9Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(十七)

时间: 2016-2-9 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

109: 2012/06/07(木) 16:31:04.13 ID:+beSXCVE0

静かな部屋で、先生はコーヒーを入れている。

在安静的房间里,老师沏了咖啡

 

あれから暫く泣き続けた私は、疲れてぼーっとした頭でソファにだらりと座っていた。

クーラーの効いた部屋が、ひんやりして心地いい。

在那之后持续哭了一会儿后,因为劳累呆呆地摊坐在了沙发上

待在这开了空调的房间里,感觉很凉爽很舒适

 

「…はいどうぞ。」

「…请用」

 

先生が少しおしゃれなコーヒーカップを目の前のテーブルに置くと、

私は小さな声で「ありがとうございます」と言って床に降りた。

先生もこの間と同じように、私の方を向いて床に座った。

老师拿出一个挺漂亮的咖啡杯摆在眼前的桌子上后

我小声地「谢谢」这么说完后坐到了地上

老师也和上次一样,面对着我坐在了我地板上

 

コーヒーのいい香りと苦味で、頭がだんだんシャキっとしていく。

ちらりと先生を見る。

こちらを見ていたらしい先生と、パッと目が合った。

咖啡的香味和苦味混合在一起,头脑渐渐变得精神了起来

稍微瞄了一眼老师

和好像正在看着这边的老师,忽地对上了视线

 

なんだか恥ずかしくなって、私は視線をそらして下を向いた。

有点害羞了起来,我转开了视线低下了头

 

 

 

「あの…さっきはその…すみませんでした。」

「那个…刚才真的是那个…对不起了」

 

先生が恥ずかしそうにそう言った。

私はブンブンと首を振る。

老师很难为情地这么说道

我左右摇了摇头

 

「自分でも何であんな事したのか、よく解らないんです……ごめんなさい。」

「いえ…」

「自己也是不知道为什么做那样的事情……对不起」

「不…」

 

先生はまた、いつもの顔に戻っていた。

老师又回到了往常的表情

 

「顔…大丈夫ですか?それ以上、腫れないといいんだけど…」

「脸…没问题吗?希望不要肿得更厉害…」

 

私は自分のコメカミを触った。

母に殴られた所が少しだけ熱をもってはいたが、不思議と痛みは引いていた。

我摸了摸自己的额角

被母亲打到的地方虽然还有一点点热,但不可思议的是已经不怎么痛了

 

「大丈夫だと思います…今のところ痛くは無いです。打ち所がよかったのかな?」

「我想应该没问题…现在暂时不觉得疼痛,是因为没有打到要紧处吗?」

 

私が苦笑いしながらそう答えると、先生はクスっと笑って「そうですか」と言った。

我边苦笑地边这么回答后,老师呼呼地笑着「是这样吗」这么说道

 

110: 2012/06/07(木) 16:33:28.56 ID:+beSXCVE0

そのまま黙って二人でコーヒーを飲み終えた頃、先生は「渚さん」と私を呼んだ。

なんですか?っという視線で先生を見る。

就这样两人沉默地喝完咖啡后,老师「渚桑」这么叫了下我

「怎么了呢?」用这样的视线看着老师

 

「……………しばらくの間、このままココに居座っちゃいなさい。」

「……………你暂时先住在这里吧」

 

驚いて聞き返す。

因为太过吃惊不禁反问道

 

「え!?」

「居座っちゃいなさい。」

「诶!?」

「住在这里吧」

 

先生は相変わらずニコニコしていた。

老师一如既往地面带微笑

 

「でもそんな事バレたら先生が…ダメです、絶対にダメです!」

「大丈夫大丈夫。」

「大丈夫じゃありません!ダメです!私、先生の人生まで壊したくありません!」

「壊れる?僕の人生が?どうして??」

「但是这种事一旦暴露的话老师会…不行,这绝对不行!」

「没问题没问题」

「才不会没问题!不行!我不想连老师的人生都毁掉!」

「毁掉?我的人生?为什么??」

 

先生はわざとらしくキョトンとした顔をした。

私は一呼吸ついて、話を続けた。

老师很做作地露出了愕然的表情

我呼吸了一下后,继续说道

 

