22Jun

『长篇故事・2ch』某个地方的某个处男的故事(七)

时间: 2015-6-22 分类: 某个地方的某个处男的故事 作者: r13l

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

あるところに、普通の童貞がいました。『上戸&エリカ』

某个地方的某个处男的故事。【上户&江利花】

 

Rrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr13l的投稿

 

579: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 22:40:58.10 ID:CevYV/5/o

飯食ったら上戸とでかけたのと江利花再来書いて寝る

ダルと直人とのことはまた今度で

等我吃完饭了写完和上户出去的事还有江利花再来我家的事之后就睡了

桶子和直人的事下次再写

 

580: 童貞がお送りします(東京都): 2011/09/12(月) 23:11:23.32 ID:w/nDY/dko

待ってるよ

等你哦!

 

581: 童貞がお送りします(チベット自治区): 2011/09/12(月) 23:17:12.82 ID:0AfjHpk3o

キター!

来了!

 

582: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:24:54.97 ID:CevYV/5/o

上戸『最近皆と遊んでるみたいじゃないですか』

俺「ああ、まあ、はい」

上戸『ということで、今日ちょっと付き合ってよ』

俺「どういうことでよ」

上戸『暇だよね?』

俺「まあね」

上戸『じゃあ1時に駅で』

俺「え?外?」

上戸『ちょっと買いたいものがね』

俺「あいつらと行けばいいんじゃない?」

上戸『じゃあよろしくねー』

上户【你最近好像经常和大家一起玩啊】

我【啊啊,是啊】

上户【所以,今天稍微陪陪我】

我【为什么啊】

上户【你很闲吧?】

我【闲是闲啊】

上户【那1个小时后车站见】

我【诶?外面碰头?】

我【我想去买个东西】

我【和她们一起去不就行了嘛】

我【那今天一天就靠你啦】

 

583: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:25:48.74 ID:CevYV/5/o

……

到着は同時だった

ていうか、待ち合わせ場所に行く途中で合流した

待ち合わせ時間より10分以上早かった

上戸「お昼食べた?」

俺「朝昼兼用だけどね」

上戸「私まだだからさ、そこ寄ろう?」

喫茶店へ

俺「まじで二人なんだ」

上戸「うん」

俺「俺必要だった?」

上戸「もちろん。1人だとナンパとかうざいし」

俺「あーそういうのまじでよくされんだ」

上戸「2,3人のときのが多いけどね。4人だと逆にないけど」

俺「へー」

上戸「まあ今日は匠君がいるからね、よろしくっ」

俺「えー」

……

两人是同时达到车站的

倒不如说,在去车站的路上就遇到了

比预定时间还要早上10分钟以上

上户【中饭吃了吗?】

我【我是早饭中饭并一顿吃的】

上户【我还没有吃过,稍微饶个路吧?】

于是去了咖啡馆

我【真的只有我们两个人啊】

上户【嗯】

我【是必要的吗?】

上户【当然了,一个人的话被搭讪了很麻烦】

我【啊,难道你真的经常被搭讪吗?】

上户【和她们几个在一起的话,2-3人经常会被搭讪,但是4人在一起反而完全没有过】

我【喔——】

上户【嘛,今天有匠君在嘛,拜托啦】

我【诶——】

 

584: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:26:10.90 ID:CevYV/5/o

俺「で、今日何買うの?」

上戸「うーんと、色々」

俺「なるほど」

少し食べて、電車で移動、買い物へ

まずは電気屋へ

上戸「カメラが欲しいの」

俺「合宿用に?」

上戸「そうそう」

買いたいものはネットで調べて決めてあるらしかった

我【合宿时用吗?】

上户【是啊】

我【所以?你今天要买什么?】

上户【嗯,很多东西】

我【哦】

稍微了吃点东西之后,我们趁上了电车去买东西了

首先去了电器商店

上户【我想要个相机】

上户貌似把想要买的东西事先在网上调查过,决定好要买什么了

 

