23Dec

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(二十一)

时间: 2015-12-23 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

僕は背もたれに体を預けて目を閉じ、面会中に交わした会話の一つ一つを振り返った。そして明日、自分が再び病室を訪れるであろうことを静かに確信した。それは抗いがたい誘惑だった。たとえ初鹿野を騙すことになろうが友人を利用することになろうが、また四年前のように彼女を親密な時間を送れるのだと思うと、他のことはすべてどうでもよくなってしまった。結局のところ、千草がいっていたように、僕の本質は悪人なのだ。

自宅傍のバス停に着く頃には日が暮れ始めていた。商店街を歩いていると、いつかのように公衆電話のベルが聞こえた。その音を聞くのはずいぶん久しぶりだった。最後にあの女から電話がかかってきたのはいつのことだっただろう? おそらくは夏休み二日目の夜、人魚姫のたとえを用いて賭けに負けた時のペナルティを説明されたとき以来だ。

我把身体靠在靠背上闭上眼睛,把会面中交谈时的对话一句一句回想。然后默默确定了自己明天还会再次去病房探视。那是难以抵抗的诱惑。就算不惜欺骗初鹿野或是利用朋友,一想到还能像四年之前那样跟她一起亲密地享受时光,其他所有事情都变得无关紧要了。归根结底,就像千草说过的那样,我本质上就是个坏人。

抵达家附近的车站时,太阳开始落山了。走到商业街上,就听到了一如既往的公共电话的铃声。那个声音已经很久没有听到了。那个女人最后一次打电话过来,已经是什么时候的事情了? 大概是暑假第二天的晚上,被以小美人鱼的故事作比的方式告知在赌局中失败所要付出的罚金那次了。

 

「こんな手を使ったのは、あなたが初めてです」受話器を耳に当てるなり、電話の女の呆れ声が聞こえてきた。「まさか他人の名前を騙って初鹿野さんに近づくとは思いませんでしたよ。……フェアなやり方とはいえませんね」

「荻上と僕の二人に同時期に賭けを持ちかけたあんたに公正を説かれたくはないな」と僕は返した。「どう転んでも、どちらかは賭けに負けることになっていたわけだろう?」

「荻上さんに死んでほしくなければ、あなたが彼女を愛してやればよかったのですよ。彼女を見捨てたのはあなたです」電話の女はさもすべての責任が僕にあるかのようにいった。「さて……深町さん。今のうちに警告しておきますが、今のあなたは、初鹿野さんにとっては深町陽介ではなく、檜原裕也なわけです。仮にこのまま関係が進展してあなたと初鹿野さんが両思いになったとしても、彼女が愛しているのはあくまであなたの姿をしてあなたのように喋る檜原裕也です。それを賭けの勝利と認めるわけにはいきません」

“用这种手段的,你还是第一个。”刚把听筒放到耳边,就听到电话里女人惊愕的声音。“你竟然会冒充别人去接近初鹿野,这真是没想到啊。……这可说不上是公平的做法哦。”

“我才不想被你这种同时跟荻上和我打赌的人说教公正什么的哦,”我还口道,“无论如何,我们两个之间都会有一个输掉赌局的吧?”

“要不是不想让荻上死掉,你只要在那时候爱上她就可以了哦。弃她不顾的是你。”好像所有的责任都在我身上一般,电话里的女人说道。“那么……深町。我趁现在警告一下你,你现在对初鹿野来说,不是深町阳介,而是桧原裕也。如果像就这样继续让关系发展下去,就算你跟初鹿野两情相悦,她爱着的说到底也只是以你的模样出现、像你一样说话的桧原裕也而已。我不会认为那算是你赢了赌局。”

 

「ああ、わかってる。僕は別に、賭けに勝ちたくて檜原のふりをしているんじゃない。ただそうしたいからそうしているってだけだ」

女はしばしの沈黙の後でいった。「それは、つまり『賭けに負けても構わない』ということでしょうか?」

「そういうわけじゃない。もちろん死ぬのは怖い。でも今はとにかく、初鹿野の笑顔を間近で見られるのが嬉しいんだ。たったそれだけのことに浮かれて気を取られている間に最期を迎えてしまうっていうのも、案外悪くなく思える」僕はそういって独り笑いした。「まあ、あんたにはわからないだろうがな」

「そうですか」女は素っ気なく答えたが、その声はいつもより心なしか苛立っているように感じられた。「何はともあれ、あなたのしたことは立派な不正行為です。従って、相応のペナルティを受けてもらうことになります」

「ペナルティ?」

“嗯,我知道的。我本来就不是为了赢这个赌局特意去假装成桧原的。只是想那样做就那样做了。”

女人沉默了片刻之后说道,“那就是,‘输掉赌约也不介意’的意思吗?”

“不是的。当然会怕死掉。但是总之现在,能在眼前看到初鹿野的笑容就很开心了。要是在陶醉沉迷于此的这段时间里迎接自己的死亡,我想倒也意外地不算糟糕,”我这样说着自己笑了起来,“不过反正你是不懂的吧。”

“这样啊,”女人冷淡地回应道,可是不知道是不是心理作用,感觉她的声音跟平常相比有些急躁。“不管怎样,你的行为完全算是舞弊。与之相应地,要收取你一定的罚金。”

“罚金?”

