4Apr

『长篇故事・2ch』初次的打工去了一个不得了的地方(九)

时间: 2015-4-4 分类: 初次的打工去了一个不得了的地方 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/41729629.html


 

上一章 目录 下一章

 

357:奴隷 ◆2L68aBs.CQ: 2012/12/10(月) 02:23:38.82 ID:iCQ0O04DI

年末年始は忘年会、新年会で忙しくて、ほんとに目が回っていた。

毎日のように何十人単位でお客さんが来て、それを捌いてから賄い作りながら社長に技術的なことを教えてもらう。

そのせいで社長もKちゃんも女将さんも帰るのが12時を過ぎるのに、誰一人笑いながら付き合ってくれた。

年末年初的忘年会,新年会忙得要死,眼睛真的像是忙晕了那般

每天都持续着迎接以『好几十』为单位的客人,

应付完他们后则是边做着饭菜边接受董事长的教导,学一些技术性的东西

因为这个缘故,无论是董事长也好K酱也好老板娘好回家的时候都已经超过12点了

然而所有人都没有一句怨言只是笑着陪到了最后

 

ちなみに年末、31日まで仕出しに追われて仕事が終わったのは19時を回った頃だった。

Kちゃんもこの日まで地元に帰らず出勤していた。

仕事も片付き、店を出る頃には8時を回っていた。

顺带一提年末,直到31日为止每天都有大量的外卖单,处理完各种事情时已经是19点左右了

K酱也是直到这一天为止一直没有回老家保持着全勤

在工作结束,准备离开店里的时候,时针已经指向8点钟了

 

社長「おう、奴隷、K!」

俺「はい?」

社長「お年玉や!これで美味いもん食べてこいやww」

董事长「喔,奴隶、K!」

我  「嗯?」

董事长「这是给你们的红包!用这个去吃一顿好的吧ww」

 

そう言って社長から諭吉さんを受け取る。

ほんとにこの人は太っ腹すぎる、ほんとのお腹もそうだけど。

这么说着从董事长那接过万元钞票

这个人真的很大方啊(lu:在日语中“肚子大”这个词有着大度,大方的喻意)

虽然肚子确实也很大

 

俺,K「ありがとうございます!」

我,K「非常感谢!」

 

社長にお礼を言いながら、良いお年を、とみんなで声を掛け合いながらKちゃんと帰路についた。

边对董事长表达了谢礼,边『祝好年』这样大家互相寒暄完后,

和K酱一齐踏上了归途

 

358:名も無き被検体774号+: 2012/12/10(月) 02:24:02.68 ID:yGZ5ZV0LO

男は学歴じゃない、精神力や生活力の強さだ

と奴隷を見て思った

男人靠的并不是学历,而是毅力和生活力的强大

看着奴隶浮现出这样的感想

 

365:奴隷 ◆2L68aBs.CQ: 2012/12/10(月) 02:34:09.63 ID:iCQ0O04DI

俺「どうしましょっか、これ」

K「うーん、使っちゃいますかww」

我「该怎么办呢,这个」

K「嗯~,用掉它吧ww」

 

そう言ったkちゃんに釣れられ近所のイオンへ。

野菜や肉、お菓子やジュースをこれでもかというくらいに買い込んだKちゃん。

这么说完,被K酱拉到了附近的永旺超市

买了各种蔬菜、肉类、点心以及饮料

边在心里吐槽连这个也要买吗边在一旁看着K酱往购物车里塞着东西的身姿

 

K「鍋しよう!しかもすき焼き!ww」

俺「年越し鍋てきな?」

K「なんか聞こえた気がしたけど空耳かな?」

K「来弄个火锅吧!而且是牛肉火锅!ww」

我「大过年的吃火锅?」

K「我好像听到了些什么诶~是我的幻听吗?」

 

ひ、ひどくないですか?

不、不觉得好过分吗?

