1Feb

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(三十六)

时间: 2016-2-1 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

今でも、はっきりと覚えている。あのとき、隣に座った初鹿野が夜空を指さしながら教えてくれた星の名前の数々。当時の僕には彼女の説明の半分も理解できなかったけれど、魔法の呪文じみた星々の名前を彼女が口にするたび、僕の体は不思議な力で満たされていった。

到现在都还记得清清楚楚。那时,初鹿野坐在我旁边,指着夜空、告诉我一个个星星的名字。她的解释当时的我连一半都听不明白,可每当她口中吐出魔法的咒语般的星星的名称时,我的身体中便会被一股不可思议的力量填满。

 

「そういえば、委員長は体調不良で学校を休んでいたんだろう?」と僕は訊いた。「具合、悪くないか?」

「大丈夫。体調不良っていうのは嘘だから。本当は陽介くんの言葉に傷ついて落ち込んでただけだよ」

「悪かった。謝るよ」

「許してあげる」彼女は目を細めた。「……それでね、家でごろごろしてたら、陽介くんの親から『息子がそちらにお邪魔していないでしょうか』って電話がきたの。それで君が家を抜け出してどこかにいったことを知ったんだ」

“话说回来,班长你不是身体不舒服请假没有去学校吗?”我问道。“身体还好吗?”

“没事的,身体不舒服是编的。实际上是被你的话伤到了,心情有点低落。”

“是我不好,我认错哦。”

“原谅你了。”她眯起眼睛。“……然后,正在家里无所事事的时候,你父母打来电话问‘儿子有在您那里打扰吗?’,就知道你溜出家门,跑到什么地方去了。”

 

「でも、どうして僕がここにいるってわかったんだ?」

「春頃に二人で交わした会話の中で、私が一度だけ、この廃神社を話題に上げたのは覚えてる?」

僕は思わず手を叩いた。「ああ、そういえば……」

「私、陽介くんってその手の非現実的な話は好きじゃないだろうなと思ってたから、廃神社の話に興味を持ってもらえたのが意外で、すごく印象に残ってたんだ。陽介くんがいなくなったって聞いたとき、ふとそのときの会話を思い出して、ひょっとしたらって思ったの」

「僕がここにいなかったらどうするつもりだったんだ?」

「午前零時ちょうどに、『陽介くんが元気になりますように』ってお願いするつもりだったよ」

“可是,又是怎么知道我在这里的呢?”

“还记得春天两个人一起聊天的时候,我提到过一次这个废弃神社的话题吗?”

我不由得拍了下手。“啊,这么说来……”

“我原先以为你不会喜欢那种不现实的故事的,很意外你会对废弃神社的故事感兴趣,所以印象很深。听说你不见了的时候,突然回想起了那时的对话,就想你会不会到这里来了。”

“要是我不在这里的话,你打算怎么办呢?”

“打算到半夜零点整的时候,去许‘让阳介身体健康起来’的愿望哦。”

 

話が尽きると、初鹿野は立ち上がって唄を口ずさんだ。メランコリックで、でもどこか郷愁的なところもある旋律。『人魚の唄』だ。それまで僕は彼女が一人で歌っている場面に居合わせたことがなかったから、その歌声のあまりの美しさに言葉を失ってしまった。彼女の声は僕に、井戸の底の澄み切った冷たい水を連想させた。歌が終わったところで僕が拍手をすると、彼女はくすぐったそうに笑った。

それから僕たちは長い間何もいわず夜空を眺めていた。「中に戻ろうか」と初鹿野がいった。本堂に戻って床に寝そべってぽつぽつと意味のない言葉を交わしていると、つけっ放しにしていた懐中電灯の光が徐々に弱々しくなっていった。やがて電池が切れ、屋内は真っ暗になった。僕たちはどちらからともなく手を握り合い、朝がくるのを待った。

话说完,初鹿野站了起来,哼唱起了歌。忧郁的、却又带着些乡愁感的旋律。是《人鱼之歌》。先前我未曾遇见过她独自一人歌唱的场面,便被那歌声过分的美丽夺去了言语。她的歌声,让我联想到了井底澄澈清冷的水。歌唱到结束了,我便拍起了手,她有些害羞地笑了起来。

