19Sep

『长篇创作・2ch』他与她的奇妙物语(八)

时间: 2015-9-19 分类: 他与她的奇妙物语 作者: r13l

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

女「段数が増える階段だって」 男「十三階段か、有名な話だから知ってるよ」

女【会变多的台阶…】男【第13级台阶吗,这故事挺有名的呢,所以我知道哦】

 

比lu要持久的r的投稿

 

350:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 22:26:20.99 ID:sElVl9ODO

第8話

女「段数が増える階段だって」 男「十三階段か、有名な話だから知ってるよ」

第8话

女【会变多的台阶…】男【第13级台阶吗,这故事挺有名的呢,所以我知道哦】

 

351:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 22:39:38.71 ID:sElVl9ODO

男「しかし、知ってるとはいえ自分の学校に十三階段の噂があるとは思わなかったよ」

女「十三階段?」

男「そう、十三階段は処刑台を意味しているとか言うよね」

女「処刑台の階段は十三段ってこと?」

男「噂だけどね、単純に13は不吉な数字だからって気もするね」

女「それって外国のイメージが強いのだけれど」

男「結構、日本でも不吉と言われるよ、だから階段は13段にはしないで大体12段か14段にするらしいし」

女「そうなんだ」

男「13段ってのは不吉な数字、だから死も連想させやすいってとこだな」

男「昔から、景色が切り替わる所は異境、つまり神域とかだったりもするし階段も似たようなイメージを持つのかも知れないね」

女「神域?」

男「山、森、滝とかに祠があるって聞かないかな」

女「あぁ、そういうこと」

男「だからなのか、十三階段を上ると異世界に行ってしまい帰ってこれない、とか存在しない4階に行ってしまい帰ってこれないとか言うよね」

女「そういうのって鏡と似ているね」

男「階段みたいに周りの様子が変わる所とか、鏡みたいに自分からは見えないものが見えるとかそういうのには不思議な話が多いよな」

女「身近にある、不思議な感じがするものだから、なのかな」

男「だろうね」

男【不过,虽然知道,但真没想到自己的学校会有第13级台阶的怪谈呢】

女【13级台阶?】

男【是啊,不是说13级台阶有处刑台的意思嘛】

女【处刑台的台阶有13级吗?】

男【传说中是这样呢,不过也有可能只不过因为13这个数字很不吉利的原因吧】

女【这个感觉更像是国外的怪谈呢】

男【不过实际上,日本也把13当作不祥的数字哦,所以楼梯不会有13级,普遍都是12级或者14级】

女【是这样的吗】

男【13级,有着不祥的数字,所以容易联想到死亡什么的】

男【从以前开始,景色突然改变的地方会被叫做异境,或者是神域之类的,台阶可能也和这个差不多吧】

女【神域?】

男【山,森林,瀑布之类的地方,不都是会有祠堂的吗】

女【哦哦,是这样吗】

男【所以才会有登上第13级台阶就会被带到异世界再也回不来了,又或者是去了不存在的4楼就回不来了这种传闻】

女【这种传闻和镜子很像呢】

男【所以像是台阶这种周围的景色会改变的地方,又或是像镜子可以看到原本自己无法看到的东西,关于这类事物奇异的话题会比较多呢】

女【是因为这些东西近在身边,然后给人感觉很奇妙吗】

男【差不多吧】

 

352:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 22:44:55.02 ID:sElVl9ODO

女「あの、語ってる所に悪いんだけどさ」

男「あぁ、自分の学校の話に戻らないとな」

女「そうそう」

男「あれだろ、学校の階段は全部12段なのに決まった時間にある階段を上ると13段で、何かが起こる、とか」

男「基本的に10段なのに、なぜか12段の階段があって、それが条件を満たすと13段になってしまい、とか言う系だろ?」

男「ま、流石に段数が増える階段なんて有名だから、誰でも知ってるよな」

男「で、どの階段がどういうことをすると13段に増えて、何が起こるんだ?」

女「あの、うちの学校の階段って全部さ、14段、なんだけど」

男「」

女【不过那个,打断你不好意思啊…】

男【喔喔,回归正题吧】

女【嗯嗯】

男【就是那个吧,学校里所有楼梯都只有12级台阶,然后在某个时间点走上某个楼梯的就会出现第13级台阶,然后就会发生什么事之类的】

男【基本就是,明明是10级的台阶,不知道为什么会有第12级的台阶在,然后满足某个条件就会出现第13级台阶之类的吧?】

男【嘛,不过像是这种台阶会增加的怪谈挺有名的,谁都知道吧】

男【所以,哪个楼梯要满足什么条件才会变成13级台阶啊,还有那之后发生什么?】

女【那个啊…我们学校的台阶啊……都是14级…的】

男【】

 

353:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 22:50:37.26 ID:sElVl9ODO

男「これはあれか、全部が14段なはずなのに決まった時間に校舎内にいるとほとんどの階段が13段になってしまう」

男「つまり、相対的に見て階段の段数が増えたように錯覚する、と」

男「そしてその14段の階段以外を使ってしまうと死んでしまったり、異世界に取り込まれる」

男「もしくは全部13段になってしまい、時間が経って14段に戻るまでは階段を使ってはいけないとかかな」

男「増える階段は、増えたように見えた時に使えば大丈夫という話だった、みたいな」

男「そういうやつかな、ちょっと焦ってしまったよ」

女「あー、あのさ、この学校の階段が、14段から段数が減るってことは、ないんだよね」

男「」

男【也就是说是那个吧,本应都是14级台阶,但是在某个时间点还呆在教学楼里的话,基本所有台阶都会变成13级吧】

男【也就是说,相对的让别人看到后产生台阶增加了的错觉】

男【或者是所有台阶都变成13级,然后在台阶变回14级前不能使用这个楼梯】

男【增加的那级台阶,在看起来感觉是多了一级的时候使用的话就没关系,这样的】

男【应该就是这回事吧,我都有点急了啊喂…】

女【啊——那个啊…这个学校的台阶呢,从来没有过从14级变成13级的传闻哦】

男【】

 

354:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 22:59:07.94 ID:sElVl9ODO

男「どういうことなんだろう、14段から増える、上り始めたら無限に増え続けて上れない、または下れない状態になるとか?」

男「いや、階段の途中まで来たら段数が増え続けてどちらにも行けなくなる、という蚊帳吊り狸の現代版みたいな話ってことなのか?」

男「黄泉とかけて48段に増えて上り切ると死んでしまうとか、死んだ人と会うことが出来る階段だ、とかそういうことも考えられなくはないな」

女「んー、そういう話じゃなかったと思うけど」

男「確かめに行こう、学校に怪しい噂があるのを放置することは僕たちには出来ないよ」

男「僕たちは、噂が本当に存在してしまうことがあることを、知っているんだから」

女「自分の推理が間違ってただけじゃない、というか私の話をちゃんと聞けば少しはわかることもあったと思うけど」

男【那到底是什么情况啊,从第14级开始台阶变多,无论怎么往上走台阶都会无限增加上不去,然后想要下去也是一样的状况?】

男【不,应该在楼梯上走到一半,台阶开始不断增加,然后不能上也不能下,就好像是现代版的吊蚊帐狸一样?】

男【变成了通往黄泉的48级阶梯,爬到顶的话就会死?或者是可以和死者见面的楼梯?】

女【唔…我觉得不是这样的……】

男【那就让我们去确认下吧,我们可做不到明知自己学校里存在着奇怪的传闻还放着不管】

男【因为我们知道“传闻”是真的存在的】

女【根本就是因为自己的推理全错了,所以才赌气了吧。话说你要是有好好听我说的话,应该能明白些什么…】

 

355:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 23:13:59.80 ID:sElVl9ODO

