13Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(十一)

时间: 2015-12-13 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

もちろん、答えはなかった。

「幸い、初鹿野さんは自ら死を望んでいます。深町くんは、その意思を尊重するだけでいいんです。短刀で刺す必要はありません。それに」彼女は軽く咳払いした。「深町くん、あなたは初鹿野さんの絶望が、痣のみに起因していると思っているでしょう?」

「……もしかして、『空白の四日間』に起きたことと関係があるのか?」

「その通りです」千草は肯定した。「彼女は自身の死によって、ある罪を償おうとしているんです」

当然,她并没有回答。

“所幸,初鹿野自己期盼着死亡。你只要尊重她的意志就可以了。不需要用匕首去捅。还有,”她轻声清了清嗓子。“你认为初鹿野绝望的起因,仅仅是痣吗?”

“……难道,跟‘空白的四天’里发生的事情有关?”

“正是如此。”千草肯定道。“她是要用自己的死,去偿还某种罪孽。”

 

「なあ荻上、頼むから聞いてくれ」僕は懇願するようにいった。「その話には僕も大いに興味があるし、荻上がそれらの事実を知った経緯だとか、色々訊きたいことはある。でもとにかく今は時間がないんだ。こうしている間にも、初鹿野は死に向けて着実に歩みを進めているかもしれない。僕は彼女を捜しに行かなきゃならない」

「そうですか」千草は残念そうにいった。「それでは、そうしてください。私はここで、深町くんが初鹿野さんを見つけられないことを祈ってます」

通話が切れた。数え切れないほどの疑問があったが、僕はそれらを保留して初鹿野の家を出た。何より先に鱒川旅館廃墟へ赴き、廃墟内をくまなく捜し回ったが、初鹿野の姿はなかった。続いて神社公園や防風林、美渚一高、かつて通っていた小学校、茶ヶ川駅など、彼女にとって思い入れのありそうな場所はすべて巡った。時間を追うごとに雨風の勢いは強まり、プールに落ちたときのように全身がびしょ濡れになり、スニーカーはもとの色がわからないくらい泥だらけになった。しかしやはり、どこを捜しても初鹿野は見つからなかった。あやさんのいう通り、初鹿野が本気で誰にも見つからずに自殺を遂行しようとしているなら、それを他人に止めることは不可能なのだ。

“那个,荻上,拜托听我讲。”我恳求般说道。“那个话题我也很有兴趣,关于你知道这件事的经过之类也有很多想问。但是总之现在已经没有时间了。就在这段时间里,初鹿野可能已经正在一步步确实地迈近死亡了。我必须要去找她了。”

“这样吗。”千草遗憾地说道。“那么你就那样做吧。我就呆在这里,为你找不到初鹿野而祈祷。”

电话挂断了。我有数不尽的疑问,却还是先把它们搁置下来,走出了初鹿野家。最先奔向的是鳟川旅馆废墟,找遍了废墟里每个角落,却不见初鹿野的身影。然后是神社公园、防风林、美渚一高、以前上过的小学、茶川车站,把她可能会想到的地方都去了一遍。随着时间一点点过去,风雨的势头越来越猛,全身像掉进泳池一样湿透,运动鞋也被泥沾得看不出原本的颜色。可是还是在哪里都找不到初鹿野。就像绫说的那样,初鹿野要是一心不想被任何人发现地进行自杀的话,是没可能被别人制止的。

 

いや——あるいは、僕がもっと初鹿野と通じ合えていたら、彼女の行き先を突き止めることもできたのかもしれない。しかし、僕はそうではなかった。結局のところ、僕は初鹿野の考えることの半分も理解できていなかったのだろう。

最後にもう一度鱒川旅館を見て回ったが、やはり初鹿野はいなかった。午前二時頃、僕は再び初鹿野の家を訪れた。呼び鈴を押すのもためらわれたので、ドアを軽くノックした。するとすぐに綾さんが出てきた。僕の顔を見るなり、彼女は首を横に振った。

「電話もなかったんですね?」

「うん」綾さんは力なく頷いた。「そっちは?」

不——或者说,我要是再能跟她心意相通一些,说不定就能想到她的去向了。可是我并没有。说到底,初鹿野的所想,我连一半都没能理解吧。

最后又去确认了一次鳟川旅馆,初鹿野还是不在。凌晨两点左右,我再次拜访了初鹿野家。犹豫了要不要按门铃,干脆轻轻敲了门。然后绫很快就出来了。一看到我的脸,她就摇了摇头。

“电话也没打来吧?”

“嗯。”绫无力地点点头。“你那边呢?”

 

「まだ見つかってません。今からもう一度、それらしい場所を当たってみようと思います」

「もういいよ、疲れたでしょう?」綾さんが僕を憐れむようにいった。「休んでいきなよ。シャワー、使っていっていいからさ。その濡れた服は置いていって。着替えはうちの父親のを貸してあげる」

「ありがとうございます。ですが、お構いなく。どうせまたすぐ濡れますから」

綾さんが僕の肩を掴んだ。「ねえ、せめて三十分だけ休んでいって。陽ちゃん、今自分がどんな顔色してるかわかってる? まるで死人みたいだよ」

「生まれつきです。よくいわれますよ」

綾さんの制止を振り切り、僕は再び雨の中に飛び出していった。

“还没找到。我想现在再去那些看起来有可能的地方碰碰运气。”

