17Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(十六)

时间: 2015-12-17 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

第9章 僕ではない誰かの名前

第九章 某个不是我的人的名字

 

翌日の午後、檜原が僕の家を訪れた。呼び鈴は十秒間隔で何度もなっていたし、僕の耳にもその音は聞こえていたのだが、呼び鈴の音とそれが意味しているものが上手く結びつかず、来客に気づくまでしばらく時間がかかった。

僕は布団からむくりと起き上がり、カーテンを閉め切った薄暗い部屋を出て、眩しさに目を細めながら階段を下りた。来客が檜原であることは呼び鈴の押し方でわかった。彼が連絡もなしに直接訪ねてくるのは滅多にないことだった。ひょっとすると、初鹿野か千草、もしくはその両方に起きた異変に早くも気づいたのかもしれないな、と僕は思った。

次日下午,桧原到我家来了。门铃十秒一响,响了不知道多少下,耳朵明明也已经听到了那声音,我却没能好好联系起门铃的声响跟它所代表的意思,花了一段时间才反应过来是有访客。

我蓦地从被子里爬起,走出紧拉着窗帘的昏暗房间,下楼梯时被光线晃得眯起了眼睛。按门铃的方式告诉了我访客是桧原。他不事先联系就直接登门的情况都没怎么有过。说不定,他也许已经发觉了初鹿野或者千草的,抑或两者的异状。我这样想到。

 

ドアを開けるなり、檜原は僕に詰め寄った。彼にしては珍しく、その表情は困惑と焦りに満ちていた。

「お前、どこまで知ってる?」と彼は訊いた。

「多分、そっちから話した方が早い」僕は彼の脇を抜けて外に出ると、玄関前の階段に腰を下ろした。「どこまで知ってる?」

檜原はしばらくものいいたげな目で僕を睨んでいたが、やがて諦めたように肩を落とし、僕の隣に座り込んだ。

刚一打开门,桧原就逼近我身旁。他的脸上少有地填满了困惑与焦躁。

“你知道多少了?”他问。

“也许问你会比较方便。”我勾住他的手臂出了门,坐到在门口的台阶上。“知道多少了?”

桧原眼神里写着欲言又止,一直盯着我,最后还是放弃了一般,气馁地坐到了我旁边。

 

「昨日の昼頃、千草から電話があった」檜原はポケットから煙草を取り出し、落ち着きのない手つきで火をつけた。「一応電話番号は交換していたが、向こうから電話がかかってくるのは初めてだった。驚いた俺が『どうした?』と訊くと、千草いった。『いいですか、檜原さん。これから私のいうことを、よく聞いてくださいね』。意味はわからなかったが、ひとまず俺はそれを承知した」

昼頃というのは、おそらく僕が千草の家に着く前のことだろう。彼女は僕に手紙を残すだけではなく、檜原にも電話をかけるという形でメッセージを残していたのだ。

“昨天中午的时候,千草打来了电话。”桧原从口袋里掏出烟,手法急躁地点上火。“姑且算是交换了电话号码,可她打电话过来还是头一回。我惊讶地问她,‘怎么了?’。千草说,‘桧原。仔细听好我接下来的话,好吗’。我不懂那是什么意思,还是暂且答应下了。”

中午的话,那大概就是在我到千草家之前的事吧。她不止是给我留下信,也有以打电话的方式给桧原留下信息啊。

 

檜原は続けた。「短いのに、要領を得ない話だった。『これから、いくつか奇妙なことが起こるかもしれません。でも、誰のことも責めないであげてください』、そう千草はいった。『それだけか?』と俺が訊ねると、『それだけです』と答えた。直後、電話が切れた。なんだか気になる物言いだったが、その日は天体観望日和だったし、夜に会ったとき本人に直接確かめればいいだろうと思った」

「奇妙なこと、か」と僕は彼の言葉を繰り返した。「荻上は、そういったんだな?」

桧原继续说道。“她说的话明明不长,却让人摸不着头脑。‘接下来,也许会有几件奇妙的事情发生。但是,请不要去责怪任何人,’千草那么说道。问她‘只是这些?’。她回答说‘只是这些。’紧接着,电话就挂断了。虽然她的说法很让人在意,但是那天是观测星体的好天气,就想着等晚上见面的时候,直接当面弄清楚就好了吧。”

“奇妙的事情,吗。”我重复着他的话。“荻上,是那么说的吗?”

 

「ああ、一字一句違わずな。そして昨晩、廃墟には誰一人として現れなかった。これが千草のいう“奇妙なこと”なんだろうか? そう俺は思った。でもその考えは、今一つしっくりこなかった。なんというか、千草ならこういう事態を“奇妙なこと”とは表現せず、もっと別の言い回しをする気がした。ひょっとすると、三人が姿を見せないのは、すでに起きてしまった“奇妙なこと”が及ぼした影響のほんの一部に過ぎないんじゃないか? 俺はそう考えた」

「それで、荻上に電話をかけた」

“嗯,一字不差喔。结果昨晚,废墟那里一个人都没。这就是千草所说的‘奇妙的事情’吗? 我那么想到。但是那样的想法,总觉得还是有哪里不太对。怎么说呢,感觉要是千草的话,不会把这回事称作‘奇妙的事情’,会用些别的说法来形容。说不定,你们三个没有出现,不过只是已经发生了的‘奇妙的事情’带来的影响中极小的一部分罢了。 我那样觉得。”

“所以就给荻上打了电话。”

 

