26Jan

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(三十五)

时间: 2016-1-26 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

戸をノックする音が聞こえた。聞き覚えのある叩き方だったが、それがいつどこで聞いた音かまでは意識に上ってこなかった。ややあって引き戸が開き、途端、視界が光に覆われた。もう少しで恐慌をきたすところだったが、何者かが懐中電灯を持って入ってきたのだとわかると、安堵感で全身の力が抜けた。

「やっぱり、ここにいたんだね」

听到有敲门的声音。是种熟悉的敲门声,脑袋里却连那是何时何地听到过的声音都浮现不出来。过了一会儿拉门打开了,视野顿时被笼上了一层光亮。还差一点点就要给我带来恐慌了。然而当我明白是有什么人打着电筒进来了,便因为安心感全身脱了力。

“果然是在这里啊。”

 

女の子の声だった。その声にもやはり聞き覚えがあった。顔を上げて姿を確認しようとしたが、こちらに向けられた懐中電灯の明かりが眩しくて目を開けていられなかった。

彼女は傘を閉じて水を払い、僕の前まで歩いてきて身を屈め、懐中電灯を床に向けた。それでようやく、僕は自分を迎えにきた人物の顔を見ることができた。

「陽介くん」と初鹿野は僕に呼びかけた。「私だよ」

是女孩子的声音。这个声音也很耳熟。想抬起脸看清她的样子,却被照向我的手电光晃得睁不开眼睛。

她把伞收起来、甩去上面的水,走到我面前来,弯下腰,把手电筒朝向地面。这样我总算看清了来接我的人的样貌。

“阳介,”初鹿野向我打了声招呼,“是我哦。”

 

僕は目を疑った。どうして初鹿野がここにいるんだ? なぜ僕がここにいることがわかった? いや、そもそもなぜ僕を捜していた? 体調を崩して学校を休んでいたんじゃなかったのか? 一人で山を登ってきたのか? こんな夜中に?

しかしそれらの問題について一つ一つ訊ねるだけの気力は僕には残っていなかった。僕が衰弱しているのを見て取った初鹿野は、僕の肩に手を置いて「ここで待っててね、すぐに助けを呼んでくるから」というと、傘と懐中電灯を摑んで本堂を出ていこうとした。

我怀疑起自己的眼睛。为什么初鹿野会在这里?她怎么会知道我在这里?不对,她倒是为什么会在找我?不是身体不好请假没去学校吗?她是一个人爬山过来的吗?在这样的深夜里?

可是我已经连逐一去询问这些的气力都没有了。看出我衰弱的样子,初鹿野把手搭到我的肩膀上,说“在这里等我一会儿,我马上去呼救”,便抓起伞跟手电,要走出正殿。

 

反射的に、僕は初鹿野に追い縋ってその手を摑んでいた。彼女を引き止めた僕は、歯を鳴らしながら振り絞るようにいった。

寒い。

初鹿野は振り返って僕の手を見つめ、束の間逡巡した。果たしてこのまま僕の手を振り解いて人を呼びにいくべきか、それとも一旦ここで僕に対応するべきか。

条件反射般,我追到初鹿野身边,抓紧了她的手。我拉住她,牙齿打着颤、拼尽全力说道。

冷。

初鹿野回过头来凝视着我的手,逡巡了片刻。犹豫着到底是该就这样甩开我的手去找人过来,还是该暂且先留在这里安抚我。

 

結局、初鹿野は後者を選んだ。傘を懐中電灯を捨て、僕の手を握り返してしゃがみ込んだ。僕は彼女が留まってくれたことにほっとして、その場に尻餅をついた。

「寒い?」と彼女は確認するように訊いた。

僕が頷くと、彼女は両腕を僕の背中に回して体を密着させた。

「じっとしててね」そういって、彼女は僕の背中を慈しむように撫でた。「少しずつ、あったかくなるから」

最终,初鹿野选择了后者。她放下伞跟电筒,反握住我的手蹲了下来。知道她会留下来陪我,我放下了心,当场一跤跌坐在地上。

“冷吗?”她确认着问道。

我点点头,她便用双臂环住我的脊背,让身体相贴。

“就这样不要动哦。”说着,她怜爱地轻抚着我的脊背。“会一点点暖和起来的。”

 

初めのうち、雨に濡れている彼女の体はひどく冷たく感じられた。おい止めてくれ、そんなことをしたらよけいに寒くなるばかりじゃないかとさえ思った。でもそのうち、その冷たさは少しずつ麻痺していった。そして彼女の皮膚に内側にある熱がじわじわと伝わってきた。かちかちに強張っていた全身の筋肉がその熱によってじっくりと解されていき、損なわれていた様々な身体機能が徐々に活動を再開し始めた。芯まで冷えていた僕の体は、長い時間をかけて人間らしい温度を取り戻していった。

最开始的时候,感觉她被雨淋湿了的身体好冷。甚至想着“喂快停下来,这样反而只会变得更冷的吧”。然而这时,渐渐地,那阵寒意一丝丝地麻痹了下来。接着来自她皮肤内侧的热量开始一点一点地传递了过来。全身上下僵硬了的肌肉都在那份热量下渐渐地放松了下来,先前受损了的种种身体机能也都慢慢重新恢复了运转。我完全冻僵了的身体花了很长时间,总算重新回复到了人类该有的温度。

 

