19Jan

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(三十一)

时间: 2016-1-19 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

何事もなく半日が過ぎた。夕食を終えると、僕たちは銭湯にいって一日分の汗を流した。この分だと今日は何事もなく終わりそうだ、と僕は安堵した。だがその見積もりは甘かった。事態はまさに今これから急展開を迎えようとしていたのだ。

一足先に外で待っていた初鹿野は、僕が出てきたのを見るなり、「寄り道をしてもいい?」と訊いた。どこへ寄るつもりかと訊ねたが、彼女はそれには答えず「見せたいものがあるの」とだけいい、秘密めいた笑みを浮かべて僕を先導し始めた。どこへ連れていくつもりだろう? もっとも、この町で目的地になり得るような場所はそういくつもない。方角から考えて、僕は彼女が海に向かっているのだろうと予想した。

无所事事地,半天过去了。吃完晚饭,我们一起去澡堂挥洒掉了一整天的汗水。按这样的进展,看来今天可以就这样没有意外地安稳收尾了。我这样想着,舒了口气。然而这么预计还是太天真了。接下来我所要面临的,正是事态的急转。

初鹿野先一步出来在外面等着,一看到我走出来就问道:“绕道去一个地方可以吗?”问她要去哪里,她却不回答,只是说着“有东西想给你看”,又露出一个神秘的笑容,开始为我带起路来。是打算带我去哪里呢?不过,要说这个镇子里能当作目的地的地方,本就没有几个。从方向来看,我猜她应该正是在向海边走。

 

果たして、僕の予想通りだった。初鹿野はまっすぐ海に向かい、埠頭の隅、ちょうど倉庫の陰になっている辺りで立ち止まった。陸風で、彼女のサックスブルーのワンピースの裾が揺れた。穏やかな海面には青白い月の柱が伸びていた。

初鹿野は振り返って僕と向き合うと、鞄からタオルに包まれた何かを取り出し、その包装を剥いで僕に手渡した。それは小さなナイフだった。装飾の施された柄はあちこちに傷がついており、刃もすっかり黒ずんでしまっている。それなのに、切っ先だけはたった今研いできたばかりのように鋭く尖っていた。

果然,正如我预想的那样。初鹿野径直走向了海边,在码头一隅、恰巧是仓库的背阴处停下了脚步。陆风吹来,她身上天蓝色连衣裙的裙摆便飘荡了起来。平静的海面上延展着一道苍白的柱状月影。

初鹿野转过身来面向我,从包里拿出用一个毛巾裹着的什么东西,然后剥去了包装,递给了我。那是一把小刀。花纹装饰着的刀柄伤痕累累,刀刃也都发了黑。而唯有刀锋,却像是刚刚研磨过一般锐利。

 

「これは?」と僕は訊ねた。

「さっき、拾ったの」と初鹿野は簡潔に答えた。「どこで拾ったと思う?」

「わからない」

「本当に?」

「ナイフを拾えそうな場所なんて、ごみ捨て場くらいしか知らない」

「電話ボックスだよ」と彼女はいった。「そして私は、これからこのナイフで檜原くんに殺してもらうの」

“这是?”我问道。

“刚才捡到的。”初鹿野简洁地回答道。“猜是在哪里捡到的?”

“不知道。”

“真的?”

“能捡到小刀的地方什么的,我只知道垃圾场了。”

“是在电话亭哦。”她说。“而且我接下来还要让你用这把小刀把我杀掉。”

 

唖然とする僕を見て、初鹿野はくすりと笑った。

「知らんぷりをしててごめんね、檜原くん。実をいうと私、もう知ってるんだ。檜原くんが八月三十一日までの命だってことも、檜原くんが助かるには私を殺すしかないってことも」

初鹿野の姿が、ゆらりとぼやけた。

動揺のあまり、目の焦点が上手く合わなかった。

「なぜそれを、君が……」と訊きかけて、僕ははっと気づいた。「もしかして、電話の女にそういわれたのか?」

看到我目瞪口呆的样子,初鹿野扑哧笑了出来。

“桧原,不好意思哇,一直装作一副不知道的样子。其实我已经知道了。你的生命只能到八月三十一号,还有能救你的只有杀掉我这一个办法。”

初鹿野的身影,摇摇晃晃地模糊了起来。

心神动摇得太厉害,眼睛都没办法好好对焦了。

“那些事情,你怎么会……”问到一半,我猛地注意到了。“难道,是听电话里的女人说的吗?”