585: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:26:35.67 ID:CevYV/5/o

上戸「これとこれ、どっちの色がいいと思う?」

俺「どっちでもいいんじゃない?」

上戸「匠君の意見が聞きたいのー」

俺「んー、あんま色んな色のもん持ってるとアレだから、携帯とかPCとかと色あわせてみたら?」

上戸「うーん、その微妙な意見は置いといてこっちにする!」

俺「もうなんなのよ」

上戸「wwwwww」

支払いがカードでちょっとびっくり

なんとなく上戸は4人の中では庶民派な感じがしてたんだけど

カードってなんだかとってもリッチな感じがする

上户【这个和这个,你觉得哪个颜色更好?】

我【哪个都行啊】

上户【我想要听听匠君的意见嘛】

我【嗯,带的东西颜色种类很多也很那啥,要不选个能和手机或者电脑之类的搭配的颜色?】

上户【嗯,好微妙的意见所以先放一边,那就选这个好了!】

我【你到底想干什么啊】

上户【嘿嘿~】

付款是直接刷卡的,有点惊讶

我一直觉得上户在4人之中还是算平民派的

刷卡总觉得很像是有钱人的感觉

 

586: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:27:09.61 ID:CevYV/5/o

次に雑貨屋

色んなわけわからんもんがあった

上戸「匠君、見て見て」

そう言って見せてきたのは、猫の手形をしたポーチ?だった

それがいいものなのかは俺にはわからなかった

でもまあ上戸(というか4人)はオシャレさんらしいのでいいものなんだろう

上戸「こいつはやばいっ」

そう言って上戸はそれを買った

それからも上戸は、幾つか日用品や合宿に必要なものを買った

后面去了杂货店

有许多稀奇古怪的东西

上户【匠君,看着这个看这个~】

听到她叫我之后,我转头看向了她,结果手上拿着的是一个猫抓形状的小袋子??

这算是一个不错的东西吗?我并不明白

但是,嘛上户(到不如说那4人)感觉都很时尚,应该是个不错的东西吧

上户【这个好糟】

上户这么说着然后买下了

那之后上户买了几个日用品或者是合宿必需品。

 

587: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:27:36.39 ID:CevYV/5/o

そして、ついでにと洋服屋にも連れてかれることになった

上戸「そろそろ秋物見とかなきゃ」

俺「早くね?俺なんか春と同じ格好だけどな」

上戸「女の子はオシャレが大好きなのさ」

俺「へー」

上戸「匠君も結構オシャレだよね?いつもちゃんと似合ってる服着てるし。スタイルいいからなんでも似合うよね」

俺「褒められちまったぜ」

上戸「wwww」

褒められちまったぜ

服は靴以外安物ばっかだけどね

然后,顺便我还被上户带去了服装店

上户【差不多该看看秋装了】

我【是不是有点早了?像我还是穿今年春天穿的衣服】

上户【女孩子最喜欢打扮了】

我【喔】

上户【匠君也挺会打扮的嘛?一直都好好地穿着适合自己的衣服。不过身材很好呢,穿什么都合适】

我【被夸奖啦】

上户【哈哈~~】

被夸奖了

虽然我除了鞋子以外身上穿的全都是便宜货

 

588: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:28:30.91 ID:CevYV/5/o

好きなブランドが何店か入ってるというモールへ

俺「俺もいなきゃダメ?」

上戸「え?なんで?」

俺「いや、アウェイ感がやばいって」

上戸「気にすんなってww」

俺「いやー…」

上戸「ランジェリーショップも行く?wwww」

俺「いやほんと勘弁して下さい」

上戸「wwww」

付いてきてよと言われたが、結局フロアのベンチで待つことに

上戸は店員さんと喋りながら幾つか服を買っていた

然后去了有她喜欢的几个牌子的商店街

我【我一定要进去吗?】

上户【诶?为什么不?】

我【那啥,这地方一股违和感啊】

上户【别在意嘛】

我【不啊……】

上户【顺便一起女士睡衣店逛逛吧?】

我【不不,求您饶了我吧】

上户【哈哈哈】

虽然被上户说一起来嘛,不过最后我还是选择了坐在外面的长椅上等她

 

