19Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(十七)

时间: 2015-12-19 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

「電話に出たのは初鹿野の母親だった。初鹿野は家にいるかと俺が訊くと、ここでもまた曖昧で歯切れの悪い答えが返ってきた。千草のときと同じように俺は自分が初鹿野の親しい友人であることを告げたが、こっちの母親は用心深かった。長い押し問答の末、突然電話の相手が若い女に代わった。おそらく初鹿野の姉だと思う。彼女は俺にいくつか質問をして、俺が本当に初鹿野の友人であることを確かめた。俺が嘘をついていないことがわかると、彼女は『疑って悪かったね』と謝罪した後で、初鹿野の身に起きたことを説明してくれた」

檜原はそこで僕の反応を窺うように言葉を切った。

「初鹿野は、千草とは別の時間、別の場所で、けれども同じように水難事故に遭っていた」と僕は彼に代わっていった。「そうだろう?」

“接电话的是初鹿野的母亲。我问初鹿野在不在家,收到的又是暧昧而含糊不清的回答。像跟给千草家打电话时一样,告诉了她自己是初鹿野的好朋友,可是初鹿野的母亲很谨慎。各执己见僵持了很久,突然对面换了一个年轻女子来接电话。我猜大概是初鹿野的姐姐。她问了我几个问题,确认了我真的是初鹿野的朋友。她明白了我没在说谎,道歉道,‘不好意思,怀疑了你’,然后跟我说明了发生在初鹿野身上的事。”

桧原说到那里停了下来,像是要来窥探我的反应。

“初鹿野在不同的时间、不同的地点,却跟千草一样遇上了溺水事故,”我替他说到,“是这样吧?”

 

「一体何が起きてる?」檜原は煙草を足下に落とし、吸い殻を踏みつけてぼろぼろになるまで地面に擦りつけた。「お前は何か知ってるんじゃないのか?」

「いや、僕もそれ以上の情報は持っていない」

「でも、心当たりくらいはあるだろう?」

「わからない」と僕は頭を振った。「なあ、檜原。悪いけど、しばらく一人でいさせてほしいんだ。まだ僕も色々なことが受け入れられないし、頭の整理もできていない。もし何か思い当たることがあったらこっちから連絡する。だから、今日はもう帰ってくれないか」

檜原は僕の心の内を探るように、こちらの表情の些細な変化に目を凝らしていた。そしてそこに本物の悲しみらしきものがあることを察したのか、諦めたように溜め息をついた。

“到底发生了什么?”桧原把烟丢到脚下,狠狠踩住烟蒂在地上摩擦,直到它破烂不堪。“你知道些什么的吧?”

“没,我也没有更多的信息了。”

“可是,至少有点线索的吧?”

“不知道,”我摇摇头。“喂,桧原。抱歉,我想一个人待一会儿。我还有很多事情没反应过来,脑袋里一团乱。要是想到什么的话我会联系你的。所以今天你可以先回去吗。”

桧原想来看清我的内心一样,目不转睛地盯着我表情上细微的变化。大概是注意到那上面有确实的悲伤,想开了般叹了口气。

 

 

「俺は俺なりの方法で二人の水難事故の原因を調べてみる。納得ができる答えが得られるまで、とことんやる。そしてもし千草の死が事故ではなく何者かの手によってもたらされたものだとわかったら、俺はその犯人を見つけ出して徹底的に痛めつける。事情によっては、千草と同じ目に遭わせることも辞さない」

檜原は立ち上がり、ぼろぼろの吸い殻を蹴って排水溝に落とした。

「気が向いたら連絡しろよ。じゃあな」

「ああ、わかった」

彼が帰った後、僕は再び自室にこもって布団に寝転んだ。千草の死を公的な事実として知らされたことで、僕は体の一部分がごっそりと削り取られてしまったような喪失感に陥っていた。

“我会用我的方法去试着调查她们两个溺水事故的原因。会一直调查下去,直到能得到一个让人满意的答案的时候。然后要是让我知道千草的死不是事故而是哪个人导致的的话,我会把那个犯人揪出来,狠狠地给他好看。根据情况,让他体会一下千草的遭遇也不介意。”