 

初鹿野はゆっくり頷いた。「初めて電話がきたときは、びっくりしたよ。一人で夜道を歩いてたら、急に公衆電話が鳴り出すんだもん。好奇心に負けて受話器を取ったら、前置きもなく、相手の女の人がいうんだ。『記憶はまだ戻りそうにありませんか、初鹿野唯さん』って。つい、二日前の話だよ。……もっとも、そのときは怖くなってすぐに電話を切っちゃったから、それ以上の話は聞けなかったけれどね」

初鹿野は手元のナイフを裏返したり傾けたりして、様々な角度から観察した。ナイフをよく見たいというよりは、僕と目を合わせたくなくてそんなことをしているのだろう。

電話の女は、僕が開き直って初鹿野との生活を謳歌していることがよほど気に入らなかったみたいだな、と僕は思った。かけの当事者以外には関与しないというこれまでの方針を捻じ曲げてでも、僕の邪魔をしたいらしい。

初鹿野缓缓点了点头。“她第一次打来电话的时候,真是吓了一跳。正一个人走在夜路上,突然公共电话就响起来了。敌不过好奇心就拿起了听筒,什么铺垫都没有,那个女人就说:‘你的记忆好像还是不像找得回来的样子吧,初鹿野唯。’就是两天前的事情。……不过,那时候感觉害怕得不行,就马上把电话挂掉了,所以也就没能知道更多了。”

初鹿野把手上的小刀翻来转去,将它从各个角度观察。那样做与其说是想要仔细看一看,倒不如说是不想与我对视吧。

打来电话的那个女人,似乎对我这样将错就错与初鹿野歌颂美好生活尤为不满。她像是要不顾将一直坚持到现在的、“不牵扯赌约当事人以外的人”的方针歪曲,都要来妨碍我的样子。

 

「でも翌晩になって再び電話がかかってきたときは、もう少し落ち着いて話を聞くことができたんだ。その女の人は、私しか知り得ないはずのあれこれについて、私以上に詳しく知ってるみたいだった。船越さんと藍田さんが死んだときのことも、日記に書いていないような細かいところまで正確に知ってた。どうしてそんなことを知ってるのって訊ねても、意味ありげに笑うだけ。きっと私は幻聴を聞いているんだろう、って思った。一度記憶喪失を起こした頭だもん、それくらいの誤作動が起きてもおかしくはないからね」

初鹿野は側頭部に人差し指を当てて寂しげに笑った。

“第二天晚上再打来电话的时候已经可以冷静一点听她讲话了。那个女人,似乎对那些本应只有我自己知道的事情比我了解得还要细致。船越和蓝田死去的时候的事情也是,连日记里没有写到的细节都准确地知道。问她怎么会知道那些事情,她也只是意味深长地笑笑。我以为,这肯定是幻听吧。毕竟脑袋已经失忆过一次了,就算发生这点错误也不奇怪。”

她把食指抵在头的侧部,有些寂寞地笑了起来。

 

「でも、電話が切れた後、私の中でその出来事は、次第に何かの啓示みたいなものへと変化していった。電話の女が実在する人物なのか、それとも私の潜在意識が作り出した架空の人物なのかというのは、大した問題じゃなかったの。とにかく彼女は私に何か大切なことを伝えようとしていて、そのメッセージには私にとってとてつもなく重要な意味があるように思えた。それが私の内側から発されたメッセージなのか、外側から受け取ったメッセージかにかかわらず」

彼女は自分のいった言葉の意味を確認するように数秒間黙り込んだ。それからまた話を続けた。

“不过,电话挂断之后,这件事在我心里渐渐演变,转而给我带来了启示。电话里的女人是实际存在的人也好,或者是我的潜意识创造出的架空人物也好,那都不是什么大的问题。无论如何,她是想要传达什么重要的讯息给我,而那个讯息于我而言有极为重大的意义。不论那讯息是从我的身体中发出的,还是从外界接收到的。”

她像是在确认自己所说的话的意思,沉默了数秒。接着又继续说道。

 