男「やっぱり、実際に見に行かないとわからないことは多いよ」

女「確かにそうだけれど、だからと言って聞かないでいいということにはならないと思う」

男「これはただの噂じゃないんだ!僕たちの学校の話なんだろ!?」

女「いや、そうだけれど、どうしたのいきなり」

男「僕たちは部外者じゃないんだ!当事者なんだよ!!」

女「推理を思いっきり間違えたのを勢いで誤魔化すつもりですか」

男「不思議なことが存在することを知っている僕たちなら解決出来るかも知れないだろ!」

男「誰かに何かがあってからじゃ遅いんだ!」

男「今までのことで、そんなことは十分に思い知らされたじゃないか!!」

女「そういえば、何人かが増える階段のせいで保健室送りになったらしいよ」」

男「」

女「あの、何かごめんね?」

男「いや、いいんだ、君は何も悪くないじゃないか」

女「その階段、こっちの方だから、ね?」

男「あぁ、早く行こうか」

女「大丈夫?」

男「優しさが痛い」

女「あと、その増える階段って時間指定はないみたいだよ」

男「なぜ追い打ちをするのでしょうか」

女「屋上に向かう階段が増える階段だから、あんまり人は使わないおかげで大した問題にはまだなってないけれど」

男「人は死んではないみたいだな、問題になってないってことは」

女「らしいよ、保健室送りが何人か出た程度、だけど今日起きたことなのに、噂は流れ始めてるよ」

男「それは、マズいかも知れないな」

女「誰かに何かがあってからじゃ遅いもんね」

男「あの、それはやめて下さい、謝るので」

女「冗談だって、ほら、早く行こうよ」

男「あぁ、早く解決しないとな」

男【果然,不亲自己去看看的话不明白的地方太多了呢】

女【是这样没错,但是这不是让你不好好听我说话的理由啊】

男【这个可不是单纯的怪谈啊!这是关于我们学校的事啊!】

女【不是那个意思啦,虽然是这样,男君到底怎么了啦突然就这样…】

男【因为我们不是局外人!我们是当事人啊!!】

女【因为推理完全错了,所以想要借此糊弄过去对吧】

男【如果是知道不思议的事确实存在着的我们的话,说不定能够解决这件事啊!!】

男【如果发生了什么的话就晚了!】

男【我们经历过的那些事,你应该很清楚后果才对!!】

女【话说回来,有好几个人因为增加了的台阶,被送进医务室了哦】

男【】

女【…那个…对不起啊?】

男【不,没事,你又没有做错什么】

女【那个楼梯在这边呢】

男【啊,哦。那快走吧】

女【你没事吗?】

男【不要对我这么温柔,很痛啊!】

女【还有,那个增加了的台阶,好像并不是在指定时间里出现的哦】

男【为什么还要打击我!】

女【因为是通往屋顶的楼梯台阶变多了,不过用的人不是很多,所以也没什么大问题呢】

男【所谓的没什么问题是指没有人死掉吧】

女【貌似是哦,就只有几个人被送进医务室了,这情况是今天才开始发生的,不过传闻已经开始流传起来了】

男【这可能有点不太妙】

女【嗯,有谁出了什么事的话那可就糟了呢~~】

男【那个,我道歉,所以不要在说了…】

女【开玩笑的啦,好啦,快走吧】

男【嗯,要尽早解决这事呢】

 

356:VIP名無しさん[saga sage]: 2011/08/17(水) 23:15:47.87 ID:sElVl9ODO

今日の投下はここまでとなります、お疲れ様でした

この話は投下2回分の構成なので次回には終わります

男くん前回から推理が冴え渡ってて困りますね

ではでは、また日付が変わるあたりに

明日も早めにくると思います

今天就更新到这里,辛苦了

这话是按分两次更新写的,所以下次更新就结束了

男君从上回开始,推理就很冷澈呢,真令人困扰

那么那么,下回见吧

明天应该也会来得比较早

 

357:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 23:16:34.12 ID:7mSs3I4Go

乙です

辛苦

 

358:VIP名無しさん: 2011/08/17(水) 23:26:38.12 ID:/ivEnrsSO

男ェ…

辛苦

男君啊…

 

359:VIP名無しさん(東京都) : 2011/08/17(水) 23:52:16.16 ID:Y8pB1kyFo

乙んぽ

辛苦啦

 

360:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 00:01:16.74 ID:x5JJVsB8o

乙とこェ…

辛苦男君了

 

362:◆SetoseN//M : 2011/08/18(木) 22:19:37.64 ID:XYO+p90DO

今日も来ました

明日から都合により2日間投下出来ません、申し訳ありません

書き上げ次第投下していきます

今天也来了

明天开始有点事,大约2天左右无法投稿,抱歉

那么写完了就发出来

 

363:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 22:28:21.34 ID:XYO+p90DO

男「僕をコケにしやがって…許さないぞ、増える階段め…!」

女「男くんが勝手に自爆してただけじゃない」

男「お湯で増える階段とかやってればいいだろ、あんなの」

女「乾燥食品みたいにはならないと思う」

男「まぁ、冗談はいいとしてさ、実際どうなの?」

女「どうって?」

男「いや、女は増える階段を、どういうやつだと思ってるのかなってさ」

女「何人かが、保健室送りって言ったじゃない?」

男「うん、言ってたね」

女「でも、病院送りでは、ないみたいなんだよ」

男「つまり、大怪我ではない」

女「もしくは外傷はない、とかね」

男「外傷がない方が厄介だったりするんだよな」

女「私達的には大怪我以上の方が楽なんだよね」

男「大怪我は厄介だけどな、それに大怪我以上も二人共喰らったらダメだし」

女「ま、何もないのが1番いいのだよね」

男「保健室送り云々が全部デマだったらいいのにな」

男【可恶的增殖楼梯…!居然把我当傻瓜!!无法原谅!】

女【根本就是男君在自取其辱嘛】

男【用开水去把那个啥增殖楼梯给干掉就行了吧】

女【我觉得不会像干燥食品一样哦】

男【嘛,玩笑就到这,实际上到底是什么?】

女【什么什么?】

男【就是你觉得,那个增殖楼梯到底是个什么东西?】

女【我不是说了有好几个人因为那个楼梯都进医务室了啊】

男【嗯,说了】

女【但是,貌似没有人被送进医院哦】

男【也就是说,伤得都不是很重】

女【或者说是没有外伤之类的吧】

男【我觉得没外伤才更棘手吧】

女【对我们而言重伤以上更轻松呢】

男【重伤是挺麻烦的呢,而且如果是重伤以上的话两个人一起被干掉了那也不行】

女【嘛,还是什么事都没有才最好呢】

男【送进医务室什么的全部都是谣言就好了啊】

 

364:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 22:41:31.10 ID:XYO+p90DO

女「それで、ここの階段なんだけれど」

男「見慣れた階段だよな、屋上に続く階段だ」

女「で、さ、あれだね」

男「あぁ、あれだな」

女「1段とかじゃなくて猛烈に増えてない?」

男「僕にも、そう見えるね」

女「なんか迫力があるよね、もはやホラーだね」

男「最初からホラーだよ」

女「あと、あれじゃない?」

男「あれ、だな」

女「まだ増えてるよね?」

男「まだ増えてるな」

女「すごい迫力、目が離せないって感じだね」

男「あぁ、全然目が離せな、い、ってそうか」

女「わかったの?」

男「とりあえず、これ以上段が増えたとしても絶対に上を向くな」

女「わかった、けど、下を見れないよ?」

男「維持で大丈夫だよ、上を見なければ段は増えない、と思う」

女「思う、なんだ」

男「多分、あれだと思うけど、こんなのとは聞いてなかったからさ」

女「男くんの推理でいいから、教えてよ」

男「とりあえず増える階段を止めるためにさ、言うべき台詞があるから、そっちから教えるよ」

女「わかった」

女【所以,就是这个楼梯】

男【很眼熟呢,一直通往屋顶的楼梯】

女【然后啊,就是那个】

男【哦哦,那个啊】

女【这是不是不止增加了一级,而是一口气增加了许多级?】

男【我也…这么觉得…】

女【总觉得看起来很有气势呢,已经到了灵异的地步】

男【从一开始就是灵异事件啊】

女【还有,是不是那个?】

男【就是那个了吧】

女【是不是又变多了?】

男【又变多了呢】

女【好壮观,我都看呆了要】

男【是啊,我也快看…啊,原来是这样吗?】

女【你明白了?】

男【总之,就算台阶再增加也绝对不要往上看】

女【我知道了,但是看不到下面了哦】

男【保持这样就行了,我觉得只要不抬头往上看,楼梯就不会再增加才对】

女【觉得…吗】

男【大概,应该是那个吧,不过我没听说是这么个形式】

女【男君的推理也可以啦,赶快告诉我啊】

男【在这之前先制止这个增殖的楼梯吧,不过要说台词的,我先告诉你那个好了】

女【明白了】

 

365:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 22:46:46.72 ID:XYO+p90DO

男「じゃあ、せーので言うよ?」

女「いつでもいいよ」

男「せーの」

「「見越した!」」

男【那,我说一二三之后一起说哦?】

女【随时都可以】

男【一,二,三!】

【【看穿你了!】】

 

366:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 22:51:32.61 ID:XYO+p90DO

