15Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(十四)

时间: 2015-12-15 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

母親がいなくなると、女の子は枕に顔を埋めてめそめそと泣いた。その一連の流れを目撃するたびに、僕は憂鬱になった。どうしてもっと上手くやれないんだ? どうしてもっと素直になれないんだ? 君だって本当は喧嘩なんてしたくないんだろう?僕は彼女の不器用さを憎んだ——だがそれは、自分にも同じような不器用さがあることを自覚していたゆえの苛立ちだったのだと、今になって思う。

僕は泣き虫の彼女を嫌っていたが、向こうは向こうで僕を嫌っていた。僕のもとに結構な頻度で母が見舞いにきて長居していくことに、彼女は腹を立てているようだった。僕の母が病室を訪れ、花瓶の花を替えたり僕のギウスに落書きをしたりする姿を、女の子は毎回恨めしそうに眺めた。見舞いが終わって僕が一人になると、彼女は長い時間をかけてじっと僕を睨みつけた。この恨みは忘れないぞ、とでもいうように。

これは経験のある人間にしかわからないことだが、人は脚の骨を折って入院すると、実に様々な種類の不自由と惨めさを味わうことになる。大袈裟にいえば人としての尊厳いくらかを奪われ、途方もない無力感に襲われるのだ。僕と彼女は、そうした無力感に抗うため、手近な人間を憎むことでどうにか活力を維持していたのかもしれない。

母亲一离开,女孩就把脸埋进枕头里低声啜泣。每当目睹这一连串过程,我就发起愁来。就不能稍微好好表现一点吗? 就不能再坦诚一点吗? 你也不是真心想要吵起来的吧?我憎恨她的笨拙——不过,那是因为自知自己跟她一样笨拙,才会那么着急,如今我是这样觉得的。

我讨厌总是爱哭的她,她也讨厌着我。对我妈妈会以相当的频度来我这里探视、而且会久留这回事,她似乎很生气的样子。每次我妈妈到病房来,换掉花瓶里的花、在我的石膏上乱涂乱画,女孩都会恨恨地盯着她。探视结束后我回到一个人的状态,她就会花很长时间目不转睛地怒视着我。像说着“我是不会忘掉这份恨意的喔。”之类的话一样。

只有经历过的人才会明白,人要是腿骨折了住院,确实会体会到种种不便与悲惨。夸张一点说的话,作为人的尊严多少会被剥夺一部分,还会受到意料之外的无力感的侵袭。我和她为了与这种无力感抗争,也许是依靠憎恨身边的人来勉强维持着活力的。

 

 

僕と彼女に間に停戦協定が結ばれたのは、僕が入院して一ヶ月が過ぎた頃だった。その日、僕がいつものようにベッドで本を読んでいると、すっかり薄暗くなった窓の外から祭囃子が聞こえてきた。

怪我をしている方の脚を庇いながら時間をかけて片足で立ち上がり、窓際に立って外を見下ろすと、薄暗い通りを何十人もの人が同じ方角へ向かって歩いていた。家族連れが多いが、学校帰りと見られる制服を着た学生も大勢いた。僕と同じくらいの年格好の子供も少なくなかった。そして誰もが一様に笑い合っていた。

我跟她缔结下停战协议,是在我住院一个多月的时候。那天,我跟平常一样在床上看书,听到从已经完全暗下了的窗外传来了祭典的声音。

保护着受伤的那条腿,费劲地靠一条腿站起来,站到窗边往下看,看到昏暗的大街上几十个人都朝同一个方向走着。有不少是一家人一起的,也有很多穿着校服、看起来是放学回来的学生。和我差不多年纪的小孩也不少。而且,他们不管是谁都同样在欢笑着。

 

通りを流れる人々を観察しているうちに、僕はその中に何人かのクラスメイトを発見した。反射的に声をかけようとしたが、寸前で思い直した。ここで彼らと言葉を交わせば、一時的には寂しさが紛れるかもしれない。しかし、祭りに向かう彼らと病室の窓から顔を合わせてしまったその瞬間、あちら側とこちら側の間に明確な境界線が引かれてしまう——そんな気がした。

いや、境界線はすでに引かれてしまっているんだ、と僕は思った。これまで僕がその存在に無自覚だっただけだ。僕と学校の皆との間には、すでに取り返しがつかないほどの隔たりが生じてしまっている。僕がベッドに寝転がって天井の染みを数えている間にも、彼らは友人とかけがえのない時間を過ごし、大切な思い出をたくさん作っているのだ。

观察街上的人流时,我发现其中有几个同班同学。条件反射般想要打声招呼,却在临出声那瞬间改了主意。这时去跟他们寒暄,也许能一时排遣掉寂寞。可是,在病房的窗前跟前去祭典的他们照面的一瞬间,他们和我之间就会被划出一条明显的界线——我有这样的预感。

不对,界限已经划清了,我这样想到。只是至今为止我未曾察觉到它的存在罢了。我跟学校的大伙之间,已经产生了无可挽回的距离。因为我闲躺在床上、数着天花板上的污渍的时候,他们在和朋友度过独一无二的时间,制造着大把珍贵的回忆啊。

 

自分だけが、世界から完全に置いてけぼりにされてしまった気分になった。いつの間にか、目が涙で滲んでいた。慌てて目を擦り、それが流れ落ちてしまう前に拭き取った。僕はベッドに腰を下ろしてゆっくりと深呼吸し、目をつむって涙腺の活動が収まるのを待った。

そのときふと、すぐ近くでしゃくり上げるような声が聞こえた。自分でも気づかないうちに泣き声を漏らしてしまっていた、というわけではなさそうだった。目を開くと、例の女の子がベッドから身を乗り出して窓から外を眺めているのが見えた。

