30Mar

『长篇故事・2ch』初次的打工去了一个不得了的地方(四)

时间: 2015-3-30 分类: 初次的打工去了一个不得了的地方 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/41729629.html


 

上一章 目录 下一章

 

133:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:54:48.06 ID:Jnfzpbqe0

そんなこんながありつつ1週間後のある日、昼休憩をしていると来客を知らせるチャイムが。

割と営業時間外にもお客さんが来て、オードブルや夕食の注文してきたりするのでそれかと思い店の表まで出てみる。

就这样发生了很多事情,在一周后的某一天

在中午的休息时间,听到了有客人到来的电子音

因为在营业时间外也常常有客人过来,点些西餐的拼盘或是晚餐

想着这个客人是不是也是这样呢的我来到了店门口

 

俺「いらっしゃいませー」

我「欢迎光临~」

 

おとなしそうで、若い女の子が立っていた。

站在我面前的,是一个年轻的女孩子

 

女「あ、あの」

俺「はい…?」

女「那、那个」

我「嗯……?」

 

若い子が来るような店でもないし、たぶん不信感全開で相手していたと思う。

因为这个店不是年轻人来的地方

所以我想我当时的视线一定是带着满满的怀疑吧

 

女「今日は面接を受けにきました…」

俺「…あぁ! ちょっと待っててくださいね!」

女「我是今天过来接受面试的……」

我「……啊! 请稍微等一下噢!」

 

事務所に戻って、女将さんに新しいバイトの子が来たことを伝える。

女将さんは嬉しそうな顔をして一目散に客席に向かっていった。

来到办公室,跟老板娘传达了打工的新人已经过来了这件事

老板娘桑露出一副很高兴的表情,飞速地赶往了客席那边

 

137:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 20:58:54.94 ID:U3Ivhf000

いまも働いてるんじゃいごごちよかったのかな。

ゆっくり話をすすめていきましょうや。

如果说直到现在还在这里工作的话那说明这里真的很不错吧

请慢慢讲述噢

 

142:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:01:18.99 ID:Jnfzpbqe0

女の子の印象はとにかく、おとなしそうで普通の子だった。

おそらく高校生くらいで、なぜか少し羨ましくも感じた。

说到对女孩子的印象的话,总之就是看上去很老实很普通的孩子

从外表判断的话大概正处于高中生的年龄吧,不知为何稍微感到有些羡慕

 

表からは女将さんの笑い声が聞こえてきて、相変わらずだなぁと思っていた。

事務所で寝転びながら一服している社長に

可以听见门口老板娘传出来的笑声,想着这个人也是老样子啊

对着正边躺在办公室里边抽着烟的董事长

 

俺「社長、面接行かんでええんですか?」

社長「認めへんー」

俺「子供ですか」

社長「奴隷が社長になんちゅう口きいてんねん!」

我  「董事长,不去面试没问题吗?」

董事长「我还没承认呢」

我  「小孩子吗」

董事长「你这是身为奴隶对董事长说的话吗!」

 

なんでこんな気がたってんだよ。

为啥这么不高兴啊

 

俺「ほら」

社長「しゃあないなー、あー、めんどくさ」

我  「好啦好啦」

董事长「真是没办法啊~,啊~,好麻烦」

 

散々悪態をつきながら社長は事務所を出ていった。

結局この人も折れてなかったのである。

董事长边狠狠骂着脏话边从办公室走了出去

结果这个人也根本没有让步嘛

 

することもなくて暇だなぁと雑誌を読んでいると、社長が早くも戻ってきた。

もしや落としたのか…?

因为没什么事情好做的,真是闲啊就这么读了读杂志的期间里,

董事长老早地就回来了

难道说是拒收了吗……?

 

社長「おい、奴隷」

俺「…はい?」

社長「いやぁ、若い女の子ええなあww」

董事长「喂,奴隶」

我  「……嗯?」

董事长「不,只是想说年轻的女孩子真是好啊ww」

 

最低だ、あんた。

烂透了,你这家伙

 

149:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:10:32.91 ID:Jnfzpbqe0

俺「へー」

社長「なんやそのケダモノを見るような目は」

俺「さぁ?」

社長「お前最近、態度でかなってないか?」

我  「这样啊~」

董事长「什么啊,你那在看畜生般的眼神」

我  「撒?」

董事长「你这家伙,最近,态度是不是稍微有些太狂妄了?」

 

ちょっと怖くなってきたので厨房に逃げることにした。

稍微变得有些害怕起来于是逃向了厨房

 

