14Jan

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(二十八)

时间: 2016-1-14 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

船越も藍田も、その話を熱心に聞いてくれた。そもそも初鹿野が何もかもを打ち明ける気になったのは、「この二人ならわかってくれるだろう」という確信があったからだった。それというのも、船越も藍田も、形は違えど初鹿野と同様に身体的な悩みを抱える仲間だったのだ。二人とも知的でユーモアセンスのある魅力的な女の子だったが、体の目立つ部位に、思春期の女の子としては致命的な問題があった(日記の中では、その“問題”について具体的な説明はなされていなかった。ただ、かつて僕がオペラ座の怪人に喩えられたり、初鹿野がお岩さんに喩えられたりしたように、彼女たちもその身体的特徴のせいで不名誉な綽名をつけられていたようだ)。

船越跟蓝田都专注地听她讲话。初鹿野会有把一切都坦诚的想法,本身也是因为坚信着“如果是她们两个的话会明白的”的吧。那是因为,船越和蓝田两人是她的同伴,以不同的形式、同初鹿野一般,拥有着身体上的烦恼。两人都是智慧而幽默的、拥有人格魅力的女孩子,然而在醒目的身体部位上,却有着对于青春期女孩来说致命的问题(日记中并未就那些“问题”具体说明。不过,大约是跟我之前被比作魅影、初鹿野被叫做阿岩差不多,她们也因为那身体上的特征,被起了不体面的绰号吧)。

 

数時間にわたって悩みを打ち明けた後、初鹿野は二人に礼をいった。

「ありがとう。こういう話ができる相手が今までいなかったから、すごく嬉しかった」

「気にしないで。私も、唯ちゃんみたいな人気者も私たちと同じようなことを考えてるんだって知れて、ちょっと嬉しかった」と藍田がいった。

「何かあったら、いつでも相談に乗るよ」と船越がいった。「いっておくけど、社交辞令じゃないよ。私たちにも、唯の気持ちは痛いほどわかるから」

それから藍田が、ふと思いついたようにいった。「ねえ、唯ちゃんさえよかったら、これからもこうして三人で会わない?」

烦恼的倾吐延续了几个小时,初鹿野向二人道了谢。

“谢谢你们。之前还没有过能让我倾诉这种事情的人,今天真的特别开心。”

“不用谢啦。能知道像唯这样受欢迎的人也在跟我们想着一样的事,我也有些高兴。”蓝田说。

“要是有什么事情的话,不管是什么时候,都可以来跟我们谈谈的。”船越说,“先说好了,这可不是什么应酬的话。你的心情我们也是万分理解的。”

接着蓝田像是突然想到了什么一般,说道:“呐,要是唯你愿意的话,以后我们三个也像今天这样见见面吧?”

 

この提案によって、以後初鹿野は二人と定期的に顔を合わせるようになった。週に一度は三人で集まり、日々の不満や疑問、それに漠然とした生きづらさについて語り合った。三人で話していると、初鹿野はまるで一つの人格が三つに分裂して会話しているかのような感覚に陥った。身体的な劣等感に苦しむ者同士、通じるものがあったのだろう。こんな微妙な心の機敏までわかってくれるのか、と感心することもしばしばだった。

たとえば、船越がいう。「正直、美容整形の何がいけないのかわからないんだよね。いや、正確に美容外科手術だったかな。まあ正式名称はどうでもいいけどさ、化粧とかパーマとか歯列矯正が許されるのに、美容整形が許されないっていうのは変じゃない? 親からもらった体を切り刻むなんて失礼だとかいう人もいるけど、私が親だったら、それで本人が幸せになるならいくらでも切り刻んでいいと思うよ。こういっちゃなんだけど、醜さってある種の病なんだからさ」

经由这个提议,之后初鹿野便定期与这两人碰面。三人一周聚到一起一次,畅谈平日的牢骚与疑惑,还有隐隐显现的生活的艰辛。每到三个人一同聊天时,初鹿野便陷入一种如同一个人格分裂成了三份在对话一般的感觉。饱受对自己身体的自卑感折磨的人们是能相互理解的吧。也常常会感到佩服,竟然连这样微妙的感情的细枝末节都能领会到。