女「あ、本当に増えた段が消えた」

男「本当にあれだったのか、現代版にバージョンアップしたというか姿を変えてきたのかな」

女「これ、何だったの?」

男「見越し入道だろうね、のびあがりとか別名みたいなのは何個もあるかな」

女「見越し入道?」

男「道にいきなり背が高い人現れてさ、その人は背が高いから見上げるよね?」

女「そうだね」

男「そうすると、いくら見上げても見越せないんだよ、どんどん大きくなるんだ」

女「さっきのと同じように、目は離せなくなるのかな」

男「多分そうだね、それで最終的には見上げ過ぎてひっくり返って気絶する、という話だったと思うけど」

女「あぁ、だから保健室だったんだ」

男「外傷も倒れた時にぶつけた程度だろうし、基本的に貧血とか言われて終わりなんじゃないかな」

女「いきなり階段の段数が増えて、見上げてたら気絶しました」

男「うん、貧血っぽいね」

女「でもさ、階段を見上げてひっくり返るのかな?」

男「どうなんだろうね、自分の真上まで階段がせり上がってくるのかな」

女「見てみたくはあるね」

男「ぜひ写真に収めたいよな」

女【啊,真的,多余的台阶都消失了】

男【真的是那个吗…这该说是升级成了现代版还是该说形式变了呢】

女【所以这到底是什么啊?】

男【应该是见越入道吧,还有几个别名,像是伸长鬼之类的】

女【见越入道?】

男【走在路上如果突然出现一个身高很高的人,因为那个人很高所以不是会抬头往上看的嘛?】

女【是啊】

男【如果你这么做的话,无论你再怎么抬头都看不全那个人,然后那个人会越变越大】

女【就和刚刚一样看呆了?】

男【应该是吧,最后应该是往上看过头了让人翻倒晕过去才对】

女【原来如此,所以才回被送进医务室吗】

男【外伤也是因为晕倒时撞到的吧,基本会被说是贫血吧】

女【突然觉得楼梯的级数变多了,往上看着看着就晕过去了】

男【嗯,很像贫血的症状吧】

女【但是啊,往上看楼梯会让自己翻倒吗?】

男【谁知道呢,可能是台阶一直增加到了自己的头顶上吧】

女【有点想看看了呢】

男【如果有这景象还真想拍下来呢】

 

367:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 22:58:25.67 ID:XYO+p90DO

男「しかし、妖怪も怪談も、話そのままというわけにはいかないみたいだな」

女「今回のは妖怪と怪談が混ざったのかな」

男「混ざる、有り得ないとは言えない、むしろ有って然るべきだろうな」

女「そうなの?」

男「所詮は噂だからね、形が変わったり混ざったりはするだろうさ、それに」

女「それに?」

男「妖怪や怪談だって、昔から形を変え続けてるんだ、知ってる話そのまんま、とはいかないこともあるだろうね」

女「形を変えてるの?」

男「変えてるよ、こういう話は身近じゃないといけないからね」

男「田園や畑、森、川、山など自然が大きく関わる怪談は少ないだろ?」

女「確かに」

男「それに、トイレの怪談も和式から洋式になってから古くなったのもある」

女「赤い紙青い紙とか?」

男「そうそう、花子さんとかはトイレの個室に依存してるから、まだ現役なのかもね」

女「現役とかあるのかな」

男「語られなくなったら、引退だろうさ」

男【不过,妖怪也好怪谈也好,都不会和传闻一模一样呢】

女【这次更像是妖怪和怪谈混在一起的感觉吧】

男【混在一起…不能否定啊,倒不如说完全有可能】

女【是吗?】

男【毕竟是些传闻呢,所以会改变形态或者混杂在一起吧,而且…】

女【而且?】

男【妖怪还有怪谈啊,从古至今一直不断变化着。一定也有不得不改变的例子存在吧】

女【有变化吗?】

男【有啊,这种事如果不是发生在身边的话,就没人会搭理吧?】

男【所以像是田园啊旱地,森林,河,山之类的很靠近大自然的地方怪谈很少吧】

女【确实】

男【而且像是关于厕所的怪谈也从和式变成西式变老(被人忘却)的呢】

女【红色的纸与青色的纸这样的?】

男【嗯,像花子这种因为依存于厕所个室,所以还算是现役的吧】

女【还有现役和不现役的啊?】

男【没人流传的话,可能就引退了吧】

 

368:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 23:06:41.49 ID:XYO+p90DO