之后我们望着夜空,什么话也不说,那样看了很长时间。“回里面去吧。”初鹿野说。回了正殿、趴到地上,断断续续地进行着无意义的对话。丢在一边开着的手电的光渐渐微弱了下来。不久就没了电,屋里变得一片漆黑。也不知道是谁先伸出的,不知不觉中相互握住了手,等待着黎明的到来。

 

 

この日を境に、僕の世界の意味はがらりと変わってしまった。それまで「僕」と「それ以外」で成り立っていた世界は、「僕」と「初鹿野」と「それ以外」に変わった。そしてこの世界が生きていくに値する場所であるという根拠は、初鹿野ただ一人で十分になった。

人は、それを刷り込みのようなものだと笑うかもしれない。生まれたての小鳥が最初に見たものを親だと思い込んでついていってしまうという、あの現象だ。はたから見たら、僕は子供時代の思い出にいつまでも囚われている愚か者でしかないということだってあり得る。だがなんといわれようと構わない。多分、僕は死ぬまでこの記憶の幸福な奴隷なのだろう。

以这天为界,世界于我而言的意义发生了翻天覆地的变化。至此一直以“我”和“其他”这两部分构成的世界,变成了“我”、“初鹿野”和“其他”三块。让这个世界成为有生存价值的地方,仅要初鹿野一人便是充分条件了。

别人说不定会笑这不过像动物的烙印现象一样。就是所谓“刚破壳不久的雏鸟会坚信自己第一眼看到的东西是父母,并去追随他们”的这种现象。从旁人的角度看来,我或许不过只是个永远陷在童年时代的回忆里无法自拔的愚人罢了。不过随便被说成怎样都没关系。大概,我至死都会是这份记忆的、幸福的奴隶吧。

 

第13章 君が電話をかけていた場所

第十三章 你曾打着电话的那个地方

 

瞬く間にときは流れ、気がつけば、賭けの期日である八月三十一日になっていた。

その日は朝から大雨が降っていた。僕の人生の最後の一日に相応しい冴えない空模様だ、と僕は窓の外を見て思った。天気予報によれば、その雨は全国的に一日中降り続くようだった。テレビは傘をさした人々で溢れ返る都会のスクランブル交差点を映し、各地の予想降雨量を伝えていた。

僕と初鹿野は外に出ることを諦め、一日中、和室で寝転んだり、縁側で雨を眺めたり、テレビの災害情報を見たりして過ごした。最後の一日だからこそ、あえて特別なことはせず、ささやかだけれど確かな幸せを一つ一つ噛み締めようと思ったのだ。

时光转瞬即逝。一不留神,已经到了赌约的最后期限,八月三十一号。

那天从早上开始就下着大雨。“这真是与我人生最后一天相称的、昏沉的天啊。”我看着窗外,那样想道。天气预报说,这场雨好像会覆盖全国,连着下一整天。电视上放着城市里交叉路口的对角线人行道上满溢着撑伞的人群的画面,播着各地的降雨量预报。

我和初鹿野放弃了出门,一整天不是躺在和室里,就是在走廊下望着外面的雨,要不就是看着电视上的受灾情况。正因为是最后的一天,才并不想去做什么特别的事情,只想把那些微小而确切的幸福逐个咀嚼品味。

 

夕方になり、納戸で見つけたターンテーブルでレコードを聴いていると、初鹿野が這い寄ってきて僕の背中に覆い被さった。僕の胸元に回された彼女の手には、果物包丁が握られていた。

「ねえ、檜原くん。私、この十日間、本当に楽しかったよ」と彼女はいった。「まるで夢みたいだった。夜になって布団に転んで明かりを消すとき、『これは自殺未遂で意識が戻らなくなった私がベッドの上で見ている夢なんじゃないか』って何度も思った。次に目を覚ましたら私は病室にいて、一人ぼっちになってるんじゃないかって不安でたまらなかった。……でも、朝になって目を覚まして襖を開けると、檜原くんは必ずそこにいて、そのたびに私は『夢じゃなかったんだ』って嬉しくて嬉しくて、それだけで泣きそうなくらいだったんだ」

