13Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(二十一)

时间: 2016-2-13 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

132: 2012/06/07(木) 17:09:33.19 ID:+beSXCVE0

喉の痛みが激しくなる。

言いたい事、聞きたい事、山ほどあるはずなのに、私はそれを言葉に出来なくて黙り込んだ。

近くにいる先生が、とても遠くに感じる。

喉咙的疼痛变得激烈了起来

想说的话,想听的事,明明像山一样多,我却开不了口只能沉默

身处近处的老师,感觉很远很远

 

思い切って顔を上げて、私は先生を見つめた。

何故だか、目をそらしてはいけない気がした。

我狠下心地抬起头,注视着老师

不知为何,感觉不可以转开视线

 

「……嫌です。」

「……ダメです。絶対にダメです。」

「嫌です。…無理です。」

「ダメです。」

「どうしてですか…」

「…ダメだからです……」

「答えになってません…!」

「……不要」

「……不行,绝对不行」

「不要。…做不到」

「不行」

「为什么呢…」

「…因为不行……」

「这根本不算是回答…!」

 

先生の顔が、だんだん苦しそうになっていく。

老师的表情,渐渐变得越来越痛苦

 

「…やめてください…」

「どうしてですか…!」

「やめて…」

「嫌です!」

「やめてお願いだから…」

「…请别这样…」

「为什么呢…!」

「不要这样…」

「我不要!」

「求你了别这样…」

 

 

押し問答を繰り返していると、もう笑顔は消えていた。

それどころか少し怯えた様な瞳で、苦しそうに私を見ている。

随着这样的问答重复,老师的笑容已经消失了

别说是笑容了,老师甚至在用一种稍微有点害怕的眼神,感觉很痛苦地看着我

 

その事に気がついて、よく解らない痛みが胸をはしる。

それでも私は、何かを振り払うように首を振り続けた。

注意到这件事情,一种不明所以的疼痛袭上心头

然而就算这样,我还是像在摆脱着什么那样不停地摇着头

 

「嫌です私は先生が好きです!先生だって知ってた筈です!私はずっと…っ」

「不要我喜欢老师!老师应该也是知道的才对!我一直都…」

 

 

その瞬間、体がグイっと引っ張られる。

那个瞬间,我的身体猛地被拉扯了过去

 

 

ふわっと先生の匂いがする。

忽然闻到了老师的气味

 

私は先生の腕の中に居た。

我处在了老师怀里

 

135: 2012/06/07(木) 17:13:45.34 ID:+beSXCVE0

ドキっとして、一瞬だけ世界が静かになる。

心猛地跳了一下,只有一瞬间世界静止了下来

 

「…お願いだから……」

「…拜托了……」

 

グイグイと、それでも優しく締め付けてくる腕に応える様に、私は先生の背中に手を回した。

抱きしめられた温もりと、拒否されている切なさで、心と体が混乱する。

像是要回应那有点用力,但却很温柔地束缚着我的手臂那样,我也抱住了老师的背后

因为那种被抱住的温暖,以及被拒绝的哀伤,内心和身体感觉到混乱

 

「…どうしてですか…ダメって言ったりこんなことしたり…」

「…为什么呢…说不行又然后做这样的事…」

 

何故だろう…涙が止まらない。

到底是为什么呢…泪水止不住地流

 

「……わからない……」

「……不知道……」

 

耳元で先生の、苦しそうに震えた声がした。

胸が切りつけられているように痛んだ。

耳边响起了老师的,听起来很是痛苦的颤抖的声音

内心感受到了仿佛被切碎般的疼痛

 

「……………だって俺は昔から知っていて……小さい頃から知っていて……………」

「……………因为我从以前开始就知道了……从小的时候开始就知道了……………」

 

初めて聞くその声に、胸が張り裂けそうになる。

因为这第一次听到的话,心脏变得好像被撕裂了一般

 

「せんせい…?」

「老师…?」

 

先生は私の声なんて聞こえていないかのように、苦しそうに何かを呟いていた。

老师仿佛没听到我的声音那样,很痛苦地在嘟哝着什么

 

「ねぇせんせぇ…」

「呐老师…」

 

私は泣きながら先生をギュッと抱きしめた。

我边哭着边紧紧抱住了老师

 

「ダメなんだよこんなの絶対……ダメなんだよ…なのにどうして…」

「不行哦这种的绝对……不行的…明明是这样才对为什么…」

 

そう言いながらも先生の腕は、ギュウギュウと私を締め付けてくる。

这么说着的同时,老师的手臂却紧紧地勒着我

 

私はもう何も言えなくなり、ただひたすら先生に抱きついていた。

我已经什么话都说不出来,只能不停地抱着老师

 

136: 2012/06/07(木) 17:15:08.51 ID:Fv6goezV0

キュンを通り過ぎて胸が苦しいです

心跳得太快好难受

 

137: 2012/06/07(木) 17:16:29.02 ID:+beSXCVE0

抱き合ったまま、長い長い時間が流れた。

就这样我们相互抱着,过去了很长时间

 

 

 

私は少し冷静になってきていて、先生はもう何も呟いていなかった。

時折、溜め息の様な深呼吸をする声だけが聞こえてくる。

少しでも体が離れてしまったら先生が消えてしまうような気がして、私は胸に顔を埋めた。

我稍稍变得冷静下来,老师也不再嘟哝些什么了

只有偶尔能够听到像是叹气声那般 的深呼吸的声音

有种就算一点点也好只要放开身体老师就会消失的感觉,我把脸埋在了老师的胸膛上

 

「…渚さん。」

「…はい。」

「…渚桑」

「…嗯」

 

いつものように穏やかな、先生の声がする。

那是和平时一样安稳的,老师的声音

 

「……もう一緒には居られません。」

「……已经没办法在一起了」

 

胸がギュッと痛くなる。

でも、なんとなく予想通りだったその言葉に、私は黙って頷いた。

心一阵阵地疼痛

但是,对这隐约预料到的那句话,我只是沉默地点了点头

 

「…明日…家に帰ります。」

「…そうしなさい。」

「…明天…我就回家」

「…就这样做吧」

 

今まで固く締め付けていた先生の腕が、私から離れた。

直到刚刚还紧紧搂住我的老师的手臂,离开了我

 

 

「…もう遅いです。寝ましょうか…。」

「…はい。」

「…已经很晚了,去睡吧…」

「…嗯」

 

先生の顔を見ない様に下を向いたまま、私は小さく頷いて、スーッと静かに寝室へと入っていった。

就这样不去看老师的脸,我轻轻点了点头,静静地进入了寝室

 

138: 2012/06/07(木) 17:16:33.86 ID:ZOSge41I0

どうしてくれるんだ…目から汁が出てきた…

要怎么陪我啊…眼睛都流出汁了…

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. 历史与社会
    历史与社会 发表于: 2016年2月13日 17:33:38

    不是很明白啊(´;ω;`)

    • 雫の梦想天生
      雫の梦想天生 发表于: 2016年2月13日 19:37:51

      小地方风言风语乱传而且传得比较恶劣,对于1的名誉影响是很严重的,毕竟连遭遇继父侵犯未遂都会因为无论怎么传都会变成侵犯成功,如果再有未成年的情况下去和一个是她老师的人交往,天知道会传成什么…

  2. ringo
    ringo 发表于: 2016年2月13日 21:30:08

    亚达qwq

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部