2Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(十)

时间: 2016-2-2 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

61: 2012/06/07(木) 15:34:50.85 ID:+beSXCVE0

寝付いてどれくらいたったかわからない。

ただ、多分そんなに時間がたたないうちに、あの男は部屋にやってきた。

睡着后不知道过去了多久

只不过,我想应该没有过去多少时间,那个男人来到了房间

 

体を這い回る手の動きで目が覚める。

私はまた、猛烈な嫌悪感に襲われた。

身体因为那动来动去的手醒了过来

我的身体又涌上了猛烈的厌恶感

 

 

そうか、今日もやっぱり母は居なかったんだな…

半ば考えるのを拒否し始めた頭で、ボーっとそんな事を考える。

母はお腹が大きいのにもかかわらず、相変わらず週に何日かはスナックにバイトに行っていた。

是吗,果然今天母亲也不在呢…

几乎开始了拒绝思考的脑袋,只是呆呆地想着这种事情

母亲明明肚子已经变大,却一如既往地每周有好几天要到酒馆里打工

 

 

このまま私が我慢をすれば、とりあえず休めるのかな…

我就这样忍耐下来的话,事情总之可以平息下来吗…

 

覚悟を決めかけたその時、男の手は私の服の中に滑り込んできた。

正当我这么做好觉悟的时候,男人的手滑入了我的衣服里

 

 

 

 

その瞬間、一瞬だけ先生の顔が頭をよぎる。

那个瞬间,老师的脸庞在我的脑中一闪而逝

 

「いやあああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

「不要啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!!!!」

 

実際にはこんな女らしい叫び声じゃなく、もっと獣に近いものだったかもしれない。

私は男を蹴るように突き飛ばした。

或许实际上并不是这么像女人的叫声,而是更接近于野兽般的声音也说不定

我用尽全力撞开了男人

 

一瞬だけ男の体が離れる。

怒りと興奮で頭はクラクラする。

男人的身体一瞬间离开了我

脑袋因为愤怒和兴奋有些眩晕

 

息を荒げたまま起き上がろうとすると、男はニヤっと笑ってまた私に襲い掛かった。

就这样上气不接下气准备起身时,男人邪笑着又朝着我扑了过来

 

どのように体をジタバタさせたか解らない。

ただ、私の服を剥ぎ取ろうとする男の手を、必死で引き剥がそうとしていたのだけは覚えている。

ひたすら男の体を蹴り上げていた私の足が何発目かでようやくクリーンヒットし、

男は小さく呻きながらかがみこんだ。

我的身体是怎么个手忙脚乱法已经记不得了

只记得自己是拼命挥开想要剥下我衣服的男人的手

不停地朝上踹着男人身体的我,虽然不记得是第几次了不过总算出现了一次奏效的攻击

男人边小小地呻吟着边蹲了下去

 

今しかない…!

私は机においてあったカバンを手にすると、一目散に家から飛び出した。

とにかく必死で走って、近所にあった当時はもう使われていない病院跡地に、身を隠した。

只有现在了…!

我将桌子里的书包拿在手后,一溜烟地从家里冲了出去

总之是拼命地奔跑着,来到了附近的当时已经没有再继续的医院旧址,藏了起来

 

62: 2012/06/07(木) 15:36:19.55 ID:+beSXCVE0

建物の影に隠れて息を整えると、とたんに虚しさが襲ってくる。

在建筑的阴暗处里藏起来调整好呼吸后,一种空虚的感觉涌了上来

 

どうして私がこんな目に…

どうして私の親はあんななんだ…

どうして…どうして…

为什么我要遇到这种事…

为什么我的母亲是那样…

为什么…为什么…

 

もう頭の中は、どうして?しか浮かんでこなかった。

脑子里已经除了「为什么?」外涌不起别的感想出来了

 

 

 

一通りどうして問答をした後、ぼーっとした頭でカバンをまさぐり携帯電話を取る。

就这样问了一通为什么后,我用发愣的脑袋摸着书包拿出了手机

 

「せんせいたすけて」

「老师救我」

 

