23Apr

『长篇故事・2ch』我的女友是强盗(七)

时间: 2015-4-23 分类: 我的女友是强盗 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/37570556.html


 

上一章 目录 下一章

 

207: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:03:02.45 ID:8ChvwtkW0

「ぁんなぁ・・・1・・・」

「ん?どした?」

「ぁんなぁ・・・・」

なぜかモジモジしている華。

「どしたんや?言うてみて」

「那个啊・・・楼主・・・」

「嗯?怎么啦?」

「那个・・・・」

不知为何华露出了一副扭扭捏捏的表情

「怎么啦?说说看」

 

「ぅん・・・」そう言いながらハンカチで涙を拭く華。

ハンカチはいつもキチンと持ち歩いてるのね。

「嗯・・・」华边这么说着,边用手帕擦了擦眼泪

看来手帕一直有好好带在身上呢

 

「1はなぁ・・・彼女とかぉるん・・??」

「楼主・・・有女友吗・・・??」

 

そう言って顔を上げた華・・・。

その顔はグシャグシャに泣き腫らした顔だが

とても可愛い表情をしていた。

ドキン・・・気持ち悪いが本当にそんな感じがした。

这么说完,华抬起头看着我・・・

那张脸虽然是刚刚大哭过一场的红肿的脸

但同时也是非常可爱的表情

怦怦・・・虽然很恶心不过当时真的是这样一种感觉

 

209: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:03:34.09 ID:KedAN/mn0

ドキン

怦怦

 

210: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:03:50.28 ID:dToKorv/0

ドキン

怦怦

 

213: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:04:31.04 ID:BIBFBYFk0

ゴチンッ!

ドキン

啪叽!

怦怦

 

217: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:06:59.17 ID:8ChvwtkW0

少し動揺した。いやかなり・・・。

俺は

「いや・・・いまおれへんよ」

華の表情が一瞬明るくなったような気がした。

「ほんまに・・!?」

「う・・・うん」

稍微有些动摇了起来…不,应该说是非常・・・

我「不・・・现在还没有噢」

感觉华的表情好像一下子变得明朗了起来

「真的吗・・・!?」

「嗯・・・嗯」

 

次の言葉を待つ俺・・・。当然そういう展開になるだろうな。

どうしよう・・・。

我等待着她的下一句话・・・当然会变成那种展开吧

怎么办啊

 

「ぁんなぁ・・・華なぁ・・・」

来る!!

「唔・・・华啊・・・」

来了!!

 

「1のな・・・彼女になりたいねん・・・」

懇願するような目。

一言で言うと可愛い。

子供と大人の女が入り混じった魅力だ。

「想要成为・・・楼主的女友・・・」

仿佛像是在恳求那般的眼神

一句话说真的是好可爱

有一种混合了小孩和大人的女性魅力

 

「・・・・・・・・・」

俺は返答ができない。

「・・・・・・・・・」

我没办法给出回答

 

223: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:11:21.70 ID:CQLBWbwpO

そして華を泊めた次の日>>1が仕事から帰ると

家財道具が全てなくなっていた

然后在华留宿的第二天,楼主工作完回到家一看

家里的所有钱财物品全部都消失了

 

227: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:13:21.59 ID:8ChvwtkW0

「俺は・・29歳やで・・・」

意味不明だがこれが根本だろう。

俺が厨房なら二つ返事でOKだ。

「我・・・已经29岁了噢・・・」

虽然有些意义不明但这是个很根本的问题

如果我本身是初中生的话,估计会想都不想就给出OK的回复吧

 

下を向く華・・・。

「それは・・・ぁかんってこと・・・??」

「というか・・・世間的にみてもヤバいと思うし・・・」

「せけんとか・・・関係なぃやん・・・」

そうか!華は厨房か。確かに世間体なんて気にする年齢じゃない。

华低下了头・・・

「那也就是说・・・不行吗・・・??」

「与其说是不行・・・不如说从社会角度来看这不太好・・・」

「社会什么的・・・没关系啦・・・」

是嘛!华是初中生,确实正处于那种不在意他人目光的年龄

 

俺は聞いた

「華は15も離れた俺と付き合ってなにがしたいの?話題も合わんで?」

華はポツリと言う

「ぅちなぁ・・・1の彼女になったら。ちゃんとできると思うねん。

学校もぃって・・・もう悪いことせんようにできると思ぅねん」

我继续问道

「华跟相差15岁的我交往想要做什么呢?话题兴趣也对不上噢?」

华则是断断续续地讲道

「我啊・・・觉得如果成为了楼主的女友的话,一定可以走上正经道路的

 能去学校・・・也能让自己不再做坏事」

 

これは・・・。心を揺さぶってきた。

这还真是・・・我的内心动摇了

 

231: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:15:30.45 ID:PPaq0ewM0

どっちにしても18歳未満との性行為は犯罪ですよ

不管怎么说,和未满18岁的发生性行为都是犯罪噢

 

240: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:22:14.79 ID:8ChvwtkW0

「ほんまに・・・学校とか行けるの・・?」

ヤバイ!!流される。

「真的・・・会去学校吗・・・?」

不妙!!感觉被牵着走了

 

