24Jan

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(三十三)

时间: 2016-1-24 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

初鹿野がその日分の授業の解説を終えて帰っていくたび、僕はひどく情けない気分を味わうことになった。一番の問題は、僕は向こうの思惑通り、しっかりと慰められてしまっていることだった。彼女は同情心から僕に優しくしてあげているに過ぎないのに、僕の方は彼女の微笑みや些細な仕草に本気で胸を震わせてしまっているというこの状況が、惨めで惨めで仕方なかった。彼女にものわかりの早い人間だと思われたくて毎日密かに教科書の予習を進め、生徒の下校時刻になるといそいそと部屋の掃除を始める自分が恥ずかしくて堪らなかった。せめても抵抗として、僕は初鹿野に対してできるだけ素っ気ない態度をとるようにした。いつ彼女がここにくるのを止めても、寂しくならないように。

頼むから妙な夢を見せないでくれ、と僕は思っていた。どうせ僕のものにならないなら僕の視界に入らないでくれ。良心に託けて人の心を弄ぶのは止めてくれ。だが初鹿野はそんな僕の気持ちも知らず、僕の手を握って「陽介くんの手、ひんやりして気持ちいいね」と無邪気に笑ったり、ノートに書かれた図の詳細な解説をするために僕の隣に寝転んだりした。おかげて僕の寒がりは着実に悪化していった。

每当初鹿野讲解完当天的课程回去的时候,我便深刻体会到一种颓唐无力的感觉。最大的问题在于,我正如她所愿,确确实实得到了安慰。明明她对我的温柔不过是出于同情,而我却当真被她的微笑与细微的一举一动打动了心扉,这样的状况真是凄惨到家。想让她觉得自己是个领会得快的人,便每天私下偷偷把课本预习下去;一到放学时间便欢欣雀跃地开始打扫房间。对这样的自己感觉羞耻得不行。我也至少是做了一些反抗,尽量对她摆出一副冷淡的态度。为了在她不再来这里的那一天到来时不会感到孤单。

拜托不要让我做奇怪的梦了,我想着。反正又不会成为我的所有物,那就别来进入我的视线。快不要拿同情当借口来玩弄别人的感情了。而初鹿野却不知道我的那些情绪。她会握住我的手说,“阳介的手,凉凉的真舒服。”那样天真地笑着。还会躺到我身边来,详细地为我解说笔记上的图像。拜她所赐,我怕冷的症状稳健地恶化了。

 

七月三十一日は学校全体で校区内の清掃活動を行う日となっていた。一日中、窓の外からがやがやと子供たちが騒ぐ声が聞こえた。今日は授業がないみたいだから初鹿野が勉強を教えにくることはないだろう、と僕は思っていた。しかし午後四時頃になって僕がなんとなくそわそわし始めた頃、いつも通り呼び鈴がなり、ややあって部屋のドアがノックされた。

この日の初鹿野は、白い無地のカットソーに落ち着いた浅緑色のスカートという格好だった。清掃活動の日の服装は体操着と決められていたはずだから、一度家に帰って汚れた服を着替えてきたのかもしれないな、と僕は思った。

「どうしたんだ?」と僕は訊いた。「今日は別に授業があったわけじゃないだろう?」

「うん。でも、きちゃった」初鹿野はいたずらっぽく微笑んだ。

「なんのために?」

「ただのお見舞い」

七月十三号是所有学校一起进行学区清扫活动的日子。窗外一整天都是小孩们吵吵嚷嚷的喧闹的声音。今天看起来没有课,初鹿野也就不用过来教我了吧,我想。然而到了下午四点左右,我不由得开始有些坐立不安时,门铃像往常一样响了起来,稍过了一会儿,房门被敲响了。

这天初鹿野是白色针织衫跟素净的浅绿色裙子的装束。清扫活动当天应该是规定要穿运动服的,所以她大概是回家换掉脏了的衣服才过来的吧,我想。

“怎么了?”我问。“今天应该不用上课的吧?”