桧原站起来,把破破烂烂的烟头踢到了排水沟里。

“有心情了记得联系我。先走了。”

“嗯,知道了。”

他回去后,我又闷到房间里躺倒在床上。千草的死成为了公共的事实这件事,让我陷入了一阵仿佛身体的一部分被彻底剜去了一般的空虚里。

 

“僕もそれ以上の情報は持っていない”と僕は檜原にいった。もちろんそれは嘘だった。僕は少なくとも千草の死の真相については詳細まで知っていた。それどころか、見方によっては僕が彼女を殺したようなものだった。

そして千草が別れ際にくれた手紙には、初鹿野が償おうとしていた「罪」について詳しく書かれていた。あの空白の四日間に、何が起きていたのか。千草は僕のためにそれを独自に調べ、真相と思われるところまで辿り着いていたのだ。

「本当はもっと早く、このことを深町くんに伝えるべきだったのでしょうけれど」と手紙には書かれていた。「競争相手を蹴落とそうとしている嫌な女の子のように思われるのが怖くて、これまでずっと黙っていました。すみません」

僕はそれを読んで、初鹿野がなぜこのタイミングで自殺しなければならなかったのかがなんとなくわかった気がした。

多分、初鹿野は、誰よりもあの天体観望の日々を楽しんでいたのだ。

そしてだからこそ、これ以上自分だけが生き続けているわけにはいかないと思ったのだろう。

“我也没有更多的信息了。”我这样跟桧原说了。那当然是谎话。至少对千草死亡的真相我是知道详情的。岂止是那样,从某种角度看来几乎就是我把她杀死的。

千草分别时给我的信里,细致地写了关于初鹿野想要偿还的”罪孽“。在那空白的四天里究竟发生了什么。千草为了我独自去调查了那些,终于摸索到可被认作真相的那一步。

“本来是该在更早一点的时候就把这些告诉你的,”信里这样写道,“可是怕被当做是为了排挤竞争对手才做这些的让人讨厌的女孩子,所以之前一直都没有说。对不起。”

看完那些,我感觉似乎明白了一些初鹿野不得不在这个时候去自杀的理由。

恐怕是因为,初鹿野她,比谁都更享受着那观测天体的每一天。

正因如此,她才会觉得不能再这样只有自己一个人继续活下去了吧。

 

     *

 

洗面台の鏡の前に立ち、油性ペンの蓋を開け、ペン先を目元に押しつけた。鏡に近寄り間近で見てみたが、その黒点はとても自然に僕の肌に馴染んでいた。何も知らない人が見れば、本物の泣きぼくろだと思うだろう。

檜原が僕の家を訪れてから二日が過ぎていた。その間、僕はカーテンを閉め切った自室にこもって過ぎ去ったあれこれについてひたすら自問し続けていた。僕は初鹿野を部屋から連れ出すべきではなかったのか、初鹿野が再び自殺に走ったのは僕がよけいなお節介を働いたせいではないか、千草を救う方法は本当になかったのだろうか、僕がもっと早く初鹿野を諦めていれば少なくとも千草の命だけは助かったのではないか、この最悪の結末を招いたのは他でもない僕自身だったのではないか……一度考え出すと止まらなかった。自分のしてきたことは何もかも的外れだったように思えた。

站在洗脸台的镜子前,打开记号笔的盖子,把笔尖按在眼角边。凑近镜子到近处观察,那个黑点已经自然地融在了我的皮肤里。不知情的人看到,会当作是真的泪痣的吧。

自桧原来访我家已经过去了两天。这两天里,我一直闷在紧拉着窗帘的房间里,不停地就之前发生的各种事情质问自己。我是不是不该把初鹿野带出房间的;难道不是我的多管闲事让初鹿野再次自杀的吗;真的没有办法去解救千草了吗;我要是早点放弃初鹿野的话,不是至少还能救下千草的命吗;造成这个最糟糕的结果的不是别人,正是我自己吧……一旦开始思考就没有了尽头。感觉自己的所作所为好像全都落空了。

