25Sep

『长篇故事・2ch』关于这一周发生的修罗场(十二)

时间: 2015-9-25 分类: 关于这一周发生的修罗场 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

1:1: 2007/10/12(金) 08:11:05.22 ID:i7GK9dDv0

昨日の夜急展開で再び修羅場が起こりました

一睡もしてませんが、寝ると朝青龍が浮かんでくるので

ここで気を紛らわせることにしました

因为昨天晚上的急展开再次发生了修罗场

虽然一觉都没睡,不过如果睡的话脑子里又会想起朝青龙

于是准备通过在这里发帖发散下心情

 

始まりは2人からの電話でした

事情的开端是两人的电话

 

3: 2007/10/12(金) 08:12:00.11 ID:GmWJPJPxO

はい釣り乙釣り乙

OK钓鱼辛苦了钓鱼辛苦了

 

4:1: 2007/10/12(金) 08:13:30.91 ID:i7GK9dDv0

釣りって言われると思ったwww

我就知道肯定会有人说是钓鱼www

 

コテとかつけてなかったしなぁ

毕竟没有打掩码啊

 

まぁでもこんなことが起こるなんて思わなかったし、

ネタ扱いされてもかまわないww

ただ書きたくなっただけなんだ

うん、それだけ

// –>

嘛,我也没想到会发生这样的事情

就算被当作是编的故事我也无所谓ww

只是想写出来而已

嗯,只是这样

// –>

 

7: 2007/10/12(金) 08:15:49.49 ID:aMvF7vAX0

wktk

心跳不已

 

11:1: 2007/10/12(金) 08:17:46.79 ID:i7GK9dDv0

昨日の電話

昨天的电话

 

まず1人目は彼女さんだった

俺「もしもし?」

彼女「もしもし!?ちょっと困ってるんです!」

俺「ん?何かあった?」

彼女「奥さんが間男にまだ連絡とって来るんです!」

首先第一人是女友桑打来的

我 「喂喂?」

女友「喂喂!?稍微发生了些困扰的事情!」

我 「嗯?发生了什么?」

女友「夫人又来联系情夫了!」

 

俺( ゚д゚)ポカーン

彼女さんが電話の向こう側でまた修羅になってる様子が伺える

我( ゚д゚)哑口无言

能够感受到女友桑在电话的另一侧又变成了修罗

 

彼女「どうにかしてください!」

俺「・・・どうにかって言われても、もうあの人は奥さんじゃないから。離婚したんですよ。」

彼女「そ、そうですか・・・でもこっちも迷惑してるんです・・・」

俺「とりあえずいる場所は知っているので連絡してみますよ。

  でも出来ればもう巻き込まないでいただきたい。」

女友「请您做些什么啊!」

我 「・・・就算你叫我做些什么,那个人已经不是我的妻子了,已经离婚了哦」

女友「是、是这样吗・・・不过我这边也很困扰啊・・・」

我 「总之她现在住的地方我还是知道的,我联系下看看吧

   不过可能的话希望不要再把我卷进来了」

 

彼女「・・・はい・・・すいません・・・」

俺「いえ、とりあえず話をしてみたら連絡します。」

彼女「よろしくお願いします。」

正直朝青龍が何を考えているのか分からなかった

女友「・・・嗯・・・很抱歉・・・」

我 「不,总之我先问一下再联系你」

女友「拜托您了」

说实话真的不明白朝青龙到底在想什么

 

 

 

モンゴルに帰って鬱は治ったのだろうか?

回到蒙古后忧郁症已经治好了吗?

 

13: 2007/10/12(金) 08:18:47.69 ID:MtBdtQBN0

wktkしてるぜ

非常期待着哦

 

14:1: 2007/10/12(金) 08:20:05.18 ID:i7GK9dDv0

そうこう考えていると、上司からも電話が来た

正这么想着的时候,也接到了上司打来的电话

 

内容は仕事のこともあったのだが、

朝青龍が仕事場に来て土下座をして謝ったそうだ

虽然电话里也提到了工作的事情

不过好像说朝青龙去到工作单位下跪了

 

これを聞いてさらに分からなくなった

听到这里后变得更加莫名其妙了

 

朝青龍は何がしたいのだろう?

