4May

『长篇故事・2ch』我的女友是强盗(十八)

时间: 2015-5-4 分类: 我的女友是强盗 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/37570556.html


 

上一章 目录 下一章

 

238: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:02:15.55 ID:MVM9NCzC0

俺は1人で診察が終わるのを待っていた。

長い・・・それにしても長い。

人の診察を待つのってこんなに時間を感じるものなのか?

30分が過ぎたころだと思う。

我一个人等待着诊察的结束

好慢・・・时间过得好慢

等候他人的诊察,原来是这么漫长的吗?

然后我想那大概是过了30分钟左右的时候

 

華の入った診察室から先ほどの看護師が出てきた。

「お兄さん。どうぞお入り下さい」

そう言われ看護師のあとに続いて診察室に入る。

诊察室的门打开,刚才的那个护士走了出来

「哥哥桑,请进」

这么说着,我跟着护士后面进入了诊察室

 

想像と全く違った診察室に驚いた!

俺は風邪で訪れる時の内科のイメージを持っていたが。違う。

そこには白いベットも無機質な医療器具も無かった。

おしゃれなお宅のリビングをいった感じだ。

和我所想像的诊察室完全不同,吃了一惊!

我还以为是感冒的时候去过的那种内科的那种印象,但完全不一样

那里既没有白色的床也没有无机质的医疗器具

就是那种普通的家里的起居室那样的感觉

 

そこに華が医者と向き合ってポツンと座っていた。

華は俺の顔をみると安心した表情で

「1ぃぃ~~」と言った。

「お兄ちゃんと呼べ」と言ったことを華は完全に忘れていたみたいだ。

在那里,华正孤零零地坐在医生对面

华看到我的脸后,一下子露出了安心的表情

「楼主~~」这么说道

「叫我欧尼酱」看来华已经完全忘记了我的这句话了

 

240: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 10:03:48.40 ID:dxTJzsMB0

いいじゃないかww

名前で呼びあう兄妹も現にいるしww

不是挺好嘛ww

互相叫名字的兄妹现实里确实也有ww

 

245: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:09:18.52 ID:MVM9NCzC0

「お兄さんどうぞ。華さんのお隣へ」

先生は上品に優しさを兼ね備えた感じの女性だった。

年は40代半ばくらいか。

「失礼します」

そういって俺は華の隣に腰掛ける。

「哥哥桑,请坐在华的旁边」

医生是一个气质优雅,兼备一种温和气息的女性

年龄大概在45岁左右的感觉吧

「打扰了」

这么说着,我在华隔壁的座位上坐了下来

 

先生は俺をジッと見つめる。もしかして・・・。

既に気づいているのか?

俺が兄貴では無いことを・・・。

医者はニコっと笑うと俺に質問してきた。

医生默默地盯着我看,难不成・・・

已经意识到了吗?

我并不是他的哥哥这件事・・・

医生只是微微一笑,对我问起了问题

 

「お兄さんは独立なされているのですか?」

「はい。実家を出て華とは今別々で暮らしています」

「なるほど・・・」

医者は何か考えている様子だ。

「哥哥桑现在独立出去了吗?」

「是的,已经离开了老家,和华现在分开居住」

「原来如此・・・」

医生做出一副在思考着什么的样子

 

俺と華を交互に見て医者は口を開いた。

「今華さんとお話させて頂きまして・・・かなり複雑な家庭環境とお聞きしました」

医生交互看了看我和华后,开口道

「我刚刚和华桑聊过了・・・看来是一个相当复杂的家庭环境啊」

 

250: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:18:02.05 ID:MVM9NCzC0

俺は答える

「はい。その通りです」

医者は続ける

「そして華さんは自分の意思に反して人の物を・・・特にお金を盗んでしまう癖がある」

「その通りです」

華はじっと下を向いて動かない。

我回答道

「没错,是这样的」

医生继续说道

「然后华桑有着违反着自己的意志偷取他人物品・・・特别是钱的习惯」

「您说得没错」

华则是低着头一动不动

 

