30Oct

『短篇创作・2ch』女「这个人,是痴汉!」我「不、不是的! 我是>>5!」(三)

上一章 目录 下一章

 

125: 2015/10/27(火) 21:18:14.840 ID:i3tzIuKG0.net

女「ま、魔王!? 何、訳の分かんない事を言っているの!?」

JK「ま、魔王……やっぱり……魔王だったのね!」

東大生「このオーラ……魔王ティカン・カツ・トウサツ・ハーン13世に違いない……!」

おっさん「や、やっぱりな! おっちゃんは初めから気付いてたけどな!」

俺「……」

女「ほ、本当に魔王だというの!? ティカン・カツ・トウサツ・ハーン13世なの!?」

俺「ククク……そうだ……! なんとか13世ではないけどな……なんだそれは……」

女   「魔、魔王!? 你、你在说什么莫名其妙的话啊?」

女高中生「魔、魔王……果然……是魔王对吧!」

东大生 「这个气场……没错,一定是魔王痴汉・兼・偷拍・狂魔13世没错……!」

大叔  「果、果然吧! 大叔可是从一开始就注意到了哦!」

我   「……」

女   「真、真的是魔王吗!? 是痴汉・兼・偷拍・狂魔13世吗!?」

我   「呵呵呵……没错……! 虽然不是什么什么13世啦……什么啦那是……」

 

126: 2015/10/27(火) 21:20:42.085 ID:HhOXK2Vd0.net

東大生は敵なのか味方なのかwww

东大生究竟是敌人还是同伴啊www

 

127: 2015/10/27(火) 21:20:48.501 ID:i3tzIuKG0.net

女「あ、あなた……!」

俺「どうした……恐ろしいいか……!」

女「恥ずかしくないのか!」

俺「えっ……」

女「你、你这个人……!」

我「怎么了……感到害怕了吗……!」

女「不觉得害臊吗!」

我「诶……」

 

女「魔王だというのに……分身魔法まで使って……盗撮や痴漢なんかして!」

俺「お、おい……なんだ!?」

女「私をただのOLだと思ったら大間違いだ! 私は……」

俺「まさか!?」

女「私は>>129だ!」

女「明明是魔王……却连分身魔法都用上……做着偷拍和痴汉行为什么的!」

我「喂、喂……什么啊!?」

女「以为我是单纯的白领那就大错特错了哦! 我是……」

我「难不成!?」

女「我是>>129!」

 

128: 2015/10/27(火) 21:21:15.506 ID:G+szf29s0.net

嘘バレバレじゃねーか!

撒的谎已经不能再明显了不是吗!

 

129: 2015/10/27(火) 21:21:28.781 ID:TGZThvQY0.net

mannko

baoyu

(lu:此处的鲍鱼是隐语,指的那个部位,你懂的)

 

131: 2015/10/27(火) 21:23:10.698 ID:Y6T+Uis90.net

なんだmannkoか

什么啊,是baoyu吗

 

132: 2015/10/27(火) 21:26:59.875 ID:i3tzIuKG0.net

東大生「ま~ん(笑)」

おっさん「ま、ま~ん?」

JK「サイテー。そう言う事言う奴嫌い」

おっさん「ち、違うぞ! おっちゃんは便乗しただけだ!」

おっさん「あと、途中から関西弁で話したいジレンマがあったけど」

おっさん「なんとかここまで初期設定を守った来たけど、やっぱ関西弁で話させてや! よろしゅう!」

东大生 「鲍~(笑)」

大叔  「鲍、鲍~?」

女高中生「烂透了。我讨厌说这种话的人」

大叔  「不、不是啦! 大叔只是搭顺风车而已啦!」

大叔  「另外,从中途开始有种想用关西腔的纠结心情」

大叔  「虽然总算是维持着初期设定走到了这一步,

     果然还是让我用关西腔说话吧! 多指教!」

 

俺「mannko……マ●コだと……どういう事だ……?」

我「baoyu……你说鲍鱼……怎么回事啊……?」

 

女「mannko……つまり……>>135という事よ……!」

女「baoyu……也就是……>>135啦……!」

 

133: 2015/10/27(火) 21:28:01.510 ID:V6GU08Vw0.net

処女

处女

 

134: 2015/10/27(火) 21:28:12.319 ID:H6yHZzA10.net

魔王に匹敵する頭の悪さを持った女

脑子差到可以跟魔王比肩的女人

 