朝青龙到底想做什么呢?

 

せっかく離婚が成立したって言うのに、こうスパッと終わらないものだろうか

とりあえず朝実家に連絡をとってみた

难得的离婚都已经成立了的说,就这么没完没了吗这破事

总之向朝的娘家联系了看看

 

15: 2007/10/12(金) 08:20:37.68 ID:AEeb5aJlO

朝青龍wktk

朝青龙心跳不已

 

16: 2007/10/12(金) 08:22:45.82 ID:9eq+F/PZ0

報告wktk

报告心跳不已

 

17: 2007/10/12(金) 08:22:59.44 ID:jjH1lAfQ0

朝青龍全くこりてなすwwwwwwwwwww

朝青龙完全没吃够苦头啊wwwwwwwwwwww

 

18:1: 2007/10/12(金) 08:23:48.94 ID:i7GK9dDv0

俺「もしもし?朝青龍いますか?」

朝母「いますけど・・・どうしたんですか?」

俺「・・・ちょっと話が出来てしまって・・・」

我 「喂喂?朝青龙在吗?」

朝母「在是在啦・・・怎么了吗?」

我 「・・・稍微有点事情找她・・・」

 

朝母はちょっと黙るも、わかりました、と言って朝青龍に代わってくれた

朝母稍微沉默一会儿后,回答道我知道了,然后让朝青龙代替接电话

 

朝「・・・もしもし?」

俺「・・・あなた何を考えてるんですか?」

朝「え?なんのこと?」

俺「間男に連絡したり、会社で土下座したことだよ。」

朝「・・・喂喂?」

我「・・・你究竟在想些什么?」

朝「诶?你指什么?」

我「是说你联系情夫,还跑去公司下跪的事情哦」

 

朝青龍は黙ってしまった

鼻息のブモーというのだけが聞こえる

朝青龙沉默了下来

只能听到噗摸的鼻息声

 

俺「・・・まだ間男に未練あるんじゃん。離婚してよかったね。」

朝「ぶおおおおおおおおおおおおん」

我「・・・还对情夫恋恋不舍不是么,跟你离婚真是太好了呢」

朝「噗喔喔喔喔喔喔喔喔喔嗯」

 

また泣き出した

又哭了出来

 

あまりに大きい声だったので耳がキーンとなった

因为声音实在太大都产生耳鸣了

 

電話の後ろで朝両親の声が聞こえた

能够听见电话后面传来了朝父母的声音

 

21: 2007/10/12(金) 08:25:15.02 ID:nOtbVY980

朝青龍ktkr!!!!!11

朝青龙出现了!!!!!!!

 

23:1: 2007/10/12(金) 08:26:30.40 ID:i7GK9dDv0

すると電話で朝父が出た

结果朝父接了电话

 

朝父「もしもし?どうしたんだ?」

朝父「喂喂?发生了什么事吗?」

 

俺は朝父に事情を説明した

朝父は電話の向こうで朝青龍に怒鳴っていた

我向朝父说明了事情的详细

紧接着朝父向电话对面的朝青龙怒吼道

 

朝父「お前は何を考えているんだ!!!

   会社に行くなんて恥の上塗りもいいとこだ!!!

   ましてや間男に連絡をとるなどもってのほかだ!!!」

朝父「你脑子里到底在想些什么东西啊!!

   跑去公司什么的简直是耻上加耻!!!

   还和情夫联系什么的就更加不用说了!!!」

 

また耳がキーンをなった

声音震得又产生了耳鸣

 

朝父の向こうで朝青龍の鳴き声が聞こえる

豚のほうがまだ可愛いよ

能够听见朝父对面朝青龙的鸣叫声

猪的声音还可爱点

 

25: 2007/10/12(金) 08:29:18.06 ID:Fn+h7i9V0

豚の子供はガチで可愛いし、おまけにキレイ好きなんだぞ!

