20Aug

『中篇故事・2ch』小时候一起玩的女孩子是幽灵?(一)

引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.net/news4viptasu/1332576621/


 

目录 下一章

 

小学生の頃遊んだ友達が幽霊?だった話

关于小学生的时候一起玩的朋友是幽灵?的故事

 

1: 2012/03/24(土) 17:10:21.35 ID:3VBBrfs2O

後にも先にも初めての霊体験だろう

这恐怕会是我这辈子最初也是最后的灵体验吧

 

スペック(当時)

人物规格(当时)

 

小学5年生

よくいるうんこだのちんこだのよく叫ぶ普通の小学生

小学五年级

就是随处都有的成天喊着大便啊小●●啊的普通的小学生

 

幽霊?

中1

性別女

結構可愛かった

名前は霊子(仮)

幽灵?

初一

性别女

相当可爱

名字叫灵子(假名)

 

3: 2012/03/24(土) 17:17:19.80 ID:xHa6Ihbl0

友達いなかったんだな(´;ω;`)ウッ…

没有朋友对吧(´;ω;`)呜…

 

4: 2012/03/24(土) 17:18:33.10 ID:3VBBrfs2O

俺と霊子の出会いは夏だった

我和灵子的相遇是在夏天

 

あと1ヶ月で夏休み。

俺の家は仲が良い友達の家から結構離れていて、学校が終わってから遊びに行けるのは学校が早く終わる水曜日か土日だけだった。

その日はいつも通り通学路の途中で別れて一人になった。

再过1个月就是暑假了

我家离关系要好朋友的家比较远,

学校结束后能去玩的日子只有在放学比较早的周三或周末而已

那一天我一如既往地在放学路上和朋友分开,变成了一个人

 

その道はあまり人が通らず、親からは人通りの多い道を通って帰れと言われていたがこの道の方が近道だった。

早く帰ってゲームをやるために走って帰っていた。

しかし焦り過ぎて転けてしまい、膝を擦りむいてしまった。

そんな時に前から霊子が現れて手を差し伸べてくれた。

那条路没什么人去,父母虽然叫我走人多的路回家,不过这条路比较近

为了快点回家玩游戏于是跑着回去了

只不过太着急结果摔倒,膝盖擦破了

在那个时候,灵子出现在了我面前对我伸出了援手

 

5: 2012/03/24(土) 17:30:03.74 ID:aSidnanvi

怖い話しですか?

是恐怖故事吗?

 

7: 2012/03/24(土) 17:31:38.90 ID:3VBBrfs2O

>>5怖くはないと思う

なんか思い出したから思い出しながらちまちま書いていくよ

>>5应该不恐怖

因为是突然想起来的,所以会边回忆边一点点写下去的噢

 

6: 2012/03/24(土) 17:30:27.64 ID:3VBBrfs2O

霊子「大丈夫?」

すごくタイプな美人だった。

髪は長くて目は大きくて二重

手を握ったら暖かかった。

灵子「你没事吧?」

是超对我胃口的美人

头发长长的眼睛大大的而且是双眼皮

手被握住的时候感觉很温暖

 

俺「ちょっと痛いけど大丈夫です」

霊子「バイ菌入ると危ないから消毒した方がいいよ。公園行こう!」

霊子について行って近くの公園に着いた。

霊子は鞄から消毒液と絆創膏を出した。

水で傷口を洗って消毒液塗って、絆創膏を貼ってくれた。

我 「虽然有点痛不过没问题」

灵子「如果被细菌感染的话很危险的,消毒一下会比较好噢,去公园吧!」

说完我跟着灵子来到了附近的公园

灵子从书包里拿出了消毒水和创可贴

用水洗了下我的伤口涂上消毒水,然后帮我贴上了创可贴

 

霊子「これでもう大丈夫だね」

俺「ありがとうございます」

霊子「いやいや、それより飴食べる?」

知らない人からお菓子を貰ってはいけないのを思い出したがもう知ってるしいいだろと飴を貰った。甘い

灵子「这样一来就没问题了呢」

我 「非常感谢」

灵子「不用客气,比起这个要吃糖吗」

虽然都说不能要不认识的人给的零食,不过已经认识了所以没事吧

这么想着接过了糖,好甜

 

