29Oct

『短篇创作・2ch』女「这个人,是痴汉!」我「不、不是的! 我是>>5!」(二)

上一章 目录 下一章

 

93: 2015/10/27(火) 20:41:54.399 ID:i3tzIuKG0.net

俺「では、やりましょうか……あっ、ちなみに私は童貞ですので」

女「ま、待ってよ……」

俺「何ですか……セ●クスで『頭が悪い』って事を証明するんじゃないんですか!?」

JK「異議ありっ!!!」

俺「!?」

我   「那么,来做吧……啊,顺带一提我是处男」

女   「等、等一下啊……」

我   「什么啊……不是说好用啪啪啪来证明『脑子不好使』这件事吗!?」

女高中生「我有异议!!!」

我   「!?」

 

94: 2015/10/27(火) 20:42:12.435 ID:BjXgtAZR0.net

カオス

混沌

 

95: 2015/10/27(火) 20:42:51.510 ID:4EOld1iy0.net

>俺「では、やりましょうか……あっ、ちなみに私は童貞ですので」

かっこいい

>我「那么,来做吧……啊,顺带一提我是处男」

 

96: 2015/10/27(火) 20:43:24.099 ID:xsCUSkic0.net

もうそろそろ次の駅に着きそう

感觉差不多要到达下一个车站了

 

97: 2015/10/27(火) 20:43:40.884 ID:u3H3hmh00.net

これは良スレ

这是个好帖

 

99: 2015/10/27(火) 20:44:41.737 ID:i3tzIuKG0.net

JK「セ●クス=頭が悪いとか時代遅れ過ぎなんですけど」

俺「なんだと!? どういう事だ!」

JK「はぁ? じゃあ、セ●クスしてなかったら頭が良いわけ?」

俺「そ、それは……」

JK「だったら、そこらのガキ全員……頭が良いって事になるわね!」

俺「ぐわぁぁああああ!」

おっさん「おいおい……しっかりしてくれよ。こっちは既にパン一なんだぜ」

女高中生「啪啪啪=脑子不好使什么的已经太过时了」

我   「你说什么!? 怎么回事啊!」

女高中生「哈啊? 那么,你想说没啪啪啪过脑子就聪明?」

我   「那、那个是……」

女高中生「如果是那样的话,那边的小屁孩们……都相当于是脑袋聪明了对吧!」

我   「呃啊啊啊啊啊啊啊」

大叔  「喂喂……振作起来哦。我这边都脱的只剩内裤了哦」

 

100: 2015/10/27(火) 20:46:41.079 ID:i3tzIuKG0.net

俺「ど、どうすれば……」

東大生「僕にお任せ下さい」

JK「何よ」

東大生「ソースは?」

JK「はぁ? なにいきなりタレの話してんの? 意味わかんないんだけど」

東大生「やれやれ……これだから頭が悪いJKは……」

我   「该、该怎么办才……」

东大生 「交给我吧」

女高中生「什么啊」

东大生 「Source(来源)是?」

女高中生「哈啊?  突然说些什么外来语啊? 意义不明哦」

东大生 「真是的真是的……所以才说脑子不好使的女高中生真是……」

 

102: 2015/10/27(火) 20:48:03.068 ID:4lftbWQb0.net

この東大生ひろゆきじゃね

这个东大生是西村博之吧

(lu:西村博之是2ch的创办者&初代管理员)

 

103: 2015/10/27(火) 20:51:10.241 ID:i3tzIuKG0.net

JK「誰が頭が悪いって!?」

東大生「あなたですよ。違いますか? 大学に進学はしますか? だいたいどこの高校です?」

JK「ぐっ……た、確かにアタシは頭は悪いけど、今は関係ないじゃない!」

東大生「いいえ、ありますよ……もし、あなたが非処女ならば、彼が言った事は正しいという事になる!」

女高中生「你说谁脑子不好使!?」

东大生 「就是你哦,有说错吗? 你准备考大学吗? 退一步说是哪里的高中?」

女高中生「呜……我、我的脑子确实不太好啦,但这跟现在这个没关系不是吗!」

东大生 「不,有关系哦……如果,你不是处女的话,就证明了他所说的是正确的!」

 