589: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:28:54.16 ID:CevYV/5/o

これでめぼしいものは全部回ったようだった

荷物は半分俺が持った

上戸「匠君はなんか買いたいものある?」

俺「いや特に」

上戸「んーじゃあちょっと遊んでこうか」

俺「荷物結構増えたけど」

上戸「大丈夫だよ、こんくらい」

俺「んー、じゃあボーリングとかカラオケなら問題ないかな」

上戸「あっ!ボーリングしよ!ボーリング!私上手いよ!」

俺「俺もそこそこ自信あるぜ」

というわけで、ボーリングへ

然后陪着她把所有有点有意思的店都逛过了

买下来的东西一半都是我在拿

上户【匠君有什么想要买的东西吗?】

我【没有】

上户【嗯,那稍微去玩会吧】

我【我手上的东西增加了不少啊】

上户【没关系的,才这么点】

我【嗯…那去保龄球馆或者卡拉OK吧】

上户【哦!那去玩保龄球吧!保龄球!我很厉害的哦】

我【我也挺厉害的】

所以,向保龄球馆出发

 

590: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:29:38.56 ID:CevYV/5/o

奇跡の待ち時間ゼロ

俺「とりあえずこういうのは勝負しなきゃね」

上戸「いいよ、負けたらボーリング代おごりね」

俺「え?いいの?俺強いよ?」

上戸「私もうまいもん」

俺「ハンデは?」

上戸「いらないよ」

俺「アベレージは?」

上戸「140くらい」

俺「結構すごいな、女にしては。でも俺160くらい」

上戸「えっそんな?」

俺「まあハンデ20でいいか」

上戸「仕方ない、10で」

奇迹般的居然不用排队

我【总之既然来了就该比个高下啊】

上户【行啊,谁输了谁就付保龄球的费用】

我【诶?行吗?我挺强的哦?】

上户【我也很强啊】

我【要让我让让你吗?】

上户【才不要呢】

我【你平均分多少?】

上户【140左右】

我【那挺厉害的啊,还是个女的,但是我平均大约在160左右】

上户【诶,真的吗?】

我【那让你20分好了】

上户【真没办法,那10分好了】

 

591: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:31:18.87 ID:CevYV/5/o

第1ゲーム

俺:150 上戸:110

俺「え?やっぱハンデ足りない?」

上戸「まだ温まってない」

第2ゲーム

俺:170 上戸:120

俺「もう俺の勝ちね」

上戸「最後に勝ったら3ポイントだもん!」

俺「ほんとに上手いの?」

上戸「今日は調子が悪いだけだもん。4人で行く時いつも私勝つし」

俺「へー他のはどんなん?」

上戸「江利花とメガネがおんなじ位で、チワワが1番下手。いつも100行くか行かないくらい」

俺「へー、まあ何となく予想通りだなww」

第一局

我:150 上户110

我【诶?果然让得太少了吗?】

上户【我这还是在暖身呢】

第2局

我:170 上户:120

我【我已经赢了吧】

上户【最后赢了的话有3点呢!】

我【你真的擅长打保龄球吗?】

上户【今天状态不太好而已,4人在一起的时候一直都是我赢的】

我【喔,那其他人玩得怎么样?】

上户【江利花和眼镜女差不多,吉娃娃最弱。一直在100左右徘徊】

我【喔,嘛,和我想的差不多啊,哈哈】

 

592: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:32:00.22 ID:CevYV/5/o

上戸「でもね!チワワいつも下手っぴなくせにさ、1回だけ190出したことあるの!」

上戸「私でも170が最高なのに」

俺「おーチワワちゃんすげーじゃん」

上戸「それからチワワ、下手っぴのくせに『でも私190出したし、ハイスコア1番だし、ちゃんとやれば私が1番上手いし』みたいに言うんだよ」

俺「wwwwwwwwww」

上戸「すごい腹立つ、絶対1番下手なのに」

俺「いやそりゃチワワちゃんが正しいわwwww」

上戸「えーもーなんでよー」

俺「190はなかなか出せないもんwwww」

上戸「匠君のハイスコアは?」

俺「229」

上戸「すげー!」

俺「まあね」

チワワちゃんのそういうところを見てみたいです

上户【但是啊!吉娃娃虽然一直都很弱,曾经有一次打出了190分哦!】

上户【我最高也只有170而已】

我【噢!吉娃娃酱很厉害啊】

上户【那之后吉娃娃,明明很弱却说出『但是我打出过190分呢,最高分记录呢,所以只要我认真玩的话,是最厉害的~』这样的话】

我【哈哈哈哈哈哈哈哈】

上户【超级火大啊!明明绝对是最弱的一个】

我【不不,我觉得吉娃娃酱是正确的】

上户【诶,才没这样呢!】

我【190分不是这么容易打出来的啊~~】

上户【那匠君最高分是多少?】

我【229】

上户【好厉害!】

我【还算行吧】

好想看看吉娃娃酱那时的表情

 