霊子「じゃあそろそろ行くね。バイバイ!」

俺「ありがとうございました!」

霊子は手を振りながら去って行った。これが最初の出会いだった

灵子「那么我差不多该走了噢,拜拜!」

我 「非常感谢!」

灵子边挥着手边离开了,这是我们最初的相遇

 

9: 2012/03/24(土) 17:39:43.71 ID:3VBBrfs2O

家に帰ると霊子のことは忘れてすぐにゲームを初めた。

回到家后忘了灵子马上开始了游戏

 

俺の家庭は母子家庭で俺と姉と母の3人で暮らしていた。

俺が小2の時離婚していた。

我的家庭是母子家庭,是我和姐姐和母亲3个人住

父母在我小学二年级时离婚了

 

そして翌日いつも通り一人になった。

するとまた霊子と出会った。

然后第二天我又和往常一样变成了一个人

然后又遇到了灵子

 

8: 2012/03/24(土) 17:33:49.61 ID:NELpf2Zni

なんで幽霊が飴もっとんや

为什么幽灵会有糖啊

 

14: 2012/03/24(土) 17:56:47.80 ID:3VBBrfs2O

>>8わからん

というか幽霊かどうかもわからない

でも霊子という人間はいなかった

詳しくは後で説明する

>>8不知道

话说是不是幽灵也不清楚

但关键是并不存在叫灵子的人

详细后面会说的

 

霊子「やあ!また会ったね!」

俺「こんにちは!昨日はありがとうございました。」

霊子「足は大丈夫かい?」

俺「もう大丈夫です」

灵子「呀~!又见面了呢!」

我 「你好!昨天真是谢谢了」

灵子「脚已经没事了吗」

我 「已经没事了噢」

 

霊子「良かった。途中まで一緒に帰ろうよw」

俺「はい!」

そして一緒に帰ることになった。

灵子「那太好了,路上一起回去吧w」

我 「好!」

于是一起回去了

 

俺「そう言えばまだ名前聞いてないですね」

霊子「そうだね、私の名前は霊子だよ。〇〇中学の一年」

俺「俺の名前は太郎です、〇〇小学校の5年です」

霊子「5年生かぁ、中学入ったらギリギリ同じ学校だね」

我 「这么说来还没问你的名字呢」

灵子「是呢,我的名字是灵子噢,在〇〇中学读一年级」

我 「我的名字叫太郎,在〇〇小学读五年级」

灵子「五年级吗,上了初中勉强能成为同个学校的学生呢」

 

俺「そうですね。あ、もう家です」

霊子「そうなんだ。私の家はもっと向こうだよ!じゃあね!」

俺「はい」

そして霊子と別れて家に帰った。

我 「是噢。啊,我的家到了」

灵子「是这样啊,我的家还要更远一点噢!拜拜!」

我 「喔」

就这样和灵子分开回到了家

 

15: 2012/03/24(土) 17:57:18.62 ID:k9ML7Gkr0

期待してる

期待

 

16: 2012/03/24(土) 18:14:58.54 ID:3VBBrfs2O

次の日は霊子とは出会わなかった。

中学生だから下校時間遅いんだろう。

そして次の日

また霊子が居た。

第二天没有遇到灵子

是因为初中生所以放学时间比较晚吧

然后第三天

又见到灵子了

 

俺「また会いましたね」

霊子「まあ私が待ってたんだけどねw」

俺「わざわざ?」

霊子「暇だしね」

我 「又见面了呢」

灵子「嘛因为我在等你w」

我 「特意等我?」

灵子「因为很闲呢」

 

俺「じゃあ俺の家来ますか?一緒にゲームやりましょうよ」

霊子「いいの?」

俺「俺も暇だし誰も居ないし。」

霊子「じゃあ行こうかな!」

霊子が家に来ることになった。

我 「那要不要来我家?一起玩游戏吧」

灵子「可以吗?」

我 「我也很闲,而且家里谁也不在噢」

灵子「那么就去吧!」

于是灵子来到了我家

 

