万日元先存起来

就算除去手机费,自己能够使用的钱还是剩下不少,于是也有了目标

如果顺利的话半年不到应该就可以开始独居生活了吧,

早早地就开始感受到了希望

 

111:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:19:41.80 ID:Jnfzpbqe0

給料日という大きなモチベーションを得た俺は一層仕事に精が出るようになった。

この頃には、少しずつ社長やAさんBさんに頼まれたことがこなせるようになっていき、そして頼まれることも増えてきた。

またそれが嬉しくて仕事に励むようになった。

得到了名为发薪日这一大动力的我工作起来更卖力了

在那个时候开始,已经渐渐变得可以很好地完成董事长以及A和B桑的吩咐

然后被拜托事情的场合也变得多了起来

对此反过来又觉得很开心,工作起来也就变得更努力

 

そんなある日、昼の営業時間が終わって店で休憩してると社長さんと女将さんの怒号が事務所から聞こえてきた。

就在这种日子中的某一天,在中午营业时间结束正在休息时

听见了办公室那边传出来的董事长和老板娘的对骂声

 

女将「あんたは頭固いねん!!」

社長「誰に口きいとんじゃ、おどれは!!」

老板娘「你的脑子真的是很顽固诶!!」

董事长「这口气是在对谁说话啊,你这家伙!!」

 

どこのヤーさんですか、あなたたちは。

AさんもBさんも自宅に帰っていて、今職場にいるのは俺だけ。

你们是什么地方的黑社会么

A桑和B桑已经回到了家里,目前在店里面的只有我而已

 

社長「ごらぁ!奴隷!!」

董事长「喂!奴隶!!」

 

これは飛び火してきそうな予感。

感觉有种会被波及到的预感

 

115:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:26:33.48 ID:Jnfzpbqe0

俺「は、はひぃ!!」

我「在、在!!」

 

てんぱりながら駆け足で事務所へ向かう。

慌慌张张地奔向办公室那边

 

女将「厨房を走らない!!」

老板娘「不要在厨房里奔跑!!」

 

ああ、出た対岸の火事が飛び火したやつだ。

啊啊,所谓一头扑向对岸上的火灾现场说的就是我这种家伙吗

 

社長「今はそんなん関係あらへんやないか!」

女将「はぁ?!」

社長「なんやこら!」

董事长「现在说的这个跟那个话题没关系吧!」

老板娘「哈?!」

董事长「你这是什么反应啊喂!」

 

あ、あの俺を呼んだ意味はなんなんですかねぇ。

那、那个把我叫过来的意义何在呢

 

俺「あの、俺を呼んだ意味は…」

社長「口からこぼれただけじゃ、ひっこんどれ!」

我  「那个,把我叫过来是……」

董事长「嘴滑了而已,回去吧回去!」

 

口からこぼれたものが、どなり声になるんですね。

もうどうでもいいやってなって厨房に戻る。

相変わらず怒号が飛び交う中、会話を聞いているとなんとなく話の全貌が見えてきた。

嘴滑说出来的东西,原来可以变成怒吼般的声音么

已经变得怎样都好总之回到了厨房

在厨房里一如既往的叫骂声中,听着他们的对话总算是搞清楚了事情的全貌

 

116:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:27:32.77 ID:Ng/UY2HG0

社長ww

董事长ww

 

121:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:33:46.82 ID:Jnfzpbqe0

どうも女将さんは新しいバイトの子がほしいもよう。

お客さんのお世話を1人でするのはそろそろしんどくなってきたとのこと。

看样子是老板娘想要一个新的打工人手的样子

说是整天给客人陪笑脸已经差不多变得有些腻烦了

 

社長さんはお前は店の経営のことを考えてものを言ってくれと。

董事长则是「你就不会说点对店里的经营有帮助的话么」

 

女将「あんたがパチ○コやめたら、新しい子の給料も払えるわ!」

社長「お前が無駄遣いやめたら考えたるわ!」

女将「それにあんたは1くんが来てから、楽しそうやんけ!」

社長「それのなにが悪いねん」

女将「わたしにもお気に入りの女の子がほしい!」

老板娘「你戒掉柏青哥什么的话,新人的钱也能付得起了不是吗!」

董事长「如果你肯改掉你那乱花钱的坏毛病倒是可以考虑一下!」

老板娘「而且你不是也在楼主来了以后,看起来挺开心的嘛!」

董事长「那又怎么了,有什么不好吗」

老板娘「我也想要一个中意的女孩子啊!」

 

なんだ、ただの夫婦喧嘩じゃないか。

ここで社長さんが折れたのか、なにも言わずに厨房に入ってくる。

什么啊,只是普通的夫妻吵架吗

这里不知是董事长让步了吗,只见他一言不发地回到了厨房

 