593: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:32:38.08 ID:CevYV/5/o

そして第3ゲーム

俺は利き腕の使用を禁止されハンデも20に引き上げられた

その結果

俺:165 上戸:140

上戸「なんかずるい!なんで!?」

俺「いやまあ左手の練習もしてたってゆうね」

上戸「ずるいよそれー」

俺「俺の勝ちー」

上戸「もー」

俺「まあお代は割り勘でいいから」

上戸「ダメ。勝負だもん。私払う」

俺「ご馳走様でーす」

上戸にはボーリング代くらい痛くないよね

然后第3局

我禁止使用惯用手,并且让了20分

结果

我:165 上户:140

上户【好过分!为什么会这样!?】

我【啊,那啥,嘛,我左手也练过】

上户【好狡猾!】

我【我赢咯~】

上户【啊真是的—】

我【嘛,费用的话,一人一半吧】

上户【不行。愿赌服输。我来付】

我【那多谢款待了】

对于上户而言一场保龄球的费用也不算什么吧

 

594: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:33:18.46 ID:CevYV/5/o

その後、そろそろいい時間なので、元の駅まで帰ってファミレスへ

上戸「いやー疲れたねー」

俺「確かに」

ドリンクバーと主食をそれぞれ

上戸「そういえばさ、名前」

俺「ん?」

上戸「下の名前でいいって言ったよね?」

俺「ああ」

俺「そっちはもう普通に名前ですよね」

上戸「もともと陰では呼んでたからね」

俺「そうですか」

上戸「ほら呼んでみ?彩って」

俺「いやもうなんか今更だし」

那之后,差不多也到了该吃饭的时间了,我们回到了一开始的车站,去了附近的家庭餐厅

上户【啊~~~真累啊~~】

我【确实】

我们分别点了饮料与主食

上户【话说回来啊,名字】

我【嗯?】

上户【我不是说过可以直接叫我的名字嘛】

我【哦哦】

我【你是直接叫我名字的吧】

上户【最初是背地里这么叫的呢】

我【是吗】

上户【快啦,叫叫看,彩这样】

我【啊,那啥,嗯,都叫了这么久上户了没必要再换成彩吧】

 

595: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:33:48.06 ID:CevYV/5/o

上戸「いいから」

俺「・・わかったよ、今度からね」

上戸「今」

俺「いやなんか恥ずい」

上戸「なんでよ」

俺「そっちこそなんでよ」

上戸「いいから」

俺「いや用も無いのに名前だけ呼ぶのはおかしい」

上戸「じゃあ私になんか聞いて」

俺「体重は?」

上戸「頭に『彩の』ってつけなきゃ意味ないし、それ聞く?」

 

俺「……彩の誕生日っていつ?」

彩「うん、◯月×日だよ。匠君プレゼントくれるの?期待してるねww」

俺「…覚えてたらね」

それから合宿のことだのまたまた江利花のことだの車輪の国のことだのあれこれ話し、

デザートまで食べ、帰宅。

上戸、改め、彩は中型バイクで颯爽と帰って行った。

 

上户【快啦快啦】

我【…啊我知道了啊,下次在说】

上户【现在】

我【啊啊 总觉得很丢脸啊】

上户【为什么啊】

我【你才是啊,为什么能直接叫我的名字啊】

上户【快点啦】

我【不啊,现在没什么事却要叫你的名字,太奇怪了吧】

上户【那问我点问题吧】

我【体重是多少?】

上户【开头不加上『彩的』的话不就没意义了吗,而且你想知道那个吗?】

我【……彩的生日,是什么时候?】

彩【嗯,◯月×日哦。到时候匠君会送我礼物吗?好期待哦~~~】

我【如果我那时还记得的话…】

那之后我们又聊了会合宿的事,还有江利花的事以及車輪の国的事

把甜点也吃完了之后,各自回家了。

上户。不对,彩骑着中型摩托飒爽地回家了。

 

596: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/12(月) 23:35:34.56 ID:CevYV/5/o

上戸と出かけたの終わり

ちょっと風呂入ってくる

明日早いのにやばい気がしてきた

和上户出去基本上就是这样了

我先去洗个澡

明天要早起,感觉有点危险啊,能不能写完

 

597: 童貞がお送りします: 2011/09/12(月) 23:41:27.48 ID:zy74pBqbo

リア充市ねwwwwww

现充去死啊~~~~

 

599: 童貞がお送りします: 2011/09/12(月) 23:50:57.39 ID:zQJgGHnDO

人それをデートという…

だれかたっくんの心臓を抜き手でぶち抜いてくれ

人们将此成为【约会】

谁来把たっくん的心脏给拔了

 

600: 童貞がお送りします(北海道): 2011/09/13(火) 00:03:07.38 ID:o5LXUUwmo

彩…だと…?

