20Nov

『长篇故事・2ch』在老家发现了日记(十)

时间: 2015-11-20 分类: 在老家发现了日记 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

545: 2008/07/30(水) 03:52:20.48 ID:LU2hJrED0

詳しく話を聞けば、原Gのおばあちゃんの家は本当に田舎で、

俺たちの町から電車を乗り継いでボートで渡らなければならないとこだった。

(正直詳しい場所は覚えてないけど小型ボートで移動したのは覚えている。)

听了详细之后得知,原G奶奶家好像真的是很乡下的地方

是一个我们如果要去的话不得不先从镇里乘电车然后在转坐船才能到的地方

(说实话已经不记得详细在什么地方了,只记得是通过小型船移动的)

 

Y下的テーマはみんなで自然と一体に・・・らしい。

まぁ、何はともあれ原Gよくやった!

初めてやつを褒めたと思う。これから先ないが。

Y下的中心思想好像是想让大家和自然融为一体・・・的样子

嘛,不管怎样原G干得漂亮!

第一次想夸一下那家伙,虽然估计以后都不会再有了

 

出発は8月の頭となった。

もちろん全員一緒だ。

しかし、思いがけない事が起きたんだなこれが。

出发时间定在8月初

当然是所有人一起

然而,发生了件想都想不到的事情

 

546: 2008/07/30(水) 03:54:27.19 ID:KXsHDDQG0

ボートにメガネの少年が乗っていたとか?

船上面有个眼镜少年之类的?

 

548: 2008/07/30(水) 03:55:21.32 ID:VFEnuUKz0

>>546

それは確かに思いがけない

>>546

这个确实想不到呢

 

549: 2008/07/30(水) 03:59:15.38 ID:LU2hJrED0

駅に集合する(相変わらず1時間早くだ。お約束的だな俺)

3泊4日ってことで荷物も結構ある。

前日のオナニーまでばっちりだったぜw

今回の女子の服装は

在车站集合了(一如既往地早到了一个小时。果然不出所料啊我)

毕竟是4天3夜,行李也是相当的多

连撸管也在前一天事先解决了哦w

然后这次的女生的服装是

 

Y下 あくまでカジュアルにジーンズ生地のミニスカにキャミソールと上着

A吉 タンクトップとロングスカート

M本 ピンクか赤かそんな感じのひざ丈のワンピース

原G ゴスロリ(今回は赤と白)

原G・・・あつくないのか?

で、思いがけないってのは男が1人多いってことだよ。

Y下 一如既往的便服+牛仔裤,迷你裙+无袖贴身衣和上衣

A吉 吊带式女背心+长裙

M本 不知是粉色还是红色,反正就是那种感觉的到膝盖那么长的连衣裙

原G 哥特萝莉(这次是红+白)

原G・・・不嫌热吗?

然后,意想不到的是男性多了一人

 

551: 2008/07/30(水) 04:01:19.66 ID:KXsHDDQG0

>>549

男・船頭さん?

>>549

男・船夫?

 

552: 2008/07/30(水) 04:02:24.04 ID:VFEnuUKz0

546すげえww

546好厉害ww

 

554: 2008/07/30(水) 04:04:20.29 ID:LU2hJrED0

ちょwwwwwwwwwww誰wwwwwwwwwwwwww

そう思ってるとすぐに紹介が入った。

A吉とM本と同じクラスの川Sだそうだ。

喂wwwwwwwwwwwwww谁啊wwwwwwwwwwwwwwwww

正这么想着时,马上有人给我介绍了

好像是跟A吉和M本同班的叫川S的家伙

 

スペック

川S (男)

色白 ちび 正直おんなじにおいがします。

どう見ても同類です。本当にありがry

何故ここにいるかというとこれもY下の仕業(?)らしい。

おひとよしというかおせっかいというか・・・Y下らしくていいとは思います。

どうにもY下は弱者(って言ったら変だが)に甘いらしい。

规格

川S (男)

皮肤白 矮子 说实话身上有种跟我一样的味道

不管怎么看都是同类,真的是谢谢了

要问为什么在这里的话,这好像也是Y下干的好事(?)的样子

该说是老好人呢还是说多管闲事呢・・・感觉真有Y下的风格啊

看样子Y下对弱者(这么说也有点奇怪)好像很温柔的样子

 

555: 2008/07/30(水) 04:06:36.03 ID:VFEnuUKz0

その川Sはメガネなのかが今注目の的

现在最注目的问题是那个川S有没有戴眼镜

 

>>555

メガネはむしろ俺で川Sはつけてないんだぜ

>>555

戴眼镜的不如说是我,川S并没有带

 

