11Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(十)

时间: 2015-12-11 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

普通に考えたら、それは道理に合わない話だった。ここ最近の初鹿野は、ぐんぐん快方に向かっているように見えた。数日前のペルセウス座流星群の日だって、あんなに楽しそうにしていたではないか。なぜこのタイミングで自殺しなければならない?

いや、あるいは–と僕は思う。初鹿野は、このタイミングで自殺をすると決めたからこそ快方に向かっていたのではないか? あと数日でこの世界とお別れできるとわかっていたからこそ、あれほど無邪気に今を楽しめていたのではないか?

一般想来,这样说并不合道理。最近这段时间的初鹿野,看起来正迅速好转着。几天前英仙座流星雨那天,不也看起来很开心吗。为什么非要在这种时候自杀不可?

不对,或者说–我这样想到。初鹿野她,难道正是因为已经决意要在这个时候自杀,才渐渐痊愈起来的吗? 难道正是因为知道再过几天就可以告别这个世界,才能那么单纯地享受着现下吗?

 

「わからない」綾さんは首を振った。「ただ、そういう可能性もあるってこと。一応家出人捜索願いを出したけど、あんまり真剣には受け取ってもらえてないみたい。今は両親が捜しにいってる」

「それなら、僕たちも唯さんを捜しにいきましょう。頭数は一人でも多い方がいい」と僕は提案した。「知人にも声をかけてみます。すみません、電話を借りていいですか?」

「電話は好きに使うといいよ」彼女は振り返って廊下の固定電話を指さした。「ただ、悪いけど、あたしは捜しにいくのにはつきあえない」

綾さんの言葉に、僕はいささか強めの口調でいい返した。「下らない意地を張っている場合じゃないでしょう? 断言してもいい、このまま放っておいて唯さんが自殺したら、綾さんは必ず後悔します。数日後か数年後かは知りませんが、とにかく絶対に今日の行動を悔やむはずです。あなたは自分で思っているほど妹のことを憎めていません」

“不知道。”绫摇摇头。“只是说,也有那样的可能。暂且提出了失踪人口搜索请求,但似乎并没有被认真地处理。现在父母正在找她。”

“那样的话,我们也一起去找唯吧。多一个人去找都好。”我这样提议道。“熟人那边我也去打声招呼。不好意思,可以借用下电话吗?”

“电话随意用就行。”她回头指向走廊里的固定电话。“不过抱歉,我没办法陪你一起去找。”

听到绫的话,我加重了些语气还口道。“现在不是这样无聊地意气用事的时候吧? 我敢肯定,这样撒手不管,万一唯自杀了,你肯定会后悔的。不知道会是在几天后或者是几年后,但总之绝对会后悔今天这样的行为的。你并没有自己想象中那么讨厌自己的妹妹。”

 

「わかってるよ、それくらい」綾さんも負けじと声を荒げた。「ただ、あたしは、あの子からの電話を待ってるの。だからここを離れるわけにはいかない」

「彼女が電話をかけてくるという確信でもあるんですか?」

「ないよ。でもね、今から捜したって無駄だよ。あの子が本気で死のうとしてるなら、あたしたちにはそれを止めることはできない。とっても頭のいい子だからね、誰かに見つかるようなヘマはしない。もうとっくに自殺を終えているって可能性もある。……でも、もし向こうにまだ迷いがあるなら、陽ちゃんにそうしたように、こっちにも電話をかけてくるかもしれないじゃない? それを考えると、あたしにとって最善の選択は、ここで電話を待つことなの」

“这点事情我还是知道的。”绫也提高了声音厉声说道。“我只是要等她打来的电话。所以不能离开这里。”

“你确定她会打电话过来吗?”

“并不。但是现在去找也是徒劳。她要是一心寻死,我们是制止不了的。她很聪明,所以不会犯‘别人找到’这种低级错误的。也有已经自杀结束了的可能性。……但是,如果她还有一丝犹豫,不是也有可能像给阳一样,往这边打来电话的吗? 想到这点的话,对我来说最好的选择,就是在这里等待她的电话了吧。”

 

僕と綾さんはしばらく睨み合っていた。悔しいが、彼女のいうことにも一理あった。今から僕たちが初鹿野を捜したところで、向こうに見つけてもらいたいという意思がなければ、それは無駄足に終わるのではないか? 僕たちにできるのは、彼女の決意が揺らぐのを待って、その意思がこちらに傾く瞬間を見逃さないようにすることだけではないのか?

しかし僕は既に一度、その瞬間を見送ってしまっていた。これから揺り戻しを待ってみたとしても、望みは薄いだろう。となると、こちらから動く他ない。

僕は綾さんの横を素通りして固定電話の前に立ち、まず檜原の家の番号を入力した。十回コール音が鳴った後、檜原の弟が出た。檜原は今そこにいるかと訊ねると、外出中ですと彼は答えた。行き先に心当たりはないかと訊くと、素っ気なく「知りませんよ」とだけいわれて電話を切られた。この雨の中、天体観望の準備にいったというわけではあるまい。となると、彼の行き先は見当もつかなかった。

我们互相盯视着,过了一段时间。虽然不甘心,但是她说的话也确实有一番道理。我们现在开始去找初鹿野,要是她没有要被找到的想法,最后不只是白跑一趟吗? 我们能做到的,不是只有等待她的决心动摇,不错失她要将意愿传达过来的那个瞬间吗?