 

一日中布団に横たわって天井を眺めていると、初鹿野が薄暗い部屋にこもっていた理由がわかった気がした。一度後悔の渦に飲まれると、もう何をしても事態を悪化させてしまうだけではないかという無力感が脳を支配するようになり、自室の外に出ることさえ困難になってしまうのだ。そして常時、茫然とした死への憧れに付きまとわれるようになる。まるで何かの呪いにかけられたみたいに。

窓の外では相変わらず蝉が鳴いていたが、一週間前と比べるとその数は著しく減少していた。日が暮れるのも、心なしかずいぶん早くなったように感じられる。暑いことには暑いが、耐え切れないほど暑い日というのは十日ほど前に経験したきりだ。

夏の終わりが先か、僕の死が先か。僕はできることなら夏が終わってしまう前にこの世界を去りたかった。入道雲が消えてしまう前に、蝉がいなくなってしまう前に、ひまわりが枯れてしまう前に。いつだって、一番寂しいのは、そこを最後に去る者だから。

整天躺在被子里盯着天花板,感觉好像明白了为什么初鹿野要把自己困在昏暗房间里:一旦被后悔的漩涡吞没,脑袋就会被“做什么都只会让事态恶化而已”这种无力感支配,连走出房间都变得困难起来。然后平常也会渐渐被隐隐约约的、对死的向往纠缠住。就像被什么诅咒了一般。

窗外蝉鸣依旧,跟一周前比起却已明显消减了许多。也许是心理作用,感觉太阳落山也早了很多。热还是热着的,可是酷热难忍的日子也停留在大约十天前的感触了。

是夏天先结束,还是我先死去呢。要是可以的话,我想在夏天结束之前离开这个世界。在积雨云消失之前,在蝉不见之前,在向日葵枯萎之前。因为最寂寞的,总是最后离开那里的人。

 

 

二十日の朝、檜原から電話があった。食事さえ億劫になっていた僕だったが、電話のベルの音を聞いた途端、自然に体が動いた。僕の体はまだ、初鹿野と電話が繋がったときの喜びを忘れられずにいたのだろう。

電話の主は檜原だった。

「この四日間、駆けずり回ってたよ」と彼はいった。「でもおかげで、大体のことはわかった」

「大体のこと?」まさかたったの四日で電話の女との賭けのことまで突き止めたわけではあるまいと思いつつ、僕は訊き返した。

「ああ。二人が海に落ちた理由が、大体わかった。千草と初鹿野、二人の経歴を洗ってみたんだ」

「一体どうやって?」

二十号的早晨,桧原打来了电话。尽管我已经连吃饭都嫌麻烦,可是一听到电话铃响起,身体就不由自主地行动起来了。是我的身体还没有忘记掉,跟初鹿野接通电话时的欣喜的缘故吧。

打电话来的是桧原。

“这四天里,真是东奔西走了一回哦,”他说,“但是也多亏这样,知道事情的大概了。”

“事情的大概?”想着“不会仅仅用四天就已经查到跟电话里的女人的赌约了吧”,我反问道。

“嗯。试着去彻查了千草和初鹿野两个人过去的经历。两人会落海的理由,已经大致明白了。”

“到底是怎么做到的?”

 

「まず千草についてだが」彼は僕の問いを無視していった。「彼女の経歴に関しては、これといって怪しい点はなかった。他人との揉め事とは無縁の、落ち着いた生活を送っていたみたいだ。ただ一つ意外だったのは、千草が小学生の頃からつい最近まで、車椅子生活を送っていたらしいってことだ。事故で腰椎を損傷して長い間立つこともままならなかったが、ようやく歩けるようになったところだったそうだ」

「それで」僕は先を促した。「初鹿野の方は?」

“首先是关于千草,”他没理我的提问,说道,“她的经历里没什么特别可疑的地方。似乎生活平静,跟和别人起争执这种事也无缘的样子。只有一点很意外,千草从小学起直到最近,好像一直都在轮椅上生活。事故导致腰椎受损,很久没能站起来了,但是好像最近渐渐能走路了。”

“那,”我催着他往下说,“初鹿野那边呢?”