彩……??????

 

572: 童貞がお送りします: 2011/09/12(月) 02:20:20.94 ID:ilefDeUDO

合宿前にエリカ報告と合宿安価頼むぞ

辛苦了

希望能在合宿前写下关于江利花的事还有合宿的话按照我们的意见来干吧?

 

601: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:13:59.90 ID:SSnb2oT8o

よしこれでいつでも寝れる

江利花再来の分始めるぞ

あと上のほで合宿安価とか言ってるやつ

絶対やらないけど、やるとしたらどんな事させるつもり?

好了,这样随时都能睡了

开始写江利花第二次来我家的事了

还有上面的关于合宿按照你们的意见来的家伙

我才不会呢!如果真的要干的话,你们打算让我做什么啊?

 

602: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:14:44.01 ID:SSnb2oT8o

江利花『地球防衛軍やろう』

俺「またかよ」

江利花『そっち行くね』

俺「はい」

……

江利花【来玩地球防卫军吧】

我【又来吗?】

江利花【那我去找你啦】

我【是】

……

 

603: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:15:37.58 ID:SSnb2oT8o

江利花「おじゃましまーす」

俺「へいらっしゃい」

江利花「お菓子いっぱい買ってきたぞ童貞君」

俺「はいどーも」

江利花「メンタル強くなってきた?」

俺「あなたのその性格はどうにかならんの?」

江利花「あー、天使の頃の私が恋しいと」

俺「まじ1回本気で頭どっかぶつけたら記憶喪失にならないかな」

俺「そしたら俺があの頃の性格叩きこむから。そしたらもっかい好きになれる」

江利花「やってみる?」

俺「そこは乗るんだね」

江利花「たっくんて呼べばいいんだろ?」

俺「もう…」

江利花【打扰啦】

我【欢迎~】

江利花【我买了很多零食哦,童贞君~】

我【谢谢】

江利花【心理承受能力变强了?】

我【你的这个性格能不能想个办法改正改正?】

江利花【噢~你还是喜欢天使时期的我啊】

我【说真的能不能往你的脑袋狠狠地砸下,然后让你失忆啊】

我【那样的话我就把你彻底调教回那时的性格。这样我就能又喜欢上你了】

江利花【要试试吗?】

我【别当真啊】

江利花【那只要叫回你たっくん就行了吧?】

我【啊啊真是的……】

 

604: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:16:29.83 ID:SSnb2oT8o

飲み物を出してさっそくプレイ

江利花「最近みんなと仲いいらしいじゃん」

俺「ん?」

江利花「一緒にゲームしたり」

俺「今もしてるけどね」

江利花「この前は彩とデートしたんでしょ?」

俺「別にデートじゃないけども」

俺「ていうか、俺も気になってたんだけどさ」

江利花「なにが?」

俺「最近やたら誘いが多いのってさ、示し合わせてんじゃないの?」

俺「前なんか江利花以外と2人でってことなんか1回もなかったんだけど」

江利花「さーねー」

俺「やっぱそうなのか」

江利花「どうでしょーねー」

和上次一样,把饮料拿出来之后就立马开始玩游戏了

江利花【最近和大家关系不错呢?】

我【嗯?】

江利花【一起玩游戏啊之类的】

我【现在我们也在玩】

江利花【这之前还和彩约会了吧?】

我【那才不是约会】

我【话说啊,我也有点在意啊】

江利花【在意什么?】

我【最近还真是老被你们叫出去啊,难道是配合着谁的指示?】

我【之前除了和江利花2个人一起出去玩,从来没碰到过和她们几个单独相处的事】

江利花【谁知道呢~~】

我【果然是这样吗】

江利花【哼哼~我可不知道哦】

 