可是我已经把那个瞬间放过了一次。现在再去等待她回心转意,也已经希望渺茫了吧。那么只能由我这边开始采取行动了。

我走过绫的身旁,站定在固定电话前,先输了桧原家的电话号。电话响了十声以后,桧原的弟弟接了电话。问他桧原现在在家吗,他回答说出门了。问他有没有去他去哪里了的头绪,他只是没好气地说了“不知道啊”就挂断了电话。这样的雨天里,大概不会是去做观测天体的准备。那也就猜不到他的去向了。

 

千草の家に電話をかけると、すぐに本人が出た。

「詳しい事情を話している時間はない」と僕は開口一番にいった。「初鹿野が消えた。彼女を捜すのを手伝ってほしい」

「ええっと……深町くん、ですよね?」

「そうだ。雨の中悪いけれど、すぐに外に出る支度をしてくれ」

「初鹿野さんに何かあったんですか?」

「わからない。でも初鹿野の姉は嫌な予感がするといっているし、僕も彼女に同意見だ。実を言うと、ほんの一月前、僕は初鹿野の自殺未遂を目撃してる。彼女はもう一度それに挑むつもりなのかもしれない」

ここまで説明すれば、千草なら二つ返事で了解してくれると思っていた。

往千草家打了电话,本人马上就来接了。

“没时间说详细情况了。”我一开口就说道。“初鹿野不见了。想让你来帮忙找她。”

“啊,嗯……是深町,吧?”

“是的。虽然在下雨不好意思,但是快点准备出门。”

“初鹿野出什么事了吗?”

“不知道。但是初鹿野的姐姐说有不详的预感,我也跟她意见一致。说实话,就在一个月前,我目击到初鹿野自杀未遂的场面。她说不定打算再那样做一次。”

说到这种地步的话,我想千草会马上领会到的。

 

しかし、そうはならなかった。

受話器の向こう側で時間が止まってしまったかのように、千草は黙り込んだ。

「どうした? なぜ黙ってる?」と僕は訊いた。

「あの、深町くん」千草は落ち着いた声でいった。「どうか私のこと、嫌いにならないでくださいね。今から、少し性格の悪いことをいいます」

「時間がないんだ。無駄話をしてる余裕は……」

「初鹿野さんのことは、放っておきましょう」

初め、僕はそれを聞き間違いかと思った。いや、脳がそれを理解するのを拒否したというべきかもしれない。

だって、僕の知っている千草は、そんなことをいう女の子ではなかったから。

可是,并不是那样。

听筒对面仿佛时间停滞住了一般,千草陷入了沉默。

“怎么了? 为什么不说话?”我问。

“那个,深町。”千草平静地说道。“请不要讨厌我噢。现在我要说性格看起来有点糟糕的话了。”

“没时间了。不要说无关紧要的……”

“不要管初鹿野了。”

一开始,我以为那是我听错了。不,也许该说是大脑拒绝去理解这番话了。

明明,我认识的千草,不是会说这种话的女孩子。

 

「今、なんていった?」無意味と知りつつ、僕は訊き返した。

千草は僕の質問に答えず、平板な声でいった。「ねえ、深町くん。他の娘に王子を取られそうになった人魚姫に対して、魔女が用意した救済措置をご存知ですか?」

「……一体、なんの話をしてるんだ?」

“刚刚,说了什么?”知道没有意义,我还是重新问了一遍。

千草没有回答我的问题,用没有起伏的声音说道。“喂,深町。你知道魔女为被其他女孩抢走王子的小美人鱼提供的帮助方法是什么吗?”

“……你到底在说些什么?”

 

短刀で王子を殺すことです。王子の胸を短刀で刺してその血を浴びることで人魚姫の脚は尾に戻り、再び人魚として生きていくことができるはずだったんです」千草は自答するようにいった。それから畳みかけるように続けた。「深町くんが挑んだ賭け。もし、その鍵を握る初鹿野さんが死んでしまった場合、勝敗はどうなるでしょう? 深町くんの恋が実るかどうかは永遠の謎となり、おそらく賭けは成立しなくなります。そうなれば、深町くんの命は助かるのではないでしょうか?」

「待ってくれ」僕は大声で彼女の言葉を遮った。「どうして荻上が賭けのことを知っているんだ? 僕は誰にも話さなかったはずだ」

是用匕首杀掉王子。将匕首刺进王子的胸膛,沐浴着他的血,小美人鱼的脚就能变回尾巴,就可以再次作为人鱼继续活下去。”千草自问自答般说道。她不给我机会,继续说下去。“深町你接受的那个赌约。要是掌握着胜负的关键的初鹿野死去,胜败会变成怎样呢? 你的爱慕之情到底有没有成果将成为永远的谜,或许赌约本身就不成立了。那样不就救了你的命吗?”

“等下。”我大声打断了她的话。“为什么荻上你会知道赌约的事情? 我明明应该跟谁都没有说过的。”

 


kk:就赌约有不明白的地方,所以就去稍微扫了下上卷

看到一百四十多页,大概是这样的(不介意被剧透?上卷内容的话可以看下去):

 

深町在一个公共电话亭接到一通来自一个陌生女人的电话,

她提议要和深町打赌,期限是五十天(七月十三日-八月三十一日)

若在期限内能与初鹿野两情相悦,那么就算深町赢

开始的标志是,深町脸上痣的消失、与初鹿野的再会

(他与初鹿野的再会,就是上面说到的目睹初鹿野自杀未遂的场面。)

 

女人一开始没有讲,开始之后才说明的是,参加费和深町的筹码

参加费:一点点的灵魂

筹码:没有详细说明,提示是安徒生《海的女儿》的故事。

   深町马上反应过来,是自己的存在。

   失败的话,自己就会消失。

 

这样应该会清晰一点。

 

另外稍微往后翻了一点点点,所以

真・剧透提示:暂时可以放心一下。

 

lu:真是认真负责的翻译,我被感动了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有一条精彩评论

  1. 777
    777 发表于: 2015年12月12日 09:38:41

    上卷的赌约终于来了!

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部