 

「対照的だよ」彼は不吉なニュースを読み上げるようにいった。「かつての初鹿野の同級生に聞き込みをして回ったんだが、初鹿野について訊ねると皆口を揃えていうんだ、『昔はあんな子じゃなかった』、『素直で明るくて皆に好かれていた』と。ほとんどの人はその変貌を、中学二年の冬に彼女の顔にできた痣のせいだと考えているみたいだった。痣ができてから徐々に性格が変わって、半年も経つ頃には人が変わったようになっていた、というのが大方の見解だった。……だが、中には違った見方をする人たちもいた。中学三年の夏、初鹿野が、何の予告もなしに四日間連続で学校を休んだことがあったらしい。そしてその四日間を境に、素直で明るく皆に好かれていた初鹿野は、今のような無口で暗い人間に変わってしまった——というのが彼らの見解だった」

受話器の向こうで彼がソファか何かに腰を下ろす音がした。

“正相反哦。”他像播报糟糕的新闻一样说道,“向初鹿野之前的同学打听了一圈,向他们问起初鹿野,所有人的回答都一样。说是‘以前不是那个样子的’、‘率直开朗,很受大家喜欢’。好像几乎所有人都认为,她的变化是中学二年级的冬天出现在她脸上的那颗痣导致的。自从那颗痣出现,渐渐地变了性格,过了半年整个人都变了。这是大部分人的看法。……不过,其中也有持不同意见的人。中学三年级的夏天,初鹿野她好像有一次没有留任何通知,连续四天缺席了学校。以那四天为界,那个率直开朗大家喜爱的初鹿野,变成了现在这样沉默阴郁的人——这是他们的见解。”

话筒对面传来他好像坐到沙发之类的什么上面的声音。

 

「普通に考えたら、筋が通ってるのは前者の見解だ。人の性格というのは四日や五日で変わるものじゃない。だが俺にはなぜか、その空白の四日間にこそ俺の疑問を解く鍵がある気がした。……結果からいえば、その勘は的中していた。初鹿野が学校を休んだのは夏休みが始まる直前、七月二十日前後のことだったそうだ。俺はその辺りに絞って、初鹿野の身の回りで起きた出来事について調べ上げた。彼女の所属するクラス、学年、学校と徐々に範囲を広げていくうちに、俺は一つの奇妙な事件に行き当たった。それは隣町で起きた事件で、空白の四日間の二日目と日付が重なっていた。その日、山奥の廃墟で、二人の女子中学生の焼死体が発見されたそうだ。自殺で、きちんと遺書も残されていたと、新聞にはそう書かれていた」

彼の調査の手際のよさに内心驚嘆しつつ、僕はいった。「ニュースにもなったし、学校の集会でも触れられたからよく覚えてるよ」

“一般想来,是前者比较合理。人的性格又不是四天五天就能改变的东西。可是我不知为何,觉得那空白的四天里才有解决我的疑惑的关键。……从结果来说,那个直觉命中了。初鹿野没去学校是在快到暑假的时候,也就是七月二十号前后的事。我把时间限定在那附近,详细调查了发生在她身边的事。她所在的班级、年级、学校,这样逐渐扩大范围的时候,我注意到了一个奇妙的事件。那是在邻市发生的事件,而且跟空白的四天里中的第二天的日期重合。那天,在深山的废墟里,发现了两名女中学生被烧焦的尸体。是自杀,且有好好地留下遗书,报纸上那样写着。”

我一边在心里惊叹着他调查手段的高明,一边说道:“报纸上有登载,学校集会时也有提到,所以还记得很清楚。”

 