605: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:17:06.80 ID:SSnb2oT8o

それからしばらくゲームに熱中

「あ、エネルギー切れた」「さよならペリ子」

「早くあのでかいの倒してよ」「いや匠行って」

「ペイルのが強いじゃん」「えー」

「アイテムは俺のもの」「いや私のもの」

「おっ超強い武器でた」「えーずるいー」

江利花「合宿楽しみだね」

俺「おう、準備してっか?」

江利花「うん、問題ない」

俺「俺なんかどんなに準備しても忘れ物してんじゃないかなって思っちゃうタイプなんだよね

江利花「それ彩と一緒だわww」

江利花「歯ブラシ忘れたら私の貸してあげるから心配すんな」

俺「そんなん絶対お断りだわ」

那之后我们暂时专注于游戏

【啊,能量要用完了】【再见了ペリ子】

【快把那个大家伙打倒!】【才不要,匠你去啊】

【这道具是我的!】【不,是我的!】

【喂,出了个超强的武器哦】【诶~好赖皮~~】

江利花【合宿好令人期待呢】

我【噢,你行李什么的准备好了吗?】

江利花【嗯,没问题】

我【我是那种无论怎么准备,都会觉得是不是忘带东西了的那类人呢】

江利花【和彩一样啊】

江利花【如果忘记带牙刷的话我会把我的借你,所以不用担心~~】

我【绝对不要!】

 

606: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:18:53.39 ID:SSnb2oT8o

江利花「飲み会もあるんだよねー」

俺「全然酔わないよな、羨ましいわ」

江利花「匠弱いよねww」

俺「どうすりゃ強くなんの?」

江利花「さあわかんないww」

俺「ほんと4人そろっていっつも余裕だよね。全然変わんないし。チワワちゃんまでも」

江利花「でもね、4人だけで宅飲みすると結構すごいよ?」

俺「まじで?」

江利花「ほんと。彩とかすごい◯◯◯し」

俺「◯◯◯?」

江利花「私はそんな変わんないけど、メガネはすっごい×××し」

江利花「チワワは△△△し」

 

俺「ほう」

興味深いことを聞いてしまった

江利花【后面还有酒会呢~】

我【你是完全喝不醉的那类人吧,真羡慕呢】

江利花【是你太弱了啦~】

我【怎么样才能变强啊】

江利花【嗯~不知道呢~~】

我【真是的,你们4个人在一起,总是很从容呢。这点完全没变。吉娃娃酱也是】

江利花【但是呢,只有4个人的时候在家里喝时,挺厉害的哦】

我【真的吗?】

江利花【真的哦。像彩就很◯◯◯】

我【◯◯◯?】

江利花【我是不会怎么样,不过眼镜女超级×××】

江利花【然后吉娃娃会很△△△】

我【喔】

听到了很有趣的事

 

607: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:19:30.93 ID:SSnb2oT8o

少し進めると、何回やっても出来ないミッションに当たる

俺「むずいな」

江利花「コレ無理じゃない?」

俺「よし、体力と武器を増やしまくろう」

蟻イッパイのステージで稼ぐ

江利花「ほらせっかく買ってきたんだからお菓子食べなさいって」

俺「母ちゃんかよ」

江利花「ほらあーん」

俺「またかよ、自分で食べるっって」

江利花「口移しの方がいい?」

江利花「はひ、んー」

俺「やめなさい」

江利花の口からはみ出たクッキーを指で押し込む

江利花「んー」

江利花「これだから童貞は」

我们继续玩着游戏,然后碰到一个打了好几次都不出现的任务。

我【好难啊】

江利花【这个根本没办法打啊?】

我【好吧,把体力和武器增加到不能增加为止】

我们在蟻イッパイ那关刷着分。

江利花【呐,这是可是我特意买的零食,所以快吃点啦】

我【你是我妈妈吗?】

江利花【来啦~张嘴~~啊~~~~】

我【又来吗!我自己会吃的!】

江利花【那要用嘴喂你吗?~】

江利花【唔嗯~~~】

我【别这样!】

我把江利花叼着的饼干用手指推进了她的嘴里

江利花【唔——】

江利花【所以我才说处男啊】

 