135: 2015/10/27(火) 21:28:24.897 ID:FbA1zQr90.net

かす

渣滓

 

138: 2015/10/27(火) 21:28:34.738 ID:x2MmZvPp0.net

最強の生命体

最强的生命体

 

139: 2015/10/27(火) 21:31:46.963 ID:i3tzIuKG0.net

俺「カスだと……?」

女「そうよ……私なんてどうせ……カスなのよ……マンカスOLよ!」

俺「ま、待て! 落ち着きなさい!」

おっさん「せやで……泣いとるやないかい……綺麗な顔が台無しやで」

我 「你说渣滓……?」

女 「是啊……反正我就是……渣滓啦……阴垢白领啦!」

我 「等、等一下! 冷静下来!」

大叔「没错……也不至于哭不是嘛……漂亮的脸蛋都白费了」

 

女「グスッ……」

JK「話してみてよ。何があったのさ?」

東大生「僕らでよければいくらでも聞きますよ」

女   「呜……」

女高中生「说一下看看啦,发生了什么啊?」

东大生 「如果我们可以的话不管多少都会听你说的哦」

 

140: 2015/10/27(火) 21:32:23.035 ID:/Wbb7jSda.net

優しいなみんな

真温柔啊大家

 

141: 2015/10/27(火) 21:33:11.297 ID:CYYUTbNr0.net

こいつらいつまで電車乗ってんだwww

这些家伙打算坐电车坐到什么时候啊www

 

142: 2015/10/27(火) 21:34:08.299 ID:i3tzIuKG0.net

OL「本当? 私の悩み聞いてくれる……?」

俺「ええ……初めからそのつもりで痴漢しましたし」

OL「……」

俺「いえ……嘘です……あっ……痴漢したっていうのも嘘ですよ!」

白领「真的吗?真的肯听我的烦恼……?」

我 「啊啊……从一开始就是这个打算才做的痴汉行为」

白领「……」

我 「啊不……骗人的……啊……说做了痴汉行为也是骗人的!」

 

おっさん「ま、魔王っていうのはどうなんや……!?」

俺「嘘です……すみません」

おっさん「ホッ……」

大叔「魔、魔王那个又是怎样……!?」

我 「是骗人的……对不起」

大叔「呼……」

 

144: 2015/10/27(火) 21:36:44.893 ID:i3tzIuKG0.net

俺「さあ、悩みを言って下さい。それでスッキリできるなら」

JK「恥ずかしがらずに……ね?」

おっさん「どうせ今日だけの関係や!」

女「はい……」

我   「撒,来说一下你的烦恼吧,这样就能轻松下来了」

女高中生「亏你能恬不知耻的……呐?」

大叔  「反正只是今天的关系而已!」

女   「是……」

 

女「実は……>>157」

女「其实是……>>157」

 

145: 2015/10/27(火) 21:37:03.938 ID:eYOKuXRMr.net

さあどうなるか

撒,会变成怎样呢

 

146: 2015/10/27(火) 21:37:13.363 ID:YTJHYRr00.net

痴漢されたんです…

被痴汉了……

 

156: 2015/10/27(火) 21:39:14.852 ID:FbA1zQr90.net

おち●ぽしゅごいのおおおおおおおおおおおおお

小JJ好厉害啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊

 

157: 2015/10/27(火) 21:39:16.782 ID:jCkvLPqn0.net

オッサンに犯された

被大叔侵犯了

 

161: 2015/10/27(火) 21:40:07.493 ID:/Wbb7jSda.net

おっさんひでええええ

大叔好过分啊啊啊啊啊

 

162: 2015/10/27(火) 21:40:43.851 ID:eYOKuXRMr.net

おっさんかよww

是大叔么ww

 

163: 2015/10/27(火) 21:41:04.158 ID:HhOXK2Vd0.net

おっさん黒幕だった

大叔是黑幕

 

164: 2015/10/27(火) 21:41:36.361 ID:i3tzIuKG0.net

俺「なんだって!?」

JK「ほ、本当なの!?」

女「本当よ……!」

おっさん「……」

我   「你说什么!?」

女高中生「是、是真的吗!?」

女   「是真的啦……!」

大叔  「……」

 

東大生「あんたって人は……!」

おっさん「そうや……おっちゃんはレ●プ犯や……痴漢の兄ちゃん」

俺「この……犯罪者め……!!!」

东大生「你这人真是……!」

大叔 「没错……大叔是强●魔哦……痴汉小哥」

我  「你这个……犯罪者……!!!」

 

