10Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(十八)

时间: 2016-2-10 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

115: 2012/06/07(木) 16:39:33.77 ID:+beSXCVE0

その日の朝。

先生が出掛けて少し経ってから、

私は周囲に人の気配が無い事を確認すると、そーっと先生の家を出た。

那一天早晨

在老师出去稍微过了一段时间后

我确认周围没有人的气息后,静静地离开了老师家

 

夏休みで学校は休みといえど、高校3年になった私は就職活動をしなければならない。

その為に必要な物と、あとは生活に必要な物を少しだけ取りに、私は一旦家に戻った。

虽说暑假学校放假,但升到高三的我必须参加就职活动才行

为了拿就职活动以及生活中需要用到的东西,我回了一次家

 

家に着き、緊張しながらドアノブを回す。

鍵は掛かっていなかった。

到达家后,我怀着紧张的心情转动了门把

家里并没有上锁

 

「………」

「………」

 

注意深く家の様子を探る。

小心翼翼地观察了家里的情况

 

テレビの音だけが、かすかに聞こえた。

只有电视机的声音,稍微能够听到一点

 

私はそっと足を踏み入れると、なるべく足音を立てないようにリビングに入った。

我悄悄进入,尽可能让自己不发出声响地进入了大厅

 

荒れ果てたリビングではボロボロになった母が、ぼーっとテレビを見つめていた。

母に動く気配は無い。

男と弟の姿も、どこにも無かった。

在荒废的客厅里只有穿着破破烂烂的母亲一个人,正呆呆看着电视

母亲没有动弹的样子

无论是男人还是弟弟的身影都看不到

 

 

 

そんな母を無視するように二階に上ると、私は急いで荷物を詰め、またそーっと一階に降りた。

母は変わらず、テレビを眺めていた。

无视这样的母亲我上到了二楼,快速地整理好东西,又再次静静地回到了一楼

母亲一如既往地只是呆呆看着电视

 

「………暫く戻らないから。」

「………我暂时不会回来了」

 

私は何となく母に言った。

不知道为什么我这么对母亲说道

 

母はテレビを見つめたまま小さくコクっと頷いた。

母亲依旧保持着盯着电视的姿势,只是轻轻点了点头

 

 

 

なんともいえない胸の痛みが、気持ち悪かった。

那种难以言喻的心痛,很叫人不舒服

 

117: 2012/06/07(木) 16:41:59.05 ID:+beSXCVE0

それからしばらくの間、私は本当に先生の家で過ごした。

在那之后的一段时间,我真的是在老师的家里度过的

 

バイトは休みを入れ、就職活動に必要な時のみ外に出た。

打工也请了假,只有在需要就职活动的时候我才会外出

 

私は先生のベッドを宛がわれ、先生はソファで寝た。

老师把床让给了我,自己则是睡在沙发上

 

洗濯物は3日に一回、先生と別々にして回した。

私が水道代の心配をすると、先生は「僕はお金持ちですから。」と言って笑った。

洗衣服3天一次,我和老师轮流洗

我说担心水费,但老师只是笑着说「我是有钱人哦」

 

夕飯は先生が買ってきたものを食べた。

一応、朝昼分も用意しておいてくれたのだが、なんだか申し訳なくて食べられなかった。

晚饭吃老师买回来的东西

姑且,早上和中午的饭菜也为我准备了不过,总感觉很过意不去没有吃

 

お風呂は先生の居ない間に入る決まりになった。

理由は、先生が恥ずかしいからだそうだ。

洗澡约定好是只有在老师不在的时候洗

原因是老师比较难为情

 

少しずつ、ルールが出来ていった。

规则一点点地定了下来

 

 

 

普段、先生と私は同じ空間に居ても、特にお話をしたりテレビを見たり遊んだり…という事は無かった。

先生は先生、私は私で好きに過ごし、夜中の一時位になると「寝ましょうか。」といって布団に入る。

平时,就算老师和我待在同个空间,也不会特别去聊天或一起看电视玩耍…

就是老师过老师的,我过我的,到了晚上1点左右时「那么去睡吧」这么说着入睡而已

 

先生は本を読んでいる事が多く、私は邪魔にならないようにイヤホンで音楽を聴いていた。

そんな不思議な生活を、送っていた。

老师经常读书,我为了不妨碍他常常自己带着耳机听音乐

过着这种不可思议的生活

 

118: 2012/06/07(木) 16:44:30.12 ID:+beSXCVE0

先生の家に来て2週間ほど経ったある日。

来到老师家里2周左右的某一天

 

夏休みはもうすぐ終わり。

暑假已经快要结束了

 

いつものように先生が買ってきた夕飯を二人で食べると、私はイヤホンを耳に付けた。

先生は本を…と思ったが、その日は珍しくピアノの前に座ると、

なにやら黒い点が一杯書いてある楽譜を広げた。

正跟平时那样两人吃完老师买给我的晚饭后,我戴上了耳机

老师应该会读书吧…虽然这么想,但那一天很少有的坐在了钢琴前

展开了画满了黑点的乐谱

 

そのまま小一時間くらい何か弾いている後姿を眺めていると、先生はふいにこちらに振り返った。

首をかしげながら、イヤホンを外す。

就这样看着他弹了一个小时不知道什么曲子的背影,老师突然转向我这边

我边歪着头,边取下了耳机

 