初鹿野はそこで言葉を区切った。

到了傍晚,我正在储藏室里拿找到的唱机听着唱片时,初鹿野悄悄爬过来,压到我的背上。她的手臂环在我的胸前,手中握着一把水果刀。

“呐,桧原。这十天来,我真的很开心哦。”她说道。“简直就像在梦里一样。晚上躺在被子里熄灯的时候无数次想过,‘这会不会是自杀未遂后失去了意识的我,躺在床上做着的梦啊’。实在害怕会不会等到醒来就会发现自己呆在病房里,一个人孤孤单单的。……不过,早上醒来拉开障子都能看到你在那里,知道‘这不是在做梦’,光是这些就让我高兴到想哭了。”

初鹿野说到这里告一段落。

 

「……だから、お願い」

初鹿野は甘えた声でいい、僕の手に包丁を握らせようとした。

僕が無言でそれを拒むと、初鹿野は口を尖らせた。

「いじわる」

僕は彼女の手から包丁を奪い、台所に戻しにいった。再び納戸に戻ると、床に鳶座りしていた初鹿野は僕を見上げて訊いた。「血が出るのが嫌なの?」

「さあな」と僕は受け流した。

「私、絞殺でも構わないよ」

「考えておくよ」

“……所以,拜托啦。”

初鹿野用撒娇的口吻说着,想把刀塞进我的手里。

我不声不响地拒绝,她便撅起了嘴。

“欺负人。”

我把刀从她手中夺过,放回到厨房去。再次回到储藏室时,就看到初鹿野鸭子坐坐在地板上。她抬头看向我,问道:“是讨厌流血吗?”

“也许吧。”我搪塞道。

“我也不介意被勒死的哦。”

“让我考虑下哦。”

 

「それなら、最後まで檜原くんの体温を感じていられるからね」

「この数日で、もう十分味わっただろう」

「全然足りないもん。それに、量の問題じゃないよ」

「欲張りだな」

「そうだよ。今頃気づいた?」

初鹿野はそういって頬を緩めた。

彼女の目元から泣きぼくろが消えていることに気づいたのは、このときだった。僕は彼女に詰め寄って顔を覗き込み、それが見間違いでないのを確認した。

“那样的话,就能感受你的体温,一直到最后一刻了。”

“这几天来,应该已经体会得很足够了吧。”

“根本不够的嘛。再说,又不是量的问题啦。”

“真是贪心啊。”

“是哦。现在才发觉到?”

初鹿野那样说着,笑了起来。

在这时,我注意到她眼角的泪痣不见了。我凑近她,探头看着她的脸,确认不是自己看错了。

 

やはり、その泣きぼくろは本物ではなかったのだ。初鹿野は小学校時代に編み出した救難信号を用いて、ずっと僕に助けを求めていたのだ。

「どうしたの?」初鹿野が目を瞬かせて訊いた。

僕は返事に詰まったが、数呼吸おいて、「なんでもない。気のせいだった」とごまかした。今の僕は檜原裕也なのだ。泣きぼくろの話をしていてはおかしい。その話は深町陽介の管轄であり——そして、彼が初鹿野の前に姿を現すことは二度とないのだ。

間近で向かい合っていると、初鹿野は何かを期待するようにそっと目を閉じる。僕は彼女の前髪を搔き分け、その額を指で軽く弾く。彼女は目を開けて不満げにそっぽを向く。その反応が小さな子供みたいで、僕の顔は思わず綻ぶ。

果然,那颗泪痣不是真的。初鹿野是在用小学时编出的求救讯号,一直向我求助着。

“怎么啦?”初鹿野眨眨眼睛问道。

我答不上来,顿了几呼吸的时间,掩饰道:“没什么,只是错觉。”现在我是桧原裕也,知道泪痣这回事才奇怪。这码事在深町阳介的管辖范围内——而他再也不会现身在初鹿野面前了。

在这么近的距离里脸对着脸,初鹿野像是期待着什么,悄悄闭上了双眼。我拨开她的刘海,手指轻轻弹了一下她的额头。她睁开眼睛,不高兴地把头撇向一边。看她的反应像小孩子一样,我脸上忍不住挂起了笑容。