“够了,已经累了吧?”绫像在同情我一般说道。“去休息吧,淋浴去用就行。那些淋湿了的衣服就放着,换洗衣服借父亲的给你。”

“谢谢,但是不用了。反正马上又会淋湿的。”

绫攥住我的肩膀。“哎,至少去休息个三十分钟。阳,你知道自己现在脸色怎么样吗? 完全跟死人一样了啊。”

“天生的。经常被那么说噢。”

我挣开绫的阻拦,再次跑进雨中。

 

明け方まで捜索を続けたが、結局、僕は初鹿野を見つけられなかった。

ラジオ体操に向かう小学生たちと擦れ違いながら帰宅した。家に着くと、濡れた服を脱ぐよりも先に、非常識な時間帯と知りつつ千草の家に電話をかけた。中断した話の続きが知りたかったのだ。訊きたいことが山ほどあった。しかし、ベルを十回鳴らしても反応はなかった。まだ誰も起きていないのだろうか? あるいは既に出かけてしまったのだろうか?

僕は諦めて受話器を置いた。濡れた服を脱いでシャワーを浴び、熱い湯船に長時間浸かった。頭の中は空っぽだった。風呂を上がると寝間着に着替え、炊飯器に残った冷めたご飯に卵をかけて食べ、時間をかけて丁寧に歯を磨いてから布団に横になった。こんな宙ぶらりんの状況で眠れるはずがないと思ったが、瞬く間に僕は意識を失い、それから五時間ほど泥のように眠った。

一直搜寻到拂晓,结果我还是没能找到初鹿野。

回家路上跟去做广播操的小学生们擦肩而过。到了家,在脱掉湿透的衣服之前,明知在这样的时间不合常理,还是向千草家拨了电话。因为想知道中断的那番话的后续。想问的东西多得快要堆成山了。可是,铃声响了十下也没有反应。是谁还都没有起床吗? 还是说已经出门了吗?

我断了念头放下了听筒。脱掉打湿了的衣服冲了澡,在澡盆里泡了很久的热水。脑袋里面空荡荡的。出了澡盆换了睡衣,往电饭锅里剩下的冷饭打上鸡蛋吃掉,花了时间仔细地刷了牙,然后躺进被子里。以为在这种没个着落的状况下没可能睡着的,我却在眨眼的工夫就失去了意识,然后烂泥一般睡了五个小时。

 

 

カーテンの隙間から射し込む鋭い陽光に引き起こされた。昨日と打って変わって、気持ちのいい快晴だった。まだ三時間ほど眠り足りないような頭痛がしたが。昨日と打って変わって、気持ちのいい快晴だった。何もかもが悪い夢のような気がして、しかしそれらが現実であることも理解できていた。階段を下り電話の前に立ち、受話器を取って初鹿野の家に電話をかけると、ニコール目で綾さんが出た。

「まさに今、そっちに電話をかけようとしていたところ」と彼女は驚いていた。

「ということは、何か進展があったんですか?」

「うん」あやさんの声音は疲れ切っていた。「……ひとまず、最悪の事態だけは免れた、唯は生きた姿で見つかったよ」

僕は胸を撫で下ろし、その場でへたり込んだ。

被从窗帘缝隙里照进的刺眼阳光叫起。跟昨天截然不同,是一个舒服的晴朗天气。像还差三个小时的睡眠一般头痛起来,想着算了从被子里爬起来了。感觉全都像一场噩梦,却又明白着那都是现实。走下楼梯站在电话前,拿起听筒给初鹿野家打电话,响到第二声的时候绫就接了电话。

“就在刚刚,我正要给你打电话。”她惊讶道。

“那是说,有什么进展了吗?”

“嗯。”绫的声音疲惫不堪。“……暂且算是幸免于最差的状况。被发现的时候唯还活着。”

我松了一口气,当场精疲力竭地坐到了地上。

 

だが、あやさんの言い方にはどこかしら引っかかるものがあった。まるで良いニュースと悪いニュースがあって、まず前者だけを聞かされたような。

「最悪の事態だけは免れた。でも、悪い事態が起きたことに変わりはない。そうですね?」

「そういうこと」と綾さんは肯定した。「あたしたちの悪い予感は的中してた。今日の未明、唯は大荒れの海の中に飛び込んだんだって」

ああ、と思わずに声が漏れた。海。完全に盲点だった。どうして僕はそこを捜さなかったのだろう? 最初の自殺未遂の印象が強過ぎて、次もまた初鹿野は首吊りを選ぶと思っていたのだろうか。海という場所が自分にとって身近過ぎたことも理由の一つだろう。

可是,绫的说法哪里有些不对劲。就像同时有好消息和坏消息,只先说出前者一样。

“幸免于最差的状况,但是有不好的事情发生了这点是不变的。对吧?”

“是的。”她肯定道。“我们的不祥预感应验了。今天凌晨,唯跳到了波涛汹涌的海里。”

“啊。”我情不自禁地溢出了声音。海。彻底在盲点里。为什么我没有去找那里啊? 是开始那次自杀未遂留下的印象太深,觉得初鹿野这次也会选择自缢了吧。海这个地方离自己太近了也是理由之一吧。

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. 醬油Project
    醬油Project 发表于: 2015年12月13日 01:52:40

    kk加油…很好看哦

    • kk
      kk 发表于: 2015年12月13日 18:49:07

      蟹蟹喵o3o 努力更完HO

  2. 777
    777 发表于: 2015年12月13日 01:56:09

    果然没有死啊

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部