「ああ、今日の午後になって千草の家に電話をかけたが、誰も出なかった。いよいよ嫌な予感がして、俺は時間を置いて何度も繰り返し電話をかけた。夕方頃になって、ようやく受話器が取られた。電話に出たのは千草の母親らしき人物だった。千草は今そこにいるかと訊ねると、彼女はしどろもどろの言葉を返した。なんだかひどく取り乱しているようだったこれは本当にまずいことが起きたんだろうな、と俺は直感した。自分が千草と親しい友人だということを伝えると、向こうは突然堰を切ったみたいに泣き出した。そうして俺は、千草が今朝方、水難事故で亡くなったことを知らされた」

「水難事故?」思わず僕は訊き返した。千草は確かに、僕の眼の前で泡になって消えたはずだ。だが死因がはっきりしているということは、どこかで遺体が見つかったということに他ならない。「一体どこで?」

“嗯。今天下午给千草家打了电话,谁也没来接。不详的预感越来越强烈,我就隔一段时间打一次电话,不知道打了多少回。到了傍晚,对面终于有人接了电话。接电话的似乎是千草的母亲,问她千草在不在那里,她给的回答语无伦次。给人一种非常张皇失措的感觉。直觉告诉我,这真的是发生了什么糟糕的事了吧。告诉她自己是千草的好朋友,对面就像决堤了一样哭了起来。然后我就被告知,今天清晨前后,千草溺水身亡了。”

“溺水?”我不自觉地重复着问道。千草确实该是在我面前化作泡沫消失了的。但是死因被明确了,也就只能说是遗体已经在哪里被发现了。“到底是在哪儿?”

 

「隣町の海岸に打ち上げられていたそうだ。発見者がすぐに救急車を呼んだが、もう手遅れだった。千草の母親は娘の事故死に伴う手続きに追われていて、俺の電話に出た時は必要な荷物を取りに来たところだったらしい。俺はあまりのショックにお悔やみの言葉すらいえなかった。千草が死んだ? とてもじゃないが、信じられなかった。だが同時に、俺は心のどこかで納得していた——ああ、“奇妙なこと”というのはこれのことだったんだな、と」

檜原は一本目の煙草を吸い終えると、時間を置かず次に煙草に火をつけた。まるで自分の感情を煙でごまかそうとしているみたいに。

“听说是被冲到邻市的海岸上了。发现的人马上就叫了救护车,可是已经晚了。千草的母亲正忙于处理女儿事故死亡后的各种手续,接我电话时是在拿必要的行李的样子。我受到的冲击太大,都没能说出哀悼的话。千草死了? 不管怎么说都难以置信。可是同时,我的心里某个地方接受了这件事——噢,‘奇妙的事情’说的是这个啊。”

桧原吸完第一支烟,紧接着点上了下一根。像要用烟雾来把自己的感情掩盖住似的。

 

「俺には、千草が自分の死期を悟っていたとしか思えなかった。となると、彼女の死は水難事故ではなく自殺だったという可能性が出てくる。だが千草が死ななきゃいけない理由なんて、俺には思いつかなかった。確かにあの子がしていた恋は報われる見込みのないものだったが、それを理由にして自殺するような女の子じゃない。ふと、深町ならその事情を知っているかもしれないと思い電話をかけたが、そのときお前は家にいなかった。そこで次に、俺は初鹿野の家に電話をかけた」

初鹿野の名が出た途端、これまで一定の調子が保たれていた檜原の声音に揺らぎが生じた。彼は悲しんでいるというよりは、何かに対してひどく腹を立てているようだった。

“我只能认为千草是发觉了自己的死期。那样的话,她的死也就有了不是意外溺水而是自杀的可能。可是千草不得不去死的理由,我想不到。虽然她的单恋确实没有一点得到回报的希望,但她不是会把这种事当作理由自杀的女孩子。突然想到深町你有可能会知道内情,就给你打了电话,可是那时你不在家。接着,我就向初鹿野家打了电话。”

提到初鹿野的名字的瞬间,语调一直保持着稳定的桧原,声音里出现了动摇。说他是感到悲伤,不如说是在对什么感到很愤怒一样。

 


kk:突然感觉大家是不是木有看到(十)反白的那部分?

当时是怕有剧透(?)反白了,现在感觉没有看到反而会有问题(゚ロ゚;)

稍微粘一下。

 

“深町在一个公共电话亭接到一通来自一个陌生女人的电话,

她提议要和深町打赌,期限是五十天(七月十三日-八月三十一日)

若在期限内能与初鹿野两情相悦,那么就算深町赢

开始的标志是,深町脸上痣的消失、与初鹿野的再会

(他与初鹿野的再会,就是上面说到的目睹初鹿野自杀未遂的场面。)

 

女人一开始没有讲,开始之后才说明的是,参加费和深町的筹码

参加费:一点点的灵魂

筹码:没有详细说明,提示是安徒生《海的女儿》的故事。

   深町马上反应过来,是自己的存在。

   失败的话,自己就会消失。”

 

就这样来说的话……我是觉得是被电话里的女人变成泡沫了,而不是投海去(´Д⊂

但是每翻一点都会突然转折一下,也不能确定……

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 醬油Project
    醬油Project 发表于: 2015年12月18日 00:59:08

    小说什么的就不要反白啦…感觉这之后全员都出事了啊…

  2. 脑残粉
    脑残粉 发表于: 2015年12月18日 01:09:20

    然而尸体酱已经找到了

  3. 777
    777 发表于: 2015年12月18日 03:44:06

    呜……这下怎么办,以三哥以往的小说来看应该不会有死后复生的情节吧

    • 777
      777 发表于: 2015年12月18日 03:45:20

      还是说要像重启人生一样时光倒流

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部