6Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(四)

时间: 2015-12-6 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

廃墟に不慣れな千草を連れていることもあり、この日は懐中電灯を使って床を照らしながら慎重に廃墟内を進んだ。屋上に着くと電灯を消し、天体望遠鏡の組み立てを終えて一服していた檜原に声をかけた。「悪い、またせた」

「おお、きたか」檜原は煙草を消して空き缶の中に捨て、足下に置いてあった電池式のランタンを手に取って立ち上がり、歩み寄ってきて僕ら三人の顔を照らした。目を極力光に慣らさないためだろう、ランタンの明かりは電池切れ直前のように薄暗かった。

檜原はまず千草の顔をしげしげと覗き込んだ。数秒後、彼の表情から薄笑いが消えた。彼は目を丸くして、そこに何か貴重なメッセージでも書かれているかのように千草の顔を隅から隅まで眺め回した。

也有把不熟悉废墟的千草一起带来了的原因,那天打着电筒小心地在废墟内前进。到了屋顶就关了电筒,跟组装完天文望远镜、正抽着烟休息的桧原打了招呼。“抱歉,久等了。”

“喔,来了啊。”桧原把烟熄掉,丢进空罐里,拿起放在脚边的电池式手提灯,站起,走过来用它照亮我们三个人的脸。是眼睛不习惯强光的缘故吧,提灯的光线和快要没电的时候一样昏暗。

桧原先是仔细地端详起千草的脸。几秒后,他脸上的那丝冷笑消失了。吃惊地瞪大了眼睛,像是千草的脸上写着什么宝贵的信息一样,审视遍千草脸上的每一个角落。

 

「檜原裕也だ」彼は妙にかしこまった態度で右手を差し出した。「中学時代、深町の一番の友人だった」

「荻上千草です」千草もおそるおそる右手を差し出し、彼の手を握った。怯えるのも無理はないよな、と僕は思った。彼女にとって檜原は、「あの日深町君を囲んで痛めつけようとしていた人たちの仲間」としてしか認識されていないだろうから。

僕は千草の耳元で囁いた。「怖がらなくていい、そんなに悪いやつじゃない」

「そう。そんなに悪いやつじゃない」と檜原は繰り返した。「悪いとしても、せいぜい深町と同じくらいだ」

「そうなんですか。なら、安心ですね」

千草は緊張の抜け切らない顔で微笑んだ。

“我是桧原裕也。”他异常地用着毕恭毕敬的态度伸出了右手。“以前在中学的时候,是深町最好的朋友。”

“我是荻上千草。”千草也诚惶诚恐地探出右手,握住了他的手。害怕也是当然的吧,我想。是因为她对桧原的印象大概除了“那天围住深町,狠狠教训他的那群人的同伙”就没有了吧。

我悄声在千草的耳边说:“别害怕。他不是那么坏的家伙。”

“对。我不是那么坏的家伙。”桧原重复道。“就算坏,最多也就是和深町差不多的程度。”

“是这样啊。那就放心了。”

千草微笑起来,脸上的紧张还没有褪下。

 

続いて檜原は初鹿野の顔にランタンを近づけた。僕は固唾を呑んでその様子を見守った。檜原は無遠慮に初鹿野の顔のあざを凝視した。

「ひどい痣だな。東海道四谷怪談の顔みたいだ」

それ以上檜原が何か配慮に欠けたことをいったら、僕は彼を反射的に殴ってしまっていたかもしれない。だが僕が拳を握り締めるより先に——あるいは僕を制するためだったのかもしれないが——初鹿野は平然と言葉を返した。

「そう。ひどい痣でしょう?」

接下来桧原把提灯靠近了初鹿野的脸。我紧张地咽下口水,注视着这样的场面。桧原不客气地凝视着初鹿野脸上的痣。

“真是不得了的痣啊。跟东海道四谷怪谈※一样嘛。”

在此之上要是桧原又说些什么不过脑子的话,我大概会条件反射般地打他一顿。可是在我攥紧拳头之前——或者说也许是为了制止我那样做——初鹿野沉着地回复道。

“是啊。相当厉害的痣对吧?”

 

「掛け値なしにな」と檜原は断言した。それから今度は痣のない側の顔を凝視した。

「と思ったら、かをの作り自体はめちゃくちゃ整ってるのか。美女なんだか醜女なんだかよくわからないな。……まあ、俺からすればどっちにしろ大した差はないが」

檜原は右手で顎をさすりながらいった。初鹿野はランタンの光に目を細めていた。少なくとも、彼女が檜原の発言に対して腹を立てたとか傷ついたといったことはなさそうだった。むしろ彼の歯に衣着せぬ物言いに好感を持ったようにさえ見えた。強い劣等感を抱える者にとっては、案外檜原のように開け広げな性格の人間の方が付き合いやすいのかもしれない。思えば、中学校時代の僕が檜原を相方に選んだ理由の一つもそれだった。

“一点都不夸张啊。”桧原断言道。然后开始凝视没有痣的那侧脸颊。

“刚那么觉得,不过脸本身长得还是很清秀的嘛。不是很清楚这算是美女还是丑女啊。……反正对我来说是哪个也没差。”