 

夕食を終えて外の様子を見に行くと、雨は小降りになっていた。僕たちは安楽椅子で夕刊を読んでいた芳江さんに一声かけてから家を出た。傘立てから傘を引き抜こうとすると、彼女は僕の手を押し止めて首を振った。一本で十分、という意味だろう。

肩を寄せ合って一本の傘に入り、家から二十分ほどのところにある海岸までゆっくりと歩いた。小さな灯台の明かりが見え始めた頃には、雨はすっかり止んでいた。僕たちは濡れた堤防の縁に腰かけ、細波の音に耳を澄ました。

吃完晚饭,到外面去看了一眼,发现雨已经下小了。我们便跟正在摇椅上看着晚报的芳江奶奶打了声招呼,出了家门。正要从伞架里抽把伞出来,她止住我的手,摇了摇头。是“一把就够了”的意思吧。

肩膀紧靠着,挤进了同一把伞里,慢悠悠地走向离家差不多二十分钟路程的海岸。开始能看见灯塔微弱的灯光时,雨已经彻底停了下来。我们坐到被打湿了的堤岸边沿上,侧耳倾听涟漪泛起的声音。

 

「檜原くん」と彼女は僕に呼びかけた。「実をいうと、私は一つ、君に謝らなくちゃいけないことがあるの」

「どういうことだ?」

彼女はゆっくりと深呼吸してから答えた。

「昨日の夜、日記を読み終えたの」

僕は呆然と彼女の顔を見つめた。「……どうして、そんなことを? 思い出すのはやめにしたんじゃなかったのか?」

「ごめんなさい」

初鹿野はうつむき、両手でスカートの裾をぎゅっと押さえた。

“桧原,”她叫我道,“其实,我有一件事,必须要向你道歉。”

“怎么回事?”

她缓缓地深呼吸了一下,回答道:

“昨天晚上,我把日记读完了。”

我呆呆地盯着她的脸。“……为什么要那样?不是说好不去想以前的事了吗?”

“对不起。”

初鹿野垂下头,两手紧紧按着裙子的下摆。

 

「それで、何が書いてあったんだ?」と僕は訊いた。

初鹿野は長い間、その問いへの返答をためらっていた。

僕は無理に水を向けたりはせず、彼女が自ら喋り出すのを辛抱強く待った。

そしてついに、彼女は話を切り出した。

「ねえ、檜原くん。今でこそ、私は檜原くんのことがどうしようもないくらい好きだけど、記憶を失う前の私は、そうでもなかったらしいんだ。少なくとも海に飛び込んで記憶を失うその瞬間まで、初鹿野唯は深町陽介くんに恋をしていたらしいの

その一言で、僕の世界はひっくり返った。

開いた口が、塞がらなかった。

“那,上面都写了些什么?”我问道。

初鹿野迟疑了很久,没有回答这个问题。

我没有刻意去套问,只是耐心地等待她自己开口。

终于,她开口说道。

“呐,桧原。现在来说,我确实是无可救药地喜欢着你,可是失去记忆之前的我,好像不是这样的。至少直到因为跳海失去记忆的那一瞬间为止,初鹿野唯似乎都一直喜欢着深町阳介的样子。”

她的这一句话,让我的世界天翻地覆。

目瞪口呆,张开的嘴合不起来。

 

彼女は続けた。「日記によると、どうやら私、七月中旬にも一度自殺を試みていたみたい。高校のそばの神社公園で、首を吊って死のうとしたんだ。そのときに助けてくれたのが、陽介くんだったの」

それから初鹿野は、自身も目元を指さして僕に訊いた。

「私の泣きぼくろが偽物だってこと、気づいてた?」

僕は無言で頷いた。

她继续说着。“按日记所写,我好像在七月中旬的时候也曾尝试过一次自杀。在高中附近的神社公园,打算上吊自杀。那时救下我的人是阳介。”

接着,初鹿野指着自己的眼角向我问道。

“注意到了吗?我的泪痣是假的。”

我没说话点了点头。

 