 

「今後、初鹿野さんの前で自分の正体を明かすことを禁じます」と女は告げた。「一度檜原裕也さんを名乗ったからには、最後までそれを貫き通してもらいます」

「なるほど。名乗り出るための声を奪われる。実に人魚姫らしくなってきたじゃないか」僕は他人事のようにいった。「これでいよいよ賭けの勝利は絶望的になったね」

「いっておきますが、先に不正を働いたのはあなたの方です」と女は冷たくいい放った。「それでは、八月三十一日を楽しみにしていますよ、檜原裕也さんの皮を被った深町陽介さん」

通話が切れる音がした。僕は受話器をもとに戻し、再び夜の商店街を歩き出した。

こうして、僕は残り十一日間の夏休みを檜原裕也として過ごすことになる。

“从今往后,禁止在初鹿野的面前讲明自己的真实身份,”女人宣告道。“既然已经自称是桧原裕也了一回,就要维持这样直到最后。”

“原来如此。用来自报姓名的声音被夺走。这不真是越来越像小美人鱼了嘛。”我像与自己无关一般说道。“这样赢得赌局的希望变得越来越渺茫了啊。”

“事先声明,先作弊的可是你。”女人冷冷地断言道。“那么,我很期待八月三十一号哦,披着桧原裕也的皮的深町阳介。”

听到电话挂断的声音。我把话筒放回原位,再次走进夜晚的商店街。

这样,我将要以桧原裕也的身份度过仅余十一日的暑假。

 


第10章私を見失わないで

第十章不要丢掉我

 

僕と初鹿野が登下校を共にしていた頃、初鹿野の家の玄関には金魚がいた。

それは三匹の小さな和金だった。金魚掬いの屋台で初鹿野が取ってきたものだ。金魚鉢は小振りなスイカほどの大きさで、波打つ緑にはうっすらと青色がついており、その青のおかげで水草の緑と金魚の赤がより映えていた。

当時、僕は初鹿野の家の中に入らないようにしていたはずなのだが、その三色のコントラストのことはやたら鮮明に覚えている。おそらく、初鹿野がドアを開けて顔を見せるときに彼女と正面から目を合わせるのが照れくさくて、そのたび奥の方にある金魚鉢の方に視線を逃していたのだろう。

夏には三匹いた金魚は、冬を迎える頃には残り一匹になっていた。そして最後の一匹も、彼(もしくは彼女)が初鹿野の家にやってきた日から一年が経過する直前に死んでしまった。金魚掬いに使われていた金魚にしては、よく持った方だと思う。きっと大切に飼われていたのだろう。

我还跟初鹿野一起上下学的时候,初鹿野的家门口有一缸金鱼。

那是三条小小的和锦。是以前初鹿野在捞金鱼的小摊上捞到的。金鱼缸跟小一点的西瓜差不多大小,波浪的绿色中隐约夹着一些蓝色,多亏了那抹蓝色,让水草的绿与金鱼的红愈发相映成趣。

那时,我该是尽量不进初鹿野家里的,却格外清晰地记得那三色的对比。大概是因为,在初鹿野开门露面时与她视线交汇太过害羞,总是把视线挪向在稍微里面一些的金鱼缸的方向的缘故吧。

夏天还有三条金鱼的,要迎来冬天的时候只剩下一条了。然后最后一条也在他(或者是她),自到初鹿野家那天起正快要过去一年的时候死掉了。作为捞金鱼摊里的金鱼,已经算是活得很久的了。肯定是因为有被好好地养着的吧。

 

何を思ったのか、初鹿野の親は、金魚のいない金魚鉢をその後も玄関に飾り続けた。確かに金魚がおらずとも、窓から差し込んだ光が金魚鉢に当たってできる青色の影や水中でゆったりと松藻が揺れる様子は、それだけで十二分に美しかった。しかし金魚がいた頃を知っていた僕は、赤を失ってしまった金魚鉢を見るたびにどこか物悲しい気分にさせられたものだった。

以来、空しいことや寂しいことがあると、僕の頭にはそのたとえが浮かぶ。まるで金魚を失った金魚鉢みたいじゃないか、と。

不知道初鹿野的父母怎么想的,那之后仍把已经没有了金鱼的金鱼缸继续装饰在玄关。确实就算没有了金鱼,从窗外射入的光线穿过金鱼缸投下的蓝色阴影,和金鱼草在水中悠悠摇摆的样子,仅仅是这些就有十二分的美了。可是还记得金鱼还在那儿的时候的样子的我,每当看到少了红色的金鱼缸,总被弄得有阵不知从何而起的感伤。

从那之后,每当感觉到空虚或者寂寞,我的脑海中就会浮现出一个比喻,“不就像失去了金鱼的金鱼缸一样吗”。

 

     *

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. 777
    777 发表于: 2015年12月24日 03:25:38

    确实像小美人鱼啊

  2. sun
    sun 发表于: 2015年12月24日 15:39:14

    轻国亡了

    • kk
      kk 发表于: 2015年12月24日 21:36:02

      举起一根蜡烛i
      背后一阵寒意..

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部