「そしてついさっき、お風呂を出て外で檜原くんを待っていたら、店先の公衆電話が鳴ってね。彼女はついに、教えてくれたよ。『実をいいますと、今あなたと一つ屋根の下で暮らしている檜原裕也さん、彼の命はあと数日です』、『檜原さんが八月三十一日までしかあなたのそばにいられないというのは、その日をもって彼が死ぬからです』、『そしてその原因は、初鹿野さん、他でもないあなたにあるんです』。……不思議と、私は驚かなかったよ。あっさりと、その理不尽な宣告を飲み込むことができた。ああ、やっぱりなあ、って思った。千草さんがいなくなったのも、陽介くんがいなくなったのも、きっと偶然じゃなかったんだろうな。理由はわからないけど、多分、私に依存された人は、不幸になっちゃうようにできてるんだろうね」

“就在刚才洗完澡出来在外面等你的时候,店前的公共电话响了。她终于告诉我了。‘说实话,现在与你住在同一个屋檐下的桧原裕也,他的生命只有最后的几天了’、‘他说只能陪在你身边到八月三十一号,是因为到那天他就要死了’、‘而原因呢,初鹿野,不是别的什么,就在于你’。……不可思议地,我一点都不惊讶哦。就那样轻易地,接受了她荒唐的宣告。‘啊,果然啊。’这么想着。千草的离开也是,阳介的离开也是,应该都不是偶然吧。虽然不知道理由,但似乎被我所依赖的人,注定都会遭遇不幸的样子。”

 

初鹿野はナイフから視線を上げて僕の顔を見やり、それからまたすぐにうつむいた。「絶望が染み渡るのを待つような長い沈黙の後、彼女は続けたの。『檜原さんを助ける方法は、ないわけではありません。端末の下にある電話帳をご覧ください』。いわれた通りに端末の下を見ると、本来電話帳がある棚の上に、このナイフが置いてあった。私がナイフを手に取った瞬間、女の人はいうの。『そのナイフで、あなたが檜原さんに刺殺されること。それが、彼の命を助ける唯一の方法です』。そして、電話が切れたんだ」

そこまで話し終えると、初鹿野は僕に歩み寄ってナイフを差し出した。

初鹿野把视线从小刀上抬起,看向我的脸,又马上低下了头。“像是等待绝望彻底渗透到每一个角落一样漫长的沉默过后,她继续说了下去。‘能救桧原的办法,倒也不是没有。请看一下机器下面放着的电话簿。’按她所说向机器下面看过去,本来放着电话簿的架子上,放着这把小刀。在我拿起刀的那一瞬间,那个女人说话了。‘你要被桧原刺死,用这把刀。‘这是拯救他性命的唯一方法’。然后电话就挂断了。”

说完那些,初鹿野走向我,递出了那把小刀。

 

「このタイミングなら、誰にも怪しまれないと思うよ」と彼女はいった。「私が自殺未遂者であることは家族皆が知っていることだし、檜原くんが私を気遣っていたことはお姉ちゃんとおばあちゃんが証明してくれる。銭湯で入浴中に逃げられたっていえば、皆、信じてくれると思う」

彼女は僕の手を取り、無理やりナイフを握らせた。

「大丈夫、別に、きちんと私の死を見届ける必要はないよ。檜原くんは、私の胸にこれを突き刺して、そのまま海に突き落としてくれればいいの。自分が助かるために私を殺すなんて思わないで。むしろ、私を救うために私を殺すんだと思ってちょうだい。……このまま生きていても、私はいつかまた同じ過ちを犯すと思う。だったらその前に、檜原くんの手で、この人生にかたをつけてほしいの」

初鹿野は小さく首を傾け、儚げに微笑んだ。

“在这种时候的话,谁都不会来怀疑的哦。”她说。“家里人都知道我自杀未遂,而且你对我的担心顾虑,姐姐和奶奶都是可以证明的。说我是在去澡堂洗澡的时候跑掉了的话,大家都会相信的。”

她抓起我的手,硬是让我握住了小刀。

“没事的,倒必要眼睁睁看着我死掉啦。只要把它刺进我胸口,然后就那样把我推到海里就可以了。不要想成是为了救下自己的性命才杀掉我的。不如说,请想成是为了解救我才杀掉我的吧。……就算这样继续活下去,下次大概还是会犯下同样的错误的吧。我想要是那样,倒不如在那之前,借你的手给我的人生做一个了断。”