しばらくすると女将さんが女の子を連れて厨房に入ってきた。

稍微过了一会儿,老板娘把那个女孩子带进了厨房

 

女将「あ、奴…じゃなくて、1くんww」

俺「あのねぇ…」

女の子「?」

老板娘「啊,奴……抱歉嘴滑了,楼主君ww」

我  「我说啊……」

女孩子「?」

 

いい加減、人権問題で訴えるぞ。

差不多想要以人权问题起诉了噢

 

女将「明後日から働いてくれるKちゃんね!」

女の子「Kです!よろしくお願いします!」

老板娘「这是后天开始将与我们店里工作的K酱噢!」

女孩子「我是K!请多指教!」

 

Kちゃんは深く俺におじぎをして、顔をあげて俺に笑顔を見せた。

あ…若い女の子いい!

K酱深深地给我鞠了个躬,抬起头对我露出了满面的笑容

啊……年轻的女孩子真是好啊!

 

俺「は、はい!こちらこそ!!」

社長「いやぁ、下心怖いわー!ww」

我  「是、是的!我这边才是!!」

董事长「哎呀,狼子野心还真是可怕呢~!ww」

 

しゃ、社長め…。

董、董事长你这家伙……

 

154:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:15:13.09 ID:Jnfzpbqe0

俺と同じでKちゃんもその日は、それだけで帰っていった。

この日の夜の営業時間にAさんBさんにも、新しい子が入ってくることが伝わった。

和我之前一样,K酱那天就那么直接回去了

在这天晚上的营业时间里,对A桑和B桑也传达了会有新人过来的事情

 

B「また足手まといが増えるんか…」

B「拖后腿的,又要增加一个了吗……」

 

もうほんとごめんなさい。

拖后腿真是对不起啦!

 

A「…女?」

A「……是女的?」

 

なんでちょっと嬉しそうなんだよ。

そんなAさん、この日はやたらと絡んでくる。

为啥你看上去那么开心啊

那样的A桑,在那一天里还真是纠缠不休

 

A「おい」

俺「はい?」

A「新しい子、見たんか?」

俺「ええ、はい」

A「…女?」

A「喂」

我「怎么了?」

A「新人,你见过了吗?」

我「啊,是的」

A「……女的?」

 

なんで今度は照れくさそうなんだよ。

ちょっと意地悪してみたくなった。

为啥这次又是一副羞涩的表情

稍微变得有些想要使坏了

 

俺「さぁ?男だったらいいですねww」

A「…ちっ」

我「撒?如果是男的就好了呢ww」

A「…切」

 

そんな分かりやすく舌打ちします?

我说你也太明显了一点吧

 

155:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:17:35.17 ID:i/9hKrS20

>>87から泣きっぱなしだよう(;ω;)良い話だあ

从87开始就一直在哭噢(;ω;)真是个好故事

 

>>155

よければ笑ってもやってください。

>>155

如果可以的话还是带着一副笑容看下去吧

 

156:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:17:35.86 ID:LCPP9PU20

>>1

この手の飲食店ってホール担当がめっちゃ楽に見えるんだがそうだった?by 元キッチン

>>1

像是这种类型的餐厅在前厅负责接客的看上去都很开心的样子

但实际上呢?by 原厨师

 

>>156

暇なときはそう見えるけど、実際はそうじゃないぞ。

来る時は宴会で50~60人の相手を今でこそ3人だけど、昔は女将さんと非常勤のおばあちゃんと2人でさばいてたんだぞ。

もう想像もできないくらいの忙しさだと思う。

>>156

虽然在比较闲的时候看上去是这样没错啦,但实际并不是这样噢

在摆酒席宴会得应付50~60个客人,现在有3个人倒是还好

以前的话就只有老板娘和一位非全职的老太太两人而已噢

我想肯定是想都想象不到的累人吧

 

157:◆qfhJ29hlHg: 2012/12/09(日) 21:17:36.11 ID:98 ID:yOlhEn0

>>154

AとBって何歳くらいなの?

>>154

A和B多少岁啊?