猪崽真的超可爱,而且还很爱干净哦!

 

27:1: 2007/10/12(金) 08:31:04.87 ID:i7GK9dDv0

とりあえず電話じゃ話が聞けないので、朝両親と朝青龍がうちに来ることになった

总之因为在电话里根本说不清楚,朝父母和朝青龙来到家里

 

朝青龍にはもううちの敷居を跨いでほしくなかったんだが、仕方がない

虽然已经不希望朝青龙再次跨入我的家门了,但是没办法

 

このときPM8:00ちょっと前

这个时候大概在PM8:00前一点左右

 

またも1時間半ほどで朝一家は来た

然后这次也是过了一个半小时左右朝一家到达

 

この間といえば、朝母のためにいそいでケーキ屋にいった

時間が遅いのでたいしたものは売ってなかったが、それでも買っていった

我则是趁着这段空闲时间,为了朝母急忙赶到了蛋糕店

虽然因为时间已经很晚已经没什么特别好吃的了,不过还是买了点

 

玄関に入るなり、また朝父が土下座をした

朝母は今にも泣きそうな感じだった

朝青龍はずっと下を向いていた

踏入大门后,朝父又跪了下来

朝母就算现在也是马上要哭出来的感觉

朝青龙则是一直低着头

 

俺「お父さん、やめてください」

我「父亲,请别这样」

 

こういってもやめてくれなかった

思わず声をはりあげてしまった

然而就算这么说也不肯停下

于是忍不住提高了音量

 

俺「お願いですからやめてください!!」

我「拜托了请不要这样!!」

 

俺はそうそう大声なんてださないのでみんなびびってた

因为我很少发出这么大的声音,所以大家都吓了一跳

 

29: 2007/10/12(金) 08:34:43.33 ID:rP3AeBqo0

大変だなお前・・

真是不容易啊・・・

 

30: 2007/10/12(金) 08:35:25.05 ID:zh6RMSnI0

余りにも朝青龍、朝青龍言うからググって画像検索してみたが即行消した

因为老是提到朝青龙,朝青龙于是google了一下图像不过瞬间就点右上角了

 

31:1: 2007/10/12(金) 08:35:40.56 ID:i7GK9dDv0

俺が怒鳴ったことで一気にきまずくなってみんな黙ってしまった

在我怒吼出来后气氛一下变得尴尬起来大家都沉默下去

 

まぁ俺が原因だから仕方ないけど

嘛,毕竟原因在我所以没办法

 

俺「・・・すいません・・・」

朝父「いや、いいんだ。○○君の言葉を無視した私が悪かった」

我 「・・・抱歉・・・」

朝父「不,没事。是无视了○○君的话的我的不好」

 

ここでまたみんな沈黙

在这里大家又陷入沉默

 

俺「・・中に上がってください。」

我「・・・请先进来吧」

 

みんなで中に入った

说着把大家带到里面

 

とてもケーキなんて出せる雰囲気じゃなかった

不是那种能拿得出蛋糕的氛围

 

座ってもみんな黙ったままだった

俺はどうしようか、と考えていたが

第一声をはなったのは朝母だった

就算在坐下后大家也是保持着沉默

我虽然想着该怎么办

不过最先开口的是朝母

 

41:1: 2007/10/12(金) 08:41:12.04 ID:i7GK9dDv0

怒っているような、でもそれでいて穏やかな声だった

虽然有些生气,不过音调还是比较平和的

 

朝母「朝青龍、どうしてあんなことをしたの?」

朝母「朝青龙,为什么做那样的事情」

 

朝青龍は黙っていた

あまりにも長い時間黙っていた

実際は10分ぐらいだが、すごく長く感じられた

朝青龙沉默了下来

沉默地实在是太久

实际上虽然只是过了10分钟左右,但就是感觉时间好长好长

 

朝母「答えなさい!」

朝母「给我回答!」

 