17: 2012/03/24(土) 18:26:56.84 ID:3VBBrfs2O

霊子「お邪魔します」

俺「先に部屋行っててください、階段上がって目の前の部屋です」

霊子「うん。わかった」

俺はお菓子とジュースを用意して部屋に向かった。

霊子はベッドに座っていた。

灵子「打扰了」

我 「请先到房间里去吧,就是上了楼梯后第一眼看到的房间」

灵子「嗯,我知道了」

我准备好零食和果汁后来到房间

灵子坐在了床上

 

俺「お菓子どうぞ!」

霊子「ありがとう。」

霊子はポテチを食べてオレンジジュースを飲んだ。

我 「请你吃零食!」

灵子「谢谢」

灵子吃了薯片喝了橙汁

 

霊子「なにしよっか」

俺「マリカでもしますか」

霊子「いいね」

レースの結果俺は負けた。

灵子「要玩些什么吗」

我 「来玩马里奥赛车吧」

灵子「好啊」

比赛的结果是我输了

 

俺「強いですね!」

霊子「得意だから!もう一回やろう!」

俺「今度は負けませんよ」

結果一度も勝てなかった。

我 「好强啊!」

灵子「这可是我的强项噢!再玩一次吧!」

我 「这次我可不会输噢」

结果连一次都没有赢过

 

18: 2012/03/24(土) 18:29:19.20 ID:TN1AE8560

漫画化希望

漫画化希望

 

19: 2012/03/24(土) 18:29:48.14 ID:3VBBrfs2O

ちょっと飯食ってくる

稍微去吃一下饭

 

22: 2012/03/24(土) 19:05:19.64 ID:3VBBrfs2O

それからスマブラもやった。スマブラでは勝てた。

霊子「そろそろ帰らないと」

俺「そうですか…」

ちょっと、いやかなり残念だった。

任天堂明星大乱斗,大乱斗则是赢了

灵子「差不多要回去了」

我 「是呢…」

稍微・・・不,是非常地不舍

 

霊子「今日は楽しかった、ありがとね。また今度遊ぼ!」

俺「はい!」

霊子「じゃあね!」

手を振りながら帰って行った。

灵子「今天玩得很开心,谢谢噢。下次再一起玩吧!」

我 「好!」

灵子「那么再见咯!」

说完灵子边招着手边回去了

 

23: 2012/03/24(土) 19:07:52.24 ID:KMBqi6e70

これは期待

这个值得期待

 

24: 2012/03/24(土) 19:21:44.40 ID:3VBBrfs2O

そして翌日

俺は霊子と会うために急いでいつもの場所に。

然后第二天

我为了和灵子见面急忙地来到了往常的地方

 

しかし霊子は居なかった。早すぎたか

俺は霊子を待った。10分くらいすると後ろから目を塞がれて

「だーれだ?」

霊子だった。

只不过灵子不在,是因为太早了吗

我等待着灵子,然后10分钟左右眼睛从后方被人捂住

「猜猜我是谁?」

是灵子

 

俺「霊子さん!」

振り返るといつも通り笑顔の霊子が居た。

霊子「待っててくれたんだね、ありがとう」

俺「霊子さんも待っててくれたじゃないですか」

我 「灵子桑!」

回过头后,出现在眼前的是挂着一如既往笑容的灵子

灵子「一直在等着我呢,谢谢」

我 「灵子桑不是也等过我嘛」

 

霊子「そうだねw」

俺「今日もゲームしますか?」

霊子「そうだね、一回帰ってからまた来るよ」

俺「わかりました!」

そして別れてから20分くらいして霊子が家に来た。

ミニスカにTシャツでちょっと大きめだった制服とは全く印象が違った。

灵子「也是呢w」

我 「今天也玩游戏吗?」

灵子「是呢,我先回一趟家马上就过去噢」

我 「我知道了!」

就这样分开了20分钟左右灵子来到我家

是短裙+T恤衫的打扮,和稍微显得有些大的制服印象完全不同

 

霊子「こんにちは!」

俺「入ってください!」

霊子「お邪魔します。」

俺「先に上がっててください」

霊子「うん。あ、お菓子持って来たよ!」

俺「ありがとうございます。」

灵子「你好~!」

我 「请进!」

灵子「打扰了噢」

我 「请先上去」

灵子「嗯。啊,我带了零食噢!」

我 「谢谢」

 

