24Jun

『长篇故事・2ch』学弟说和我的女友●过~回忆篇~(二)

时间: 2015-6-24 分类: 学弟说和我的女友●过 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://archive.2ch-ranking.net/news4viptasu/1298023975.html


 

上一章 目录 下一章

 

655:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 01:47:35.80 ID:YSg2xaBlO

機会はすぐ訪れた

そもそも喫煙所にいけばたいていYが先にいた

俺は勇気を出してYの隣に座った

机会很快就来了

本来就是只要去吸烟处的话,大体上Y都会在的

我鼓起了勇气坐在了Y的身边

 

俺「あの…」

Y「はい?」

俺「俺のこと覚えてます…?」

Y「…?」

我「那个…」

Y「嗯?」

我「还记得我吗……?」

Y「……?」

 

覚えてなかった\(^o^)/

ショックではあったが続けて話す

看来是不记得\(^o^)/

虽然感觉很受打击不过还是继续说道

 

俺「ガイダンスのときにココで声かけたんですけど…」

Y「…ああ」

我「入学指导的时候在这里对你搭过话的…」

Y「……啊啊」

 

思い出してくれた!

想起来了!

 

俺「同じ学部なのにあれから全然話してないなって思って…」

我「想着明明是同个学科的在那之后都没聊过所以…」

 

それから俺は色々質問した

年齢、出身地、どこに住んでるのか…

年齢で3浪してることがわかったので浪人時代のことは触れない方がいいかなと思って聞かなかった

在那之后我问了各种各样的问题

年龄、出生地、在哪居住…

通过年龄得知她复读了3年,

但是觉得复读生时代的事情还是不触及为好所以没问

 

Yは言葉数は少ないが話しかけたらちゃんと答えてくれることがわかった

だけど喫煙所以外で会話をすることはなかった

Y虽然话比较少,但我明白了只要搭话还是会回复我的

只不过在吸烟处以外没有什么对话

 

656:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 01:51:08.71 ID:Vd5sl9AZO

ふむふむ・・・ん!?

名前とトリップが外れてるよー

唔姆唔姆・・・嗯!?

忘记加上名字和掩码了噢

 

657:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 01:51:48.98 ID:YSg2xaBlO

入学直後の忙しさもだいぶ緩和され俺はアルバイトを始めることにした

最初に始めたのは家庭教師のバイトだったが

教え子の親がウザくて1ヶ月もたたずにやめた

在入学后的繁忙度也变得缓和起来后我开始了打工

虽然最初开始的是家庭教师的打工不过

因为孩子的父母很烦所以1个月不到就放弃了

 

次に始めたのは本屋のバイトだった

开始的下一个打工是书店的打工

 

658:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 01:58:27.32 ID:YSg2xaBlO

本屋のバイトは意外に肉体労働でモヤシっ子の俺は始めた直後しばらく筋肉痛をひきずっていた

Yとは相変わらず喫煙所でし話さなかったし

Yから話しかけられることも皆無だった

书店的打工意外地是个苦力活,软弱无力的我在开始后马上肌肉就痛得不行了

和Y一如既往地除了在抽烟处都没怎么聊过

Y也从来没有主动对我搭过话

 

だけど俺がしきりに腕を揉んだり叩いたりするのを見て

「腕、痛いの?」

と言ってくれた

たったそれだけのことだし当たり前のことかもしれないけど

俺はめちゃくちゃ嬉しかった

只不过看到我频繁揉着敲打着自己手臂的场景

「手臂,很痛吗?」

被这么问了

明明只是这种程度的事情,可能只是理所当然的事情

我却开心得不得了

 

俺「あ、うん…本屋でバイト始めたんだけど意外と肉体労働でキツイんだー」

Y「男なのにだらしないね」

我「啊,嗯……虽然开始了书店的打工,不过意外地是个苦力活不好受啊」

Y「明明是男的真没出息呢」

 

ちょっとショック\(^o^)/

稍微有点受打击\(^o^)/

 

俺「やっぱりスポーツ系のサークル入ればよかったかな…」

Y「…サークル何入ってるの?」

我「果然加入什么体育系的社团会比较好吗…」

Y「…加了什么社团啊?」

 

!!!!!!