朝母が怒鳴った

多少大きい声を出すことはあっても、本気で怒った言い方なのは

今回が初めてだった。久しぶりに母親特有の怖さを感じた

朝母怒吼了出来

虽然之前也有过大声说话的时候,但从音调中真正感受到怒气

这恐怕还是第一次,好久没感受到这种母亲特有的恐怖了

 

朝青龍は泣かなかった

泣きそうだったが堪えてポツリポツリ話し始めた

朝青龙并没有哭

虽然好像很想哭的样子但还是忍着断断续续地开始讲述起来

 

朝「会社に行ったのは・・・辞めたと聞いて会社の人にも迷惑がかかったと

  思い、謝りに行ってしまった。」

朝「去公司是因为・・・听说了辞职的事情后觉得也给公司的人添麻烦了

  于是去道了歉」

 

これにはあまり怒れなかった

朝青龍が自分なりに考えてしたんだろう

まぁ俺の気持ちとかを考えていたかどうかは分からないが

关于这点倒是不怎么生气

朝青龙也有自己的考虑吧

嘛,有没有考虑我的心情这倒是不知道

 

42: 2007/10/12(金) 08:41:35.35 ID:GmWJPJPxO

VIPでスレ立てするより

上司なり友達なりに相談しろ

比起在VIP发帖

还不如和上司和朋友商量吧

 

48:1: 2007/10/12(金) 08:44:27.29 ID:i7GK9dDv0

スレたててまでやんな、っていう声が多数ありますが、

今回はネタうんぬんよりただの自己満足になってしまうと思う

立ててしまった今何と言っても仕方がないが、

俺が勝手にやってしまったことで、すまなかった

这事情有必要发帖子拿出来说吗,虽然有很多这样的意见

但这次比起想引发关注更多只是我的自我满足吧

虽然帖子都发出来后现在再说什么也没用了

不过这都是我随意做的事情,很抱歉

 

お前らの意見のほうが正しいと思う

でもここで甘えたくなってしまった

すまなかった

我觉得你们的意见是对的

不过还是想在这里倾诉一下

很抱歉

 

俺には友達はあまりいない

まぁ呑み友達とかならいるんだが、相談できる人がいないんだ

上司に相談はしたが、大変だな、ぐらいにしか言われなかった

我并没有太多朋友

嘛,喝酒的朋友倒是有啦,但能聊这种事情的人并没有啊

虽然对上司聊过,但只会给出「真是不容易啊」这种程度的感想

 

その点でも、お前らに頼ってしまったこと、すまなかった

就这一点说也是依靠了你们,很抱歉

 

55: 2007/10/12(金) 08:46:44.31 ID:VcHs7byq0

話の続きがききたい。

あおりを真に受けず続けて。

想听事情的后续

别把那些喷子的话当真请继续吧

 

56: 2007/10/12(金) 08:46:50.88 ID:4auNy8Wt0

>>48

それでいいよ、とっとと続き書けばいいさ

>>48

这样就好,快点写后续就OK

 

58: 2007/10/12(金) 08:46:58.21 ID:YPUt0nNpO

俺は今日は携帯から支援だ

我今天从手机开始支援

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. 某绅士君
    某绅士君 发表于: 2015年9月25日 18:37:03

    诶诶诶诶诶诶诶….朝青龙好屌、

  2. 阿默
    阿默 发表于: 2015年9月25日 20:04:01

    听到1说自己没朋友以后,再联想到之前1的各种应对,莫名地想起了比企谷怎么破

    • 匿名
      匿名 发表于: 2016年1月30日 21:00:35

      你不是一个人!

  3. kyo9112
    kyo9112 发表于: 2015年9月26日 02:02:34

    朝青龙。。。心机B1tch

  4. SINP
    SINP 发表于: 2015年9月26日 13:19:55

    说来不写一下这是part2么=3= 说实话当时看到这里就开始同情1了。那么好的男人滩上这样的烂女人。。。。

  5. kyu
    kyu 发表于: 2019年11月25日 18:20:35

    1真的是个温柔的人,看下来发现尽管是喷子的留言他也认真回复啊……怪不得会做出给朝青龙100W的事情……

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部