“嗯。但还是过来了。”初鹿野恶作剧般地微微笑着。

“来做什么?”

“只是来探望一下。”

 

初鹿野はいつものように僕の枕元に正座し、何をするでもなくにこにこと僕の顔を眺めた。僕は居たたまれなくなり、寝返りを打って彼女に背を向けた。

「何も、こんな日までくることはないんじゃないか?」

「習慣になっちゃったみたい。それに、陽介くんおことが心配だから」

多分僕は、彼女の言葉がとても嬉しかったのだと思う。そしれだからこそ、うかれそうになった自分を戒めるため、ついを刺のある言葉を口走ってしまったのだ。

振り返って、僕は初鹿野にいった。

「嘘だよ。委員長は、僕に優しくしている自分が好きなだけなんだ」

にべもなく否定される、と思っていた。

きっと彼女は意にも介さないだろう、と思っていた。

陽介くんは馬鹿だなあ、と笑い飛ばしてくれると思っていた。

初鹿野像往常一样端坐在我的枕边,也不做什么,只是笑眯眯地盯着我的脸看。我有点受不了了,翻了个身,背朝向她。

“没必要这种日子也过来的吧?”

“好像变成习惯了。再说,也有些担心你。”

听到她的话,我大概是很开心的吧。也正因为如此,为了警告飘飘然的自己,无意中说吐了带刺的话语。

“骗人的吧。班长你,只是喜欢关心着我的自己而已。”

以为会被冷冷否定掉的。

她肯定一点都不会放在心上的吧,我想。

“阳介真是个笨蛋啊。”以为她会这样一笑置之的。

 

しかし、初鹿野は何もいってくれなかった。

唇をぎゅっと結んで、僕の目をじっと見つめていた。

長い針をじわじわと押し込まれているような、そんな表情を浮かべていた。

数秒して、初鹿野は我に返ったように目を開き、慌てて笑おうとした。しかしその笑みはどこまでもぎこちなかった。

彼女は喜怒哀楽のどれともつかない顔で、ぽろりとこぼした。

「……今のは、結構傷ついたなあ」

彼女はおもむろに立ち上がり、僕に背を向け、さよならもいわずに部屋を出ていった。

可是,初鹿野什么都没有说。

她紧紧地抿着嘴唇,凝神注视着我的眼睛。

浮现出像是被一点点地被塞进一根长针一般的表情。

过了几秒,初鹿野像是清醒了过来一样睁大了眼睛,慌慌张张地想露出一个笑容。可是整个笑容都很生硬。

她的脸上没有喜怒哀乐中的哪个表情,吧嗒落下了眼泪。

“……刚刚的话,真是伤人啊。”

她缓缓站起,背朝着我,一声再见也没有说,便走出了房间。

 

初めのうち、罪悪感のようなものはほとんどなかった。きっと初鹿野は痛いところを突かれて逃げ出したんだ、と勝ち誇ってさえいた。しかし時間が経過するにつれ、僕の胸のもやもやは少しずつ濃さを増していった。そのもやもやは次第に部屋全体を覆い尽くし、僕の心の内側と外側の両方から苛み始めた。

ひょっとしたら僕は、とんでもない見当違いをしていたのではないか?

もし初鹿野が本当に自己満足のために僕を利用していたのだとしたら、僕に何をいわれようと軽く受け流すかただ否定すればいいだけの話なのだ。偽善者というものはたいてい、善意を疑われた際の対策をばっちり決めている。どのようにふるまえば聖人らしく見え、また下心を隠し通せるかを熟知している。そういうものだ。それが頭の良い人間ならなおさらだ。

最开始的时候,我几乎都没有罪恶感之类的感觉。还自满地想着,初鹿野肯定是被戳到了痛处才逃跑了的。然而随着时间流逝,心中的不安却逐渐变得浓郁。那份不安渐渐蔓延弥漫到了整个房间,开始从内外两侧折磨我的内心。

莫非我的判断实际错得离谱?