初めてのYからの質問!!!!!

!!!!!!

第一个来自Y的提问!!!!!

 

659:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:01:06.49 ID:WXD7bcal0

「男なのにだらしないね」

Yの攻撃力半端ないww

「明明是男的真没出息呢」

Y的攻击力不是盖的ww

 

660:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:01:19.96 ID:YSg2xaBlO

俺「し、写真部!!」

我「照、照相社!!」

 

ちょっと声が裏返ったのを今でも覚えてる

当时自己被惊到都有点走音的细节我到现在都还记得

 

Y「…ふぅん」

Y「…哦」

 

やばい!会話終わりそう!!

不妙!对话要结束了!!

 

俺「そ、そういえばYさんはサークル入ってるの!?聞いてなかった!」

Y「私?私は空手」

我「这、这么说来Y桑有加入社团吗!?以前没问过!」

Y「我?我是空手道」

 

…………KARATE?

…………kong shou?

 

661:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:04:55.86 ID:ZVNc4vj00

「男なのにだらしないね」

「私?私は空手」

「明明是男的真没出息呢」

「我?我是空手道」

 

すごいコンボ

・゚・(つД`)・゚・ 

好厉害的连击

・゚・(つД`)・゚・

 

662:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:05:13.06 ID:YSg2xaBlO

いや女の子が空手やってても全然不思議じゃないんだが

前述のとおり、Yは仲間ゆきえ似なんだ

つまり清楚系なんだ(あくまで容姿は)

だからめちゃくちゃびっくりした

不,女孩子练空手道也完全没有什么稀奇的不过

就跟之前说过的那样,Y长得像仲间由纪惠

也就是说是清秀系的(当然只是外表)

 

俺「空手!?」

Y「うん」

俺「え…なんで!?」

Y「なんでって…小学生の頃からずっと少林寺やってて高校のときは剣道やってて…その流れ」

我「空手道!?」

Y「嗯」

我「诶…为什么!?」

Y「就算问为什么…从小时候起一直有练少林功夫,

  到了高中的时候练了剑道…然后顺着势头」

 

一瞬でYが怖くなった

一瞬间就感觉Y变得可怕起来了

 

663:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:08:40.14 ID:YSg2xaBlO

Yとはそんな関係がずっと続いた

入学直後に抱いてたYへの偏見みたいなものは薄れていった

ただYは講義のときとか学食でもいつも一人でそれがちょっと気掛かりだった

和Y一直持续着这样的关系

大家对刚入学时对Y抱有的偏见那样的东西也变得淡薄

只不过Y在上课的时候啊或者是去饭堂的时候啊

一直都是一个人,对于这点我稍微有些担忧

 

6月に新入生の行事がありそこでちょっとした事件が起こった

然后在6月有个针对新生的活动,在那时稍微发生了点事件

 

664:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:18:53.75 ID:YSg2xaBlO

Y「あの…ちょっといいかな?」

Y「那个…稍微占用点时间可以吗?」

 

行事が終わった次の日、喫煙所でYがそう言った

びっくりして「いいよッ!」と強めに言うと

Yはぽつぽつ話し出した

在活动结束的第二天,在抽烟处Y这么对我说道

吓了一跳「好啊——!」加强了语气这么回复后

Y开始慢慢地叙述起来

 

行事のときに同じ学部の子が話しかけてくれたのだが

どう対応していいかわからず無愛想な態度をとってしまった、とのことだった

说是在活动的时候被同个科系的孩子搭话了但是

不知道如何对应才好所以用了往常的淡薄的态度去对待

 

そんなことかよ!?と思ったが真剣に悩んでる風だったので

コッチも真剣に対応することにした

想着竟然是为这种事情烦恼么!?不过因为看她好像是认真在烦恼的样子

所以我这边也采取了认真的应对

 