社長「もうあいつには何話してもあかんわ」

俺「ははははh…」

社長「俺が折れたらな、いつ離婚してもおかしいないわ」

董事长「对那家伙再说多少都没用了」

我  「哈哈哈哈h…」

董事长「多亏我让步了,不然啥时候离婚也不奇怪呢」

 

そう思うならもっと手前で折れることはできないのだろうか。

如果这么想的话再早点退让不好吗

 

124:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:43:50.27 ID:Jnfzpbqe0

まぁ、夜の営業時間はとてつもなくぎくしゃくしていた。

AさんBさんは何食わぬ顔で通常運行、社長さんは俺に女将さんの悪口を聞こえるように言ってくる。

逆に女将さんはやたらと俺を呼びつけて仕事を押し付ける。

嘛。总之夜里的营业时间整个店里的气氛都很不好

A桑和B桑若无其事地照常工作,

董事长则是对着我用老板娘能够听得见的音量说着她的坏话

反过来老板娘则总是把我叫过去把各种工作推给我

 

来客も少なかったはずなのに、ある意味1番疲れた日なのかもしれない。

明明客人并不多,但从某种意义上讲或许是最累的一天也说不定

 

営業時間が終わって、店じまいをしながら女将さんと話していた。

在营业时间结束,正做着打烊的准备时和老板娘聊了一下

 

女将「なんか今日はごめんねww」

俺「いや、まぁだいぶ慣れました」

女将「あんたもなんか逞しくなったねww」

俺「そんな…」

女将「ほんまね、わたしが折れなあの人と離婚してまうやろうからねww」

老板娘「今天真是抱歉了ww」

我  「不,嘛,我也已经习惯了」

老板娘「你也是变得坚强起来了嗯ww」

我  「怎么会」

老板娘「说真的啊,多亏我让步了不然估计会跟那个人离婚吧ww」

 

お ま え も か。

夫婦そろって同じこと言ってんじゃ、世話ないわ。

你 也 是 吗

夫妻俩说的话都一个样,我也是醉了

 

俺「そ、そうですね、女将さんが折れてるから上手くいってるんですよ」

女将「でしょーwwさすが1くん、分かってるわーwwww」

我  「是,是呢。多亏老板娘让步了所以事情才能变得顺利呢」

老板娘「对吧对吧ww不愧是楼主君,真懂事呢wwww」

 

いやぁ、俺ってばなんて策士。

哎呀,我还真是策士

 

女将「よし、バイトの募集かけてみよう!ww」

老板娘「好,那就挂上打工的招聘启示吧!ww」

 

やっぱり折れてないやないかい!

果然根本没有让步不是么!

 

127:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:48:49.42 ID:tJcCjwl70

新しい女の子バイトwktk

新过来打工的妹纸……好期待

 

128:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:48:52.97 ID:s7rM9fUS0

本気の喧嘩ができる同士は仲の良い同士

能够动真格吵架的其实都是关系好的

 

132:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:54:30.42 ID:sUP0t1xN0

女将www

老板娘www

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 13 条精彩评论

  1. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年3月29日 23:23:18

    奴隶君233
    万众瞩目的新角色就要登场了吧www

    • hentai
      hentai 发表于: 2015年3月30日 00:16:35

      是啊是啊ww

  2. hentai
    hentai 发表于: 2015年3月30日 00:16:20

    奴隶wwww万众瞩目的打工妹纸ww

  3. 言一
    言一 发表于: 2015年3月30日 06:32:58

    奴隶君啊什么的www 都是很好的人啊

  4. test
    test 发表于: 2015年3月30日 11:01:33

    请问一下哈,”www”是什么意思啊?

    • 123
      123 发表于: 2015年3月30日 11:13:51

      笑的意思,网络用语

  5. thoreausolo
    thoreausolo 发表于: 2015年3月30日 11:09:22

    请问一下哈,”www”是什么意思啊?注册了个号再问一下

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年4月5日 17:40:06

      www是笑的意思,抱歉评论被系统吞了现在才看到

      • thoreausolo
        thoreausolo 发表于: 2015年4月5日 17:42:59

        that’s fine[可爱]

  6. magichp
    magichp 发表于: 2015年3月30日 13:52:24

    估计会有妹子出没1

  7. 表示很好奇
    表示很好奇 发表于: 2015年7月17日 20:17:59

    能够动真格的吵架都是关系好的。

  8. 白日黑暗
    白日黑暗 发表于: 2016年5月22日 11:52:55

    所以董事长和老板娘就成就了楼主的幸福了吧

  9. OvO
    OvO 发表于: 2016年11月19日 19:50:28

    很有意思啊,老板和老板娘。我以后的老板也有这么有人情味就好了

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部