比如说,船越说:“说真的,真不明白整容到底哪里不行了。不对,准确地说,该是整形美容外科手术吧。不管它的正式名称是什么啦,总之,明明化妆啊卷发啊牙齿矫正啊都可以容许,偏偏整容不行,这难道不奇怪吗?有人觉得身体发肤受之父母,在上面切切割割是不尊敬;可是要是我为人母的话,我倒是觉得,假如那样可以让他本人变得幸福的话,切切割割倒也不错。虽然有些难以启齿,但是丑陋也算是一种病症的呀。”

 

初鹿野は少し考えてからいう。「私もそれについては色々思うところがあるけど……多くの人が口にしてる美容外科手術の問題点は、あくまで後付けなんじゃないかな。美容外科手術への嫌悪感の根源にあるのは、肉体への絶大な信頼感と、それが裏切られることへの恐怖だと思うの。『その人がその人であること』を識別する境界線の揺らぎを、本能的に恐れてるんだよ」

「一つ許したら、百を許すのも同然だもんね」即座に藍田が返す。「最終的には、脳だけ残して別人になることを許容しなきゃいけなくなる」

船越が頷く。「ああ、『船の構成部品を徐々に入れ替えていって、最終的にすべての部品を入れ替え切ったとき、その船はもとの船といえるのか』ってやつでしょう?でも現実問題、部品を一割くらい入れ替えたところで『これは改修前とは別の船だ』なんていう人はいないんだから、人間の体だって一割くらいは入れ替えていいと思うんだよなあ」

初鹿野稍稍思考了下,说道:“就这点我也有一些想法……大多数人所说的整形手术的问题,到底都是后话了。我认为,对整形手术的厌恶的根源,是对肉体极大的信赖以及对其被背叛的恐惧。是对判定‘那个人是那个人’的界限的动摇发自本能地感到畏惧。”

“原谅一个,便等同于放纵百个。”蓝田即刻回道。“最终就不得不去容忍‘仅留下大脑,其他部分完全变成另一个人’这种事情了。”

船越点点头。“嗯。就跟‘逐渐更换掉船的组成部件,到最后将所有部件都替换过后,那艘船还能称为原先的船吗’一样吧?而然现实问题是,只替换掉一成的部件时,并不会有人去说‘这已经不是修理前的那艘船了’,所以我觉得,要是只改造掉人类的身体的一成,倒也没什么关系吧。”

 

「なんにせよ、私たちの問題は美容外科手術では治らないんだから、無意味な議論かもね」

藍田はそういって弱々しく微笑む。船越も初鹿野も溜め息をつくが、そこには心地よい共感がある。この理不尽を味わっているのは自分一人だけではないという卑屈な安心感がある。

いつしか船越と藍田は初鹿野にとって心の拠りどころとなっていた。どっぷりと依存していた、といってもいいかもしれない。だから春になり二人が少しずつクラスメイトへの憎悪を口にしたり自殺願望を仄めかすような発言をするようになったりしても、それは彼女らが私に心を開いてくれている証拠だ、としか思えなかった。

すっかり目が雲ってしまっていたのだ。

“反正,我们的问题不是整形手术就能治好的,这个讨论没什么意义吧。”

蓝田那样说着,虚弱地微笑起来。船越跟初鹿野都叹了口气,其中却含着愉悦的共鸣。有着“体味着这种不合理的并非自己一人”这样卑微的安心感。

不知不觉中,船越和蓝田变成了初鹿野的精神依靠。或许可以说是完全沉溺于这种依赖中了。由此,就算到了春天,二人逐渐提起对同班同学的憎恶、话语中透露出自杀的想法,她也只以为那是她们对自己敞开心扉的证据罢了。

那完全是让一叶障了目。

 

