5May

『长篇故事・2ch』我的女友是强盗(十九)

时间: 2015-5-5 分类: 我的女友是强盗 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://www.2monkeys.jp/archives/37570556.html


 

上一章 目录 下一章

 

294: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:55:52.56 ID:MVM9NCzC0

電車に乗って大阪南港に向かった。

この広大な場所はいつきても閑散とした雰囲気がある。

いや。きっと人はたくさんいるのだろうが

広すぎてそう感じてしまうのだろう。

俺はこの場所が好きだった。

我们坐上电车,目的地是大阪南港

这个宏大的地方,一直都笼罩在一种冷清的氛围下

不,要说人数总量的话应该还是很多

只不过整个面积实在太大所以才给人这么一种感觉

我很喜欢这个地方

 

華と並んで岸壁に腰かける。

華は泣き疲れたのだろうか、頭を俺の肩に乗せてボーっと海を眺めている。

和华肩并肩,坐在岸边

华不知是不是哭累了,头靠在了我肩膀上,呆呆地看着海

 

俺は考えていた

どうやって華に愛情を注げばいいのか・・・を

在这期间我则是思考着

到底该怎样对华贯注爱情呢・・・

 

297: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 10:56:49.39 ID:MVM9NCzC0

そんなことを考えているとそっと華が喋り始めた。

「ぅち・・やっぱり精神病やったんやなぁ・・・」

「・・・・・・・・」

正当我考虑着这种事情时,华突然开口说道

「我・・・果然是精神病吗・・・」

「・・・・・・・・」

 

俺は言葉に詰まる。

「ぅちの病気は治らへんねんなぁ・・・大人になっても・・・お婆ちゃんになっても・・・」

「そんなことないで!先生も言うてたやろ?治りにくいけど時間掛けたら必ず治るって」

「ほんまに・・なぉるん・・・かな・・・??」

「治る。絶対治るで!華があの先生に会いたくなったら俺が連れていったるからな!」

「ぅち・・・ぅち・・・自分がこわぃねん・・・」

一时间想不到该说什么

「我的病治不好吧・・・就算长大・・・就算变成了老太婆・・・」

「才没有这种事!医生不是也说过了吗?虽然很难治,但多花时间的话一定能治好」

「真的・・・能・・・治好吗・・・??」

「能治好,绝对能治好!华如果想再见那个医生的话,我还会再带你去的!」

「我・・・我・・・好害怕自己・・・」

 

そう言って華は目に涙を溜める。

これは華の特徴の一つかもしれない。華は滅多なことでは大泣きしない。

まずは目に涙を溜めて堪えようとするのだ。

俺はそんな華を見る度にたまらない気持ちになっていた。

这么说着,华的眼睛开始变得湿润

这个或许可以算得上是华的一个特征,一般的事情华都不会大哭

只会变得泪目,强忍着让自己不要哭出来

每当我看到这样的华时,都会涌起一种难以忍受的心情

 

華の頭をそっとなでてあげる。

「思いっきり泣いてもええで?」

そういうと華はまるで子供みたいにワンワンと大泣きをしたのである。

我静静把手放在华头上,轻轻抚摸

「就算放声哭出来也可以的噢?」

这么说完后,华像是小孩子一样大声哇哇地哭了出来

 

300: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 11:00:39.84 ID:T2FrKlv5O

まだパンツ脱いだらダメ?

还不能脱内裤?

 

307: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 11:08:26.76 ID:MVM9NCzC0

その日から俺は終始

どうすれば華が愛情に満たされるのかを考えた。

あの家ではダメだ。あの母親ではダメだ・・・。

華はまだ14歳。家族や家庭の温もりが必要な年の筈・・・。

那一天我至始至终

都在思考着,到底怎么做才能让华充分地感受到爱情

那个家已经不行了,那个母亲已经不行了・・・

华现在才14岁,应该正是需要家人和家庭温暖的年纪才对・・・

 

俺はある考えに行き着いた。

華を俺の実家に連れて行こう。

1度家族の団欒というものを味あわせたらどうだろう?

然后我想到了某件事

把华带到我老家

让她感受一次那种家庭团聚的气氛怎么样?

 

俺は5人家族で育った。

まじめで仕事熱心な父親。料理好きの母親。

よくケンカもしたけど比較的仲の良かった兄貴2人。

俺は末っ子だった。

我是在5人家庭中长大的

性格认真热衷于工作的父亲,以及喜欢做菜的母亲

虽然时常吵架,但关系还是比较不错的两个哥哥

我是当中最小的孩子

 

愛情たっぷりかどうかまでは分からなかったが

比較的普通の家庭で育ったとは思う。

虽然不知道算不算是充满了爱情的家庭

但自认为相对来说应该是在比较普通的家庭环境中长大的

 

しかし・・・。実家に華を連れていくには

それなりの段取りがある。

そう・・・華のことを家族に伝えなければならない。

只不过・・・如果要把华带到老家的话

有些前置工作必须要做

没错・・・必须先对家人传达华的事情

 

華がまだ中学生であること。

華の家庭環境。

窃盗癖があること。

心の病であること。

そして鉄パイプで頭をカチ割られた出会い・・・。

关于华还是个初中生

华的家庭环境

有盗窃癖这件事

有心病这件事

以及那个被铁管袭击的相遇・・・

 

親がこれを聞いて腰を抜かさないか?非常に不安であった。

父母听到这些会不会被吓到?感觉非常的不安

 

314: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 11:12:53.46 ID:GRnfAhL3O

1の親父「通帳無くなったぁぁぁぁ」

1の母「貴金属消えたぁぁぁ」

楼主父亲「存折不见了啊啊啊啊」

楼主母亲「贵金属消失了啊啊啊」

 

316: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 11:16:03.06 ID:dxTJzsMB0

1の上の兄「現金無くなったぁぁぁぁ」

1の下の兄「レアグッツ壊されぁぁぁ」

楼主大哥「现金不见啦啊啊啊啊」

楼主二哥「限定商品坏掉了啊啊」

 

322: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 11:22:29.83 ID:MVM9NCzC0

俺は先に華に聞いてみることにした。

14歳の子供が果たして29歳独身男の実家になど行きたいだろうか?