初鹿野若真的是为了满足自己而利用我的话,不管被我说些什么,只要轻巧地应付过去就好了。伪善者这种人,都会漂亮地制定好在自己的善意遭到质疑时的对策;熟知着做出怎样的举动更能让自己看起来像个圣人、怎样行动能隐藏住自己的别有用心。这种人是这样的。若他们是头脑好的人,便愈发会是这样了。

 

しかし初鹿野は、僕の指摘を受けて少なからず心に傷を負ったようだった。

それは彼女が僕に対等な人間としてみてくれていた証拠ではないのか?

偽善的にではなく、本心から僕を思いやってくれていたからこそ、彼女は僕に裏切られたように感じたのではないか?

もしそうだとすれば、僕はあれだけ僕のために尽くしてくれた初鹿野に、とんでもなく仕打ちをしてしまったことになる。

一晩中、僕は布団の中で煩悶し続けていた。

――僕は、彼女に謝らなければならない。

その決心が固まったのは、翌朝になってからだった。

然而初鹿野在受到我的指摘后,却是一副心里颇为受伤的样子。

这难道是她将我放在一个对等关系上对待的证据吗?

难道正是因为并非伪善、而是处于本心来照顾我,她才会有那种被我辜负了的感觉吗?

若是那样,我对为我付出那么多的初鹿野的对待,便糟糕得不像话了。

我在被子里烦闷了整整一晚。

——我必须要去向她道歉。

到了第二天的早上,我已彻底下定了决心。

 

 

電話では、上手く想いが伝わらない気がした。正午を告げる鐘がなると、僕はタンスからダッフルコートを出して厚手のセータの上に着た。全身から防虫剤のつんとする匂いがした。コートのポケットには昨冬のポケットティッシュと飴玉が入っていた。

一人での外出は久しぶりだった。そもそも外出自体が一週間久しぶりだった。長いこと薄暗い屋内にいたせいか、空の青も木々の緑も、陽光の眩しさも空き地の草いきれも、蝉の鳴き声も鳥の囀りも、何もかもが僕の想像を超えて強烈に迫ってくるように感じられた。世界はこんなにも刺激的な場所だったのか、と僕は途方に暮れた。身を守るようにコートを掻き合わせ、フードを深く被り、僕は学校へと続く道の第一歩を踏み出した。

感觉在电话里的话,没办法好好传达清自己的想法。宣告正午来临的钟声响起,我便从衣橱中拿出一件粗呢大衣,套在厚毛衣外面。浑身散发着一股刺鼻的防虫剂气味。大衣口袋里还放着上个冬天的手帕纸和糖球。

一个人出门已经相当久违了。说来出门本身已经一星期没有过了。不知道是不是因为在昏暗的屋子里呆了太久,感觉天空的蓝、树木的绿,阳光的光亮、空地里青草散发的热气,还有蝉鸣鸟啭,无一不超出我想象地猛烈扑来。原来世界是这样富有刺激性的地方啊,我陷入了一阵迷惘。拢起大衣、拉低帽子,保护好自己,我踏出了通往学校的第一步。

 

わざわざ中途半端な時間を選んで家を出たのは、できるだけ人目を避けたかったからだ。狙い通り、その時間帯の通学路は僕以外の小学生の姿は一人として見当たらなかった。このまま学校まで誰にも会わずに済みますように、と僕は願った。

何人かの大人とすれ違い、そのたびじろじろと怪訝そうな目で見られたが、幸い同年代の人間とは一度も会うことなく学校に辿り着くことができた。時計塔を見上げると、ちょうど昼休みに入ったところだった。