初鹿野稍稍歪了歪脑袋,虚弱地微笑着。

 

僕は彼女に握らされたナイフを掲げ、柄に刻印された波飛沫を思わせる精緻な模様をじっと見つめた。

ナイフを海に放り捨てるのは、簡単だった。しかしそれは結局のところ、一時的なごまかしに過ぎない。ただ要求を拒否するだけでは、彼女を納得させることはできないだろう。

ナイフを持ったまま、僕は初鹿野に歩み寄る。彼女は一瞬体をびくりと震わせるが、すぐに何もかも受け入れたように目をつむる。

僕は初鹿野の胸元にナイフを近づけ、大きく開いた襟ぐりにナイフを滑り込ませるようにして心臓の部分にを当てる。ナイフを通じて彼女の心臓の鼓動が伝わってくるような気がする。初鹿野が息を呑む。僕は十分な間を置いてから、彼女の胸の上でゆっくりとナイフを動かす。鋭い痛みに、彼女の顔が歪む。

我举起被她塞到手里的小刀,注视着刀柄上像是波浪的精致花纹。

把小刀丢进海里很简单,然而那终究只是一时的敷衍。光是拒绝要求是没办法让她接受的吧。

我就那样拿着小刀,走向初鹿野身边。她身体瞬间颤抖了一下,然而马上像是什么都接受了一般闭上了双眼。

我把小刀逼近她的胸口,让小刀滑进敞开着的领口,将刀锋抵在心脏的位置。仿佛感受到了通过小刀传来的、她心脏的搏动。初鹿野屏住一口呼吸。我顿了相当一段时间,才缓缓让小刀在她胸口挪动。在剧烈的刺痛下,她的表情都走了形。

 

ナイフを離すと、そこには三センチほどの浅い傷ができている。間もなく傷口から血が漏れ出し、じわじわとワンピースの生地を黒く染めていく。僕はその傷を指先でなぞり、そっと血を拭い取る。傷口に触れられた痛みに初鹿野が体を強張らせる。

僕は拭い取った初鹿野の血液を、自分の顔の右側に塗るつける。

それある種のおまじないのようなものだ。

「何をしてるの?」初鹿野が目を開いて訊ねた。

「アンデルセンの『人魚姫』では」と僕はいった。「王子の胸から流れ出る温かい血が脚にかかると、それらが一つになって、人魚のおに戻るっていう仕組みになっていた。……でも僕の場合は、きっとこれくらいの血の量で十分だっと思うんだ」

拔出小刀,看到那里浅浅留下了一道三公分左右的伤口。很快便有血从伤口淌出,一点点将连衣裙染黑。我用指尖描摹着那道伤痕,轻轻抹去上面的血。伤口被触摸到的痛感,让初鹿野的身体一阵僵硬。

我把擦下的初鹿野的血液,涂抹到了自己的右边脸颊上。

那像是某种咒术一般。

“你在做什么?”初鹿野睁开眼睛,问道。

“在安徒生的《海的女儿》里,”我说道,“有’把从王子胸口流出的温热的鲜血涂在腿上,两腿便会融为一体、变回人鱼的尾巴‘这样的设定。……不过对我来说,这点血量肯定就足够了。”

 

初鹿野は首を傾げた。「檜原くんのいっていることが、よく分からない」

「ああ。わからなくていい、これはただのおまじないみたいなものだから」

僕は大きく振りかぶり、沖に向かってナイフを放り投げた。ややあって、ずっと遠くでぽちゃんという音がした。

「さあ、帰ってその傷の手当てをしよう」

初鹿野はナイフの落ちたあたりを呆然と眺め、浅い溜め息をついた。

「……こんなことしても、どうにもならないのに」と彼女は呟いた。

「どうかな。まだわからないさ」

初鹿野歪了歪头:“你在说些什么,我不是很明白。”

”啊,不明白也没关系。这不过是个类似于咒术的东西。“

我用力把刀高高地抡起,向海里抛去。稍过了一会,听见远处传来扑通落水的声音。

“好啦,回去处理伤口吧。”

