30Jan

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(七)

时间: 2016-1-30 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

44: 2012/06/07(木) 15:18:14.95 ID:+beSXCVE0

それから他愛の無い話を途切れ途切れにしていると、突然私を呼び出す校内アナウンスが流れた。

ハッと気がついて時計をみると、もう13時半。

在那之后聊了好久好久不着边际的话题,忽然间听到了呼叫我的校内广播

一下子回过神看了看时间,已经13点半了

 

先生に会えて浮かれていた私は、本番前の最後の音合わせをすっかり忘れていたのだ。

因为见到老师飘飘然的我,完全忘记了正式演出前还要试音这码事

 

「今の、渚さん呼び出してましたよね?」

「刚才的那个,是在呼叫渚桑吗?」

 

先生は驚いて私を見た。

老师用吃惊的面孔看着我

 

「……最後のリハーサル忘れてました。」

「……忘记了最后的彩排」

 

先生は珍しく大きな声で笑うと、早く行きなさいと私の肩をポンと叩いた。

老师少有地大笑了出来,「快点去吧」这么说着拍了拍我的肩

 

「ごめんなさい、行ってきます。」

「はい、ではまた後で。」

「对不起,我先去了」

「好的,那么晚点再见」

 

呼び出された恥ずかしさと、先生に触れられたドキドキで耳が熱くなっているのを感じながら、

私は急いで職員室へと向かった。

边感受着被呼叫时的难为情、以及因被老师触碰而心跳加速耳朵变的炽热的感觉

边急急忙忙地奔向了办公室

 

45: 2012/06/07(木) 15:19:25.94 ID:+beSXCVE0

遅れたものの、リハーサルも無事に終了。

スタンバイの為に会場に向かう。

虽然来晚了,但彩排还是顺利地结束了

为了做好演出前的准备我来到会场

 

会場となっているのは来賓玄関前のだだっ広い玄関ホール。

その場所は3階まで大きな吹き抜けになっていて、そこでストリートライブ形式で行われる予定だった。

成为会场的是位于来宾大门前的很宽敞的大厅

那个地方直到3楼为止都是通顶的,然后是打算在那里以街头演唱会的形式开催

 

 

14時になり公演スタート。

最初こそまばらだった観客達は、一年生の数名が歌い終える頃には相当な数になっていた。

ここまで観客が増える事を予想していなかった私は、やっぱりまた激しく後悔していたのであった。

到了14点公演开始

一开始只有零星点点的观客们,到了几名一年级学生唱完后已经形成了相当的数量

完全没想到客人会增加到这种程度的我,果然内心又被强烈的后悔所袭

 

あと一人で自分の番となった時、私は初めて知り合いを探して観客達の顔を見渡した。

到了只差一人就轮到自己的时候,我第一次环视了下观众们看看有哪些认识的人

 

一番前に友人達数名。その少し後ろに友人達の家族がチラホラ。が、先生の姿はない。

あれ?っと思って上に目をやると、先生は2階からこちらを眺めていた。

在最前面看到了几名朋友,在那稍微后面一点的地方零散地看到了朋友们的家人

但是,没看到老师

啊咧?这么想着朝上望去时,发现老师正站在2楼看着我这边

 

ちょうど歌うときに立つ場所の真正面。

刚好在唱歌的时候站立的位置的正对面

 

なんでよりによってソコなんだ…しっかり見えちゃうじゃないか…

と心の中でツッコミを入れていると、すぐに自分の番は回ってきた。

为什么偏偏要挑这样的地方啊…这不是会被看的清清楚楚嘛…

像这样在心里默默吐槽时,马上就轮到自己了

 

46: 2012/06/07(木) 15:20:44.86 ID:+beSXCVE0

促されるまま、皆の前に立つ。

在催促下,我站到了大家面前

 

私は観客達の顔を見ないようにしながら、

緊張を抑える為に2.3回深呼吸をすると、準備OKの合図をした。

声の無いせーので、歌い始める。

我避免去看观众们的脸

为了缓解紧张呼吸了2、3次后,作出自己已经准备OK的手势

默默数了3.2.1后,开始唱起歌

 

歌いながら少し上に目線をやると、先生と目が合った。

いつもより少し真剣な顔で、でもやっぱりニコニコしながら先生は私をじっと見ていた。

边唱着边稍稍将视线朝上看时,和老师对上了视线

老师用着比以往稍微认真一些,但果然还是面带笑容的表情注视着我

 

途端に頭が真っ白になって目が離せなくなる。

甘酸っぱくて恥ずかしかった歌詞は、いつのまにか私の気持ちと同調して、

気がつくとただ淡々と先生にだけ聞かせているかのように歌っていた。

突然间脑子一片空白变得无法移开 视线

那青涩害羞的台词,不知何时跟我的心情产生同调

不知不觉,自己仿佛已经像是只为了让老师听到而唱了

 

 

 

歌い終わりホッと一息深呼吸して一礼すると、シーンとしていた会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

途端に我に返って恥ずかしくなり、私は逃げるように早足でその場から立ち去った。

唱完后松了一口气深呼吸行过一礼后,原本安静的会场响起了震彻全场的鼓掌声

突然间回过神来后一下害羞了起来,我像是要逃离一般快跑着离开了会场

 

真っ赤な顔で一目散に屋上を目指す。

無意識に先生だけ見て歌っていた事が凄く恥ずかしく、

なんであんな事になっちゃったんだろうと後悔で自分を責めた。

满脸通红地一溜烟儿地朝着屋顶跑去

对无意识间只看着老师唱歌这件事感到非常地难为情

不禁对自己为什么会变成那样子感到懊恼自责

 

 

屋上について携帯を開くと、友人達からメールが来ていた。

良かったよ~凄かったよ~周りの人も褒めてたよ~

というお褒めの言葉に少しだけ嬉しくなってニヤニヤしていると、渚さんっと堺先生の声がした。

到达屋顶打开手机后,收到了朋友们发来的短信

唱的很好哦~很棒哦~周围的人也一直在夸奖哦~

正因为这样的赞美之辞开心得稍稍有些心痒的时候,

听到了堺老师的呼唤着「渚桑~」的声音

 

「やっぱりここにいた。」

「果然在这里啊」

 

ニコニコしている先生と目が合うと、また私の顔はカーっと熱くなった。

一和满脸坏笑的老师对上视线后,我的脸又一瞬间红了起来

 

47: 2012/06/07(木) 15:20:52.22 ID:L9GcuA1Wi

いいね~ニヤニヤしながらみてます

真好啊~看着我嘴角都上翘了哦

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. 无名氏
    无名氏 发表于: 2016年1月30日 19:04:03

    坏笑。。女孩纸果然好萌

    • pass
      pass 发表于: 2016年1月30日 19:48:53

      你難道沒有遇到過一點都不萌的女孩紙麼

      • 被妹妹甩了的样子的家伙
        被妹妹甩了的样子的家伙 发表于: 2016年1月31日 00:06:52

        前提是遇到过女孩子啊……

        • 星空融入
          星空融入 发表于: 2016年1月31日 02:12:49

          (坐下,喝茶)少年啊,看来你是有故事的人啊

  2. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年1月30日 19:09:03

    hshs(;*´Д`)ノ

  3. ri ngo
    ri ngo 发表于: 2016年2月2日 12:37:41

    hshs^q^ mogege mogege^q^ hshs

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部