久しぶりに訪れる校舎は、以前よりも少しだけよそよそしい感じがした。僕は顔を伏せ、自分の教室まで早足で歩いていった。開け放たれていたドアから中を覗いたが、そこに初鹿野の姿はなかった。やむなく教室に入り、隅でお喋りをしていた女の子に初鹿野の居場所を訊くと、彼女らは僕の異様な格好を見て不審がりつつも、初鹿野が体調不良で学校を欠席していることを教えてくれた。

之所以刻意选了一个不尴不尬的时间出了家门,是因为想要尽量避开旁人。如我所愿,这个时间的上学路上,除我之外一个小学生的身影都看不到。我祈祷着,就这样谁也不要遇到,安安稳稳走到学校吧。

跟几个大人擦肩而过,每次都被他们用讶异的眼神看着,不过还好没有碰到一个同龄人就抵达了学校。抬头望向钟塔,是刚刚开始午休的时间。

好久没来过的校舍,与以前相较有了些疏离的感觉。我低下头,快步走向自己的教室。从敞开的门向教室中窥望,其中却找不见初鹿野的身影。不得已只好走进教室,去问在角落里闲聊着的女孩子们初鹿野在哪里。她们看我异样的装束觉得有些可疑,却还是告诉了我初鹿野身体不适没来学校。

 

落胆して、教室を出た。その時になってようやく、僕は廊下の掲示板に貼りつけられた数十枚の写真の存在に気づいた。最初にここを通りかかったときには顔を伏せていたので気付かなかったのだ。

真っ先に目に入ったのは初鹿野の写真だった。その写真が非常によく撮れていたから、僕はしばらく足を止めて見とれてしまった。

どうやらそれは、五月の学年行事である遠足にいったときの写真のようだった。写真にはそれぞれ番号が振ってあり、ほしい写真の番号を封筒に記入して購入するという仕組みになっていた。どちらかといえば、面談にきた親向けの売りものなのかもしれない。

僕は初鹿野の写った写真を探して、並んだ写真を順番に眺めていった。カメラマンはなるべく全生徒が偏りなく写るようにしていたつもりなのだろうが、明らかに初鹿野だけは他の生徒よりも多くの写真に写っていた。カメラマンというのは無意識のうちに絵になる被写体を選んで撮ってしまうものなのだ。テレビを見ていても、いつもそう思う。たとえば小学校を取材した映像では、たいていまず「子供らしい子供」、次に「綺麗な女の子」、そして「求められるコメントを返してくれそうな真面目な子」が優先的に撮影されているものだ。そして見る者に不快感を与えるような被写体は、巧妙に画面外に弾き出されている。

我失望地走出了教室。直到那时,我才注意到走廊的公告板上贴着几十张照片。先前路过这里的时候一直低着头,所以都没有注意到。

最先映入眼帘的是初鹿野的照片。那张照片拍得很漂亮,我便看得入迷、停下了脚步。

那似乎是五月份年级组织的远足时的照片。照片各自标着号码,好像是把想要的照片号码写到信封上的购买方式。要说的话,大概是卖给来学校面谈的家长的吧。

我按编号顺序看下来排列着的照片,寻找有照到初鹿野的照片。摄影师本想是尽量不偏不倚地把所有学生都拍下来的吧,可是初鹿野却明显比别的学生在照片上出现得更多。摄影师本是就会下意识地选择适合入镜的东西拍下来的。看电视的时候,我也一直是这样觉得的。比如说在小学中拍摄的采访影像中,基本上都是按“有孩子样的孩子”、“漂亮的女孩子”、“作出所需的发言的认真的小孩”这样的优先顺序拍摄的。像是会给观者带来不快的被摄体,便会被巧妙地排除在画面外。

 

初鹿野がより大きく写っている写真がないものかと探しているうちに、僕は図らずも、自分の写っている写真を発見してしまった。それはまったくの不意打ちだった。どうせ僕の写真など一枚もないだろう、と油断していたのだ。

