13Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(十二)

时间: 2015-12-13 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

「助かったのは本当に奇跡としかいいようがない。どうやら、上手い具合に波に押し戻されて砂浜に打ち上げられたみたい。見つけてくれたのは、早朝、海岸付近を散歩していた老夫婦。すぐに一一九番に連絡してくれた上に、奥さんの方が救助員資格の持ち主で、救急車が到着するまでに適切な応急手当を行ってくれたんだって。唯はまだ意識を取り戻したばかりで、深い混乱状態にあるらしいけれど、とりあえず口はきけるそうだから、脳に深刻なダメージがあるわけではないみたい。……ただ、しばらく面会は無理でだって。家族でさえそうだから、陽ちゃんは尚難しいだろうね」

“她能得救真的只能说是奇迹了。好像是非常巧合地刚好被海浪拍回了沙滩上。发现她的是早晨在海岸边散步的一对老夫妇。他们立马联络了119※,而且夫人有救助员资格,所以在救护车到达之前给她采取了恰当的急救措施。唯刚刚才清醒过来,好像还在很深的混乱状态中。但是总之还能讲话的样子,脑袋应该没有受到严重损伤。……不过,暂时是不能探视了。家人也不行,所以阳你见她就更难了吧。”

※ 日本的119相当于国内119+120。

 

僕は呼吸を止めて彼女の話を聞いていた。もはやどんな気持ちになればいいのかさえもわからなかった。初鹿野の無事を喜ぶべきなのか、彼女の自殺未遂を悲しむべきなのか、不幸中の幸いに感謝すべきなのか。

「これから、唯さんはどうなるんでしょう?」

「さっき、それを両親が相談してた。唯が退院したら、療養のために祖母の家に預けようって話になってる。しばらくそこで、外界との関わりを断った生活を送ることになるんだろうね」

「なるほど。……確かに、それが一番いいのかもしれませんね」

我屏住呼吸听着她的话。已经连该是什么心情都不知道了。是该为初鹿野的平安无事感到高兴呢,还是该为她的自杀未遂感到难过呢,或是该感谢这个不幸中的万幸呢。

“之后唯她会怎么样?”

“刚刚父母在商议这个事。说要等唯出院以后,作为疗养让她寄住在祖母家。会在那里暂时过一段时间和外界切断联系的生活吧。”

“果然。……确实那样也许是最好的吧。”

 

綾さんが僕を慰めるようにいった。「ねえ陽ちゃん、君はよくやったと思うよ。昔の友人である唯にどれだけ強く拒絶されても、君は挫けなかった。かといって強引にことを推し進めるでもなく、辛抱強く、適切な距離から唯を説得し続けた。そうして毎晩一緒に出かけるほどの関係にまでなった。それだけじゃなく、唯に友達を作ってあげることにまで成功した。一番近くで唯を見ていたあたしから見て、それは陽ちゃん以外にはできない仕事だったと断言できるよ。逆にいえば、誰がどうがんばったところで、あの子の破滅願望を消し去るのは不可能だった。それだけのことじゃないかな」

「ありがとうござます」と僕は礼をいったが、やはりその後でこうつけ足した。「すみませんでした」

「だから、謝る必要はないんだって」

綾さんは憔悴した声で笑った。

绫仿佛为了安慰我一般说道。“阳,我觉得你已经做得很好了。不管被唯这个以前的朋友多么强烈地拒绝都没有气馁。但也没有强行去逼迫她,而是耐心地、跟她保持着适当的距离去不断地说服她。后来也变成了可以每天晚上一起出门的关系。不止是这些,还顺利地帮她交到了朋友。在唯最近的地方一直看着她的我看来,可以肯定这都是除了阳你以外没有人能做到的事情。反过来说,纵使是不管是谁来多么努力,也没可能消去她毁灭自己的愿望。不是那么简单的事情的啊。”

“谢谢。”我道谢说,还是在后面这样补了一句。“抱歉。”

“都说了,不需要道歉的嘛。”

绫声音憔悴地笑道。

 

 

通話が切れると、僕は間を置かずに千草に電話をかけた。彼女が僕の賭けについて詳しく知っていたことについて問い質す必要があった。

眠っている間に頭が整理されたのか、気づけば僕の頭の中には、千草が賭けの事情に通じていた理由について一つの仮説ができていた。

それは至ってシンプルな仮説だ。

荻上千草は、この奇妙な賭けの経験者である。

电话挂断了,我紧接着给千草打了电话。有必要好好问她为什么会那么清楚我的赌约的事情。

是睡觉的时候脑袋里已经被整理过了吗,注意到的时候,我的脑袋里已经就千草熟知我打赌的事由这件事有了一个假设。

那是一个很简单的假设。

荻上千草,是这个奇妙的赌约的亲历者。

 

電話の女が賭けを持ちかけた相手が、僕一人ではないとしよう。数人か、はたまた数百人かはわからないが、とにかく彼女は僕以外の人間にも賭けを持ちかけており、その中には千草も含まれていた。そして千草は見事その賭けに勝ち——あるいは勝つとまではいかなくとも何らかの方法を使って賭けをやり過ごし——生き延びることに成功した。それゆえに、深町陽介というクラスメイトがかつての自分のように賭けに挑んでいることに気づけた。また賭けの抜け道についても知っていた。