男「もっとわかりやすいのだと、不幸の手紙かな」

女「それはまだ聞くと思うけど」

男「不幸の手紙、不幸の電話、不幸のメール、文面の発達に合わせてる気はしない?」

女「言われてみれば」

男「ビデオがDVDになってしまったから恐さが半減してしまったけれど、貞子は現代の怪談の代表みたいなものだろう」

女「あー、昔は絶対ないよね、ビデオが無いもん」

男「だから、怪談とか都市伝説っていうのはベースになる話があって、時代背景を変えて新しくなった、ということもあるってことだよ」

女「それが今回の、増える階段の怪談だったと」

男「微妙なギャグは挟まないでいいです」

女「あ、ごめんなさい」

男「貞子みたいに完全創作もあるんだろうけどね、でも多分、知らない話には出会えないと思うし」

女「知らない話には出会えない?」

男「怪談を聞いたから、その怪談の被害に遭う、よく聞くだろ?」

女「聞くね」

男「だから逆に、知らない話には合わないと思うんだよな、知ると波長が合う、みたいな」

女「それはどうなんだろ、証明は出来ないと思うけど」

男「ま、証明は出来ないさ、1つの意見、僕の持論というわけだな」

男「というか知ってる話だろう、とでも思わないとやってられないじゃない」

女「あ、それはわかる」

男【像是不幸的信更容易理解吧】

女【这个我印象里还听到过别人谈起呢】

男【不幸的信,不幸的电话,不幸的短信,从文字的发展就可以看出与时俱进呢】

女【你这么一说的确是…】

男【还有像贞子,虽然从录像带变成了DVD恐怖感减半了,但依然是算式现代怪谈的代表呢】

女【啊,古代绝对没有呢,因为没有录像带】

男【所以像怪谈或者都市传说这种都是有基础事实的,然后有部分跟着时代不断变化着】

女【这就是本次,不断增加的楼梯的怪谈吗】

男【请不要再插入那个微妙的段子了…】

女【啊,抱歉】

男【也有像是贞子这种完全是人凭空想象出来的吧,不过我觉得大概不太会撞到没听过的怪谈吧】

女【没听过的就不会遇到吗?】

男【像是听说过怪谈之后就遭遇到了怪事,这种事经常能听到吧?】

女【嗯】

男【那反过来,没听过的话会不会就不会遇到呢?知道了的话波长就会合拍这样的感觉】

女【不一定吧,而且这个也无法证明呢】

男【嘛,的确无法证明呢,这只不过是我的一个看法而已】

男【倒不如说要不是听说过的故事的话,就没办法解决了吧】

女【啊,也是啊】

 

369:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 23:13:27.33 ID:XYO+p90DO

男「組み合わせってのも怪談には多かったりするから、大体はパターンからの組み合わせで推理って感じだよな、毎回」

女「組み合わせ、ねぇ」

男「何個かの話で共通することってあるじゃないか」

女「似てる話は確かにあるよね」

男「反対に、狐とか鏡とかの単語の方から起こりそうなことを考えて推理したりさ」

女「それは結構、理由がわかりやすいのじゃないと出来ないね」

男「階段はわかりやすい、はずだったんだけどね」

女「わかりやすくなかったよね」

男「ぶっちゃけ階段である必要は、なかったわけだしな」

女「確かに」

男「この学校の階段が12段だったら普通に違う怪談になってたと思うよ」

女「どうして?」

男「13段階段の話は多いからさ、見越し入道に割り込む余裕はないと思う、ってだけだから確証はないよ」

女「こういう話に確証なんて、持てるわけないよね」

男「しかし、今回のやつは大したことなかったな」

女「そーだねー」

男「半眼はやめて下さい」

女「それじゃ、また明日ね」

男「あぁ、また明日な」

男【像这种组合,在怪谈之中也挺常见的,每次基本上都是靠怪谈的模式来推理组出组合这样的感觉】

女【组合啊…】

男【不是有几个故事都有共通的地方嘛】

女【确实有些故事都挺接近的】

男【反过来,光是靠狐狸或者镜子这种单词引发的事故来推理的话】

女【的确呢,如果不是理由很容易理解的话就推理不出呢】

男【虽然阶梯…应该挺容易理解的…】

女【实际上很搞呢】

男【说实话根本就没必要纠结阶梯嘛!】

女【确实】

男【如果这个学校的楼梯都是12级的话,可能就会成为其他的怪谈了吧】

女【为什么?】

男【因为关于第13级台阶的怪谈很多啊,所以没有什么见越入道可以插入的空余吧。…嗯,我就是这么猜猜的,没什么证据哦】

女【这种事怎么可能会有证据在啊】

男【不过,这次遇到的也不是什么大事呢】

女【是~啊~~】

男【不要半睁着眼!】

女【那,明天见~】

男【嗯,明天见】

 

370:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 23:14:43.91 ID:XYO+p90DO

第8話

女「段数が増える階段だって」 男「十三階段か、有名な話だから知ってるよ」

第8话

女【会变多的台阶…】男【第13级台阶吗,挺有名的故事呢,所以我听过】

 

371:VIP名無しさん[saga sage]: 2011/08/18(木) 23:20:01.80 ID:XYO+p90DO

今日の投下はここまでになります、お疲れ様でした

第8話、いかがでしたでしょうか

男くん語り過ぎですかね

俺の趣味出まくり、という感じでどうか一つ

最初から出まくりか…

※このスレは話のネタを広く公募しております

投下する余裕はありませんが、質問などに対する返レスは出来ます

ではでは、また二日後あたりに

今天就更新到这里了,辛苦了

第8话,大家觉得怎么样呢?

男君的台词太多了呢

我的兴趣完全被暴露了呢的感觉呢…

啊,从一开始就全暴露了呢…

※公开招募能用于本帖的各种点子

没心情再更新文章了,不过有问题的话我可以回答。

那么,两天后再见

 

372:VIP名無しさん: 2011/08/18(木) 23:47:44.75 ID:+pNxhOdDO

こっくりさんとかがはやっちゃってみたいなのを読みたい

辛苦

我想要看关于钱仙的故事

 

373:VIP名無しさん(東海) : 2011/08/19(金) 01:20:23.80 ID:MN/2CajAO

コミケでお盆参りされなくて恨みが募っ幽霊とか

辛苦

因为CM没办法参加盂兰盆节而怨恨的幽灵之类的

 

374:VIP名無しさん: 2011/08/19(金) 02:12:47.45 ID:0JGCtQ7to

>>1がかわいすぎる

辛苦了

>>1好可爱

 

375:VIP名無しさん: 2011/08/19(金) 07:46:11.98 ID:wAfTSzkDO

乙!!

