31Oct

『短篇创作・2ch』女「这个人,是痴汉!」我「不、不是的! 我是>>5!」(四)

上一章 目录 下一章

 

174: 2015/10/27(火) 21:52:04.336 ID:i3tzIuKG0.net

俺「ああ……確かに俺は魔王じゃない……」

おっさん「せやろ! ガハハ! ただのガキやで!」

俺「だが……!」

バキッ!

我 「啊啊……我确实不是魔王……」

大叔「对吧! 嘎哈哈! 就是单纯的小鬼而已!」

我 「但是……!」

吧唧!

 

おっさん「がっ!? う、後ろに!?」

俺「俺は『分身能力』の能力者! ただのガキではない!」

東大生「やはり能力者だったのか……あの盗撮トリック……何がしたかったのかよく分からなかったが……」

JK「こういう事だったのね……!」

大叔  「啊!? 在、在后边!?」

我   「我是『分身能力』的能力者! 并不是单纯的小鬼!」

东大生 「果然是能力者吗……那个偷拍的把戏……难怪不知道做了什么……」

女高中生「是这么一回事啊……!」

 

179: 2015/10/27(火) 21:53:40.262 ID:H6yHZzA10.net

あっ俺と同じ能力持ってんじゃん

啊,这不是跟我有同样的能力吗

 

181: 2015/10/27(火) 21:54:11.ウ●コ ID:i3tzIuKG0.net

おっさん「いでで……まさか能力者やったとは……」

俺「浅かったか!」

おっさん「おっちゃんがレ●プ柔道だけでレ●プしてきたと思いなさんなや」

俺「なにっ!?」

大叔「好痛……真没想到竟然会是能力者……」

我 「下手不够重吗!」

大叔「不要以为大叔只靠强●柔道就能一路强●过来哦」

我 「纳尼!?」

 

女「気をつけて」

おっさん「わしも能力者や……」にぃ

俺「!?」

おっさん「これがわしの能力……>>185やでぇ!」

女 「小心」

大叔「我也是能力者哦……」(坏笑

我 「!?」

大叔「这就是我的能力……>>185哦!」

 

182: 2015/10/27(火) 21:54:52.269 ID:FbA1zQr90.net

男を絶対イかす

绝对让男的升天

 

183: 2015/10/27(火) 21:54:55.286 ID:x2MmZvPp0.net

チ●コが聖剣になる

小JJ变成圣剑

 

184: 2015/10/27(火) 21:55:01.736 ID:BadHK08I0.net

天鎖斬月

天锁斩月

 

185: 2015/10/27(火) 21:55:02.099 ID:ie4xLRCk0.net

洗脳

洗脑

 

195: 2015/10/27(火) 21:55:57.459 ID:EJpOfatN0.net

洗脳能力持ちのレ●プ犯とか最強じゃねぇか

有洗脑能力的强●魔什么的已经最强了不是么

 

196: 2015/10/27(火) 21:56:24.183 ID:EE0rdCZk0.net

辻褄合ったな

一切都说得通了呢

 

197: 2015/10/27(火) 21:56:53.816 ID:9ZAm8Ou70.net

レ●プ柔道ww

强●柔道ww

 

198: 2015/10/27(火) 21:58:30.426 ID:i3tzIuKG0.net

俺「まずいっ!」

JK「きゃあああ!」

俺「……俺じゃないのか!?」

おっさん「女にしか効かんのが玉に瑕やけどな……!」

我   「不好!」

女高中生「呀啊啊啊啊」

我   「……不是对我吗!?」

大叔  「美中不足的是只对女人有效呢……!」

 

JK「……」

東大生「卑怯な……!」

おっさん「お嬢ちゃん……>>201や!」

JK「はい……」

女高中生「……」

东大生 「真是卑鄙……!」

大叔  「小姑娘……>>201!」

女高中生「好的……」

 

199: 2015/10/27(火) 21:58:54.208 ID:BadHK08I0.net

はっぱカッター

叶子剪刀

 

200: 2015/10/27(火) 21:58:57.751 ID:Za3RuI+B0.net

おっちゃん殴る

揍大叔

 

201: 2015/10/27(火) 21:59:16.518 ID:H6yHZzA10.net

俺を殺すん

杀『我』(ore)

(lu:这里的ore(我)是主角对自己的称呼,一般也是普通男子对自己的称呼

   然后大叔对自己的称呼是washi,一般是那种有一定年纪的人才会用)

 

205: 2015/10/27(火) 21:59:48.202 ID:FbA1zQr90.net

>>201

流石やで

>>201

干得好

 

208: 2015/10/27(火) 22:01:58.995 ID:HhOXK2Vd0.net

さて、俺さん死亡か、それとも、おっさん死亡か

那么,接下来是『我』桑死亡呢,还是大叔死亡呢

 

209: 2015/10/27(火) 22:02:35.744 ID:i3tzIuKG0.net

JK「はい、ご主人様」

グギギ

女高中生「好的,主人」

咔咔咔

 