「いつも、何聴いてるんですか?」

「え?」

「平时,都在听些什么呢」

「诶?」

 

私はMDプレーヤーを見た。

我看了一下自己的md播放器

 

私には当時好きな映画があって、その劇中の曲をよく聴いていた。

その映画のサウンドトラックにはピアノ曲が数曲入っていて、私は特に好んでそれを聴いていた。

我当时有喜欢的电影,经常听剧中出现的曲子

那个电影的录音带里有几首钢琴曲,我特别喜欢一直有在听

 

「〇〇って映画の〇〇って曲です。」

「ふーん……ちょっと聞かせて貰ってもいいかな?」

「是叫做〇〇的电影里的叫做〇〇的曲子」

「喔……可以借我听一下吗?」

 

私は立ち上がって先生に近寄ると、イヤホンを渡した。

先生が耳に付けたのを見て、当時よく聴いていた曲に巻き戻すと、再生ボタンを押した。

我站起身走近老师后,将耳机递给了老师

看到老师戴上耳机,我转到了当时经常听的一首曲子,按下了播放键

 

 

先生はじーっと、丸々一曲分の時間くらい聴き入っていた。

曲が終わった頃にイヤホンを外すと、鍵盤の上に手を乗せる。

老师只是一动不动地,听完了大概一整首曲子的时间

听完曲子摘下耳机后,他把手放到了键盘上

 

不思議に思っていると先生はその曲のサビのフレーズを、まったく同じように弾き始めた。

正奇怪他要做什么时,老师把那首曲子的高潮的部分,几乎是跟录音一模一样地弹了出来

 

119: 2012/06/07(木) 16:46:31.05 ID:+beSXCVE0

「…聴いたこと、あるんですか?」

「…这首曲子,以前听过吗?」

 

ビックリして質問すると、先生は指を止める事無くニコニコしながら言った。

因为吓了一跳这么问后,老师并没有停下手指,只是面带微笑地回答道

 

「いいえ、初めて聴きました。素敵な曲ですね。」

「…初めて聴いたのに、弾けちゃうんですか………。」

「不,这是我第一次听,是很棒的曲子呢」

「…明明是第一次听的说,就已经会弹了吗………」

 

私がそう言うと、先生は手を止めて少し恥ずかしそうに笑った。

我这么说完后,老师停下了手有些难为情的笑道

 

「言ったでしょう?僕、ピアノは得意なんです。」

「我不是说过了嘛?我很擅长弹钢琴的」

 

私はプッと吹き出した。

我噗地笑出声

 

「……ピアノの曲、好きなんですか?」

「はい。」

「…じゃあ一緒に弾いてみます?」

「……喜欢钢琴曲吗?」

「嗯」

「…那一起弹一下试试?」

 

先生はニコっと笑う。

私は慌てて首を振った。

老师微笑着这么说道

我慌忙的摇了摇头

 

「出来ません!私、ピアニカ以外の鍵盤には触った事ないです!」

「大丈夫。簡単ですよ。」

「做不到啦!我除了口风琴以外就没摸过别的键盘了!」

「没问题,很简单的哦」

 

先生は立ち上がり、私をなかば無理やりピアノの椅子に座らせた。

そして隣に立つと、私のちょうどまん前辺りにある鍵盤を指差した。

说着老师站起身,不容分说地让我坐在了钢琴椅子的正中央

然后在旁边站起身指了指刚好位于我正前方的键盘

 

「渚さんはここから右半分、好きな音を指一本で鳴らしてくれればいいです。

 そうですね……大体同じテンポで弾いてください。」

「は…ハイ。」

「あ、白い鍵盤だけでお願いしますね。」

「渚桑敲这右半部分,单手弹自己喜欢的音就可以了

 是呢……大概保持同样的节奏弹吧」

「啊…好的」

「那么,请只弹白色的按键」

 

私が頷くと、先生は「じゃあどうぞ。」と言った。

我点了点头后,老师「那么请」这么说道

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 12 条精彩评论

  1. 哈哈
    哈哈 发表于: 2016年2月10日 18:11:06

    好棒的感觉

  2. kongkong
    kongkong 发表于: 2016年2月10日 19:40:16

    这老师真是暖啊…

  3. qwq?
    qwq? 发表于: 2016年2月10日 20:29:38

    暖哭!!大过年的感谢翻译!

  4. Cloud
    Cloud 发表于: 2016年2月10日 23:06:37

    终于明白封面图的含义了

  5. 喵喵喵
    喵喵喵 发表于: 2016年2月11日 00:21:11

    很美的故事啊

  6. AntaresW
    AntaresW 发表于: 2016年2月11日 00:57:34

    我已经脑补出一部电影来了

  7. 两仪喵控--麦姬
    两仪喵控--麦姬 发表于: 2016年2月11日 01:09:06

    苦中带甜哪喵

  8. magichp
    magichp 发表于: 2016年2月11日 03:44:54

    真是伟大的好老师呢

  9. ♿
    发表于: 2016年2月11日 11:41:33

    老師的池面等級爆表了orz

  10. ringo
    ringo 发表于: 2016年2月11日 13:32:46

    哦哦哦!!qwq呜呜呜!好棒~

  11. vvv
    vvv 发表于: 2016年2月11日 15:03:37

    请问这封面出自哪里啊?

    • lu

      管理员

      lu 发表于: 2016年2月11日 22:14:49

      交响情人梦

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部