初鹿野呆呆凝望着小刀坠落的方向,浅浅叹了口气。

“……这么做,明明什么用都没有的。”她喃喃道。

“不一定吧。现在还不知道呢。”

 

「きっと私、見張りがいなくなったら、自分でそれをやり遂げると思うよ?」

「駄目だ。許さない」

「許さなくてもいいよ。どうせその頃には、檜原くんはいなくなっちゃってるんだから」

そういうと、初鹿野はまっすぐ近づいてきて、ほとんどぶつかるみたいにして、僕にしなだれかかってきた。甘い髪の香りが鼻腔をくすぐった。抱き止めた彼女の体は汗でひんやりとしていた。

初鹿野は声を押し殺して泣いた。僕のシャツの胸元は、彼女の涙でぐっしょりと濡れた。初鹿野が泣いている間、僕は彼女の背中をさすり続けていた。

“你没在看着的时候,我肯定会自己那样做的哦?”

“不行。不许。”

“那也可以哦。反正到那时候你也已经不在了。”

说完,她径直凑近、几乎是撞着靠了上来。头发清甜的香气抓挠着鼻腔。紧抱着的她的身体因为汗液带着些寒意。

初鹿野压抑着声音哭了起来。衬衫的胸口处被她的泪水浸湿了。在她哭泣的时候,我一直轻轻地抚摸着她的脊背。

 

「嘘でもいいから約束してくれないか」と僕は彼女の耳元で囁いた。「僕がいなくなっても、ちゃんと生きていけるって」

「できないよ」

「本気で誓う必要はない。嘘でいいんだ」

「……じゃあ、嘘だけど、約束する」

初鹿野は僕の胸から顔を上げ、右手の小指を差し出した。

僕たちは小指を結び、形ばかりの約束を交わした。

“就算是谎话也好,能和我做个约定吗?”我在她的耳边低语道。“就算我不在了,你也能好好活着。”

“做不到哦。”

“不必真心发誓的,说假话就行。”

“……那,虽然是骗你的,就这样约定了。”

初鹿野从我胸口抬起头,伸出了右手小指。

我们勾住小指,缔结了一个流于形式的约定。

 

 

帰り道、僕たちは何度も公衆電話のベルを聞いた。一つが鳴り止んだかと思うと、また別の場所で公衆電話が鳴った。ときにはどう考えてもこんなところに公衆電話があるはずがないという場所からベルの音がした。初鹿野はそのたびに僕の手を強く握った。

「ねえ、檜原くん」

「なんだ?」

「気が変わったら、いつても殺してね」

「ああ。気が変わったらな」

在回家的路上,我们无数次听到公共电话的铃声响起。一个刚刚停下,另一个地方的公共电话又响了起来。偶尔会从怎么想都没可能有公共电话的地方传来电话铃声。每当那时初鹿野便会紧紧攥住我的手。

“呐,桧原。”

“怎么了?”

“什么时候要是变了主意的话,就来杀掉我哦。”

“嗯。万一改了主意的话。”

 

「私、檜原くんに殺されるの、嫌じゃないから」

「わかってる」

「ほんとだよ?」

「知ってるよ」

「そのときは、最後にキスしてくれると嬉しいな」

「ああ、そのときになったらな」

「やった。楽しみ」

不吉なベルの音が鳴り響く夏の夜道を、僕たちは無邪気に笑い合いながら歩いて帰った。

“我不讨厌被你杀掉的。”

“明白。”

“说真的哦?”

“知道的哦。”

“那个时候能给我一个最后的吻的话会很开心的。”

“嗯,到了那个时候的话。”

“太好啦。我很期待哦。”

走在回响着不祥的铃声的夏季的夜路上,我们天真烂漫地、欢笑着回了家。

 

kk:以后除了周末平常应该都是白天更新了o(`ω´ )o

经常会睡着 所以有两天更一次的可能性很大(˙灬˙)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. Uzi@//提不起劲
    Uzi@//提不起劲 发表于: 2016年1月19日 17:18:20

    终于等到了呢(´•ω•`๑)

  2. 哈哈
    哈哈 发表于: 2016年1月20日 02:03:05

    辛苦了

  3. 777
    777 发表于: 2016年1月20日 05:49:44

    终于来了

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部