彼女の頬は、涙で濡れていた。

きっとあの子も僕と似たような孤独感を味わっているのだろう、と僕は思った。

このとき僕が彼女を慰めてあげようなどと考えたのは、そうすることによって遠回しに自分自身をも慰められるとわかっていたからだと思う。つまり——自分の不幸を慰めるのは難しいが、自分の不幸とよく似た他人の不幸を慰めるのはそれほど難しくない。そして自分の不幸とよく似た他人の不幸を慰められることが証明された後では、自分の不幸を慰めるのは容易い。そういうことだ。

感觉只有自己,被世界彻底撇到了一边。不知不觉中,泪水模糊了眼睛。慌张地抹抹眼睛,在它流下之前擦干。我坐到床上,慢慢地深呼吸,闭上眼睛等待泪腺的活动平息。

那时突然,从很近的地方传来一阵抽噎似的声音。看起来应该不是自己不经意间溢出了哭声。睁开眼睛,看到那个女孩从床上探身出去,眺望着窗外。

她的脸颊被泪水打湿。

想来她肯定也在体味着跟我相似的孤独感吧。

我想这时我之所以会想要给她一些安慰之类的,是因为知道那样可以同时迂回地安慰到自己。也就是说——宽慰自己的不幸很难,而安慰遭遇跟自己相似的不幸的别人却并不那么难。然而当跟自己遭遇相似不幸的他人得到了宽慰这点得到证明之后,安慰自己会变得简单起来。就是这么回事。

 

僕は床頭台からハンカチを取り出し、テーブルの花瓶から小さな白い花を一本抜き取って適切な長さに折った。そして必要な準備を整えた後、片足で慎重に立ち上がり、女の子に声をかけた。

慌てて涙を拭いて振り向いた彼女の目前に、僕は両手のひらを掲げ、そこに何も握られないことを確かめさせた。女の子はきょとんとした顔で僕の手のひらと顔を交互に見て、「なんでしょう?」としゃっくり混じりの声で訊いた。

「なんだと思う?」と僕は訊き返し、向こうの警戒心を解くために表情を崩した。きっと、とてもぎこちない笑顔だったと思う。「すぐにわかるよ」

我从床头柜里拿出手帕,从桌上的花瓶里抽出一枝小小的白花,折成合适的长度。然后做好必要的准备后,单脚小心地站起来,跟女孩子打了声招呼。

在慌忙擦去眼泪转过身来的她的面前,我举起两手手掌,让她确认我的手里什么都没有拿。女孩呆呆地让视线在我的手掌和脸上徘徊,“这是干什么?”她声音夹着嗝儿问道。

“你觉得是什么?”我反问道,为了消解她的警戒感,我笑了起来。我想,那一定是个很僵硬的笑容。“很快就会知道的哦。”

 

僕は左手の上にハンカチを被せ、右手で念を込めるようにそれを撫でた後、すっとハンカチの覆いを外し、そこに現れた白い花を女の子に差し出した。女の子は目を見開いて何度も瞬かせ、おそるおそる両手で花を受け取り、それを色んな角度から眺めた。花が造花ではなく本物であることを確かめた彼女は、それを愛おしそうに枕元の小振りな花瓶に挿し込んだ。そしてまた僕に向き直り、泣き腫らした顔でにっこりと僕に微笑みかけた。

我把手帕盖到左手上,用右手聚精会神地抚摸后,唰地一下揭开盖着的手帕,把出现在左手的白色的花递给女孩。女孩睁着眼睛不停眨巴着眼,小心翼翼地用两手接过花。换了各个角度注视着它。确认了它不是假花而是真正的花,她看起来很珍惜地把它插进枕边小号的花瓶里。然后又转向我,带着哭肿了的眼睛,高兴地朝我微笑起来。

 

 

それからというもの、僕は一日に一度、その日練習した手品を女の子の前で披露するようになった。夕食を終えて食器が片づけられると、彼女は僕に手招きし、両手を行儀よく膝に乗せて僕のショーが始まるのを待つ。僕は片足で彼女のベッドの脇まで歩いていって椅子に腰かけ、その一日密かに死にもの狂いで練習した手品を、さもやり慣れているかのような顔で披露する。手品の出来にかかわらず、彼女は両手を小さく叩いて拍手をしてくれた。

从那以后,我每天都会在女孩面前展示一次当天练习的魔术。吃完晚饭收拾好餐具,她就会向我招手,端端正正地把双手放在膝盖上,等待着我开始表演。我单脚走到她的床边,坐到椅子上,把一整天暗中偷偷练习的魔术,一副非常熟练的样子表演。不论魔术完成得怎样,她都会轻轻地拍手,为我鼓掌。

 


kk:贴吧翻译上卷的人最近会忙起来,所以弃坑了(゚ロ゚;)

现在他更完了前两章。

似乎一月上卷会出台版的样子(?)

 

按现在进度下去二月底之前可以更完下卷,

所以想问下是想看从上卷第三章开始继续翻

还是就按现在进度继续。

 

我也会渐渐忙起来

所以就个人来说是想按计划下去的= =

但是听各位的喔(*゚ー゚)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 无名氏
    无名氏 发表于: 2015年12月15日 23:42:29

    就我来说很难抉择啊。。

  2. 脑残粉
    脑残粉 发表于: 2015年12月15日 23:46:52

    照自己的步调来吧

  3. ~~~
    ~~~ 发表于: 2015年12月16日 00:01:13

    个人来说希望按现在的进度继续下去哦

  4. 777
    777 发表于: 2015年12月16日 12:53:38

    呜……好纠结啊,又想看第三章又想这样看下去

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部