桧原右摩挲着下巴说道。初鹿野因为提灯的光线眯起了眼睛。至少,她看起来没有对桧原的话感到生气或者受伤的样子。不如说反而看得出她对他口无遮拦的说话方式抱有好感。怀有强烈自卑感的人,大概意外地会感觉和桧原这种直率的人更容易相处。仔细想想的话,中学的时候我选择桧原做朋友,这点也是理由之一。

 

千草が僕に顔を近づけていった。「檜原さんって、なんだか面白い方ですね」

「それだな。よくも悪くも」

「それに、深町くんとちょっと似てます」

「僕と檜原が似てる?」思わず僕は訊き返した。

「ええ。身長も同じくらいですし、目つきも似てます。それに、なんといっても雰囲気がそっくり」

「そうか。……あまり嬉しくはないな」

千草は励ますように僕の肩を叩いた。「大丈夫、深町くんの方が格好いいですよ」

「それはどうも」

千草把脸靠近我。“桧原,是个挺有趣的人呢。”

“好坏暂且不说的话,这点确实是。”

“而且,和深町你有点像。”

“我跟桧原相像?”我不加思索地反问道。

“是啊。身高也差不多,眼神也很像。还有不管怎么看,气场也都一模一样。”

“这样啊。……真是让人开心不起来。”

千草像拍拍我的肩膀,好像是要鼓励我。“没关系,深町你更帅气一点噢。”

“那真是谢谢了。”

 

ひとまず、これで最大の不安要素は消えた。この四人の相性が絶望的に悪いということはなさそうだった。初鹿野は他の二人に悪い感情を抱いていないようだし、千草にしてもそれは同じだ。

そこまで考えたところで、僕はふと今の自分自身を客観視し、新鮮な驚きを得た——まさかこの僕が、友人間の中を取り持つような立場になるなんて。そんな役回りは生まれて初めてだった。本来であれば集団ないで一番の人格者が担うべき役割を、よりにもよってこの僕が演じるとは。

这下最让人担心的一部分就解决了。似乎我们四个人并不是那么绝望般地不合。初鹿野没有对另外两个人抱有敌意,千草这边也一样。

想到那里,我突然开始客观地思考起现在的自己,获得了一种新鲜的惊异感——没想到我这样的人竟然成为了撮合朋友们交往的人。这样的差事还是生来第一次遇见。要是原来,团体里要有一个最有人格魅力的角色的话,让我来担当无疑是最差的选择。

 

 

最初に見たのは土星だった。檜原が調整した望遠鏡を、初鹿野、千草、僕の順に覗き込んだ。

「もう少しシーイングがよければ、環の隙間まで見えたんだけどな」と檜原はいった。カッシーニの空隙のことだろう、と僕はここにくる前に読んだ本の内容を思い返した。土星環を一つ太い環ではなく複数の細い環の集合と捉えたとき、メインリングとなる三本の環をそれぞれA環、B環、C環と呼ぶのだが、このA環とB環の間にある巨大な隙間をカッシーニの空隙と呼ぶそうだ。

望遠鏡を覗き込む初鹿野の邪魔にならないように、僕たちは数メートル離れたところに腰を下ろして小声で会話した。

「そういえば一度も訊いたことがなかったけれど、檜原は何がきっかけで天体観測を始めたんだ?」

「きっかけか」仰向けになって夜空を見上げていた檜原は考え込むように唸った。「なんていうのかな。俺の場合、星より望遠鏡が先だったんだ」

最先观测的是土星。是按“初鹿野、千草、我”这样的顺序,去用桧原调整好的望远镜去观测的。

“要是能见度更高一点的话,环间的空隙都能看清的噢。”桧原说道。这说的是卡西尼环缝吧,我回想起了来这儿之前在书里看到的内容。发现土星环并非一个粗的圆环、而是多个细环的集合时,将最主要的三个圆环命名为A环、B环和C环,似乎A环与B环之间的巨大的缝隙被称为卡西尼环缝。

为了不妨碍正在用望远镜观测的初鹿野,我们到跟她隔开几米的地方蹲下,小声地聊天。

“话说这个还一次都没问过你,桧原你最开始观测天体的契机是什么?”

“契机吗?”桧原仰面朝上,抬头看着夜空,陷入了沉思般低声说道。“怎么说呢。我的话,喜欢上望远镜在观测星体之前。”

 

※《东海道四谷怪谈故事》概要(百度百科)

 

kk:(´﹃` ) 桧原。我的。菜。

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. 无名氏
    无名氏 发表于: 2015年12月6日 02:08:39

    这里有个基佬啊啊啊啊啊啊啊啊!

    • kk
      kk 发表于: 2015年12月6日 17:28:23

      给乃一次葱新思考的机会(•̶̑ ૄ •̶̑)

  2. 777
    777 发表于: 2015年12月6日 09:56:06

    (°∀°'!)诶!基佬啊!

    • kk
      kk 发表于: 2015年12月6日 17:29:24

      太浅薄了少年(σ゚∀゚)σ 世界上喜欢男孩子的 除了基佬 还有()、()

    • CyclizePei
      CyclizePei 发表于: 2015年12月6日 21:57:34

      k是个萌妹子也说不定

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部