例の公園で華に聞いてみた。

すると・・・

我准备先问问华的意愿

14岁的孩子,到底会不会想去29岁独身男的老家呢?

在那所公园,我问了一下华

然后・・・

 

「すごぃ!1の実家にぃけるのん??ぃきたぃ!!絶対ぃきたぃ!!」

意外なくらい喜んだ。

「好厉害!能够去楼主的老家吗??想去!!绝对想去!!」

出乎意料地兴奋啊

 

「1のぉっちゃんとぉばちゃんに気にぃられるよぅに。。ぉしゃれせなぁかんな!ぅんっ!」

まぁ程々のお洒落にしてくれた方が助かる。

「不好好打扮,让伯伯婆婆喜欢上我可不行呢。。!!嗯!」

嘛,打扮的话还是适可而止比较好吧

 

はしゃぐ華を見て決意した。

うっしゃ!がんばって親に話してみますかっ!!

看着兴高采烈的华,我下定了决心

好咧!就努力地跟父母谈谈看吧!!

 

その夜、華を送って自宅に帰ると早速実家に電話をした。

父親が電話に出る。

「久しぶり~1やけど。元気にしてる??」

「おお~。1か。元気やぞ!どしたんや?電話なんか珍しい」

「うん・・・。実は次の休み女の子連れてそっち行きたいねん」

那天晚上,把华送回她家后,我马上给老家打了电话

父亲接了电话

「好久不见~我是楼主,最近过得还好吗??」

「喔喔~是楼主吗,过得很舒服噢!怎么了呢?电话什么的真少见」

「嗯・・・其实下个休息日,准备带女孩子过去」

 

親父は少し驚いた様子だったが、それでも嬉しそうに

「分かった母さんに言うとく!ご馳走作ってもらっておく」

老爹用一种虽然有点吃惊,但还是很开心地语气说道

「我知道了,我跟你妈说一下!让她准备个大餐」

 

俺はこの父親の喜びを今からブチ壊すのか・・・。

そう思うと少し心が引けた。

「実は親父・・・。その子の事で少し話があるねん」

我现在就要对父亲的喜悦浇冷水么・・・

这么想着,内心不禁感到很对不起

「实际上啊,老爹・・・关于那孩子,有些事情想要说一下」

 

327: 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y: 2008/04/16(水) 11:27:24.80 ID:MVM9NCzC0

俺は華の事を包み隠さず父親に話した。

14歳であること。

窃盗癖があること。

我毫不隐瞒地对父亲讲述了华的事情

关于华只有14岁

关于她的盗窃癖

 

母親や弟のこと。

病院に行ったこと。

そして・・・鉄パイプで殴られたこと。

关于她的母亲和弟弟

关于去了医院看病的事情

以及・・・被铁管袭击的事情

 

全てを矢継ぎ早に話した。

あとは父親の度量に委ねる。

一个接一个告诉了父亲

接下来就全凭他来衡量了

 

父親はさすがに最初のテンションは消えていた。

でも黙って俺の話を最後まで聞いてくれた。

そして親父は言った。

「分かった母さんには話しておく。とりあえず1度連れてきなさい」

果然就算是父亲也没有了最初的那种兴奋

但还是静静地听我说到了最后

然后父亲说了

「我知道了,我跟你妈说一下,总而言之先带过来看看再说吧」

 

YESともNOともとれない反応だった。

既不是YES也不是NO的反应

 

335: VIP名無しさん: 2008/04/16(水) 11:32:21.09 ID:jye3DAvt0

なぁお前ら・・

俺のサイフ無くなったんだけど・・

呐你们・・・

我的钱包不见了・・・

 

知らないよな?

你们不知道是怎么回事吧?

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 7 条精彩评论

  1. 1
    1 发表于: 2015年5月5日 21:54:35

    快更新啊!!!!源レス地址是什么啊

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年5月5日 22:39:46

      这里面就是源地址(via 2ch,2monkeys)

    • 233
      233 发表于: 2015年5月6日 17:35:22

      不要摧更!

  2. 小波纹
    小波纹 发表于: 2015年5月5日 21:57:17

    提示:已是最新章节,若未完结,请耐心等待更新哦>_<
    你在逗我?

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年5月5日 22:39:26

      =_=这是系统自动生成的提示,还没翻译完的话就会有这个,有什么问题么

    • 我妻有奶
      我妻有奶 发表于: 2015年5月6日 11:12:05

      就是当前已经翻译的最高章节啦,没有下一章,不是原文章的最高章节=-=

  3. YE
    YE 发表于: 2015年5月6日 02:09:00

    大概是以为原文只更到这吧ww
    翻译加油,很有意思

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部