ネタか…そうだねぇ、おいてけ堀現代版なんてのはどうかね?

辛苦!!

段子吗…我想想,置行堀的现代版怎么样?

 

376:VIP名無しさん: 2011/08/19(金) 08:57:00.76 ID:EcjHv9WIO

久しぶりにライトな感じじゃなくてガチホラーが読みたいな。命関わるやつ。

口裂け女とかやったっけ?

想看那种不要太轻松的,要惊险刺激的剧情,性命攸关的那种

口裂女怎么样?

 

377:VIP名無しさん(愛知県) : 2011/08/19(金) 09:14:52.14 ID:r5fvmh/so

女一人を犠牲に怪談を解決した次の日

登校してきた女には顔がなかった

みたいな夢を見た>>1乙

做梦梦到

牺牲了女桑解决了怪谈后的第二天

来学校上课的女桑没有脸

这样的感觉 >>1辛苦了

 

378:VIP名無しさん(チベット自治区) : 2011/08/19(金) 09:42:51.77 ID:GtHt1Q6no

パンツは?ねえパンツはあった?

胖次咧?呐,胖次有吗?

 

379:VIP名無しさん(長屋) : 2011/08/19(金) 13:04:25.66 ID:vRewmBLN0

妖怪はあるけど神関連はまだだねー

虽然关于妖怪的剧情,不过没有关于神的剧情呢

 

380:VIP名無しさん: 2011/08/19(金) 13:47:21.75 ID:TkIBlZSBo

なんかラノベ思い出した

总觉得想起一些轻小说了

 

381:VIP名無しさん: 2011/08/19(金) 17:32:27.17 ID:dbKYjMDIO

そろそろ第一回パンツネタをだなwwww

差不多该到第一回的胖次的段子了吧

 

382:VIP名無しさん: 2011/08/19(金) 23:07:44.82 ID:JWk4iIuIO

パンツパンツ!

胖次!胖次!

 

383:VIP名無しさん(静岡県) : 2011/08/20(土) 00:28:11.40 ID:PGYVs/6R0

凄くおもしろいの。だから

出来るだけガチホラーはやめてw

寝れなくなるぜw

这个文章写得很有意思,所以…

如果可以的话不要写那些很惊悚的故事啦!

我会睡不着的~

 

384:VIP名無しさん(長屋) : 2011/08/20(土) 00:54:09.17 ID:kLLZIDl/0

ガチホラーでもこの男と女なら淡々と解決しそうだな

就算是很惊悚的事件,男和女也一定能很淡定的解决

 

386:◆SetoseN//M : 2011/08/20(土) 01:45:29.41 ID:2Xrm/vXDO

二日間休むって言ったな

ありゃ嘘じゃ

明日は日曜だったから投下出来るわい

というわけで休むのは1日だけでした

ネタありがとうございます

おいてけ掘は盲点でした

ガチホラーは前から考えていますが難しいんですよね

キャラが怖がりませんし

パンツも考えてはいますが思い付かな(ry

神は八百万神的な感じでは出る気はしますが神話方向には多分なりません

神話方向の神が出ると設定の法則が乱れてしまうので

夢見るとかレベル高いですね

>>374の意味がわからなくて困惑してる系

というわけで、また日付が変わるあたりに

明日は9話始めますね

说了要休息两天

那是骗你们的

明天是星期天, 所以会更新

所以,实际上就休息一天而已。

谢谢大家的点子

置行堀没想到过呢

惊悚类的以前考虑过,不过很难写呢。

这两个角色根本不会害怕嘛

关于胖次的剧情我也考虑过了但是想不出(以下略

神的话应该会以八百万神的感觉出场吧,但是不太会往神话那方面写。

神话方面的神出现的话会打乱设定的法则的

梦想什么的很难呢

不知道>>374想表达什么,很困扰呢~

那么,下次再见吧。

明天开始更新第9话

 

387:VIP名無しさん(愛知県) : 2011/08/20(土) 03:18:36.38 ID:wd06H2pBo

>>1!>>1!>>1!>>1ぃぃぃぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!

あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!>>1>>1>>1ぅううぁわぁああああ!!!

>>1!>>1!>>1!>>1咿咿咿呜呜呜呜呜哇啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊唔!!!