608: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:19:59.30 ID:SSnb2oT8o

俺「よしそろそろいこう」

江利花「はーい」

詰まってたミッションへ

俺「おっクリア」

江利花「ちょろいわ」

俺「あなた死んでましたけどね」

だがしかし、すぐにまた詰まる

俺「よし、作戦を建てよう」

江利花「うん」

俺「ココとココとココからクモが出てくるから、挟まれないように端から順番に殲滅だ」

江利花「おっけー」

俺「よしいくぞ」

江利花「おう」

我【好了,差不多可以上了】

江利花【是~】

存够了之后开始任务

我【喔!通过了】

江利花【很轻松呢】

我【但是你还是死了】

但是,立马又卡关了

我【好吧,我们来考虑下该怎么打吧】

江利花【嗯】

我【这里,这里还有这里会出现蜘蛛。要避免被夹击,所以从边缘地区开始按顺序歼灭它们】

江利花【OK~】

我【那上吧!】

江利花【噢!】

 

609: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:20:48.43 ID:SSnb2oT8o

俺「おお、いい感じ」

江利花「なんかすごいミッションて感じする!ww」

俺「確かに!ww」

全てが作戦通りに進み、クリア

俺「いやー完璧だったな」

江利花「うん、なんかもう気持ちよかった」

俺「確かに」

江利花「もっかいやってみる?」

俺「俺も同じことを考えてた」

なぜか同じミッションをもう一回クリアした

我【噢噢!感觉不错】

江利花【感觉这任务好厉害哦!】

我【确实啊!哈哈】

全部都按照作战计划进行着。通关。

我【啊~真完美啊】

江利花【嗯,总觉得打完之后心里很痛快啊~】

我【是啊】

江利花【再来一局?】

我【我也是这么想的】

不知道为什么我们又重打了一遍刚刚的关卡

 

610: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:21:47.33 ID:SSnb2oT8o

そして気付くと、またも江利花がだいぶ近くに寄ってきていた

俺「近くない?」

江利花「そうでもない」

俺「いやもうちょっとそっちに…」

江利花「うるさーい!」

突然飛びつく江利花

然后我发觉,江利花又慢慢地向我靠近了

我【是不是有点太近了】

江利花【没这回事】

我【不,你稍微在往那里去一……】

江利花【闭嘴!】

突然冲我飞扑过来的江利花

 

611: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:22:15.75 ID:SSnb2oT8o

俺「またかよっ、こらっ」

江利花「んーっ」

なんだかすごく俺の胸に顔をすりつけてくる

俺「ほらっ、いい加減にしろってっ」

江利花「もうちょっとー」

俺「もう…」

諦める俺

そして1分くらいか、結構長いこと抱きつかれてた

匂い嗅がれるのはなんか恥ずかしかった

江利花「ふう」

俺「ほんともう…そんなキャラだった?」

江利花「まあいいじゃん」

俺「…はあ」

我【又来吗?喂,快放开啦】

江利花【唔,不要】

不知道为什么江利花把脸埋进我的胸里蹭来蹭去

我【喂!你给我适可而止一点啊】

江利花【在让我抱一会嘛~】

我【真是的……】

放弃挣扎的我

然后过了约1分钟吗?她抱了我挺长段时间

被她闻着身上的味道,总觉得很丢人…

江利花【唔——】

我【啊,你啊…是这样性格的人吗?】

江利花【不要在意这些啦】

我【…唉】

 

612: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:22:39.96 ID:SSnb2oT8o

それからは真面目?に地球防衛軍に勤しんだ

そして大分暗くなった頃

俺「もうこんな時間か」

江利花「帰ろっかな」

俺「おうそうしなさい」

江利花「じゃあさ、送ってくれると嬉しいなー」

俺「バイクじゃないの?」

江利花「今日は歩きでして」

俺「なんでわざわざ」

江利花「運動しなきゃね」

俺「……」

自転車2人乗りで送ることになりました

那之后我们认真的?玩着地球防卫军

然后直到天色变晚了的时候

我【已经这么晚了吗?】

江利花【我是不是该回去了呢】

我【哦,那请回吧】

江利花【那~如果匠能送我回去的话,我会很开心的~】

我【你没骑车过来吗?】

江利花【今天我是走过来的】

我【为什么要走过来啊】

江利花【当作锻炼嘛】

我【……】

然后变成我骑着自行车把她送回家了

 

