6Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(十四)

时间: 2016-2-6 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

84: 2012/06/07(木) 16:04:00.42 ID:+beSXCVE0

先生はまたフーッと大きく溜め息をつく。

老师又「呼」地深深地叹了一口气

 

「…僕が女性だったら良かったんですけどね……」

「…如果我是女性的话就好了……」

 

私はまた、下を向いた。

我又低下了头

 

「……僕、ずっと心配だったんです。」

「え?」

「……我,一直都很担心你」

「诶?」

 

予期せぬ言葉に、驚いて先生を見る。

听到这意想不到的话,我惊讶地看着老师

 

「…僕が赴任してきた頃……渚さん、虐められてたでしょう?」

「…我去赴任的时候……渚桑,你被欺负了吧?」

 

先生は私を見ずに話を続けた。

老师没看我,只是继续说道

 

「虐められてるのが解って…何とかしてあげたいのに、僕には何も出来なくて……

せめてもの償いのつもりで、歌のレッスン引き受けたんです。」

「知道你被欺负这件事…明明想做些什么,但却什么都做不到……

 想着至少做一些补偿,所以才会答应教你唱歌」

 

「………」

「………」

 

「…少しでも支えになれば…そう思って始めたんです。

 そしたら渚さんはどんどん明るくなっていって、友達も出来て…あぁコレで良かったんだって。

 京都行きの話が来た時…正直少し迷ったんですけど、

 今の渚さんなら大丈夫だろうと思って決心したんです。」

「…就算只是一点点也好如果能帮到你的话…这么想着开始了课程

 结果渚桑变得越来越开朗,也有了朋友……想着这样就好

 然后问我要不要去京都的时候…说实话稍微犹豫了下

 但是想着如果是现在的渚桑应该没问题的吧于是下了决心」

 

 

私は黙って頷いた。

我沉默地点了点头

 

「そしたら泣いてる渚さん、見ちゃったじゃないですか。

 …良かれと思ってやった事で、僕はこの子を余計に傷つけてしまったんじゃないかと後悔して…。

 手紙も出そうかどうか、本当は迷ったんです。

 でも、渚さんの先生に会えて良かったって言葉がどうしても頭から離れなくて…」

「结果不是看到了哭泣的渚桑嘛

 …想当然地以为没事,结果我又后悔自己是不是让这孩子更加受伤了…

 关于要不要写信也是,真的是烦恼了好一阵

 但是,渚桑的『能够遇到老师真是太好了』的这句话在我脑中总是挥之不去…」

 

先生は恥ずかしそうに頭をかいた。

老师难为情地挠了挠头

 

「教師としての自信を無くしかけていた時に言われた言葉だったし…

 自分が誰かに必要とされた事ってあまり無かったから、余計に嬉しかったんです。」

「毕竟是作为老师快要变得没有自信的时候被说的话…

 因为自己很少被人需要,所以感觉格外地开心」

 

86: 2012/06/07(木) 16:06:13.27 ID:+beSXCVE0

「…必要とされた事…ないんですか?」

「…被别人所需要这种事…没有吗?」

 

私が質問すると、先生は苦笑いしながらハイと頷いた。

我这么问了以后,老师边苦笑着边「是」地点了点头

 

「お恥ずかしい話ですけど、僕にもちょっと色々ありまして……まぁこの話はやめましょうか。」

「虽然很难为情,但我也有很多内情……嘛这个话题先不聊了吧」

 

先生はアハハっと笑った。

老师啊哈哈地笑道

 

「本当はいけない事なんですけど、

 僕は渚さんの事が、大事な歳の離れた妹というか…

 そんな風に思えてしまうんです。」

「虽然这样不太好

 我把渚桑看作成了是,该说是重要的年纪相差比较大的妹妹吗…

 反正大概是这样想的」

 

胸がギュッと痛んだ。

心被勒得一阵疼痛

 

「大事だから、貴女がまた傷ついたり、傷つけられたりするのが怖いし嫌なんです。

 だから…絶対に絶対に自分を守ってください。」

「因为很重要,所以不愿意看到,害怕看到你再次受伤的样子

 所以…绝对要绝对要好好保护好自己哦」

 

私はまた、大きく頷いた。

我又深深地点了点头

 

 

「元教え子をそんな風に思うなんて、僕もダメな大人の一人ですね。」

「对自己曾经教过的学生产生这样的想法,我也是一个不合格的大人呢」

 

先生は私の目を見ると、何だか哀しそうにニコッと笑った。

老师看着我的眼睛,有些哀愁地这么笑着说道

 

 

 

 

 

 

 

夜も更けてゆき、私は先生に家の近くまで送ってもらうと、絶対に約束は守りますと改めて宣言した。

先生はいつものようにニコっと笑うと、「絶対ですよ。」とだけ言った。

夜也已经深了,我让老师送我到家附近后,再次宣言说一定会遵守约定

老师像往常一样笑了笑后,「绝对要哦」只是这么说了一句

 

87: 2012/06/07(木) 16:06:25.44 ID:lhtOiEzIi

ちょっ、何か…ええ話や

这,好像是…挺不错的故事呢

 