おっさん「うげげ……ちゃ、ちゃう! 俺ってワシちゃうわ!」

JK「?」

おっさん「あの兄ちゃんの事に決まっとるやろ! ワシは自分の事、ワシかおっちゃんって言ってやろ!」

JK「……」

大叔  「呜呃呃……不、不是! 『我(ore)』指的不是我(washi)!」

女高中生「?」

大叔  「当然是指那个小哥啦! 我称呼自己,一般都会说washi或大叔吧!」

女高中生「……」

 

おっさん「俺を殺すんや……いや……この俺ってのは……兄ちゃんの事でな……」

おっさん「せや!」

おっさん「あの兄ちゃんを殺すんや!」

JK「はい」

大叔  「要杀掉『我』……不……这个『我』(ore)指的是……那个小哥啦……」

大叔  「没错!」

大叔  「杀掉那个小哥!」

女高中生「好」

 

210: 2015/10/27(火) 22:03:28.035 ID:qSGrJeuea.net

うまくまとめてわろた

理的还挺顺的笑了

 

211: 2015/10/27(火) 22:03:32.126 ID:W8buhD+P0.net

面白い

有意思

 

215: 2015/10/27(火) 22:04:03.189 ID:EE0rdCZk0.net

何故…『俺』という名を知っている…?

为什么…会知道『我』的名字…?

 

216: 2015/10/27(火) 22:05:41.930 ID:i3tzIuKG0.net

俺「くっ……どうすれば……!」

JK「ご主人様……どうやって殺せば?」

おっさん「そんなもん任せるわ! どうせ兄ちゃんは女を殴れんタイプや!」

俺「ど、どうやって殺すつもりだ!」

JK「ダーリン……>>220で殺す!」

我   「呜……到底该怎么办……!」

女高中生「主人……要怎么杀掉呢?」

大叔  「这种事情就交给你了! 反正那小哥肯定是没办法对女人动手的类型吧!」

我   「打、打算怎么杀我啊!」

女高中生「达令……用>>220杀掉!」

 

217: 2015/10/27(火) 22:06:17.190 ID:XxCHo3Ry0.net

せ●くす

啪啪啪

 

220: 2015/10/27(火) 22:06:26.345 ID:EE0rdCZk0.net

オッサンと共倒れ

和大叔同归于尽

 

222: 2015/10/27(火) 22:06:31.719 ID:EE0rdCZk0.net

オッサンと共倒れ

和大叔同归于尽

 

226: 2015/10/27(火) 22:07:51.496 ID:jCkvLPqn0.net

このJKほんとは洗脳されてないんじゃねwwwwwwwww

这个女高中生其实没被洗脑吧wwwwwwwwwwwww

 

227: 2015/10/27(火) 22:09:51.172 ID:HhOXK2Vd0.net

JKは洗脳されない能力(能力キャンセラー)の持ち主に違いない

女高中生一定是不被洗脑的能力(能力消除者)的持有者没错

 

230: 2015/10/27(火) 22:10:36.293 ID:i3tzIuKG0.net

おっさん「へ……?」

ふわり……!

大叔「诶……?」

飘起……!

 

東大生「あ、あれは……レ●プ柔術奥義の一つ……レ●プ一本背負い!」

JK「せやぁぁああああ!」

おっさん「あ、ありえへん! うわぁぁああああ!」

ドスン!

东大生 「那、那个是……强●柔术奥义中的一个……强●过肩摔!」

女高中生「喝啊啊啊啊啊!」

大叔  「不、不可能! 呜哇啊啊啊啊!」

咚!

 

俺「うぎゃっ!」

女「おっさんを投げて彼を殺そうとしたのね……!」

我「呜哇!」

女「是打算通过投掷大叔杀掉他呢……!」

 

236: 2015/10/27(火) 22:14:29.910 ID:i3tzIuKG0.net

おっさん「ひぃ……ワシはレ●プ柔道十段やで……! 力で負ける筈が!?」

俺「ど、どいてくれ!」

JK「……」

東大生「ハッ……僕とした事が……! 彼女は自己紹介してたじゃないか!」

大叔  「呃……我可是强●柔道十段……! 比力气怎么可能输!?」

我   「让、让开!」

女高中生「……」

东大生 「哈……我真是蠢……! 她不是自我介绍过了嘛!」

 

おっさん「せや……この嬢ちゃんの名前……逆レ●プ柔術創始者の三代目やないかい!」

JK「私の逆レ●プ力は53万です」

おっさん「このままやと金玉なくなってまうでぇ~!」

俺「な、なんとかしろ!」

大叔  「没错……这个小姑娘的名字……绝对是逆推柔术创始者的第三代没错!」

女高中生「我的逆推力有53万」

大叔  「这样下去蛋蛋会没掉的~!」

我   「做、做点什么啊!」

 

237: 2015/10/27(火) 22:17:19.665 ID:i3tzIuKG0.net

おっさん「ええい! 解除や!」

JK「無駄無駄ぁ!」

おっさん「ひぃ!」

JK「殺すぅ! 逆レ●プでぇ!」

大叔  「切! 解除解除!」

女高中生「没用没用!」

大叔  「咿!」

女高中生「杀掉! 通过逆推!」

 

俺「ひぃぃいいいい!」

JK「まずは足で殺すぅ!」

おっさん「ひっ……?」

さすさすさすさす!