この時の俺は華に恋愛感情は無かった。

当たり前である。鉄パイプで殴られた上

つい先日は遊びに行った先で財布から金を盗まれたのだ。

信用度も限りなく0に近い。

那个时候我对华并没有抱有恋爱感情

那是当然的,在被铁管袭击的基础上

前一天出去玩的时候还被偷了钱

信用度可以说是无限接近于0

 

そしてなにより・・・。この家庭環境にして盗難癖。

ロリコンに対する世間の目。

而且最重要的是・・・ 这个家庭环境,这个盗窃癖

以及社会上看向萝莉控的目光

 

確実な爆弾だ。華は。

这确确实实是一个炸弹

 

しかし・・・流された感情はなかなか返ってこない。

その時コテン・・・と顔を俺の肩に倒してきた。

可愛い。そう感じざる行為だ。

だたそれは親戚の子供の可愛さに近い。

もう14歳だけど・・・。

只不过・・・被牵着走的感情一旦被牵走就再没有回来

这个时候扑通一下・・・华的头倒在了我的肩膀上

好可爱,是让我产生这样一种想法的行为

只不过那个感情更接近于看待亲戚孩子的那种可爱

虽然已经14岁了・・・

 

でも俺の肩に顔を傾ける華から感じたのは

「華は14歳ですでに疲れきってんやなぁ・・・」

そんな感情だった。

感受着靠在肩膀上华的感触,我心里想的是

「对于14岁的华来说,已经是累坏了吧・・・」

这样的想法

 

242: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:23:33.51 ID:IfVHm9jC0

産業

三行求概括

 

243: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:23:50.35 ID:KedAN/mn0

>>241

ゴチンッ!

ドキン

コテン

>>241

吧唧!

怦怦

扑通

 

250: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:29:41.40 ID:8ChvwtkW0

「華・・・」

俺は決心した。

「付き合ってみる・・・?俺おっさんやけど」

華は肩に頭を乗せたまま俺の顔をのぞき込んできた。

かなりの至近距離。

「华・・・」

我下定了决心

「你要交往看看吗・・・?虽然我是个大叔」

华依然保持着靠在我肩膀上的姿势,瞄了一下我的脸

真的是相当近的距离

 

「ほんまに・・・??」

瞬きをする表情が可愛い。

それに・・・既に女の匂いもする。

「うん。ほんまに」

俺はそう答えた。

「真的・・・??」

眨眼的表情好可爱

而且・・・已经能感受到女人的气味

「嗯,真的」

我这么回答道

 

はっきり言って同情だった。

偽善的行為でもある。

俺が彼氏になることで1人の女の子が更正する。

大甘な偽善だった。

实话说完全就是同情

是相当伪善的行为

我通过成为男友,将一个女孩子引上正确的的道路

简直是天真到极致的伪善

 

しかし・・・それが分かっていても

この時は気持ちがそっちに傾いてしまったのだ。

只不过・・・就算知道这些

当时的心情还是偏向了那边

 

華は「ぁりがとぉ・・・1・・・」と言って目を閉じた。

しかし華はこの後俺の人生を狂わす爆弾と化す。

华只是「谢谢你・・・楼主・・・」这么说完闭上了眼睛

只不过,华在那之后,真正变成了歪曲了我的人生道路的一颗炸弹

 

253: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:30:49.80 ID:8ChvwtkW0

とりあえず2部は終わりますた。

昼飯食いたいんだけどいいかな??

总而言之这样第二部就结束了

想去吃午饭了先离开下OK??

 

254: VIP名無しさん: 2008/04/15(火) 13:31:36.24 ID:lgOwgg72O

>>1って今は何歳なの?

楼主现在几岁啊

 

256: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:33:22.25 ID:8ChvwtkW0

>>254

31だよ

>>254

31噢

 

259: 名前:1: 2008/04/15(火) 13:34:20.79 ID:8ChvwtkW0

ちょいと吉野家牛でも食ってきますノシ

我去吃吉野家的牛肉饭了,88

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年4月23日 21:53:43

    额,很期待故事发展

  2. 小波纹
    小波纹 发表于: 2015年4月23日 22:31:03

    太短啦!根本看不够啊(>д<)

  3. 言一
    言一 发表于: 2015年4月23日 23:15:53

    歪曲人生的炸弹23333 po你究竟走了什么线路啊

  4. Mio
    Mio 发表于: 2015年4月24日 06:18:45

    (>д<)更新的间隔时间长一点也好,希望内容多一点啦!

  5. 贤
    发表于: 2016年3月28日 16:26:16

    看到这,无论如何都会想起丸户的世界第一NG恋爱啊。。14与29……

  6. ⇑
    发表于: 2016年10月19日 13:51:39

    沒想到翻舊帖居然能有此種好物!!!
    看到這章我終於忍不住回覆了………經過了這麼多年,華終於找到了1這位正能量暖男,所謂多接觸正能量的人就能增加自身正能量,華也是拼了命要留住1呢

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部