「これはね、初鹿野唯と深町陽介くんとの二人の間だけで通じるサインなの。救難信号とでもいうのかな。何か辛いことがあって、けれども素直に助けを求めるのが難しいときは、目元に泣きぼくろを描くことで助けを求めよう、って決めてたんだ」

彼女は目元に手を添え、涙が伝う様子を表すようにすっと指先で頬をなぞった。

「別々の中学に進学して彼と疎遠になった後も、誰かの助けがほしいとき、私はおまじないみたいな気分で目元に泣きぼくろを描くようにしてたの。その習慣は記憶を失ってからも続いていて、自分でもどうしてそんなことをするのかわからないまま、毎日風呂上がりや洗顔後にペンで目元にほくろを描いてたんだ。……だから、高校に入学してクラスの名簿に目を通してて、そこに深町陽介の名前を見つけたとき、私は天にも昇る気持ちだったみたいだね。『ああ、本当に陽介くんが助けにきてくれたんだ』って」

“这个啊,是只有初鹿野唯跟深町阳介两个人才明白的暗号。可以说是求救讯号之类的东西吧。约定下要是有什么难过的事情、又不便直接求助的时候,就在眼角画上泪痣来求助。”

她把手放在眼角,指尖沿着脸颊摩挲下来,描摹着眼泪流淌的样子。

“跟他各自升上了不同的中学,渐渐疏远了以后,想要寻求别人的帮助的时候,像要祈祷什么一般,还是会在眼角去画上泪痣。这个习惯在失忆之后也还延续着,自己也不知道为什么要做这样的事,每天洗完澡、洗完脸以后,都会拿笔在眼角画上痣。……所以,我在高中开学时扫过班级名册,在上面发现他的名字时,好像开心得都要跳起来了。想着,‘啊,阳介真的来帮我了’。”

 

「でも」と僕は彼女の話を遮った。「でも、その頃の深町は、『自分は初鹿野に嫌われてるたしい』ていってたぞ」

「うん。嫌っていたわけではないけど、距離を取ろうとしいていたのは事実だよ」と初鹿野はいった。「あんな事件の後じゃ、合わせる顔がなかったからね。それに陽介くんには、小学校時代の私のことだけを覚えていていほしかった。今の私のみっともない現状を目の当たりにして、二人で過ごした日々の思い出を上書きしてほしくなかったの。……幸か不幸か、陽介くんは春休みに事故にあったせいで入学が三ヶ月遅れて、その間、私は彼の前に姿を晒さなくて済んだんだ」

彼女は反応を確認するようにちらりと僕に目を向け、それからまたすぐに正面を見据えた。

“可是,”我打断了她的话。“可是,那时深町说过‘我好像被初鹿野讨厌了的样子’这种话哦。”

“嗯。讨厌到不至于,但确实是有在刻意保持着距离的。”初鹿野说道。“因为发生了那种事情,没有脸面再去见他呀。而且我也想让他只记住小学时的我就好。不想让他看到我现在这副难堪的现状,拿它去覆盖掉两人一起度过的那些日子的回忆。……幸还是不幸呢,他在春假的时候出了事故,迟了三个月才来学校。那段时间里,我便不必在他面前丢丑了。”

她瞥了我一眼来确认我的反应,又很快定睛在了正前方。

 


 

kk:上周小烤 安全度过……ヾ(*´∀`*)ノ

周末一不小心浪了…………………………

爬回来耕耕耕………………

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. 烤火鸡
    烤火鸡 发表于: 2016年2月1日 20:14:24

    更了wwwwwwwww

  2. 脑残粉
    脑残粉 发表于: 2016年2月2日 00:39:26

    開虐了嗎(´・ω・`)

  3. Uzi@//提不起劲
    Uzi@//提不起劲 发表于: 2016年2月2日 02:26:48

    等更等的真是久啊 ……

    • kk
      kk 发表于: 2016年2月3日 21:55:44

      最近 心浮气躁 是 为什么呢(´;ω;`)

  4. 777
    777 发表于: 2016年2月5日 02:47:51

    哦!终于来了

  5. 777
    777 发表于: 2016年2月5日 02:52:15

    诶!!!居然居然喜欢的是阳介。被震惊到了

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部