14Feb

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(三十八)

时间: 2016-2-14 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

夜風が吹き抜け、彼女の胸元で美渚第一高校の制服のリボンが揺れた。

「お久しぶりですね、深町くん」と千草がいった。

「ああ。久しぶりだな、荻上」と僕は手を上げて応えた。

夜风吹过,美渚第一高中的校服上的飘带飘动在她胸前。

“好久不见了,深町。”千草说。

“嗯。好久不见啊,荻上。”我举起手回应道。

 

 

千草は堤防の縁に腰を下ろし、僕を上目遣いに見つめていった。

「煙草、いただけますか?」

僕はポケットから煙草を取り出し、最後の一本を引き抜いて千草に渡した。彼女がそれを咥えると、僕はライターを彼女の顔の前にかざした。しけた煙草が苦かったのだろう、千草はけほけほと咳き込んで眉を顰めた。

「やっぱりおいしくないですね」

千草在堤岸的边缘坐下,向上投来视线注视着我。

“烟,可以给我一支吗?”

我从口袋里掏出烟盒,抽出最后的一根递给千草。她叼起烟,我把打火机举到她的面前。也许是烟潮了变苦了吧,千草咳咳地咳个不停,皱紧了眉头。

“果然一点也不好抽。”

 

僕は千草の隣に立ち、あらためて彼女の出で立ちを眺めた。それは紛れもなく、僕の知っている荻上千草だった。声も体も匂いもふるまいも、すべて記憶と完全に一致していた。

だが彼女こそが、僕を賭けに誘ったあの「電話の女」なのだ。

我站在千草身旁,重新打量起她的打扮。那千真万确就是我所认识的荻上千草。声音也是、身形也是、气味也是、举止也是,无一不与我的记忆重合。

而她却正是那个向我提出赌约的、那个“电话里的女人”。

 

「あまり大きな声は出さないでくれ」と僕はいった。「初鹿野を起こしたくない」

「心配せずとも、彼女は夜明けまで目を覚ましませんよ」確信に満ちた様子で千草はいった。

「初鹿野に何かしたのか?」

「さあ。どうでしょうね」千草ははぐらかすように笑った。「それにしても、深町くん、私を見てもちっとも驚かないんですね。すごいなあ」

“声响不要太大。”我说。“我不想吵醒初鹿野。”

“不必担心,天亮之前她都不会醒来的。”千草看起来自信满满地说道。

“你对她做了些什么?”

“啊。谁知道呢。”千草含糊蒙混着笑了起来。“不过,深町你真是厉害啊,看到我一点都不惊讶。”

 

僕は初鹿野がぐっすりと眠っているのを確かめてから、千草にいった。

「ミスみなぎさは、代役が立てられたよ」

「ええ、知ってもす」と彼女は頷いた。「どんな人でした?」

我确认好初鹿野已经熟睡着了,对千草说道。

“美渚小姐,有了替角哦。”

“嗯,知道。”她点点头。“是个怎样的人?”

 

「写真しか見ていないけど、美人だったよ」

「ふうん」

「でも個人的には、前の人の方が好きだったな」

「そうですか。やった」千草は両手を上げて喜んだ。

“只看到照片,不过是个美人哦。”

“哼。”

“不过就我个人而言,还是比较喜欢原先的那个人。”

“是吗。那太好了。”千草开心得高举起了双手。

 

僕はもう一度振り返り、初鹿野が目を覚ましていないことを確認した。

そして本題に踏み込んだ。

「一つだけ、わからないことがある」

「一つだけ、ですか。なんでしょう?」

「本物の荻上千草はどうしてる? いや、そもそも荻上千草という女の子は実在していたのか?」

我又转过身去,确认了初鹿野没有醒来。

接着便切入了正题。

“只是有一点不太明白。”

“只是一点、吗。是什么?”

“真正的荻上千草现在怎样?不对,说到底,荻上千草这个女孩真的存在吗?”