「そう、この辺りじゃ有名な事件だ。しかしその時点では、焼死した二人と初鹿野との間には何の共通点もないように見えた。だが俺には奇妙な確信があった。この二人の死と初鹿野の空白の四日間が重なっているのは絶対にただの偶然じゃない。調べを進めるうちに、予想通り、自殺した二人と初鹿野を結ぶ糸が見つかった。三人は小学生の頃、一年間だけ同じ塾に通っていた。……さて、ここで俺は少々発想を飛躍させてみた。廃墟で行われたその凄絶な焼身自殺が、実は二人ではなく、三人によって企図されていたものだとしたら?焼死体は本来二体ではなく三体できあがる予定だったのに、途中で一人が逃げ出していたとしたら?」

僕は言葉を失った。

――檜原は、たったの四日間で、そこまで辿り着いてしまうのか?

“是,这在周边都是有名的事件。到这里,烧死的两人和初鹿野之间仿佛还看不出有什么关联。可是我却有着奇妙的信心。这两个人的死和初鹿野的空白的四天的重合,绝对不只是偶然。继续调查时,正如所料,发现了自杀的两人与初鹿野之间的联系。三个人小学时,有一年上了同个补习班。……于是,在这里我稍微有些跳跃地试着推测了一下。废墟里的惨烈的自焚行动,如果实际上不是两个人,而是三个人一起策划的的话? 计划中被烧焦的尸体本不是两具而该有三具,而有一人在中途逃出来了的话?”

我说不出话。

——桧原,用在仅仅的四天,就已经调查到那里了吗。

 

彼は続けた。「面白い仮説ではあったが、あまりに論理が飛躍しすぎているし、証拠だって何一つない。遺書の内容さえ知ることができれば真相が明らかになるんだが、あいにく俺にそんな権限はない。諦めかけていたところで、俺が參葉中学の生徒について聞き込みをしていることを聞きつけた知人の一人から連絡があった。話を聞いてみると、なんとそいつは參葉中学の教員の近縁だという。こっちにその気があるならいつでも会わせてやれる、とのことだった。翌日俺はその教員に会いにいって、その馬鹿げた仮説を大真面目に披露した。にべもなく否定される、と思っていた。だがその教員は、俺の話を聞き終えた後、眉間を両指で摘んで何度も揉み解してから、こういった。『自分の口からは何もいえないが、そういうことが起きていても不思議ではない』。……妙だとは思わないか?『自分の口からは何もいえない』としても、普通なら否定のニュアンスを残すだろう?」

「妙なことなんてない」と僕はいった。「ようするに、檜原の考えが正しかったということだろう?」

僕がくすくすと忍び笑いするのを聞いて、檜原は苛立たしげにいった。「何がおかしい?」

他继续说,“虽然是个有趣的假设,可是逻辑上跳跃过了头,证据一个也没有。只要能知道遗书的内容就能真相大白了,可是不巧我没有那样的权限。就要放弃的时候,一个熟人听说我在打听参叶中学的学生的事情,联系了我。听他一讲,他竟然是参叶中学的教师的近亲。说要是我有兴趣的话,什么时候都可以帮忙安排见面。第二天我就去见了那个老师,一本正经地把那个荒唐的假说讲了出来。本以为会被无情地否定掉。可是那个老师听完我说的话,两指捏住眉心一再揉开,然后说了这样的话,‘要我来说什么都说不了,但是发生那种事情也不算不可思议’。……不觉得奇怪吗? ’要我来说什么都说不了‘这种话,一般来说语感上留下的是否定印象的吧?”

“一点也不奇怪。”我说,“简而言之,就是说桧原你的想法是正确的了?”

听到我偷偷压低声音笑着,桧原焦躁地说,“有什么好笑的?”

 


kk:昨天忙了一圈回来太晚太困没更新QUQ抱歉!

今天补上(´ω`)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. 醬油Project
    醬油Project 发表于: 2015年12月20日 01:51:46

    桧原行动力爆表…但是啊,为什么自焚啥的貌似都上卷的剧情…果然需要先看上卷?

  2. 777
    777 发表于: 2015年12月20日 09:23:51

    桧原好强!

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部