私はほぼ無心で、堺先生にメールを送った。

メールを送った瞬間、涙が溢れてくる。

携帯を握り締めながら泣いていると、先生からの返事はすぐに返ってきた。

我几乎是一门心思地,向堺老师这么发了短信

短信送出去的瞬间,泪水禁不住地涌了出来

我边紧握着手机边哭着时,马上就收到了老师的回复

 

「どうしました?」

「发生了什么?」

 

文字なのに話しかけられているような気がして、私はまた息が詰まった。

明明只是文字,却带给了我一种仿佛在向我搭话的错觉,我又喘不过气了

 

「もうやだ」

「已经受够了」

 

呼吸にならない呼吸のせいで、私はその一文しか送れなかった。

深呼吸を繰り返していると、またすぐ携帯が鳴る。

因为这不成样子的呼吸,我只发出了这一句

正在深呼吸时,手机马上又再次响起

 

「090-・・・・・・」

「090-・・・・・・」

 

本文には携帯番号らしき数字だけが綴られていた。

正文上只显示着像是手机号码般的数字

 

私は止め方のわからない深呼吸を繰り返しながら、その番号を押した。

我边重复着不知如何停下的深呼吸,边按下了那个号码

 

 

ワンコールも鳴らないうちに、先生は電話に出た。

连一次声响都没到,老师就接起了电话

 

64: 2012/06/07(木) 15:37:49.60 ID:+beSXCVE0

「もしもし!?」

「喂喂!?」

 

受話器の向こうから、先生の声がする。

话筒的另一端,响起了老师的声音

 

「せんせい…」

「どうしたの?なにがあったの?」

「せんせい…………」

「老师…」

「怎么了呢?发生了什么?」

「老师…………」

 

涙が溢れて、上手く言葉がつなげない。

泪水流个不停,没办法很好地组织语言

 

「わかった、落ち着いて……今家にいるの?」

「…家にいない…そとにいる」

「外ってどこ?一人で居るの?」

「〇〇病院の…所で……うん、ひとり」

「我知道了,冷静下来……现在在家吗?」

「…不在家…在外面」

「在外面哪里?一个人吗?」

「在〇〇医院的…那……嗯,一个人」

 

「〇〇病院にいるのね?」

「…うん…」

「わかった、今から行くから絶対にそこで待ってて。いい?わかった?絶対に動かないでそこで待ってて!」

「〇〇医院对吧?」

「…嗯…」

「我知道了,现在就过去所以绝对要在那里等着哦?知道了吗?绝对不要动在那里等着我!」

 

先生はそういうと電話を切った。

老师这么说完挂掉了电话

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 11 条精彩评论

  1. -蘑小菇-
    -蘑小菇- 发表于: 2016年2月2日 17:37:42

    虽然感觉情节描述像小说一样没有真实感,但是想想日本社会,这种事情似乎还是会经常发生

  2. rjcbsaj
    rjcbsaj 发表于: 2016年2月2日 17:37:53

    感觉老师也对1有一些意思但是因为师生的关系所以有所犹豫?

  3. 历史与社会
    历史与社会 发表于: 2016年2月2日 17:45:39

    (´;ω;`)

  4. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年2月2日 18:47:12

    妈呀

  5. Sfa06305
    Sfa06305 发表于: 2016年2月2日 23:56:26

    [t呼~]真短

  6. 藏人桑
    藏人桑 发表于: 2016年2月3日 00:25:13

    太短了也。。。。

  7. YSNMJ
    YSNMJ 发表于: 2016年2月3日 00:40:29

    也不短了,因为没有翻回帖
    62楼 我用发愣的脑袋摸着书包拿出了手机
    我用脑袋拿出手机?

  8. Rosky-罗斯基
    Rosky-罗斯基 发表于: 2016年2月3日 02:07:52

    …..LU君你出来 ,我要砍你!这么短,怎么够看!![t喷]

  9. やまと俺の嫁だ!www
    やまと俺の嫁だ!www 发表于: 2016年2月3日 07:22:02

    如果日记里的M也能像这个女主一样勇敢就好了呢…

  10. magichp
    magichp 发表于: 2016年2月3日 07:37:45

    真是一个好老师。

  11. 姐控最高
    姐控最高 发表于: 2016年2月20日 12:02:25

    感觉日本的鬼(继)父真的特别多啊。。。。。

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部