おっさん「そうか……?」

俺「た、確かに! そうです! そうですよ!」

おっさん「うん、そうだな!」

大叔「是吗……?」

我 「确、确实! 是这样! 是这样没错!」

大叔「嗯,是这样呢!」

 

104: 2015/10/27(火) 20:53:31.310 ID:J3iNwcmX0.net

有能すぎはよ

太有才了速度

 

105: 2015/10/27(火) 20:54:06.871 ID:i3tzIuKG0.net

JK「い、意味分かんない!」

東大生「だったら、処女なんですか!? ええっ!?」

JK「しょ、処女よ! 私は処女よ! ど、どう!? 思い知ったかしら!」

東大生「まだ、証拠としては甘いです! ちゃんと出身校と姓名を言ってから!」

女高中生「意、意义不明!」

东大生 「那么,你是处女吗!? 啊啊!?」

女高中生「是、是处女啦! 我是处女哦! 怎、怎样!? 知道厉害了吧!」

东大生 「还不够,作为证据太不足了! 好好说出身校和姓名!」

 

JK「○○高校2年……名前は○○○○……正真正銘の処女JKよ!」

おっさん「ヒュー!」

俺「イエス!」●REC

女高中生「○○高中二年级……名字是○○○○……是货真价实的处女JK哦!」

大叔  「吼!」

我   「YES!」●REC

 

107: 2015/10/27(火) 20:58:24.244 ID:i3tzIuKG0.net

JK「こ、これでアンタの負けね」

東大生「いいえ……やっぱり頭が悪い……君が処女だという事を証明しない限り、今の証言に意味は無い!」

JK「意味が無いですって!?」

おっさん「いんや! おっちゃんには意味がある! さっきの発言だけで今夜は3発はイケる!」

女高中生「这、这样一来就是你输了呢」

东大生 「不……果然脑子不好使……如果没办法证明你是处女的话,刚才的证言将毫无意义!」

女高中生「你说毫无意义!?」

大叔  「不! 对大叔来说有意义! 光是刚才那句话就已经足够我今晚撸三炮了!」

 

女「これじゃ、また振り出しじゃない……! そして影の薄くなった私……!」

俺「俺もだ……!」

おっさん「おっちゃんも最近はめっきり薄くなってしまったわ……朝、枕を見ると泣けてくる……」

女 「这样一来,又回到原点了不是吗……! 然后存在感变薄弱的我……!」

我 「我也是……!」

大叔「大叔也是最近变秃了呢……早上,看见枕头就会哭出来……」

 

108: 2015/10/27(火) 21:01:38.672 ID:i3tzIuKG0.net

東大生「さぁ、処女だと証明する為に僕とセ●クスを!」

JK「か、顔がタイプじゃない!」

東大生「そ、そんな……! くっ……だったら僕はカメラマンでも汁男優でもいい!」

東大生「さぁ、あなたの出番です! 僕は汁男優でもお●ぱい揉み係でもいいので!」

东大生 「撒~为了证明你是处女和我啪啪啪吧!」

女高中生「长、长相不是我喜欢的类型!」

东大生 「怎、怎么这样……! 呃……那我就算是摄影师或汁男优也OK!」

东大生 「撒,轮到你出场了! 我就算是汁男优也好揉欧派的角色也罢都是可以的!」

 

俺「お、俺が……」

JK「い、いやよ!」

女「お願い……私の為だと思って……!」

我   「我、我……」

女高中生「不、不要!」

女   「拜托……就当作是为了我……!」

 

109: 2015/10/27(火) 21:03:03.823 ID:HhOXK2Vd0.net

証明するためにセクロスをする!

为了证明而啪啪啪!

 

なんという乱れた社会だ!最高だ!

多么浪荡的社会!棒极了!