今思えばそれは、偶然に偶然が重なって撮れてしまった、奇跡の一枚だった。もちろんよく撮れていたという意味ではない。奇跡的に写りの悪い一枚だったということだ。そこに写っているのはおぞましい深海生物だった。

どんなに容姿の整った人でも、たまにそういう写真が撮れてしまうことがある。特に顔というのは動きの激しい部位で、どんな美人であろうとすべての瞬間において完璧な美人であるわけではない。ときには十歳も二十歳も老け込んだような写真が撮れることもあるし、十キロも二十キロも太ったような写真が撮れることだってある。そして僕の場合、もともと痣という致命的な要素があって、それを最大限に生かした最低の一枚が撮れてしまったのだからなおさら性質が悪かった。本来であればそういう写真はカメラマンがあらかじめ取り除いておくものなのだが、おそらく何かの手違いで紛れ込んでしまったのだろう。

年頃の女の子が奇跡的によく撮れた一枚の写真をもとに自己像を作り上げてしまうような愚かさでもって、僕はその奇跡的に悪く撮れた一枚をもとに一瞬で自己像を作り変えてしまった。

ああ、僕の顔は、周りの人からはこんな風に見えていたんだ。

在找有没有初鹿野被拍得稍微大一些的照片的时候,不料发现了一张照到了自己的照片。一直大意地想着“反正不会有照片拍到我的”,显得这简直就是一场突然袭击。

现在想来,那是一张偶然中的偶然才拍到的、奇迹般的一张照片。当然并不是拍得很漂亮的那种意思。是奇迹般地糟糕的一张照片。照片中拍着的,是令人毛骨悚然的深海生物。

长得再怎样端正的人,有时也会被拍出那样的照片的。尤其脸本就是运动激烈的部位,再怎样漂亮的人也不可能在每个瞬间都那样完美。偶尔也会有看起来老了十几二十岁的照片,有时也会看起来像是重了十几二十公斤。而我,本身就有痣这个致命因素在,又将它最大限度地发挥了出来,拍出了这张最糟糕的照片,显得愈发地恶劣了。本来这种照片摄影师该是会事先挑除的,大概是中间出了什么差错才混进来了的吧。

我用着“正值青春年华的女孩根据自己那张奇迹般完美的照片勾勒出自己的形象”般的愚蠢,根据那张奇迹般糟糕的照片改写了自己在自己脑海中的形象。

啊,周围的人所看到的我的脸,是这个样子的啊。

 

僕はあらためて初鹿野の写真を見て、それからもう一度自分の写真に目をやった。そして自問した。お前はこの二人が釣り合うと思うか? 自分が彼女と対等に言葉を交わせる立場にあると思うか? 彼女に恋をする資格が自分にあると思うか? 答えはいずれも「思わない」だった。

まるで地面が急激に傾いたかのように足下が揺らいだ。なんとか踏みとどまったが、直後、これまでに経験したことのない強い悪寒が僕の体を襲った。全身ががくがくと震え、上手く呼吸ができなくなった。

這う這うの体で家に帰り、布団に包まって震えが収まるのを待った。僕の心はひどく打ちのめされ、これ以上はないというほど弱っていた。ようやく悪寒が引くと布団から這い出し、薄暗い台所でコップに水お注いで飲み干して、またすぐに布団に戻った。

いつまでこんな風に生きていかなければならないんだろう、と僕は枕に顔を埋めて考えた。仮にこの寒気がなくなったとしても、根本的な問題である痣が消えるわけではない。こうやって人目を忍んでこそこそと生きていかなくてはならないことに変わりはないのだ。

お願いだから誰かこの痣を消してくれ、と僕は祈った。しかし自分が何に対して祈っているのかはわからなかった。この願いを叶えてくれるなら、神でも魔女でも人魚でも何でも構わなかった。

我重新看向初鹿野的照片,接着又把视线投向自己的照片。然后质问自己:你觉得这两个人相配吗?你觉得自己是处在能与她平等交谈的立场吗?你觉得自己有去喜欢她的资格吗?所有问题的答案无一不是”不觉得“。