俺は業を煮やして聞いてみた

「華は・・・心の病なのでしょうか?」

医者は華をじっとみつめながら静かに答える。

「まだはっきりとした事は言えませんが・・・。

そうですね。心の病・・その可能性は非常に高いです」

我带着一种有些焦躁的口吻问道

「华的这个习惯・・・是属于心病那一类吗?」

医生边盯着华看,边静静地回答道

「虽然还不能百分百肯定・・・

 是呢,心病・・・这个可能性非常地高」

 

華の体がビクンと反応した。

医者は続ける

「話を聞く限りでは・・・。華さんは愛情に恵まれていないと感じました。

それがストレスになっています・・・そして」

听到这里,华的身体猛地一颤

医生继续说道

「从我这里听到的情况来看・・・华桑好像有种缺乏爱情的感觉

 因为这个原因积累了不少心理压力・・・然后」

 

「失礼ですが華さんは経済的に非常に苦労をなされていますね?」

華は下を向いて答えない。

俺が変わりに「はい」と答える。

「虽然这个问题有些冒犯,不过请问华桑在经济上是不是有困扰呢?」

华一如既往低着头没有回答

我则是老样子地回答道「是」

 

256: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:23:55.78 ID:MVM9NCzC0

医者は難しい顔で話す

「ストレスの捌け口が金銭欲を満たしたい・・・。その方向に出ていると思われます」

そうだったのか・・・。

俺は隣の華を見る。

ピクリとも動かない。

髪に隠れてその表情を読み取ることもできない。

医生用一种很难办的表情继续说道

「作为心理压力的发泄,作为代替想要满足金钱欲・・・我想应该是这个方向没错」

是这样吗・・・

我看了看坐在旁边的华

依然是一动不动

被头发挡住的那个表情我没法确认

 

俺は聞いた

「その窃盗癖は・・・治りますか・・・?」

医者は俺の目を真っ直ぐに見つめて答えた。

「この病は非常に治りにくいものです」

我问道

「这个盗窃癖・・・能治好吗・・・?」

医生则是直直看着我的眼睛回答道

「这是一个很难医好的病」

 

衝撃的な言葉だった。

目の前がクラっとした。

それまで無言だった華がすすり泣く・・・。

这是一句冲击性的话语

瞬时感觉眼前的景色扭曲了一下

然后至今为止一直保持着无言的华则是低声地哭了起来・・・

 

261: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 10:26:38.87 ID:71 ID:NkAxsm0

ココロの病気の窃盗癖がさー

まだ幼い子供だとか女の子だから

なんとかしてあげようって世間の目もあるけど

心病的盗窃癖么

正因为看上去是幼小的孩子啊,女孩子啊什么的

才会有一种想要为其做些什么吧,也有外人的看法什么的

 

これが中年とかいい年したババァだとほんとに人間のクズに思えるよな

「同じ病気」なのにな。ほんとに外見って重要だと思うよ、なんかやるせねえ

如果换成是中年人啊上年纪的老太婆啊,绝对会真的当作是人类的渣滓吧

明明是「同样的病」,外表这种东西看来真的很重要啊,一想到这就有点不舒服啊

 

268: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:32:47.12 ID:MVM9NCzC0

医者が立ち上がる。

そっと華の横に立ち華の肩をさする・・・。

華の髪に隠れた顔からは涙がポロポロと流れ落ちる・・・。

医生站了起来

悄悄地站到华旁边,轻轻抚摸着华的肩膀

能够看到华那被头发挡住的脸上,大颗大颗的泪珠正在往下滑・・・

 

「でもね。お兄さん・・・華ちゃん。よく聞いて下さいね」

「先ほども言いましたが華ちゃんには愛情という栄養が不足しています」

「そしてこの病は治りにくいかもしれませんが・・・治らないわけではないのですよ」

「不过啊,哥哥桑・・・华酱,好好听我说」

「刚才也说过了,华酱对爱情这种营养十分缺乏」

「然后这个病虽然说是很难治好・・・但并没有说是不能治」

 