 

「ご安心ください」その質問を予期していたかのように、千草は即答した。「深町くんが病院で出会った本物の荻上千草は、あなたが退院した二ヶ月後に無事退院しています。今は、遠くの町で元気にやっていますよ。……そして深町くんの想像している通り、高校で再会した方の荻上千草は、私が演じていた架空の人物に過ぎません。最初からそんな女の子は存在しなかったんです」

「……なるほど。それを聞いて安心したよ」僕は深く頷いた。「さあ、泡にするなり溺死させるなり好きにしてくれ」

“请放心吧。”像是已经预料到了这个提问,千草即刻作出了回答。“你在医院里遇到的那个真正的荻上千草,在你出院两个月后就平安出院了。现在正在一个遥远的城市里健康快乐地生活着哦。……也正如你想象中的那样,在高中与你再会的那个荻上千草,不过是我所扮演的架空人物而已。打从开始就没有那么一个女孩子存在。”

“……原来如此。知道是这样那就放心了。”我深深点了点头。“那,是让我化成泡沫还是让我淹死都随你了。”

 

「そう急かさないでくださいよ。せっかく、こうしてまた会えたんですから」

僕は肩を竦めた。こうして種を明かされた後でも、目の前の千草があの電話の女と同一人物だとは信じがたかった。声が違うせい、というのはもちろんある。しかしそれだけではない。僕にとって荻上千草は無邪気さや無害さの象徴であり、一方電話の女は邪気や害の象徴だった。その二つがどうしても上手く結びつかないのだ。頭ではわかっているのだが。

“别这么心急嘛。难得还能这样跟你相见。”

我耸耸肩膀。就算已经这样揭露了谜底,眼前的千草与那个电话里的女人是同一个人这一点,还是相当地难以置信。声音不一样的缘故当然也有。但不只是这点。千草在我心中是天真无害的象征,而电话里的女人象征着邪恶与灾祸。怎么都没办法顺畅地将这两者联系起来。尽管脑袋里是清楚地明白着的。

 

「深町くんは、いつから私が怪しいと踏んでいたんですか?」と千草が訊ねた。

「わからない」僕は頭を振った。「ただ、あの朗読練習につきあわされたことがきっかけになっているのは確かだ」

「私がミスみなぎさに選ばれたのは、本当に偶然だったんですよ」千草は心底おかしそうにいった。「皮肉な話だと思いませんか? この私が、よりによって人魚の役を演じさせられるなんて」

「ああ。確かに、皮肉な話だ」と僕は同意した。「なあ、荻上。ついでにもう一つ訊ねていいか?」

“你是什么时候开始怀疑起我的?”千草询问道。

“不清楚。”我摇摇头。“不过,被拉着去参加朗诵练习确实算是一个契机。”

“我被选作美渚小姐真的是个偶然。”千草当真感觉好笑,说道。“不觉得讽刺吗?这样的我,偏偏被扯去扮演人鱼的角色。”

“嗯。着实讽刺。”我赞同道。“呐,荻上。能顺便再问一个问题吗。”

 

「まだその名前で呼んでくれるんですね」千草は嬉しそうに目を細めた。「なんでしょうか?」

「君があそこまで次々と僕を理不尽な目に遭わせたのには、単なる嫌がらせ以上の深い理由があったんだろう?」

「ええ、そうです」

彼女はゆっくりと頷いた。

「私は、今度こそ、幸せな結末の『人魚姫』にしたかったんです」

“还用这个名字来叫我啊。”千草高兴地眯起了眼睛。“要问什么呢?”

“你让我没完没了地遭遇那种莫名其妙的麻烦,做到那种地步,不只是单纯的刁难,还有更深的理由的吧?”

“嗯。是的。”

她缓缓地点了点头。

“我想,这一次,一定要让‘人鱼公主’有一个幸福圆满的结局。”

 

「……なるほど」

僕の口から乾いた笑いが溢れた。

「でも、その試みは失敗したみたいだな」

すると、千草が小首を傾げた。「……どういう意味ですか?」

「幸せな結末にならなかった、ってことさ」

不自然に長い間が空いた後、突然千草が両手で口元を押さえて笑い出した。

“……是这样啊。”

从我的嘴里淌出了一声干笑。

“不过,这个尝试看起来失败了啊。”

千草听到,轻轻歪了歪头。“……什么意思?”

“就是说,‘并不是一个幸福圆满的结局’啊。”

隔了一段长到不自然的时间,千草突然用两手遮住嘴、笑了起来。

 

「深町くんは鋭いようでいて、肝心なところで鈍いんですね」

「何がおかしいんだ?」僕はむっとして訊いた。

千草は深呼吸して息を整え、笑い過ぎて涙の浮いた目元を手でこすった。

僕には千草のいっていることの意味が理解できなかった。

彼女は背筋を伸ばし、あらたまった態度で告げた。

「おめでとうございます、深町くん。賭けは、あなたの勝ちです」

“深町你一副敏锐的样子,到了关键的地方却这么迟钝啊。”

“有什么好笑的?”我带着怒意问道。

千草做了个深呼吸,平复下了呼吸,用手擦了擦因为笑过头而溢出了眼泪的眼角。

我没能理解千草所说话语的意思。

她挺直了脊背,郑重地宣告道。

“恭喜你,深町。赌约,是你赢了。”