 

買い込んだ食材を二人で持ちながら、俺の家へ。

流れで俺の家になったけど、Kちゃんが家にくるのは引っ越しのとき以来。

两个人边拎着买来的食物,边进到了我家里

虽然是顺势来到我家里的,但自搬家以来K酱到家里来玩已经是家常便饭

 

K「さあ、なにが転がってるかなww」

K「那么那么,有什么忘记藏起来的东西没有啊ww」

 

そう言って俺が鍵を開けるやいなや、部屋に突撃していったKちゃん。

俺が遅れて部屋にはいると、

这么说完在我打开门后,K酱就立刻溜进了房间

我也随后跟进了房间

 

K「相変わらず殺風景ww」

K「真是一如既往的没有风趣的房间啊ww」

 

むしろ引っ越しのときからなにも変わってない。

不如说从搬家以来根本没发生过任何变化

 

375:奴隷 ◆2L68aBs.CQ: 2012/12/10(月) 02:44:32.32 ID:iCQ0O04DI

時間も時間だったんですき焼きのタレぶち込んで、薄めてそこに食材をぶち込む。

あとはこたつに入りながら、卵に絡めて食べれば死角はなかった。

毕竟时间已经很晚,所以还是先把牛肉火锅的汤料倒进去,加了水后

紧接着又往里倒进各种食材,钻进被炉,再加个鸡蛋,完美

 

こたつの中でちょいちょい当たるKちゃんの足にどきどきしてたww

被被炉中时不时能够触碰到的K酱的脚弄得心蹦乱跳ww

 

K「年越しを1さんとするとは‥」

そりゃ不満しかないわな、分かります。

K「真没想到会跟楼主一起过年……」

感觉很不满吧,我知道的啦

 

俺「彼氏の1人も作らんからですよ」

まあ、居たらいたでショックなんですけどね。

我「都是因为你也不去交个男友」

嘛,如果真的有的话那我肯定会超受打击

 

K「1さんに言われたくないww」

K「唯独不想被楼主这么说ww」

 

ごもっとも。

ていうか、完璧に脈なしじゃないか。

您说得极是

话说,这节奏不是完全没有希望么

 

俺「俺は好きな人が居るからまだマシです」

K「わ、わたしもいるもん!」

俺「へー」

K「なにその嘘つきを見るような目は」

我「我有喜欢的人所以比你要好啦」

K「我、我也有啦!」

我「喔~」

K「什么啊,你那副像是在说骗谁啊的眼神」

 

軽くにらみ合いになっていると、さっきから激しく足を蹴られる。

ちょいちょい爪が刺さって痛い。

轻轻地互相大眼瞪小眼就不用说了

从刚才开始就一直在遭受着激烈的足部攻击

感觉指甲时不时会刺到皮肤有点痛

 

俺「痛いんですけど」

K「好きな子、教えろ奴隷」

我「很痛的耶」

K「喜欢的人,快告诉我啦奴隶」

 

やばい、ちょっとご褒美かもしれない。

不妙,这对我来说或许是一种奖赏也说不定

 

383:奴隷 ◆2L68aBs.CQ: 2012/12/10(月) 02:54:08.63 ID:iCQ0O04DI

俺「奴隷呼ばわりされて誰が言うか」

K「お、お願い‥?」

我「被叫做奴隶谁会说啊」

K「拜、拜托了……?」

 

上目遣いを駆使してきたKちゃん。

なかなかの策士である。

用楚楚可怜的眼神望过来的K酱

这家伙还挺擅长使用谋略的嘛

 

俺「ビッチ」

K「は?!まだ処女だし!」

我「bitch」

K「啥?!我还是处女诶!」

 

自爆してやんの。

別に処女厨でもないけど、なんとなく嬉しかったのは言うまでもない。

这家伙自爆了喂

虽然我并不是处女厨什么的啦,但心里暗暗感到开心那当然不必说

 