 

158:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:22:18.97 ID:Jnfzpbqe0

>>157

Aさんは40代後半、Bさんは60代前半。

平均年齢高めな職場でした。

>>157

A桑大概40几接近50的样子,B桑则是60几岁前半段

 

160:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:28:34.55 ID:Jnfzpbqe0

翌々日、Kちゃん初出勤の日。

Kちゃんは学生ということで、夕方からの出勤だった。

后天,在K酱第一次来上班的日子

K酱因为还是学生,所以说从傍晚开始过来上班

 

K「おはようございます!」

K「早上好!」

 

事務所から颯爽と現れたKちゃん。

長い黒髪を後ろで束ねて、面接のときに見たときより凛として見えた。

从办公室那边英姿飒爽登场的K酱

她那长长的黑发被捆在后面,比起面试那天看上去更添一层凛然

 

社長「おう!今日から頼むなーww」

B「おはよー」

A「お、おはよ!」

董事长「喔!从今天开始拜托了噢~ww」

B  「早上好~」

A  「早、早上好!」

 

A、あんただけは絶対に許さんぞ。

ちなみにこの日も俺が挨拶しても無視だったからね!

A,只有你我绝对不会原谅噢

顺带一提这家伙今天也无视了我的招呼!

 

さっそく女将さんがひきつれて、仕事のノウハウを教えにかかった。

马上,老板娘就将她带到了一边,开始讲述起工作的内容

 

A「おい」

俺「はい?」

A「女やないか…ww」

A「喂」

我「什么?」

A「这不是女孩子嘛…ww」

 

あ、嬉しそう。

むしろにやけてんじゃねえか。

啊,好开心的样子

不如说嘴角都笑歪掉了

 

この日はなんだかとてもいい雰囲気で厨房が回っていた。

おそるべし若い女の子の力。

那一天总觉得整个厨房都充满了一种新鲜的活力

年轻女孩子的力量……还真是可怕

 

162:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:34:39.51 ID:Jnfzpbqe0

仕事も終わり、店じまいをしていた。

これが人が1人増えるだけで、すさまじく早く終わる。

単純にKちゃんの要領がいいのもあったと思うけどね。

那是在工作结束,准备打烊的时候

仅仅因为又增加了一个人手,打烊的工作以一种迅猛的速度早早地就完成了

不过也有可能单纯是因为K酱掌握要领掌握得很快呢

 

K「あ、あの!」

俺「はい?」

K「那、那个!」

我「嗯?」

 

洗った食器を拭いているとKちゃんに勢いよく声をかけられた。

对着正在洗碗的我,K酱很有气势地向我搭话道

 

K「ど、どれい…!」

K「奴、奴隶……!」

 

なぜか恥ずかしそうな顔をして、俺の名を呼ぶKちゃん。

正しくは名前でも何でもなく、ただの人権問題である。

不知为何K酱以一脸羞涩的表情,叫着我的昵称(?)

比起名字叫得对不对之前,不如说这已经是人权问题了

 

俺「え?」

K「ご、ごめんなさい!!」

我「诶?」

K「非、非常抱歉!!」

 

顔を真っ赤にしてどこかに行ってしまったKちゃん。

俺はなぜ彼女から奴隷呼ばわりされたのかも分からず、とりあえず店しまいを続けることに。

K酱满脸通红地跑到了别的什么地方

我则是仍搞不清楚为什么会被叫奴隶,总之继续做着打烊的工作

 

女将「こらぁ、奴隷!!」

老板娘「喂,奴隶!」

 

客席のほうから聞こえる女将さんの怒号。

なんで俺が怒られてんだ。

从客席那边传来了老板娘的怒吼声

为啥我要被骂啊

 

164:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:37:00.17 ID:S8JwqSdC0

Kちゃんください(キリッ

请把K酱交给我!

 

168:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:40:32.28 ID:Jnfzpbqe0

俺「はひぃ!」

我「在!」

 

急いで客席に向かう。

慌慌忙忙地赶往客席那边

 

女将「あんたねえ、せっかくのKちゃんの努力を無駄にしたんやな!」

老板娘「你啊,K酱难得的努力不是都白费了吗!」

 

なんのことですか。

是指什么啊

 

K「いや、ほんとに1さんは悪くry」

女将「黙っとって!」

K  「不,真的不是楼主的……」

老板娘「你给我闭嘴!」

 

あぁ、飛び火した。

奴隷呼ばわりされたけど、これには素直にKちゃんに同情した。

この職場に来たことを。

啊,被波及到了

虽然被叫做了奴隶,但这里还是老实地对K酱感到了同情

对于来到这里打工这件事

 

俺「あの、なにを怒ってry」

女将「わたしがKちゃんにあんたを奴隷呼ばわりすれば、打ち解けられるよって言ってあげたの!」

俺「は?」

女将「Kちゃんがあんたと打ち解けたいって言うから!」

我  「那个,所以说到底在气……」

老板娘「是我对K酱说只要叫你奴隶的话,关系就能变得要好起来的!」

我  「哈?」

老板娘「K酱说想要跟你打成一片啊」

 

な、なんちゅう切り込み方…。

这搞好关系的方式还真是崭新……

 

俺「普通に話していたら打ち解けますから…」

女将「最初っからそう言うてよ!」

我  「用普通的方式聊的话就能搞好关系啦……」

老板娘「你又不早说!」

 

じゃあ聞いてくださいよ!