そもそもYが友達を作らないのはなんでか

俺は単純にそういう性格の人なんだろうなって思ってた

会話も表情も淡々としてて、なんかガリレオの湯川教授?みたいな感じ

だけどYいわく極度の人見知り&口下手らしく会話が続かないのだとか

あと、ハッキリ物を言うから人を知らない内に傷付けてしまうとも言っていた

对于Y不交朋友这一点,我本以为这是因为她单纯就是这种性格

无论是对话还是表情都很淡然,

有种像是《神探伽利略》中的汤川教授?那种感觉

只不过据Y所说好像是因为她极度怕生&嘴巴不会说话所以对话持续不下去

另外就是,如果总是坦白说的话,会在自己不知道的情况下伤害到别人

 

665:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:26:43.85 ID:YSg2xaBlO

俺「いや、でもハッキリ物を言うっていっても言って良いことと悪いことの区別くらいつくでしょ?」

Y「…私すごく鈍感で結構きついこと言われても平気なタイプで…」

我「不,不过就算坦白说,能说和不能说的话这种程度还是区分的开的吧?」

Y「…我很迟钝,所以是就算被说了很过分的话也没感觉的类型所以…」

 

確かに鈍感じゃないとぼっちって耐えられないか

たぶん影でコソコソ言われてるのも知ってて許容してんだろうな…

确实如果不是迟钝的话应该忍受不了这种孤立的情形

大概暗底下被说三道四也能够原谅吧…

 

俺「とりあえず笑顔で接してみたら?で盛り上がりそうな話題から入ってみたり…」

Y「盛り上がりそうな話題って?」

俺「出身地とか、好きな学食のメニューとか、そういうの!」

Y「そっか…」

我「总而言之带上笑容去接待试试?然后找一些容易炒热的话题…」

Y「容易炒热的话题是指?」

我「出生地啊,喜欢的食堂的饭菜啊,这之类的!」

Y「是这样啊…」

 

3浪もするとコミュ力なくなんのかな、とか思った

复读了3年整个交流能力会完全没掉么,心里想着类似的事情

 

Y「Mくんはすごいよね…」

俺「え!?」

Y「私なんかに話しかけてくれたし…話しててすごく楽しいし…」

Y「M君很厉害呢…」

我「诶!?」

Y「对我什么的也能够搭话…而且聊着也很开心…」

 

たぶん俺はこのときからYを好きになった

我想大概从这个时候开始我就喜欢上Y了

 

666:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:30:35.06 ID:Vd5sl9AZO

2人とも真面目そうな人柄で良いねー

两人都挺认真的感觉人都挺好的呢

 

ふと思ったんだが、あの釣りスレをYさんは見たのかな

あれ見ると、みんな本気でYさんを心配していたのが分かるよね

突然想到,那个钓鱼贴Y桑看到了没

看到那个的话就会知道大家都是很担心Y桑的呢

 

667:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:31:20.46 ID:WXD7bcal0

Yって普通に三浪?医学部じゃないとこから受験し直した?

Y是正常复读了3次吗?从不是医学系的地方开始重新接受了考试?

 

668:名も無き被検体774号+: 2011/03/01(火) 02:34:11.69 ID:YSg2xaBlO

>>666

たぶん見てない

ただ「おまえの騙りが出たよw」って言ったら笑ってた

>>666

大概没看

只不过听说「有你的冒牌货出现噢w」后她笑了

 

>>667

そのこともおいおい書いていこうと思います

>>667

关于那一块我也打算好好写一下

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 阿默
    阿默 发表于: 2015年6月24日 13:50:48

    这篇还是很有趣啊。另外M的交流能力不是超强了么这么看来

  2. Slayer19
    Slayer19 发表于: 2015年6月24日 14:52:32

    「明明是男的真没出息呢」
    简直暴击

  3. ~~`噤 毒..
    ~~`噤 毒.. 发表于: 2015年6月24日 15:19:15

    汤川教授。。应该是神探伽利略里的角色吧

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年6月24日 16:06:00

      嗯啊……我想说的就是那个……国内译名好像确实是神探伽利略,已经调整!

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部