六月四日、船越と藍田は、自分たちが学校で虐めに遭っていることを初鹿野に明かした。「どうやら私たち、受験勉強のストレスの捌け口にされちゃってるみたい」と船越は切り出した。二人は自分たちが今学校でどのような目に遭っているのかを淡々と語った。二人の話に誇張がなかったとすれば、それは想像を絶する地獄だった。初鹿野は二人を心底気の毒に思ったが、同時に、何かを期待されているような重苦しさを覚えた。話を終えた後の二人からは、どこか脅迫めいた無言の圧力が感じられた。見えない二つの手にがっしりと両腕を摑まれて、「さあ、ここまで話を聞いたからには、ただでは帰さないよ」とでもいわれたような。

私は何かまずいことに巻き込まれつつあるのかもしれない、と初鹿野は思った。

六月四日,船越与蓝田向初鹿野挑明,自己在学校受到了欺凌。“我们好像被当作排解学习压力的出气筒了。”船越开口道。两人漠然说起自己现在在学校的惨痛经历。若两人所说没有夸张,那当真是难以想象的地狱。初鹿野发自心底可怜两人,而与此同时,又感受到像被期待着什么一般的沉重感。总感觉说完话的两人,散发着夹有威胁气息的无声的压力。像是被看不见实体的两只手紧紧攥住双臂,被说着“既然都听到这里了,就不会轻易放你走了”一般。

我这是要被卷进什么糟糕的事情了吧,初鹿野想。

 

 

嫌な予感は当たっていた。苛めの件の告白以降、船越と藍田は以前より露骨に憎悪や絶望の言葉を口にするようになった。早く死んでしまいたいとか、あいつを殺してやりたいとか、話題はそんなものばかりだった。身体部位を入れ替えるまでもなく、二人は以前とはまるで別人になってしまっていた。初鹿野の好きだった船越と藍田は、もうそこにはいなかった。かつてはユニークな冗談を飛ばしては周りを和ませていた二人がそんな風になってしまったことを、初鹿野はただただ悲しく思った。

すでに初鹿野は二人の話についていけなくなっていたが、ほとぼりが冷めるまで二人と距離を置く、という選択肢はなかった。初鹿野は二人から仲間外れにされることを何より恐れていた。今この人たちに見捨てられたら、私はこの苦悩の持って行き場をなくしてたちまち破裂してしまうだろう。初鹿野は無理をして二人に話を合わせ、二人が死にたいといえば自分も死にたいといい、二人が殺したいといえば自分も殺したいといった。初鹿野は初鹿野で、二人とは別の方向性の狂気を育ててしまっていたということだ。

船越と間の言動は次第にエスカレートしていった。二人の憎悪が分水嶺を越えたとき、言動は、行動へと転じた。

不祥的预感是对的。从自白遭受欺凌之后,船越与蓝田与之前相较,将憎恶与绝望的话语说得更加露骨。“真想早点死掉”什么的,“想把那个家伙杀掉”什么的,净是这种话题。都不必去替换掉什么身体部位,两人早已不是以前的样子,就跟变成了另外的人一样。初鹿野所喜爱的船越与蓝田,已经不在那里了。曾经开着幽默玩笑、让周围人平和下来的两人变成了现在这副样子,初鹿野仅仅是一味地感到悲伤。

初鹿野已经跟不上两人所说的话了,然而并没有“与她们保持距离、等她们余热散退”这个选项。初鹿野最害怕的,就是被她们两人排斥。“现在被她们两个抛弃的话,我带着这份苦恼无处投奔,一下就会崩溃掉的吧。”初鹿野勉强着去应和两人的话:她们说想去死,自己也说想去死;她们说想杀人,自己也说想要杀人。初鹿野自己也在积攒着,与那两人不同方面的疯狂。

船越与蓝田的言行愈发出格。两人的憎恶跨越了那道分水岭,语言转化成了行动。

 


kk:m(__)m 怎么一下过去这么多天……

不补了,接下来绝对好好干= =!

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 星空的记忆
    星空的记忆 发表于: 2016年1月14日 10:02:57

    哈哈哈kk干嘛去了,竟然一转眼好多天过去了

    • kk
      kk 发表于: 2016年1月15日 06:31:55

      [doge] 感冒睡觉看剧看综艺 堕落地结束了假期

  2. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年1月14日 12:45:15

    阿,终于更新了!

  3. 777
    777 发表于: 2016年1月14日 12:46:43

    KK终于来更了

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部