なんてやり取りを女将さんとしていると、横でKちゃんがくすくす笑っていた。

女将さんには理不尽な怒られ方をしたけど、Kちゃんが笑ってくれて少し嬉しかった。

你又没问!

在一旁听着我们对话的K酱,在这时哧哧地笑出了声音

虽然被老板娘不讲道理地骂了一通,但能博得K酱一笑还是有些小开心

 

174:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:47:11.93 ID:Jnfzpbqe0

社長が女将さんと喧嘩する理由が少しわかったような気がした。

店も閉め、帰ろうと自転車に乗った。

ちなみに店から家まで自転車で10分くらいで、Kちゃんも自転車だった。

感觉稍微有点能明白董事长为什么总是跟老板娘吵架的原因了

在打烊关店,正准备骑单车回去的时候

顺带一提,饭店到家的距离骑单车大概要花10分钟左右,K酱也是骑单车回去

 

俺「じゃあお疲れさまでした」

K「お疲れさまでした!」

我「一天下来真是辛苦你了」

K「辛苦你了!」

 

家に帰ろうとすると、後ろからKちゃんがついてくる。

なんぞ。

後ろを振り返る、Kちゃんと目が合う。

正准备回家的时候,看到K酱跟在了我后边

什么啊

回过头,跟K酱对上了视线

 

K「家の方向、一緒みたいです…ww」

俺「そ、そうなんですか」

K「回家的方向,好像一样的样子诶……ww」

我「是,是这样吗」

 

一緒に帰りましょう、なんて言えるわけもなく俺が少し前を走っていた。

当然不可能说出一起回去吧这种话的我,一言不发地稍微向前骑了一点

 

K「あ、あの!」

俺「はい?」

K「那、那个!」

我「嗯?」

 

振り返るとKちゃんは自転車から降りていた。

回过头时,发现K酱已经从单车上下了下来

 

K「せ、せっかくなんで一緒に帰りません?」

俺「そ、ソッスネ」

K「难、难得的机会,要不要一起回去呢?」

我「壕壕啊」

 

変な緊張のせいか裏声になったことを覚えてる。

只记得当时因为太紧张整个声音都走调了

 

179:名も無き被検体774号+: 2012/12/09(日) 21:52:39.14 ID:98 ID:yOlhEn0

青春羨ましすぎる(´;ω;`)

这就是青春啊,太让人羡慕了(´;ω;`)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 14 条精彩评论

  1. 言一
    言一 发表于: 2015年3月30日 19:50:57

    年轻的女孩子……真好啊(茶)
    然后po就这样变成现充了吗!!!!

    • hentai
      hentai 发表于: 2015年3月31日 12:25:12

      是啊!!!!

  2. 233
    233 发表于: 2015年3月30日 20:01:22

    开始有趣起来了!!!

  3. 我妻有奶
    我妻有奶 发表于: 2015年3月30日 21:34:07

    爆炸吧现充!

  4. hentai
    hentai 发表于: 2015年3月30日 22:10:40

    年轻的女孩子真是好啊..接下来要变成现充了么,打工妹纸参上

  5. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年3月30日 22:54:29

    年轻的女孩子真好啊

  6. 筋斗云
    筋斗云 发表于: 2015年3月30日 23:39:22

    可恶啊,我上班的地方就没有年轻的女孩子

  7. 和K酱同班的楼主
    和K酱同班的楼主 发表于: 2015年3月31日 09:00:11

    啊……年轻的女孩子真是好啊!

  8. 约束の地
    约束の地 发表于: 2015年3月31日 09:40:33

    我的青春在那里!!!!!1

  9. Doomguide
    Doomguide 发表于: 2015年6月26日 09:54:22

    在下今天又输了

  10. a582977826
    a582977826 发表于: 2015年7月7日 00:03:01

    年轻的女孩子?

  11. !
    发表于: 2015年11月10日 13:49:50

    奴隶,一起回家你觉得好不好啊?吼啊!

  12. 阿屎
    阿屎 发表于: 2015年11月25日 02:17:30

    感觉可以拍电影了ww

  13. 白日黑暗
    白日黑暗 发表于: 2016年5月22日 12:01:04

    我去打工了

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部