556: 2008/07/30(水) 04:06:39.10 ID:EEVsYOjL0

川崎か

是川崎吗

 

557: 2008/07/30(水) 04:07:39.07 ID:VrNzAoGxO

川島

川岛

 

558: 2008/07/30(水) 04:08:52.64 ID:LU2hJrED0

何はともあれ仲間が増える=友達増えるみたいな図式を描いちゃった俺は普通に喜んでいた。

こ、これがあんな恐ろしいことの幕開けだとは・・・俺、思わなかったんだ。

不管怎样,对在心里描绘着伙伴增加=朋友增加这种图表的我来说是一件值得高兴的事

这、这竟然会成为那么可怕的事情的开端・・・我,真的是想都没想过

 

まず電車を乗り継ぐ

相変わらずY下はS井にべったりだが見慣れてしまえばこんな光景どうってこと!!

・・・あれ?目から汗が出てきた。ふっしぎー★

席は俺、Y下、S井、川S

A吉、K元、M本、原G

首先搭电车

虽然Y下一如既往粘着S井,但只要看习惯的话这种光景根本什么感觉都!!

・・・啊咧?眼睛里怎么流下了汗水。真是不可思议ー★

座位是我、Y下、S井、川S

A吉、K元、M本、原G

 

562: 2008/07/30(水) 04:14:00.97 ID:LU2hJrED0

まず俺は新しい友達へとコミュニケーションをとろうと思ったんだ(人見知りだが)

俺「あ、あ・・・・」

川S「・・・・・・・」

首先想和这个新的朋友建立起交流(虽然我也怕生)

我 「啊,啊・・・・」

川S「・・・・・・・」

 

失☆敗

まぁ、正直に言うと無理だったよ。あぁ、無理だったさ。

だって俺人見知りなんだし。

そんな俺をS井が横目で見てきた。そしてこう言った。

S井「ファイト」

血も涙もない。

失☆败

嘛,说实话办不到呢。嘛,办不到的啦

毕竟我很怕生啊

S井斜眼看着这样的我,然后对我这么说道

S井「Fight」

真是没心没肺

 

でもそんなこと言いながらS井は川Sと話しだした。もちろん時々俺に話を振ることを忘れずに。

カッコよくってムカついた。でも感謝した。

おかげで川Sが俺と似てるって言うのが何となくわかってきた。

不过嘴上这么说,S井还是开始和川S聊了起来,当然没忘记时不时向我搭下话

帅气得我稍微感到有些火大。不过我很感谢

多亏于此我有些明白川S其实跟我有点像

 

565: 2008/07/30(水) 04:20:59.97 ID:LU2hJrED0

あ、俺にもヲタ友達できるのかwwwなんて淡い期待を胸に抱いていた。

啊,我也能交上宅的朋友了吗www心里产生了这种淡淡的期待

 

S井「川Sって普段は?」

川S「あぁ、読書とか勉強とか。まぁ、普通のことしかしていませんよ」

S井「ほぉ、お前はどうなんだ?」

俺「あ、うん・・・俺も読書とかする後パソコンとか」

川S「・・・・・・・・・・・」

S井「川S平时做些什么?」

川S「啊,就是读书啊学习啊之类的。嘛,就只是做一些普通的事情而已哦」

S井「喔,那你又怎么样呢」

我 「啊,嗯・・・我也是读书之类的,然后就是电脑之类的」

川S「・・・・・・・・・・・」

 

でもなぜだか川Sとの会話続かないんだよな。

川Sも人見知りなんだなって勝手に片づけてはいたが、S井にはきちんと喋ってるし途中でおかしいとは気づいていた。

でも気にしないようにしてた。本能的に。

但是不知道为什么和川S的对话持续不下去呢

虽然一开始随便将原因归作川S也比较认生,不过毕竟和S井也有好好在聊,途中意识到这很奇怪

不过只是努力让自己不去在意这点,本能地

 

566: 2008/07/30(水) 04:23:43.11 ID:TqVQdJfJO

川S嫌な奴っぽい感じが

川S有种讨厌的家伙的感觉

 

567: 2008/07/30(水) 04:25:52.73 ID:5aG4ebayO

川Sと>>1がライバル関係になるんですね

川S和>>1会变成情敌关系吧

 

568: 2008/07/30(水) 04:27:19.47 ID:LU2hJrED0

船着場?港?に到着するとA吉がこっちこいをしていた。

到了码头?港?之后A吉招呼我过去

 