613: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:23:27.06 ID:SSnb2oT8o

江利花「おしり痛ーい」

俺「我慢なさい」

江利花「はーい」

どうにかマンションまで江利花を送り届けた

江利花はずっと抱きついてて暑かった

江利花「ありがとね」

俺「次来るときは絶対バイクで来い」

江利花「また行っていいんだww」

俺「うっさい、じゃあな」

江利花「うんまたね、気をつけて」

そうして、俺は家路へと。

江利花【屁股好痛】

我【给我忍住】

江利花【是~】

总之最后把江利花送回了公寓

江利花一直抱着我,好热

江利花【谢啦~】

我【下次来的话绝对要给我骑车过来】

江利花【下次我还可以去找你玩嘛~??】

我【烦死了,那我回去了】

江利花【嗯,再见。回去时小心点哦】

然后,我回家了

 

614: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:26:09.34 ID:SSnb2oT8o

これで残りはダルと直人とのことだけど

ほんとそれは大して長くも語れないくらいだから書かないかも

这样的话剩下的就是桶子和直人的事了。

不过也不算什么大事,而且也写不了多长,不一定会写吧

 

615: 童貞がお送りします(千葉県): 2011/09/13(火) 00:29:30.32 ID:dkjnlqp6o

これ4人の間で自由競争になってねww

这是不是变成了4个人互相自由竞争?

 

616: 童貞がお送りします: 2011/09/13(火) 00:32:39.41 ID:oIW1JtiDO

報告乙!肋骨全部内側に折れればいいのに

何かエリカに不満はあるの?

报告辛苦了!たっくん你赶快去把自己的肋骨全部往内侧折断吧

到底对江利花有什么不满啊?

(R:什么折断?直接让我把他第3条腿打断好了!)

 

617: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:36:24.54 ID:SSnb2oT8o

>>615

そういう新たな遊びが始まったかと思うと怖い

>>616

いや不満はないんだけどさ

最近なんかキャラ壊れてるというか

こいつ情緒不安定なんじゃねーかみたいに感じて

どう接していいかわからん

>>615

一想到这是不是什么新的整人方式,我就觉得害怕了

>>616

没有,我没有觉得有什么不满

总觉得最近她角色有点崩坏还是啥

这家伙是不是情绪不稳定啊这样的感觉

不知道该怎么和她接触

 

618: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:39:12.78 ID:SSnb2oT8o

あと一応珍しく相談なんだけどさ

このスレをそのうちあいつらにばらしちゃおう

と思ってるんだけど

そのあたりどう思う?

还有,顺便想和你们问问你们

我打算过段时间把这帖子的事告诉她们

你们有什么意见吗?

 

619: 童貞がお送りします(北海道): 2011/09/13(火) 00:43:32.10 ID:o5LXUUwmo

何故ばらす?

为什么要告诉她们?

 

620: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:49:54.98 ID:SSnb2oT8o

いやもともといつかばらそうとは思ってたんだ

我原本就打算找个时间告诉她们的

 

621: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/13(火) 00:50:55.65 ID:SSnb2oT8o

ていうかやばい、寝ます

おやすみ

そして合宿行ってきます

话说有点糟了,我睡了

大家晚安

然后我去合宿啦

 

653: ◆3iFgYr8em1j4: 2011/09/15(木) 21:53:21.42 ID:SSnb2oT8O

帰ってきた

直人ダルのこととか合宿のことは明日の夜以降でいいよね?

我回来了

桶子和直人的事,还有合宿的事。明天晚上之后报告行吗?

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


r13l

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. 神崎愛麗莎
    神崎愛麗莎 发表于: 2015年6月22日 19:17:02

    可以的話也想把腿打斷#

  2. waox
    waox 发表于: 2015年6月22日 20:14:25

    即使是新的整人遊戲會專門找你也足夠打斷腿了

  3. Pokemon-最爱
    Pokemon-最爱 发表于: 2015年6月22日 22:17:50

    现充去爆炸好了,所以才说帅哥什么的【

  4. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2015年6月23日 13:38:03

    现充去死( `д´)

  5. 江丽花
    江丽花 发表于: 2015年6月23日 18:02:32

    全是闪光弹啊

  6. kuri
    kuri 发表于: 2017年7月7日 03:15:31

    现充爆炸吧!

  7. 001
    001 发表于: 2017年12月20日 09:55:46

    这是什么galgame展开[t黑线]

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部