「もしバレたら、先生は学校を辞めさせられるかもしれません。もしかしたら逮捕とかされちゃうかも知れないし…」

「逮捕?大丈夫大丈夫。仮にされたとしても、容疑がかかるだけです。すぐに釈放されますよ、現に何もやましい事はして無いんだから。」

「万一被发现的话,老师可能会被辞退也说不定。搞不好还会被逮捕…」

「逮捕?没问题没问题,就算真的变成那样,也只是有嫌疑而已

 很快就会释放的,毕竟实际上根本没做什么值得愧疚的事情呢」

 

先生はアハハと笑うと、そのまま続けた。

老师啊哈哈地笑了笑后,继续说道

 

 

「それに………学校をクビになっても、別に人生終わりませんよ。それだけが僕の全てじゃ無いです。」

「でも…」

「稼ぐ方法なんていくらだってありますしね。僕、こう見えてもピアノが得意なんですよ。」

「而且………就算被学校炒鱿鱼,我的人生也不会因此结束哦,那并不是我的全部」

「但是…」

「赚钱的方法什么的要多少有多少哦。别看我这个样子,我可是很擅长弹钢琴的」

 

先生は自慢気にそう言うと、私を見つめてニコっと笑う。

私は思わずプッと吹き出した。

老师用自夸的表情,看着我微微一笑

我禁不住噗地笑了出来

 

114: 2012/06/07(木) 16:36:54.38 ID:+beSXCVE0

「……でも私…やっかいになれる位のお金、持ってません。」

「お金?ハハハッ、気にしないで。部屋はこんなだけど僕、実はかなーーーりお金持ちですから。」

「でもそんな訳には…。」

「子供はそんな事、気にしなくていいの。」

「……但是我…给不了可以寄宿的钱」

「钱?哈哈哈,不要在意这种事情。虽然房间看上去是这个样子,其实我是很ーーー有钱的」

「但也不可以这…」

「小孩子不需要在意这种事情也可以啦」

 

先生はそう言って笑うと立ち上がり、寝室に入っていった。

老师这么说完后笑着站起身,进入了寝室

 

本当にいいのだろうか…大丈夫なんだろうか…そんな事を考えていると、先生はすぐに戻ってきた。

テーブルの上に、何も付いていない鍵を置く。

真的可以吗…真的没问题吗…正想着这种事情时,老师很快地回来了

桌子上放着一个光光的钥匙

 

「はいこれ、渚さんの分。」

「给,这是渚桑的」

 

驚いて先生の顔を見る。

吃惊地看了下老师的脸

 

「しばらく居るんだから、無いと不便でしょう?」

「でもっ」

「いいからいいから。無くさない様に、大事に持ってて下さいね。」

「因为暂时要住下来,没有的话很不方便的吧?」

「但是」

「好了啦好了啦,要好好保管不要搞丢哦」

 

先生はそう言って時計を見ると、大きく背伸びをした。

这么说完老师看了下时钟,大大地伸了伸腰

 

「あーもう朝だ。仕事に行く準備しなきゃ。」

「啊ーー已经早上了,得去准备工作了」

 

時計は6時を回っていた。

时针转到了6点

 

 

 

 

先生との短い同居生活が始まった。

和老师短暂的同居生活开始了

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 8 条精彩评论

  1. Yuuri
    Yuuri 发表于: 2016年2月9日 18:58:48

    老师真是老司机啊 感觉已经迷上了

  2. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年2月9日 19:31:28

    老师的质量高得如VIPPER一般orz

  3. qzuser
    qzuser 发表于: 2016年2月9日 19:34:48

    真是个不错的老师呢

  4. Cloud
    Cloud 发表于: 2016年2月9日 19:50:50

    真希望可以成为老师一样帅气的大人啊

  5. kaori
    kaori 发表于: 2016年2月9日 23:09:21

    迷上老师了

  6. 被妹妹甩了的样子的家伙
    被妹妹甩了的样子的家伙 发表于: 2016年2月9日 23:24:23

    上白泽慧音

  7. 。
    发表于: 2016年2月9日 23:59:58

    真的是好男人啊老师

  8. ♿
    发表于: 2016年2月10日 11:41:22

    終於要來心跳加速的橋斷了嗎

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部