A吉「どう?川Sは」

俺「どうもこうも・・・」

A吉「まぁ、気をつけなさい。そして友達になりなさい」

K元「友達は多い方がいいしね。それに・・・」

A吉「怎么样?川S他」

我 「就算问怎么样也・・・」

A吉「嘛,小心点哦。然后成为朋友吧」

K元「朋友还是多一点比较好呢。而且・・・」

 

俺「?」

K元「彼は悪い人ではないから」

俺「あ、うん・・・」

そんなこんなで小型船に乗り込み。

船は下の方に座敷があって、上はもちろん甲板(?)水しぶきが冷たかった。

船長さんに落ちないように気をつけるようにと注意を受けつつ俺たちははしゃいでた。

我 「?」

K元「他并不是坏人」

我 「啊,嗯・・・」

就这样我们坐上了小型船

船下方有房间,上面当然是甲板(?)

飞溅的水沫感觉很冷

我们边听着船长小心不要掉下去的提醒边玩闹着

 

569: 2008/07/30(水) 04:30:53.11 ID:7+44sUUA0

まさか川Sが黒幕…?

难不成川S是黑幕…?

 

571: 2008/07/30(水) 04:33:27.04 ID:LU2hJrED0

でもまぁ、案の定お約束通り船酔いってする人がいるんですよね。

俺じゃないよ。川Sだ。

青い顔して川Sは隅っこに蹲っていた。

不过嘛,跟想的一样,发生了在这种场面下一定会出现的剧情,有人晕船了

不是我哦,是川S

脸色发青的川S在角落里蹲下

 

俺「あ、あの・・・大丈夫?」

川S「・・・・・・・・・・・・」

人の渾身の思いで言い放った言葉を丸虫しやがったwwwwww

我 「那、那个・・・你没事吧?」

川S「・・・・・・・・・・・・」

人家难得鼓起勇气说出的话完全被无视了wwwwwwwww

 

俺「何か飲む?冷たい物とか」

川S「・・・・・・いらねぇ」

俺「あ、うん・・・じゃあ横になった方がいいかもしれないよ?」

すると川Sは俺の顔を睨みつけて嫌そうに溜息をついた。

どうしてこんな態度をとられるか全然理解できなかった。

我 「要喝点什么吗?冷的东西之类的」

川S「・・・・・・不需要」

我 「啊,嗯・・・那躺下来或许会比较好哦?」

说完之后川S瞪着我的脸,发出了好像很厌恶的叹息

为什么会被用这样的态度对待我完全无法理解

 

川S「うっぜぇよお前」

俺「・・・・・あ、うん・・・」

いつもの返事しかできなかった

川S「很烦诶你」

我 「・・・・・・啊,嗯・・・」

唯有做出往常的回复

 

572: 2008/07/30(水) 04:36:22.46 ID:TqVQdJfJO

眠かったのに川Sへの怒りで目が冴えてきた

明明很困的说,却因为对川S的愤怒一下精神起来了

 

575: 2008/07/30(水) 04:40:38.23 ID:5aG4ebayO

川Swwwwwなかなか面白くさせてくれるじゃねぇかwwww

川Swwww这不是把事情弄得有趣起来了嘛www

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 10 条精彩评论

  1. V酱
    V酱 发表于: 2015年11月20日 17:41:33

    很叫人不爽的家伙呢

  2. bmg
    bmg 发表于: 2015年11月20日 17:49:15

    所以说
    这次我带了圣的装备
    烧死你
    (话说谁给配张图
    总之原来我是因为没有一个现充可怜弱者的青梅竹马
    所以到现在还是死宅么

  3. JMNSY
    JMNSY 发表于: 2015年11月20日 18:47:23

    >>1不会姓江户川或者工藤吧…

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2015年11月20日 18:53:53

      =_=性格完全不对啦

      • JMNSY
        JMNSY 发表于: 2015年11月20日 22:32:47

        但是他们的回帖..还有那个恐ろしいこと,都让我不自觉地这么想

  4. yy
    yy 发表于: 2015年11月20日 19:22:18

    不会m被ntr了吧

  5. 爱宕夜夜子
    爱宕夜夜子 发表于: 2015年11月20日 21:21:33

    突然有种……Y下有点滥交的感觉=。=?

  6. 醬油Project
    醬油Project 发表于: 2015年11月20日 22:15:19

    m本的竞争对手多了一个…川s+1

  7. 小忽
    小忽 发表于: 2015年11月21日 12:58:18

    重头看了遍终于把人名都记全了 刚发现新角色川是不是因为喜欢m本才敌对1啊

  8. 匿名
    匿名 发表于: 2015年11月21日 14:15:57

    川S给人感觉不太好呢

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部