「大丈夫だよ」僕を温めている間、初鹿野何度もそう繰り返した。「大丈夫だからね」

彼女がその言葉を口にするたびに、僕は強く励まされた。彼女が大丈夫というなら大丈夫なんだろうな、と馬鹿みたいに素直に思った。

どれくらいの間、そうしていただろうか。

“没事的哦,”在把我捂热的那段时间里,初鹿野无数次那样重复道,“没事的。”

每当她说出那句话,我便感觉受到了强烈的激励。像傻瓜一样听话地想着,她说没事的话,那就是没事的吧。

就那样过了多长时间呢。

 

あるとき突然、僕は体の感覚が正常さを取り戻していることに気づいた。それは平均的な七月の夜の気温だった。濡れた服のせいで少々肌寒くはあったが、それだけだった。

僕の震えが収まったのを感じ取ったのか、初鹿野が訊いた。

「まだ寒い?」

某个时刻,我突然发觉自己的身体知觉已经恢复了正常。那是七月夜晚的平均气温。被淋湿的衣服在肌肤上还留有些许凉意,但也仅此而已了。

也许是感觉到我身上的颤抖停息了吧,初鹿野问道。

“还冷吗?”

 

もう寒くはなかった。僕の体は汗を掻いてさえいた。けれども僕は「まだ、少しだけ」と答えた。もうちょっとの間、こうやって彼女の体温を感じていたかったのだ。

「そっか。早く、あったかくなるといいね」

僕の嘘を知ってか知らずか、初鹿野はそういって僕の頭を撫でた。

已经不冷了。我身上都有些出汗了。而我却回答说:“嗯,还有一点。”想就这样感受她着的体温,就稍微一会儿。

“是吗。快点暖和起来就好了呀。”

她那样说着,轻轻揉着我的脑袋。也不知道她有没有看透我的谎言。

 

 

心ゆくまで温めてもらった後で、僕は彼女からそっと両腕を離した。

「委員長」と僕は彼女を呼んだ。

「何?」

「ごめん」

彼女はその一言で、僕のいいたいことを察してくれた。

心满意足地接受够她的温暖,我轻轻地把双臂挪离她的身体。

“班长。”我叫她道。

“怎么?”

“对不起。”

她从我的那一句话,猜到了我想说的是什么。

 

「気にしてないよ」彼女は嬉しそうにいった。「いや、実をいうと、ちょっとは気にしてるかな。私は陽介くんに、しっかり傷つけられた。それは確かだね。でも、許してあげる」

「……ありがとう」

僕が礼をいうと、初鹿野は僕の頭を両手でぐしゃぐしゃと撫でた。

“没在在意啦。”她开心地说道。“不对,说实话,还是稍微有点在意的吧。我可是确确实实被你狠狠伤害了哦。不过,原谅你了。”

“……谢谢。”

我向她道谢,初鹿野便用两手把我的头揉得乱糟糟的。

 

「ねえ、陽介くん。私が毎日陽介くんのもとに通っていたのは、陽介くんに学校に戻ってきてほしかったからなの」

「どうして?」

「どうしてだと思う?」彼女は首を小さく傾けて微笑んだ。「あのね、陽介くん。君は知らないかもしれないけれど、私は、陽介くんと話すのが好き。陽介くんの話を一方的に聞くのも好きだし、私の話を一方的に聞いてもらうのも好き。陽介くんと何も話さないで一緒にいるのも好き。陽介くんがいなくなると、すごく寂しい」

“呐,阳介。我每天到你那里去,是希望你能回学校来着。”

“为什么?”

“你觉得是为什么?”她稍稍歪过头微笑起来。“那个,阳介,你也许不知道。我喜欢跟你一起说话。喜欢单方面地听你说话,也喜欢你单方面地听我讲话。也喜欢什么话都不说,就那样跟你呆在一起。你不在的话,我会很孤单的。”

 

彼女はそこで言葉を切って一呼吸置き、うつむいて弱々しい声でいった。

「だから、勝手にいなくならないでください。……心配したんだよ?」

「ごめん」

それだけいうのが精一杯だった。

她说到这里停了下来,顿了一下,垂下头,用微弱的声音说道。

“所以,请不要擅自不见掉。……我很担心的哦?”

“对不起。”

光是说出这句话就已经拼尽全力了。

 

 

本堂の外に出ても、明るさは大して変わらなかった。雨は完全に止み、雲が晴れて月が出ていたが、今から歩いて山を降りるのは難しそうだった。仮に下りることができたとしてもバスがくるのは明日の朝だ。結局、僕たちはその廃神社で一晩を明かした。

走出了正殿,明暗也并没有太大的变化。雨已经完全停了,云雾消散、月亮也出来了,而现在开始下山却似乎很难。就算下得了山,公交车再来也是明天早上了。最终,我们在废弃神社里通宵了一晚、聊到了天亮。

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 4 条精彩评论

  1. 哈哈
    哈哈 发表于: 2016年1月27日 02:30:58

    这。。。。

  2. 777
    777 发表于: 2016年1月27日 11:38:58

    诶诶……这是怎么回事啊,这剧情怎么有点迷啊

  3. 脑残粉
    脑残粉 发表于: 2016年1月27日 12:05:18

    好甜!

  4. 777
    777 发表于: 2016年2月1日 16:38:10

    (;´Д`)快、快回来啊!KK!

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部