25: 2012/03/24(土) 19:35:26.10 ID:3VBBrfs2O

霊子はベッドに座ってお菓子を開けていた。確か小さいドーナツだったと思う

灵子坐在床上打开了零食,记得好像确实是小小的面包圈

 

俺「今日はなにします?」

霊子「なんでもいいよ」

俺「じゃあマリカで、今日は負けませんよ」

霊子「勝てるかな!?」

我 「今天玩什么?」

灵子「什么都可以噢」

我 「那就马里奥赛车,今天不会输的噢」

灵子「能赢吗!?」

 

途中までは俺が勝っていた。

余裕だなと思って霊子の方を見るとミニスカだからか薄いピンクのパンツが(ry

本人は気づいていない。

しかし画面を見ていなかったので壁にぶつかっていつの間にか抜かれていた。

直到中途为止是我的领先

想着这太简单了看向灵子那边,结果因为她穿的是短裙所以那薄薄的粉色的胖次(ry

本人并没注意到

只不过因为没注意画面所以撞到墙壁,不知道什么时候已经被超越了

 

霊子「私に勝とうなんて100年早い!www」

俺「負けたのは…いやなんでもないです」

霊子「?」

その後もチラチラとけしからん物が見えたおかげで一度も勝てなかった。

灵子「想要赢我还早了100年呢!www」

我 「我之所以输是因为…不什么都没」

灵子「?」

在那之后因为也老是偷瞄那无耻下流的物件结果一次都没赢

 

27: 2012/03/24(土) 19:41:31.66 ID:3VBBrfs2O

霊子「もうこんな時間…そろそろ帰らなきゃ」

俺「そうですか…」

霊子「なにそのもう一生会えないみたいな顔wまた来るから、また今度遊ぼう?」

俺「はい…」

霊子「じゃあね。」

灵子「已经这种时间了…差不多不得不回去了」

我 「是呢…」

灵子「什么啊那个已经一辈子都见不着的表情w还会再来的,下次再一起玩吧?」

我 「好…」

灵子「拜拜」

 

頭を撫でられ、そのまま霊子は帰って行った。

俺はもう完全に霊子に惚れていた。

被摸了摸头,灵子就那样直接回去了

我已经完全迷恋上灵子了

 

目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 12 条精彩评论

  1. starlight
    starlight 发表于: 2015年8月20日 18:44:12

    感觉还挺正常的。为啥说是幽灵呢?

    • Akane
      Akane 发表于: 2015年8月20日 18:50:55

      我猜是升上同一间中学的时候发现并没有这个人?

      • starlight
        starlight 发表于: 2015年8月20日 18:52:40

        呋姆….这倒是有可能

      • 小明
        小明 发表于: 2015年8月20日 21:31:11

        可能小姑娘撒谎了吧

  2. V酱
    V酱 发表于: 2015年8月20日 20:26:30

    期待后续

  3. fengzhong
    fengzhong 发表于: 2015年8月20日 20:46:07

    幽灵是什么情况,谁给我解释一下啊

  4. w提督
    w提督 发表于: 2015年8月20日 20:52:28

    没有朋友对吧,笑死

  5. 新的姐控
    新的姐控 发表于: 2015年8月20日 21:32:51

    看了这篇文章,

    我决定去玩任斗了。。。

  6. __过着
    __过着 发表于: 2015年8月20日 21:44:07

    好喜欢这种故事!

  7. mbus
    mbus 发表于: 2015年8月20日 22:46:16

    不错的故事
    买个3ds玩马尿赛车吧

  8. SINP
    SINP 发表于: 2015年8月21日 03:43:10

    = =八成是后边发现这个灵子很早就已经死掉了吧..不然怎么会写是灵异事件呢

  9. Yao_Sheng
    Yao_Sheng 发表于: 2016年9月5日 19:15:52

    ……似乎有Part .2的樣子,lu大有興趣開翻嗎
    http://www.logsoku.com/r/2ch.net/news4viptasu/1332764661/

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部