31Jan

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(八)

时间: 2016-1-31 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

50: 2012/06/07(木) 15:22:27.80 ID:+beSXCVE0

「凄かった。他の子達には悪いけれど、ずば抜けて一番上手でしたよ。」

「唱得很棒哦。

 虽然这么说有点对不起其他孩子,但远远超越了她们,唱的是最好的哦」

 

先生はニコニコしながら言う。

私はブンブンと首を振った。

老师边面带微笑边这么说道

我则是左右摇了摇头

 

「そんな事無いです、私はそんなに上手じゃないです。」

「并没有这种事情,我唱得并没有那么好啦」

 

恥ずかしさに下を向く。

何だか気持ちが高揚しすぎて、なぜか自然に目が潤んでしまう。

难为情地低下了头

心情有些澎湃过头,不知为何眼睛自然地湿润了

 

耳まで真っ赤にした私の様子にハハっと笑うと、先生は私の頭をポンポンと撫でた。

看着我那红到耳根的样子,老师在哈哈地笑了笑后拍了拍我的头

 

「恥ずかしがらないで、自信を持って。」

「不要难为情,拿出自信来」

 

聞き覚えのある懐かしい言葉に一瞬だけ間を置いて、私は思わずクスっと吹き出した。

听到这似曾相识的怀念的话我愣了一下后,不禁噗地笑了出来

 

「先生、前もそういってくれましたね。」

「そうでしたっけ?」

「老师,之前也这么跟我说过吧」

「是这样吗」

 

目が合うと、なぜか私達はアハハと笑い合った。

いつもと変わらない先生の様子に、いつの間にか私の心は落ち着きを取り戻していた。

对上视线后,不知怎的我们「啊哈哈」地相互笑了

看着这和平时没什么变化的老师的样子,不知何时我的心又取回了冷静

 

「さて、それじゃそろそろ僕は帰りますね。」

「はい、今日はどうもありがとうございました。」

「じゃあまた。」

「那么,我差不多该回去了哦」

「嗯,今天真的是谢谢了」

「那么再见」

 

先生が小さく手を振って背を向ける。

老师小小地挥了挥手后转过身子

 

中学2年の頃に止まってしまった時間が、また動き出す音がした。

初二的时候我那停滞了的时间,再次发出了转动的声音

 

51: 2012/06/07(木) 15:24:20.92 ID:+beSXCVE0

文化祭で久々の再会をしてから、私と先生のメールの回数は徐々に増えていった。

自文化祭上久违再会后,我和老师互通短信的次数渐渐增多了

 

今日はこんな事があったよ。とかありきたりな内容だったけれども、

一日の終わりに毎日メールするのが当たり前になっていた。

私は人生で2度目の、充実した穏やかな毎日を過ごしていた。

今天发生了这样的事情哦~之类的,虽然都是这种平淡无奇的内容

但是一天结束的时候发下短信已经变成了理所当然的事情了

我度过了人生里第二次的,充实的安稳的每一天

 

 

が、しかしその平和が脅かされる日は、突然にやってくる。

然而,这个平和受到威胁的日子,突然间降临了

 

 

冬休みが始まった日。

終業式を終えて家に帰ると、普段から滅多に帰って来る事のなかった母が、

台所で鼻歌まじりにご飯の用意をしていた。

ビックリしてどうしたの?と聞くと、母は満面の笑みで私を抱きしめるとこう言った。

寒假开始的那一天

结束了结业典礼店里回到家后,发现平时很少回家的母亲

正在厨房里边哼着鼻歌边准备着饭菜

吓了一跳「怎么了呢?」这么问了后,母亲用满面的笑容抱着我这么说道

 

「なぎ~、私ね~再婚する事にしたの~♪〇〇さんっていってね~凄く優しいのよ~♪今日から一緒にココで暮らすからよろしくね~♪」

「渚~,我啊~决定再婚了哦~♪是叫〇〇桑的人哦~很温柔的哦~♪

 今天开始就要一起在这里度过了,请多指教哦~♪」

 

あんまり突然の告白で面食らっていると、母はまた鼻歌を歌いながら調理に戻った。

正当我因为这突然的告白不知所措时,母亲又哼着鼻歌回到了料理

 

「ちょ、どういうこと!?なんでそんな事になったの!?」

「喂,怎么回事!?为什么会变成这样!?」

 