 

110: 2015/10/27(火) 21:03:33.694 ID:i3tzIuKG0.net

俺「無理だ!」

JK「えっ……」

俺「俺は……俺の初めては……この人に捧げたいんだ!」

女「えっ……///」

我   「办不到!」

女高中生「诶……」

我   「我……我的第一次……想要献给这个人!」

女   「诶……///」

 

おっちゃん「やれやれ……やっと言ったな……」

俺「好きです! 俺と結婚して下さい!」

女「そ、そんな急に……」

大叔「真是的真是的……总算是说出来了呢……」

我 「喜欢你! 请和我结婚!」

女 「就、就算你突然这么说……」

 

111: 2015/10/27(火) 21:05:09.177 ID:i3tzIuKG0.net

JK「騙されないで!」

女「はっ……! そ、そうよ! あやうく騙される所だったわ」

俺「ちっ……いい流れだったのに……!」

おっさん「敵も少しはやるようだな……!」

東大生「ええ……」

女高中生「不要被骗了!」

女   「哈啊……! 对、对哦! 差一点就被骗到了」

我   「切……明明是个不错的发展的说……!」

大叔  「敌人也很能干的样子呢……!」

东大生 「诶诶……」

 

112: 2015/10/27(火) 21:07:39.443 ID:i3tzIuKG0.net

なんの話だったか忘れてもうた

讲的是什么已经忘掉了

 

113: 2015/10/27(火) 21:08:24.128 ID:r6HNxxId0.net

がんばれ

加油

 

114: 2015/10/27(火) 21:09:57.072 ID:HhOXK2Vd0.net

痴漢から純愛に発展するなんて

从痴汉到纯爱的发展

 

115: 2015/10/27(火) 21:10:55.450 ID:/Wbb7jSda.net

>>114

痴漢じゃないってことを今証明してんだろ

>>114

现在正在证明不是痴汉这件事吧

 

116: 2015/10/27(火) 21:11:50.009 ID:i3tzIuKG0.net

俺「この際、なんだっていい! セ●クスさえできれば!」

女「ついに正体を現したわね! この痴漢!」

俺「痴漢だと……まだそんな事言ってるのか……俺の事を!」

我「在这种情况下,已经怎样都好了! 只要能啪啪啪的话!」

女「终于露出真面目了呢! 你这个痴汉!」

我「竟然说痴汉……还在说这样的事吗……对我!」

 

JK「ま、まさか!」

東大生「そ、そんな!」

おっさん「ま、まじか……!」(何だろう……)

女高中生「该、该不会!」

东大生 「怎、怎么会!」

大叔  「真、真的吗!……!」(怎么回事啊……)

 

俺「フハハ……吾輩は痴漢では無い! >>118だ!」

我「呼哈哈……吾辈并不是痴汉! 是>>118!」

 

118: 2015/10/27(火) 21:12:47.933 ID:x2MmZvPp0.net

魔王

魔王

 

122: 2015/10/27(火) 21:13:30.396 ID:Rc1xQApo0.net

ワロタ

笑了

 

121: 2015/10/27(火) 21:13:26.185 ID:l7rvoTWc0.net

おっさん全く相手にされてなくてワロタ

大叔完全没人理笑了

 

123: 2015/10/27(火) 21:14:41.330 ID:lhn7Qv3o0.net

どうするんだこれ

该怎么办啊这个

 


lu:抱歉各位,突然有件紧急的事情,现在要马上从深圳出发去惠州

  今天的两篇长篇故事恐怕是来不及更新了,给追更的朋友道声歉(´・ω・`)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 10 条精彩评论

  1. V酱
    V酱 发表于: 2015年10月29日 09:40:09

    辛苦了,休息保重身体

    • V酱
      V酱 发表于: 2015年10月29日 09:41:10

      注意保重身体

  2. apple
    apple 发表于: 2015年10月29日 10:44:33

    辛苦了

  3. 匿名
    匿名 发表于: 2015年10月29日 11:02:04

    什么鬼

  4. 风林火山
    风林火山 发表于: 2015年10月29日 11:07:06

    哈哈好丧心病狂

  5. __过着
    __过着 发表于: 2015年10月29日 11:57:46

    这展开完全无法预料啊!

  6. Sin
    Sin 发表于: 2015年10月29日 13:30:43

    这东大生只是单纯想啪啪啪而已吧

  7. mia
    mia 发表于: 2015年10月29日 14:01:27

    这就是死宅的脑内世界么,真可怕

  8. 匿名
    匿名 发表于: 2015年10月29日 15:19:18

    脑洞太大

  9. 娇软萌萝吾之爱
    娇软萌萝吾之爱 发表于: 2015年10月30日 07:46:39

    魔王……终于脑洞已经开始跨越次元了吗?

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部