我   「咿————!」

女高中生「首先用脚杀掉!」

大叔  「咿……?」

戳戳戳戳戳戳戳!

 

俺「うひぃ! あ、足でそんな事を!?」

我「呜吓! 用、用脚做这样的事情!?」

 

238: 2015/10/27(火) 22:18:21.152 ID:gMn5+yFY0.net

淫乱マッサージ

淫乱按摩

 

239: 2015/10/27(火) 22:18:50.514 ID:DvvFc/Y8a.net

※電車内です

次駅は遠い

※现在在电车内

下一站还很远

 

240: 2015/10/27(火) 22:19:14.204 ID:i3tzIuKG0.net

JK「こんなのが気持ちいの!? 変態ね!」

さすさすさすさす!

女高中生「就这么舒服吗!? 真是变态呢!」

戳戳戳戳戳戳戳!

 

俺「そ、そんな事まで!? うわぁぁああああ!」

おっさん「……」

JK「こんなのはどう!? どうなのよ!?」

俺「ぐはぁぁああああ! 足がこんな風に動くなんて!? もう駄目だぁ!」

おっさん「……」

我   「连、连这种事都!? 呜哇啊啊啊啊啊啊啊啊啊!」

大叔  「……」

女高中生「这样的怎样!? 怎么样啊!?」

我   「呃啊啊啊啊啊啊啊! 脚竟然能用这种方式动!? 已经不行了!」

大叔  「……」

 

おっさん「おっちゃんはスルーかいな!」

大叔「大叔被无视了吗!」

 

241: 2015/10/27(火) 22:22:41.072 ID:jCkvLPqn0.net

泣いた

哭了

 

242: 2015/10/27(火) 22:22:43.033 ID:i3tzIuKG0.net

女「当たり前ですよ……いくら逆レ●プ柔術三代目師範の彼女だとしても処女なのですから」

おっさん「なんやて!?」

女「好きな人しか目に入らないものなのですよ」

おっさん「知った風な事抜かしおって! こんなもんこうや!」

どん!

女 「那是理所当然的……就算是逆推柔术三代目师范的她,也是个处女啊」

大叔「你说什么!?」

女 「也就是说除了喜欢的人外都不会去关注哦」

大叔「说的好像什么都知道一样! 反正也就是这种程度吧!」

咚!

 

JK「きゃあ!」

おっさん「後ろがガラ空きやったで……気絶しおったか」

JK「……」

女高中生「呀!」

大叔  「背后一点防备都没……晕倒了吗」

女高中生「……」

 

243: 2015/10/27(火) 22:25:18.675 ID:i3tzIuKG0.net

俺「何て事を……! あと少しでイケたのに……!」

東大生「しかし、これであいつの能力は無意味なモノに!」

おっさん「アホ言ったらアカンで! 女ならもう一人おるやろ!」

女「きゃあああ!」

我  「你做了什么啊……! 明明差一点就能去了的说……!」

东大生「只不过,这样一来那家伙的能力就没有意义了!」

大叔 「别说蠢话了! 女人的话还有一个吧!」

女  「呀啊啊啊!」

 

俺「くっ……!」

おっさん「しかもこいつはスペシャルや! 何と言っても能力者やからな!」

俺「なんだって!?」

東大生「能力者の満員電車か……!」

我  「呃……!」

大叔 「而且这家伙是特别的! 不管再怎么说也是个能力者啊!」

我  「你说什么!?」

东大生「这一整车人都是能力者吗……!」

 

女「私の能力は>>246よ……!」

女「我的能力是>>246哦……!」

 

244: 2015/10/27(火) 22:26:01.570 ID:CdfRzZWJ0.net

お母さんを召喚できる

能够召唤母亲

 

246: 2015/10/27(火) 22:26:26.639 ID:QnFRIPtQa.net

おっさんを洗脳できる

能够对大叔洗脑

 

248: 2015/10/27(火) 22:27:11.863 ID:DvvFc/Y8a.net

なんで今まで従ってたんだwww

为什么一直以来都服从大叔啊www

 

250: 2015/10/27(火) 22:27:44.839 ID:+icUPxiT0.net

わろた

笑了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 8 条精彩评论

  1. BB
    BB 发表于: 2015年10月31日 15:07:56

    女人是黑幕吗……

  2. 匿名
    匿名 发表于: 2015年10月31日 15:59:22

    这群家伙究竟打算坐电车坐到什么时候……

  3. 111
    111 发表于: 2015年10月31日 16:04:09

    这么乱糟糟的安价,能整出这样的剧情也是厉害……

  4. Kevin
    Kevin 发表于: 2015年10月31日 16:29:58

    完全想象不到的展开

  5. 孢子菌
    孢子菌 发表于: 2015年10月31日 17:10:46

    什么鬼啦hhhhhhhh

  6. 匿名
    匿名 发表于: 2015年10月31日 17:29:56

    hentai!

  7. Ecauchy
    Ecauchy 发表于: 2015年11月28日 14:24:33

    236应该是53万不是35万。

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年11月28日 14:33:25

      感谢指出,已更正!

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部