俺「そうですね、」

K「奴隷にいじめられる陵辱‥」

俺「ガチで凹んだ感じですか?」

K「どうでもいいから好きな人教えて!」

我「是呢」

K「被奴隶欺负了,被凌辱了……」

我「真心消沉下去了的那种感觉?」

K「那个怎样都好啦,快告诉我你喜欢的人!」

 

なんでこの人はこんなに必死なんだと思いながらも

もうどうにでもなれということで遠回しに言ってみることに。

脑子里边想着为什么这个人这么在意这件事呢

边做好变成怎样我都不管了的觉悟,试着绕着弯子说道

 

俺「わざわざうちに奴隷2号として働きにきた人です。

Aさんに気に入られてやたら絡まれてる人です。

女将さんの秘蔵っ子です」

我「是一个特意跑到我们店里作为奴隶2号来工作的人

  是被A喜欢上时常被纠缠的人

  是受到老板娘宠爱的宝贝」

 

ここまで言ってKちゃんを見てみると、しばらく考えている素振りを見せる。

ここまで言って他に可能性を探る必要はあるのだろうか。

说到这里后看了看K酱,发现她露出了一副思考中的表情

都说到这个份上了还有寻找其他可能性的必要吗

 

K「あっ!」

K「啊!」

 

おう、だいぶ時間かかったな。

喔,还真花了不少时间啊

 

386:名も無き被検体774号+: 2012/12/10(月) 02:56:05.62 ID:AUXdor8K0

(°_°)ドキドキ

(°_°) 心跳不已

 

389:名も無き被検体774号+: 2012/12/10(月) 02:57:04.01 ID:bqacgFKy0

もうやめてくんない!?

にやけた顔面がスマホの明かりで暗闇に浮かび上がるんだけど!!?

頬が緩みっぱなしなんだけど!!?

能给我停下来吗!?

我那嘴角止不住上翘的表情清清楚楚的映照在手机屏幕的亮光下噢!!?

整个脸都松垮下来了噢!!?

 

398:奴隷 ◆2L68aBs.CQ: 2012/12/10(月) 03:02:30.51 ID:iCQ0O04DI

K「Bさんと見せかけて‥わ、わた、し?」

Bさんに見せかける意味あんのか。

K「故意说得好像是B桑一样……但实际是我、我吗?」

故意说成是B桑的意义何在

 

俺「そうですよ!悪いですか?」

K「逆ギレ?意味分からん!」

俺「Kちゃんはどないやねん!」

K「絶対言わない!」

我「就是这样啊!有问题吗?」

K「恼羞成怒?完全意义不明!」

我「K酱又是怎么样啊!」

K「绝对不告诉你!」

 

ここまで言って、急にあることが思い浮かんで笑えてきた。

Kちゃんも気づいたのか釣られるように笑い出した。

说到这里,我突然间想起了些什么东西一下子笑了出来

K酱不知道是不是也注意到了那个·,也像是被我感染那样一同笑了出来

 

俺「まるで社長と女将さんやww」

K「間違いないww」

我「仿佛跟董事长和老板娘那样呢ww」

K「说的没错ww」

 

ひとしきり笑い終わったあとKちゃんが切り出した。

笑了好一阵子后,K酱开口说道

 

K「わたしは奴隷1号のこと好きだよww」

K「我喜欢的人是奴隶1号噢ww」

 

急にそんなこと言い出すものだから心臓が止まるかと思った。

テレビからは除夜の鐘が鳴っていて、俺の早くなる鼓動とは対比しているようだった。

突然说了这样的话,还以为心脏停止跳动了呢

电视机里传来了除夕的钟声,仿佛像是正跟我那蹦蹦直跳的心跳形成着对比一般

 