啊啊啊啊啊啊…啊啊…啊、啊…!啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!!>>1>>1>>1呜呜呜啊哇啊啊啊啊啊!!!

 

388:VIP名無しさん(不明なsoftbank) : 2011/08/20(土) 03:55:22.07 ID:DHHjD6Hao

ルイズコピペやめろwwwwww

9話期待!全裸待機しておこう

楼上别闹

期待第9话!全裸待机!!!

(ルイズコピペ:最初是由零使路易斯所引发的某种精神疾病,,患者就好像楼上一般,对喜欢的人物发出深井冰般的奇声以及怨念。发病原因多为路易斯,近年来有像患者普通兴趣爱好扩散的趋势。嘛,无聊的可以搜搜“ルイズコピペ” 这个短语,像深井冰一样的长篇文字)

 

389:VIP名無しさん(長屋) : 2011/08/20(土) 05:26:10.39 ID:kLLZIDl/0

・・・・ふぅ

お前ら落ち着けよ見っとも無い

かわいいかわいい>>1ちゃんが困惑してるじゃないかかわいそうに

>>388は風邪引くから靴下ぐらいは履いとけよ?

日本の不思議において神といえば八百万、九十九に十中八九なるからいいと思いますよ

…呼(>>1酱好可爱已撸)

你们冷静点,太难堪了。

这不都让我们无比可爱的>>1酱感到困扰了嘛,1酱好可怜呢~

>>388,全裸的话会感冒的,至少穿双袜子怎么样?

在日本与不思议事件有关系的神,十有八九不是付丧神就是八百万,所以我觉得可行。

 

390:VIP名無しさん(東京都) : 2011/08/20(土) 08:40:49.42 ID:cbtFfylEo

>>374

おまえに>>1は渡さんぞ ゴゴゴ

>>374

才不把1酱交给你呢(撸

 

391:VIP名無しさん(関西地方) : 2011/08/20(土) 19:59:17.30 ID:YhzzdBtO0

おまえらのせいで俺の中で>>1が少女になったじゃないかどうしてくれる

都是因为你们啊!我心中的>>1变成了少女了啊!!!!!

你们怎么赔我啊!!

 

392:VIP名無しさん: 2011/08/20(土) 20:32:27.25 ID:p2ugebUVo

いつから>>1が男だと錯覚していた?

你们什么时候产生了>>1是爷们的错觉了?

 

393:VIP名無しさん: 2011/08/20(土) 23:28:44.79 ID:iYnquJWIO

おまえらアホか。こんなに可愛い>>1が女の子なわけないだろ!?

你们二啊!这么可爱的>>1怎么可能是女孩子啊!!?

 

394:VIP名無しさん: 2011/08/20(土) 23:32:25.14 ID:6IHFVJmBo

えっ?女ってSS書いちゃダメなの?

取り合えず>>1乙です。

诶?妹子就不能写SS吗?

总之>>1辛苦了

 

395:VIP名無しさん(チベット自治区) : 2011/08/21(日) 00:09:53.61 ID:YusMPA450

なんだこの流れはwwwwwww

楼上这群人什么情况啊哈哈哈哈

 

396:VIP名無しさん: 2011/08/21(日) 00:15:37.80 ID:fZ0BppYIO

俺のせいごめん

我的错,对不起

 

397:◆SetoseN//M : 2011/08/21(日) 00:18:44.87 ID:1gENBZIDO

はい、ちゃんと今日も来ました

相変わらずここは流れが予測出来ないスレでつね

※このスレは絶えず話のネタを募集しています

9話のプロット書き直したら投下4回構成になりました

久しぶりの長編(笑)ですね

書き上げ次第投下していきます

今天我也来啦

这里回帖的展开还是和以往一样无法预测呢

※本帖无限期募集可用作写作剧情的提议

重修修改了下第9话的结构,会分成4次更新

很久没有写过长篇了呢(笑)

那么,等码完字了就发上来

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


r13l

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. waox
    waox 发表于: 2015年9月19日 09:34:39

    比lu要持久的r
    笔记笔记

  2. ♿
    发表于: 2015年11月24日 12:22:52

    這是作者不寫了還是r君不翻了還是lu君不搬了?

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年11月24日 12:47:15

      = =看得人太少了,R君不翻了,我也没把目前翻译的全都搬完

      • ♿
        发表于: 2015年11月25日 12:38:08

        明明是清淡又有趣的好故事……還是說大眾果然喜歡看重口的…?

        • lu

          管理员

          lu 发表于: 2015年11月25日 12:41:38

          = =评论太少了R君没动力。。。这个在2chcn那边也是每章只有可怜的几个回复

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部