現時点で明らかになっている事実から見出せる仮説の中で、これ以上妥当なものがあるとは思えなかった。無論、僕が何か重要な点を見落としているだけという可能性はある。しかしそれを踏まえても、千草が賭けの経験者であるという仮説にはどこか特別な説得力があった。

假设打来电话的那个女人,不止跟我一个人提出赌约。不知道是跟几个人、抑或是跟几百个人,总之她跟除我之外的人也提出了赌约,那其中也包括了千草。然后千草精彩地赢得了这场赌局——或者就算没赢也用了什么方法平安度过了这个赌局——成功地保住了性命。因而能注意到同班的深町阳介像曾经的自己一样正在一场赌局之中,也知道从这场赌局脱身的方法。

就目前已经明确了的事实能做出的假设中,在这之上我想不到更妥当的了。当然,也有我只是遗漏掉了什么重要地方的可能性。可是就算基于那一点,千草是赌约的亲历者这个假说也有着特殊的说服力。

 

「もしもし?」千草が電話に出た。「深町くんでしょう?」

「そうだ。初鹿野が見つかった。今日の未明に海に飛び込んだらしい。運よく命を落とさずに済んだらしいけど、しばらく面会も難しいそうだ」

「そうですか」とだけは千草はいった。それ以上の感想はないようだった。まるで初めからそうなるのをわかっていたかのような落ち着きぶりだった。

「昨日の話の続きが聞きたい」と僕はいった。

「では、私の家にきてください。長い話になりそうですからね。それに、深町くんに見てもらいたいものがあるんです」

“喂?”千草接了电话。“是深町吧?”

“是的。初鹿野被发现了。她好像今天凌晨跳海了。运气好最后没有丢掉命,但是应该暂时是难见到面了。”

“这样啊。”千草只说了这么一句。似乎除此之外没有别的感想了。就像从一开始就知道会是这样的结果一般,一副镇静的样子。

“我想知道昨天的话的后续。”我说。

“那么,请到我家来,因为看起来话会很长。还有,有想给深町你看的东西。”

 

「見てもらいたいもの?」

「なるべく早めにきてくださると助かります。もう、あまり時間がないようですから」

それだけいって、千草は一方的に電話を切った。

あまり時間がない?

なんのことをいっているのだろう、と僕は首を捻った。その”見てもらいたいもの”とやらが時間の経過によって消えたり損なわれたりするようなものなのだろうか。

ともあれ、僕は千草の言葉に従い、彼女の家に向かった。

“想让我看的东西?”

“能尽早到就好了。因为,好像已经没多少时间了。”

说了那些,千草就自说自话地挂了电话。

已经没多少时间?

在说什么啊,我思量着。那个说是什么“想让我看的东西”,好像是会随着时间经过消损的东西吧。

总之,我按千草所说,向她的家走去。

 

色々な物事が、終わりに近づいていた。道路の至るところに蝉の死骸が転がっていた。干涸びた死骸には小さな蟻がびっしりと群がっていて、遠くから見ると地面そのものがうごめいているようだった。

いつしか蝉時雨ツクツクボウシの声が大半を占めるようになり、夏は終盤へと突入しつつあった。暑い日はこれからもしばらく続くだろう。しかしここから先、もう上昇はない。ひたすら下降するするだけだ。

入り組んだ坂道の住宅街に入り、ややあって千草の家に到着した。二階のベランダの物干しにかけられた洗濯物が、気持ちよさそうに風にはためいていた。

形形色色的事物,都在走近终结。路上到处躺着蝉的遗骸。干透了的尸体旁密密麻麻地聚集着小小的蚂蚁,在远处看像是地面自己在蠕动着一样。

不知不觉中聒耳蝉声已由寒蝉发出的占了大半,夏天渐渐突入终局。热天还会再持续一阵吧。但是从这以后,气温已经不会再上升。只会一味地下降了。

走进错综的坡道上的住宅区,没过一会儿就到了千草家。二楼阳台的晾衣杆上挂着的洗好了的衣服,看起来愉悦地在风中飘舞着。

 

玄関に立ち、呼び鈴を押そうとしたところで、庭の方から僕を呼ぶ声がした。

「こっちですよ」

僕は声のした方を振り向き、丁寧に刈られた芝生に足を踏み入れた。

千草はそこで僕を待っていた。

車椅子に座った千草を見て、僕の抱いていた疑問の数々が、一度に氷解した。

「ねえ、深町くん。私、海にいきたいです」

千草はそういって、小さく首を傾けた。

彼女の手元には、小さな白い花があった。

站在门口,正想按下门铃的时候,院子里传来叫我的声音。

“是这边哦。”

我回头转向传来声音的方向,踩上细心修剪过的草坪。

千草在那里等着我。

看到坐在轮椅上的千草,我怀着的种种疑惑,一下子都消散了。

“呐,深町。我,想去海边。”

千草那样说着,微微地歪过头。

她的手里,有一朵小小的白花。

 

     *

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. 777
    777 发表于: 2015年12月14日 01:25:15

    感觉千夏应该是赌输了吧?

  2. 醬油Project
    醬油Project 发表于: 2015年12月14日 02:58:21

    怎么坐上了轮椅了?

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部