1Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(九)

时间: 2016-2-1 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

56: 2012/06/07(木) 15:28:16.99 ID:+beSXCVE0

母は18歳で未婚のまま私を産み、今まで水商売で家計を支えてきた。

支えてきた…とはいいつつも、

家は母の父母から相続した古いながらも一軒家だったので、

実質かかっているお金は大したことは無かったらしい。

母亲在18岁保持着未婚的状态生下了我,一直以来都是靠接客来支撑家里生计的

不过虽说是支撑…

但家毕竟是母亲从外公婆那继承下来的独立房屋

所以实际上花的钱好像并没有多少的样子

 

私が中学生になった頃には、週に1.2回帰ってきて、

当面の生活費を無造作にテーブルに置いてはまた出て行く…という生活を送っていた。

在我成为了初中生的时候,已经变成是一周只会回来1、2次

随意地将当下的生活费放在桌上又出门…这样的生活了而已了

 

どうせ男のところにでも行っているのだろう…薄々はそう感じていたが、

まさか急に再婚などと言われるとは思ってもいなかった。

反正肯定是去男人的地方吧…虽然隐约这么感觉到

但没想到她竟然会突然说出再婚之类的话

 

 

 

男を紹介された次の日。

在男人被介绍后的第二天

 

男が日中仕事に出かけたのを見計らうと、私は籍を入れるつもりなら構わないが、

男と養子縁組をすることだけは絶対に嫌だと母に抗議をした。

我趁着男人白天要工作的空档,对母亲抗议说如果打算入籍那倒是没问题

但只有成为男人的养女关系着我绝对不要

 

名字が変わるのが嫌だった訳じゃなく、

ただ単純にあの薄気味悪い男の名字を名乗る事も、戸籍に入る事も嫌だったからだ。

倒也不是讨厌换姓

只是单纯的讨厌用那个怪模怪样的男人的姓,也讨厌入他的户籍

 

私が一気にまくし立てると、母はニヤニヤしながらあっそう?じゃあそうするわ♪とだけ言った。

我这么滔滔不绝说完后,

母亲只是笑眯眯地「啊啦是吗?那就这样吧♪」这么回答

 

 

 

 

家庭環境は変わったが、それからも先生とは何も変わらずに、普通にメールをしていた。

もっと早く相談していれば良かったのだが、

その当時の私は自分の汚い家庭環境を見られるのが何よりも嫌で、

何も変わりない素振りをしていたのだった。

家庭环境虽然发生了变化,在那之后和老师并没有发生什么变化,

还是跟以前一样发着短信

现在想来虽然会觉得如果当初早点找老师商量就好了

但对当时的我来说很不愿意给老师看到自己糟糕的家庭环境

所以只是装作什么事情都没发生过

 

58: 2012/06/07(木) 15:30:17.30 ID:+beSXCVE0

男が一緒に暮らすようになって数ヵ月後。

早いものでもう春休みに入っていた。

时光飞逝,和男人一起过了几个月后

已经到了放春假的时候

 

母はどこかに出かけ、私はバイトが休み。男も休みだったみたいで、朝からずーっと家に居た。

母亲不知道出门跑到了哪里,我也不用打工

男人好像也是休息的样子,从早上开始就一直待在家里

 

いつもは朝起きるとリビングに行き、

軽く朝食を摂りながらテレビを見たりして過ごすのだが、

その日は朝から男が家に居た為、私はずっと部屋に閉じこもっていた。

虽然如果是平时的话我早上起床都会去客厅,

边简单地吃着早餐边看电视消磨时间

但那一天因为一大早男人就待在家里,所以我一直将自己关在了房间里

 

その日に限って友達がつかまらず、部屋で何もする事もなくボーっとしていると、

不思議と睡魔が襲ってくる。

只有那一天朋友都没有空,我在房间里正当因为没事做发着呆时

睡魔不可思议地涌了上来

 

ベットにつっぷしていると、私はいつの間にか寝入ってしまっていた。

就这样趴在床上,不知不觉我进入了梦乡

 

 

 

眠ってからどれ位か経った時、私は体に感じる違和感で薄っすらと目を覚ました。

自睡着后不知道经过了多久,我因为身体感觉到了一些违和感迷迷糊糊地睁开了眼睛

 

「…?」

「…?」

 

…誰かが私の体を撫で回している。

恐怖と混乱が、私を襲った。

…有谁正在抚摸着我的身体

恐怖和混乱,涌了上来

 

「ハァ…ハァハァ…」

「哈啊…哈啊哈啊…」

 

気味の悪い息遣いだけが、かすかに聞こえてくる。

瞬間、あの男が私の背面を触れるか触れないか位の手付きで弄っているのだ、と気がついた。

只有那叫人毛骨悚然呼吸声,能够微微听得到

突然,注意到那个男人的手正放在隐约能摸到我后背的位置

 

 

 