像是地面骤然猛地倾斜了起来一般,脚底晃动了起来。勉强站住了,紧接着身体却又被至今未曾体会过的、强烈的恶寒侵袭,全身哆哆嗦嗦地震颤着,呼吸也变得困难。

拖着狼狈不堪的身躯回了家,裹紧被子等着颤抖停息下了。精神上狠狠地受到了打击,虚弱到了极点。身上总算不再发冷了,便爬出被子,到昏暗的厨房里,往杯子里倒上水喝干,又马上钻回到被子里。

这样的生活还要持续多久呢,我把脸埋进枕头里想着。就算身上的寒冷消失了,痣这个根本性的问题也并没有解决。还要偷偷摸摸躲避着人们的视线生活这一点,不还是毫无变化。

“拜托了,谁来把这颗痣去掉吧。”我祈求道。却不知道自己是在向谁祈求着。要是能为我实现这个愿望的话,神明也好、女巫也好、人鱼也好,是谁都没关系。

 

廃神社の話を思い出したのは、このときだった。

それはいつかクラスメイトの誰かが話していた、他愛もない噂話だ。町外れの小山の頂上にある、小さな廃神社。そこに一人きりでいって、真夜中の零時ちょうどに願いごとをすると、神様が現れて願いを叶えてくれる――という馬鹿げた噂。どこからともなく流れ出した噂だったが、他校の生徒たちの間にもまったく同じ内容の噂が広まっているらしい。同じような話を子供の頃に聞いたことがあるという若い教師も少なからずいて、美渚町の子供たちの間で廃神社の噂は、馬鹿げてはいるが否定しきれない神秘として常に関心の対象となっていた。

とはいえ、小学校四年生にもなって本気で廃神社の神様が願いごとを叶えてくれるなどという夢物語を信じるなんて、普通であれば考えがたい。しかし、長いこと家にこもって視野狭窄に陥っていた上、寒気で頭には靄がかかっており、おまけに絶望の底に叩きつけられたばかりで藁にも縋りたい気分だった僕にとって、その噂話はちょっとした啓示のように響いた。

僕は長いこと布団の中でその噂話に思いを巡らせていた。一時間ほどが過ぎた頃、僕は布団から体を起こし、財布をコートのポケットに突っ込んで家を出た。時計は午後の四時を回ったところだった。

就是在这个时候,我想起了废弃神社的故事。

那是什么时候、班里哪个同学说过的、无聊的传言。城郊小山的山顶,有座小小的废弃神社。一个人独自到那里去,在半夜零点整祈愿的话,神明便会现身帮忙将愿望实现——这样荒唐的传言。不知道这是从哪里传出来的,而别的学校的学生之间好像也流传着完全相同的传言。也有不少年轻老师在孩童时代也听到过一样的故事,于是废弃神社的传闻虽然很荒唐,它却作为一种难以彻底否定的、神秘的存在,时常在美渚町的孩子们之间成为饱受关注的对象。

话虽那么说,可是小学四年级的学生会去相信“废弃神社的神会帮忙实现心愿”这种梦话,一般说来还是难以想象。然而,长期闭门在家让我视野变得狭隘,身上的寒意让脑袋也蒙上了一层雾,再加上刚被丢进绝望的深渊、连稻草都想去一抓。对这样的我来说,这个传言像是给我带来了一些启示。

我在被子里深思了那个传闻许久。过了一个小时左右,我从被子里爬起,把钱包塞进大衣口袋,出了家门。钟上的时间刚过下午四点。

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. kaz
    kaz 发表于: 2016年1月24日 04:09:30

    辛苦了。

  2. 哈哈
    哈哈 发表于: 2016年1月24日 08:16:25

    赞(≧▽≦)

  3. 777
    777 发表于: 2016年1月25日 17:06:45

    嗯呜唔~

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部