165: 2015/10/27(火) 21:42:34.073 ID:/Wbb7jSda.net

お前も犯罪者だろ

你也是犯罪者吧

 

166: 2015/10/27(火) 21:42:52.224 ID:GWLvizw10.net

犯すとレ●プは同義じゃないぜ

侵犯和强●并不同意哦

 

167: 2015/10/27(火) 21:45:07.258 ID:i3tzIuKG0.net

おっさん「今日は命令して痴漢されるように仕向けたんやけどな……」

俺「だ、だからこれみよがしに……パツンパツンのお尻をふりふりしていたのか!?」

JK「それならダーリンが痴漢するのも仕方ないじゃない……!」

東大生「ダーリン……?」

大叔  「今天是因为命令她才摆出容易遭到痴汉的姿势的……」

我   「所、所以才卖弄着这个……一弹一弹地摇摆着屁股的吗!?」

女高中生「如果是这样的话达令做出痴汉行为也是没办法的不是吗……!」

东大生 「达令……?」

 

JK「///」

おっさん「そのままグチュグチュになった所を駅のトイレでまたレ●プする筈やったのに……」

女「……」

女高中生「///」

大叔  「明明应该就这样在变得湿湿滑滑的时候

     直接带到车站的洗手间再强●一次才对……」

女   「……」

 

168: 2015/10/27(火) 21:47:28.967 ID:CwBGZaZx0.net

おい、JK

喂,女高中生

 

169: 2015/10/27(火) 21:47:33.613 ID:qiyxiEZt0.net

まさかの胸糞展開

没想到的恶心展开

 

170: 2015/10/27(火) 21:48:59.601 ID:i3tzIuKG0.net

おっさん「このアマ! いきなり痴漢ですって叫びよってからに!」

女「きゃっ!」

おっさん「台本にない事をしよって! おっちゃんがレ●プ犯だとバレてしまったやないか!」

俺「やめろ!」

大叔「这个臭婆娘! 就是因为你突然叫什么痴汉!」

女 「呀!」

大叔「做这种剧本上没有的事情! 这样大叔是强●魔这件事都被暴露出来了不是吗!」

我 「快停下!」

 

おっさん「なんや? やる気か? わしはレ●プ柔道十段やで」

俺「それがどうした……!」

おっさん「兄ちゃんが魔王じゃないって事は分かったんや……凄んでも怖くないで!」

大叔「什么啊? 想打架吗? 寡人可是强●柔道十段哦」

我 「那又如何……!」

大叔「毕竟知道小哥你不是魔王了……虽然很厉害但我不怕哦!」

 

171: 2015/10/27(火) 21:49:38.974 ID:/Wbb7jSda.net

レ●プ柔道って何

强●柔道是什么

 

172: 2015/10/27(火) 21:50:23.143 ID:JP2OuTl10.net

レ●プ柔道ってなんや…

强●柔道是什么啦…

 

173: 2015/10/27(火) 21:51:14.145 ID:EJpOfatN0.net

俺もレ●プ柔道覚えたいわ

我也想学强●柔道

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 10 条精彩评论

  1. 111
    111 发表于: 2015年10月30日 14:07:06

    哈哈哈全程槽点多多啊

  2. apple
    apple 发表于: 2015年10月30日 14:23:59

    哈哈哈,岛民的吐槽也很萌啊

    • 匿名
      匿名 发表于: 2015年10月30日 14:34:55

      槽点太多都不知道该往哪吐了

  3. BB
    BB 发表于: 2015年10月30日 14:41:51

    大叔没想到你是这种人!

  4. 幼女最高
    幼女最高 发表于: 2015年10月30日 14:49:07

    这个犯罪者

    • 蛋黄派
      蛋黄派 发表于: 2015年10月30日 14:53:17

      昵称……

    • 匿名
      匿名 发表于: 2015年10月30日 16:29:43

      你个犯罪者预备军在说什么呢

    • 姐控最高
      姐控最高 发表于: 2015年11月2日 15:41:09

      蛤蛤蛤蛤

  5. rrr
    rrr 发表于: 2015年10月30日 14:54:22

    125的大叔,我,和女人的台词串了….

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年10月30日 14:58:25

      感谢指出,已更正!

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部