408:奴隷 ◆2L68aBs.CQ: 2012/12/10(月) 03:10:56.77 ID:iCQ0O04DI

俺「え、あ、あの」

K「あー、お子ちゃまには刺激が強すぎたかな?ww」

俺「あ、Kちゃん嫌いやわ」

K「両想いが分かった途端、振られたパティーん?」

俺「付き合いましょうか」

K「職場恋愛とかやだぁww昼ドラみたいww」

我「诶,那……那个」

K「啊啦~,对小孩子来说这个刺激稍微有点太强了点吗?ww」

我「啊,突然讨厌起K酱了」

K「才刚刚明白相互喜欢对方,就要开被甩party了吗?」

我「来交往吧」

K「职场恋爱什么的才不要www像午间的肥皂剧那样ww」

 

やだぁ、とか言うKちゃんが楽しそうなのは言うまでもない。

またKちゃんがこざかしく足で俺の足を蹴ってくる。

明明说着「才不要」之类的话,K酱看上去却十分的开心那自然不必说

K酱又开始耍小聪明开始对我发起足部攻击

 

K「やだ‥ぬめぬめ」

K「讨厌啦……黏黏糊糊的」

 

あ、忘れてた。

俺ってば緊張すれば手汗と足汗やばいんだよね。

啊,我都忘了

我这人一紧张手脚就出汗得厉害

 

俺「濡れやすいんです」

K「ケダモノ、くたばれww」

我「我这人比较容易湿」

K「这个畜生,给我去死啦ww」

 

そう言ってKちゃんに小突かれながら年明けを迎えた。

就这样,边遭受着K酱的迫害,边迎来了新年

 

413:名も無き被検体774号+: 2012/12/10(月) 03:17:16.82 ID:3TelSAjd0

うらやま幸せになりやがれ

太让人羡慕,一定要幸福起来啊

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 19 条精彩评论

  1. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年4月4日 19:30:28

    我擦嘞,我也要去打工(`・ω・)

  2. 披著浴巾的....
    披著浴巾的.... 发表于: 2015年4月4日 20:24:00

    串主吃我一計肥宅嫉妒之拳!!!!!!!!!

    • 龙月
      龙月 发表于: 2015年4月4日 21:22:51

      努力奋斗吧,骚年

  3. 我妻有奶
    我妻有奶 发表于: 2015年4月4日 21:33:40

    现充爆炸吧TAT

  4. 233
    233 发表于: 2015年4月4日 21:35:35

    哈哈, 祝x幸福

  5. 233
    233 发表于: 2015年4月4日 21:35:51

    幸福*

  6. 言一
    言一 发表于: 2015年4月4日 23:42:15

    很棒呢

  7. Fall
    Fall 发表于: 2015年4月5日 00:07:56

    「我这人比较容易湿」

  8. ApplePest
    ApplePest 发表于: 2015年4月5日 05:47:40

    firefirefire

  9. magichp
    magichp 发表于: 2015年4月5日 09:02:25

    为什么我觉得之后是要出本子的节奏呢?

  10. 123
    123 发表于: 2015年4月6日 10:37:31

    这是应得的啊

  11. takumi
    takumi 发表于: 2015年4月27日 12:12:38

    我这个人容易湿是什么鬼噗[ali囧]

  12. ハイシェラ
    ハイシェラ 发表于: 2015年6月22日 06:40:22

    这是楼座努力的结果呢… 真好(羡慕

  13. Doomguide
    Doomguide 发表于: 2015年6月26日 10:18:59

    FFF

  14. __过着
    __过着 发表于: 2015年7月5日 23:12:18

    这节奏真是暴击999999

  15. 巴士君
    巴士君 发表于: 2015年8月27日 13:06:50

    姐弟恋??

  16. +1秒
    +1秒 发表于: 2015年11月10日 15:01:50

    啊啊啊啊啊,爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ爆発しろ

  17. 殘音P
    殘音P 发表于: 2015年12月15日 14:03:58

    FFFFFFFF

  18. 白日黑暗
    白日黑暗 发表于: 2016年5月22日 12:34:40

    我要去打工,打工!

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部