88: 2012/06/07(木) 16:08:34.19 ID:+beSXCVE0

意を決して家に入る。

テレビを見ているであろう男と、あいかわらず鼻歌交じりで台所に居る母を無視するように通りぬけ、

部屋に戻ってガチャガチャと小物入れを漁る。

下定决心后我进到了家里

目不斜视地路过正在看着电视的男人,以及一如既往地在厨房里哼着鼻歌的母亲

我回到房间里翻了翻装小物件的抽屉

 

「あった…」

「有了…」

 

随分と昔に買った南京錠。

役に立ちそうな物を部屋中を漁ってかき集め、

何とかドアに鍵をつけると、私はやっとホッとしてベッドに座った。

那是我很早前买的南京锁

在房间里收集了那些能派得上用场的物件

总算是给房间上了锁后,我放下心坐在了床上

 

これでひとまず大丈夫…あとは日中どうやって身を守るかだ。

小さな頭で必死に考えた。

这样一来暂时应该是没事了…接下来就是要看白天该如何保护自己了

我用自己那小小的脑袋拼命思考着

 

まず就寝時や家に居る間は常に部屋に鍵をかけて閉じこもる。

首先就寝时和在家的时候要一直给房间上锁待在房间里

 

お風呂は母が居る時のみ。

只有在母亲在的时候才洗澡

 

男が休みであろう時は、どこかに出かける。

男人休息在家的时候,我到外面去过

 

なるべく二人と顔を合わさずに生活をする。

尽可能在两人不见面的前提下生活

 

 

 

やれるべき事を一通り考え終わった頃、ふと先生の言葉が頭をよぎる。

思考了一遍应该做的事情后,老师说过的话突然闪过脑海

 

「大事な歳の離れた妹…」

「重要的年纪相差比较大的妹妹…」

 

私は、いつもとは違う胸の痛みを感じていた。

我感受到了一种和平时有些不一样的心痛

 

90: 2012/06/07(木) 16:10:33.75 ID:+beSXCVE0

それからは学校が終わるとバイトに明け暮れ、気がつくと家には寝に帰っているだけの生活になっていた。

寝に帰っても二人には一切会わず、家では極力空気のように過ごした。

在那之后只要放学我就打工到天黑

回过神来发现自己除了睡觉时间以外已经没在家过过了

就算为了回家睡觉,和两人也从不见面,在家里尽可能地像是空气一样度过

 

先生とも会う事はなく、ただ、メールでだけは毎日連絡を取り合っていた。

おやすみとおはようの挨拶だけの、ある意味安否確認のようなメールだった。

それだけでも何だか先生に守られているような気がして、とても心強かった。

和老师也没有见面,但是,只有短信每天都有联系

虽然只是晚安和早上好这样的,从某种意义上说只是确认是否平安的短信

但光是这样已经有一种被老师守护着的感觉,很是叫人放心

 

 

 

季節は梅雨に入る。

季节进入到了梅雨季节

 

いつものようにバイトを終えて家に帰ると、電気こそ点いてはいたが二人は居なかった。

我和往常一样打完工回到家后,虽然灯亮着但两人不在

 

珍しい事もあるもんだ…と部屋に戻ってゴロゴロしていると、ガタガタと誰かが帰ってくる音がした。

もう帰ってきちゃったか…と溜め息をついていると、足音はまっすぐこちらにやってくる。

ビクッとして身構えていると、扉の向こうから「オイ!」と男の声がした。

还真是稀奇啊…就这样回到房间正无事可做时

门口响起了嘎达嘎达的有什么人回来的声音

已经回来了吗…就这样叹着气时,脚步声直直地朝我这边接近过来

正因为惊吓而紧绷着神经时,门对面传来了「喂!」的男人的声音

 

「……何ですか?」

「……什么事?」

 

緊張しながら返事を返す。

虽然有些紧张但还是给了回应

 

「ガキ、産まれたから。男。」

「…そうですか。」

「孩子生下来了,是男孩」

「…是吗」

 

それだけ言うと、男は部屋の前から去っていった。

只是这么说完后,男人就从我房间前走掉了

 

91: 2012/06/07(木) 16:10:37.90 ID:LUqPOmqkP

なんだろう、胸がいたいわ…

怎么说呢,心真痛啊…

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 5 条精彩评论

  1. 啊啊啊
    啊啊啊 发表于: 2016年2月6日 17:51:57

    真危险啊,这以后都要这么做吗

  2. YSNMJ
    YSNMJ 发表于: 2016年2月6日 17:56:29

    你要是女性的话>>1根本不会接近你…吧?

    • 匿名
      匿名 发表于: 2016年2月6日 22:15:57

      百合什么的、也是可以有!

      • CyclizePei
        CyclizePei 发表于: 2016年2月6日 23:32:24

        师生百合什么的。。。我都还没有想象过,不过也许意外的有意思

  3. ♿
    发表于: 2016年2月7日 06:45:12

    為毛義父這種角色幾乎都只有一條套路啊

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部