呆けている場合じゃないと、焦って聞き返す。

想着这并不是发愣的时候,于是急急忙忙地反问道

 

「どうこうもないわよ~♪赤ちゃんが出来たからね、一緒に暮らすのよ~♪

 もうすぐ弟か妹が生まれるの~♪なぎも嬉しいでしょ?♪」

「赤ちゃん!?」

「そうよ~♪おめでたいのよ~♪〇〇さんももうすぐ帰ってくるからね~、仲良くしてね~♪」

「才不是怎么回事哦~♪因为有了宝宝啊,所以要一起住哦~♪

 很快就会有弟弟或妹妹出生了~♪渚也很开心的吧?♪」

「宝宝!?」

「是哦~♪很可喜可贺的哦~♪〇〇桑也很快就会回来了哦~,要搞好关系哦~♪」

 

 

まるで宇宙人と話しているみたいだった。

突然相談もなく勝手に決められても困ると話しても、なんで~?どうして~?としか母は言わない。

感觉像是在跟外星人说话那样

就算我说什么商量也没有突然就这么定下来我很困扰,

母亲也只会诶~?为什么~?这么说而已

 

話にならない…

实在是没法交流…

 

そう諦めて自室に戻ると、言いようの無い疲れがどっと押し寄せて、

私はしばらく何も考えられずにベッドに突っ伏しているしかなかった。

就这样放弃回到自己房间后,一种难以形容的疲劳一下子涌了上来

有好一段时间我脑子里一片空白,只能趴在床上而已

 

52: 2012/06/07(木) 15:26:00.05 ID:+beSXCVE0

夕飯の時。

母から呼ばれてリビングに行くと、母の言っていた〇〇さんという人は、もう食卓についていた。

いつの間にか眠っていたらしい私は、その男が家に来たこともまったく気がついていなかったのだ。

到了晚饭时间

被母亲呼叫去了大厅后,母亲说的那个叫〇〇桑的人已经坐在饭桌前了

不知不觉睡着了的我,完全没注意到那个男人已经来到了家里

 

「なぎ~、この人が〇〇さん♪かっこいいパパが出来てよかったね~♪」

「渚~,这个人就是〇〇桑♪有个帅气的爸爸真是太好了呢~♪」

 

母は目の中にハートマークを浮かべながら、一度も私を見ることなくそう言った。

お世辞にもかっこいいとは言えない23.4位の、

やたらとガタイのいい…今風にいうと明らかにDQNな男は、私を上から下までギロリとした目つきでゆっ

母亲眼睛里浮现出爱心,看也没看过我一眼这么说道

这个就算客气说也称不上是帅气的23,4岁左右的

看上去身体十分健壮的…从现在的角度看明显是个混混的男人

用那锐利的目光浑身上下将我缓缓

 

くり眺めると、

看了个遍后,

 

「…………よろしく。」

「…………请多指教」

 

と、無愛想に挨拶をした。

这么平淡地打了声招呼

 

 

「………」

「………」

 

 

私は無言で頷いた。

我沉默的点了点头

 

 

地獄のような日々が始まった瞬間だった。

这是地狱般的日子开始的一瞬间

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 8 条精彩评论

  1. azu
    azu 发表于: 2016年1月31日 19:54:24

    感觉很不好的预感(

  2. 喵喵喵
    喵喵喵 发表于: 2016年1月31日 21:13:56

    难道是鬼父?[t喷]

  3. 匿名
    匿名 发表于: 2016年1月31日 23:21:12

    特么看了日记那篇,感觉这边怎么是鬼父预定。。。老师背锅预定?

  4. Sfa06305
    Sfa06305 发表于: 2016年2月1日 00:54:34

    [t狂汗]這展開

  5. Rosky-罗斯基
    Rosky-罗斯基 发表于: 2016年2月1日 02:01:35

    [t喷]雅蠛蝶!!

  6. -蘑小菇-
    -蘑小菇- 发表于: 2016年2月1日 12:01:29

    有种不好的预感

  7. 姐控最高
    姐控最高 发表于: 2016年2月1日 15:30:56

    鬼父?!

  8. V香草蛋糕V
    V香草蛋糕V 发表于: 2018年7月9日 09:22:37

    吓死我了,还以为是老师

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部