華の肩をさすりながら医者は続ける。

「お兄さん。できる限り華ちゃんのそばにいてあげて下さいね」

「そして・・時間を掛けてゆっくり愛情を感じさせてあげれば・・・・」

「華ちゃんの病は治りますよ」

边揉着华的肩膀,医生继续说道

「哥哥桑,尽可能地呆在华酱的身边吧」

「然后・・・只要花费时间慢慢地让其感受到爱情的话・・・」

「华酱的病一定可以治好的噢」

 

華は泣いている

「ぅぅぅ・・・ぅぐ・・・」

その声を聞きながら華のこれまでの境遇を考えた。

华哭了出来

「呜呜呜・・・呜咕・・・」

边听着华酱的那个声音,我边回忆起华至今为止的境遇

 

どこの世界に愛情に満たされながら、リーマンを1人で襲撃する14歳の

女の子がいるのだろうか・・・?

それほど・・・それほど・・・華は愛情に飢えていたのだ。

哪里的世界存在着,在被爱情包围的同时

还会去袭击上班族的14岁的女孩子呢・・・?

也就是说・・・华她・・・华她饥渴爱情已经饥渴到这种程度了

 

273: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 10:38:24.91 ID:rTW/pZU90

華の事を知っていると、酷い境遇で育ち頑張って立ち直って欲しいと思うけど・・・

知らないと、ただの窃盗、傷害、シンナー等をするイカレポンチのガキ

如果知道华的内情的话,会产生一种希望她从悲惨的境遇中努力重新站起来的想法・・・

不过如果不知道的话

那就只会被认为是做着偷盗、伤害、吸食香蕉水的无药可救的臭小鬼而已啊

 

278: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:41:00.88 ID:MVM9NCzC0

医者は華の手を握って華にこう伝えた。

「もし・・・お金を盗みたい気持ちになったら、その時はグッと我慢してね!」

「そしてすぐに先生に会いに来てくださいね」

華は涙をポロポロ流しながら

「ぅち・・わかった・・・」とだけ答えた。

医生握着华的手,这么传达道

「如果・・・如果又涌上了想要偷钱的心情的话,那个时候要好好忍住噢!」

「然后要马上来见医生噢」

华大颗大颗流着泪珠

「我・・知道了・・・」只是这么回答了一句

 

そして医者は俺の目を見て言った。

「お兄さん。いつも華ちゃんのそばで愛情を注いであげて下さい。それがお薬ですよ」

恐らく・・・いや間違いなく。

この医者は俺が兄貴で無いことを確信しているであろう。

俺は華と手を繋いで病院を出た。

紧接着医生看着我的眼睛说道

「哥哥桑,请一直呆在华的身边,给她灌注爱情,这就是药」

恐怕・・・不,没有错

这个医生已经确信我并不是他哥哥了吧

我牵着华的手,走出了医院

 

すっかり元気が無くなった華・・・。

俺は華が前に言っていたことを思いだした。

「ぅちぁんまり海にぃったことがなぃねん」

俺は華に声を掛けた

「海見に行こうか?」

华已经完全失去了精神・・・

看着这样的她,我想起了华之前对我说过的事情

「我没怎么去过海边呢」

我对华搭话道

「去看海吗?」

 

291: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 10:52:47.26 ID:mwKqe8N60

新ジャンル「病ンデレ」

新类别「病娇」

 

292: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 10:53:20.10 ID:jUAyNIDP0

>>291

盗デレ

>>291

盗娇

 

293: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 10:55:41.52 ID:DJD8M87r0

ゴチデレ

啪叽娇

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. tony_tong路人丙
    tony_tong路人丙 发表于: 2015年5月4日 22:48:24

    某幾句對白怪怪的………

  2. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年5月5日 01:51:51

    肯定是华把楼主不是欧尼桑这件事告诉了医生

  3. b桑加油
    b桑加油 发表于: 2015年5月19日 10:27:29

    盗娇笑尿

  4. Swanfal
    Swanfal 发表于: 2016年1月15日 23:44:37

    261真的讲出了有冲击性的现实话语呢

  5. kuri
    kuri 发表于: 2017年7月7日 21:37:28

    新类别:啪叽娇[t喷]

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部