恐怖と気持ち悪さで、すぐにでもその場を飛び出したかった。

しかし、当時の私は何故か、寝たふりをしなきゃいけない!と咄嗟に思い込んだ。

ただ漠然と、起きてるとわかったら大変な事になる…そういう考えしか浮かんでこなかったのだ。

因为恐怖和恶心的感觉,我就算是马上也想快点奔逃出去

但是,当时的我不知为何,咄嗟间认定「自己必须要装作睡着才行!」

只是漠然地,认为如果被知道自己醒着的话一定会发生不得了的事情…

心里只有这样的念头

 

嫌悪感を必死に堪え、ひたすら寝たフリをしてやり過ごす。

あまりの吐き気に限界を迎えた頃、玄関から母が帰ってきた声がした。

拼命咽下那厌恶感,我努力装作已经睡着

正因为恶心快要无法忍耐时,门口响起了母亲的我回来了的声音

 

 

すると、男の手は一瞬ビクっとし、物音を立てないように静かに部屋から出て行った。

结果,男人的手一瞬间颤抖了下,然后不动声色地静静地从房间里出去了

 

 

私は例え様のない感情を抑えることができず、必死に声を押し殺して泣いた。

我无法抑制住这种难以言喻的感情,拼命地抑制住声音哭泣着

 

59: 2012/06/07(木) 15:32:40.09 ID:+beSXCVE0

高校3年が始まる。

高3开始了

 

私はあの事件があって以来、夜家で眠ることが無くなっていた。

正確には、家で一夜を過ごすという事が出来なくなっていた。

自从有了那件事以后,晚上我再也没在家里睡过了

正确说,应该是再没试过在家里度过一夜

 

 

学校やバイト、友達との約束が終わると、お風呂と必要最低限の荷物だけを取りに帰って、

夜間は体を休められそうな場所を見つけてはジッと座って朝まで過ごした。

在学校&打工,以及完成和朋友约定好的事情后,

就只是回去取一下洗澡和最低限度需要的行李,

晚上找个能够安稳休息的地方静静坐着待到早晨

 

友人達の家にも泊めてもらった事もあったが、

やはり迷惑になる事を考えると、次もまた甘えるということは出来なかった。

虽然也曾在朋友们的家里过夜

一想到这会给她们添麻烦,果然下次没好意思再去麻烦人家

 

余りにも田舎だったため、夜9時を過ぎた頃には外に人出は無くなり、

おまわりさんが見回りをするということも無かった。

私は噂にならないように必死に身を潜めて、毎日ジッと耐え続けた。

因为是个很乡下的地方,晚上过了9点后外面就没有人了

也没有巡警在外面巡逻

我每天小心着不要让自己形成传闻拼命地藏着身,每天都不停地忍耐着

 

 

先生との毎日続けていたメールも、いつのまにか2.3日に一回返事を返す位になってしまっていた。

心がボロボロになっていくウチに、何故か先生に迷惑がかかるような気がして、

不本意に返事を減らしていたのだった。

和老师一直一来持续着的短信也是,不知何时变成了2、3天才会回复一次

随着内心变得越来越片体鳞伤,不知为何产生了像是给老师添了麻烦的感觉

虽然并非情愿但降低了回复的频率

 

表向きには何事もなく過ごし、

一歩裏に帰るとそんな生活を送っているという心労は、並大抵のものじゃなかった。

表面上装作若无其事地度过

但暗地里却持续过着这样的生活的内心累积的疲劳并不寻常

 

 

 

 

そんな生活をひと月ほど送ったある日、それでも体力には限界がやってくる。

在这样的生活过了一个月左右后的某一天,我迎来了体力上的极限

 

その日のバイトを終えた午後8時頃。

いつものようにネグラを探していると、クラクラと立ちくらみがする。

気合を入れて歩こうとはするのだが、体にまったく力が入らない。

那一天打工完到了晚上8点的时候

正当我一如既往踏上回家路时,因为眩晕变得有些步伐不稳

虽然鼓足气势挪动着脚步,身体却完全用不上力

 

私は限界を感じ、半ば無意識に家に帰ると、即自室のベッドに潜り込んだ。

我感受到极限,有些半无意识地回到了家里后,立刻倒在了自己房间的床上

 


lu:早上因为一大早有事出门,到下午才回来所以什么文章都没更新,抱歉

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 7 条精彩评论

  1. 无名氏
    无名氏 发表于: 2016年2月1日 18:00:13

    然后呢然后呢?断的太吊胃口啊啊啊啊啊

  2. Shadow
    Shadow 发表于: 2016年2月1日 18:23:54

    好像三秋缒一本小说的情节

  3. 匿名
    匿名 发表于: 2016年2月1日 23:09:03

    果然又是鬼父预定啊

  4. silverjoker
    silverjoker 发表于: 2016年2月2日 08:31:52

    要不要又搞这种啊……是不是都是因为有这种情节所以串才能留下来……

  5. -蘑小菇-
    -蘑小菇- 发表于: 2016年2月2日 09:11:17

    不要吊胃口啊!

  6. ri ngo
    ri ngo 发表于: 2016年2月2日 12:43:36

    AA啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊(´༎ຶД༎ຶ`)心疼!!

  7. 2ch
    2ch 发表于: 2016年2月3日 11:41:13

    日本好多鬼父啊

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部