 

     *

 

先にも説明したように、吾子浜の人魚伝説は、福井に伝わる八百比丘尼伝説とハンス・クリスチャン・アンデルセンの『人魚姫』を混ぜ合わせたような話だ。吾子浜の小さな漁村で暮らしていた娘が、漁師をしている父親が獲ってきた人魚の肉をそれと知らずに食べてしまい、自分でも知らぬうちに不老長寿の身となってしまうというところから物語は始まる。

それは、遠い遠い昔の話。

就如先前曾解释过的那样,吾子滨的人鱼传说,是将福井八百比丘尼的传说和汉斯•克里斯汀•安徒生的《海的女儿》糅合起来构成的故事。以“一个住在叫吾子滨的一个小渔村里的小女孩,在毫不知情的情况下把渔夫父亲捕回来的人鱼的肉吃掉了,自己也不知不觉地,变成了长生不老之躯”为开头,故事就此展开。

那是很久很久以前的故事了。

 

人魚の肉を口にしてから初めての数年間は、その娘の身に生じた変化に気づく者は誰一人としていなかった。彼女くらいの年齢で肉体の成長が止まるのはごく普通のことだったので、娘自身、自分が不老長寿になったことは思いもしなかったのだ。

だが十年も経つ頃には、誰もがその娘の特異な体質に目をみはることになった。 同年代の女たちと比べて、彼女の肉体はあまりに若々しかった。まるで十五、六の少女のような白い肌と艶のある髪。それだけではない。人魚の肉を食べてからというもの、娘の体からはいわくいいがたい不思議な色気のようなものが発されるようになり、ぼんやりと光を放っているようにさえ見えた。当然、村の若い男たちは皆彼女に夢中になった。

吃下人鱼肉之后最初的几年间,并没有谁注意到了发生在这个女孩身上的变化。在她这样的年纪,身体成长停滞下来是司空见惯的事,女孩自己,也不曾料想过自己已经变成了长生不老之身。

然而当十年过去的时候,大家都开始对那个女孩特殊的体质感到讶异了。与同代的女子相较,她的身体远要年轻得多。肌肤雪白、发丝润泽,宛若十五六岁的少女一般。不止是这些,自从吃下人鱼肉之后,女孩的身体渐渐开始散发出了难以言喻又不可思议的、像是富有魅力的气场般的东西,甚至朦朦胧胧地能看见散发着的光辉。自然而然地,村庄里的青年男子都深深地迷恋上了她。

 

しかし、数十年が過ぎ、同い年の人々の頭に白髪が目立つようになっても娘が一向に老いる様子がないのを見て、村の人間もさすがにおかしいと感じ始めた。いくらなんでも変化がなさ過ぎる。ここまでくると、もはや「若々しい」なんて言葉では片付けられない。本当にあの女は人間なのだろうか?

さらに、数十年が過ぎた。その頃になると、娘の知り合いの大半は死んでしまっていた。それだけの年月が過ぎたというのに、彼女の肉体は依然として老いる気配を見せなかった。娘は数え切れないほどの人々の死に立ち会い、そのたび心をすり減らしていった。最後の知り合いが死んでしまったところで、娘は生まれ育った村を出ていくことを決めた。

可是,过了几十年,同年龄的人们头顶的白发都渐渐变得显眼了起来,女孩却没有一点衰老的迹象。看到她这样,村里的人们也确实开始感到奇怪了。再怎么说,改变也少过头了。到这种地步的话,已经不在“年轻朝气”这种词语可以解释的范畴之内了。那个女人真的还是人类吗?

又过了几十年。到了那个时候,那个女孩的相识已经死去了大半。那样漫长的岁月过去了,她的躯体却依然不见衰老的征兆。她见证了无数人的死亡,每经历一次目送便多一分憔悴。等到最后一个熟人也死去了,她便决心离开这个生养她的村庄了。

 

不老長寿の娘は比丘尼となり、死を追い求めて国中を巡り歩いた。長い旅路の中で、いつしか彼女は法力を身につけ、その力を用い病人を癒したり貧しい人々の手助けをしたりして方々を回るようになった。しかし、永遠の生から解放されるための手がかりはいつまで経っても見つからなかった。気が遠くなるような年月が過ぎゆき、彼女は段々と自分の名前も思い出せなくなっていった。そうして自分が旅を続けている理由さえわからなくなって頃、娘は偶然にも故郷の村に辿り着いた。

长生不老的女孩出家做了尼姑,一心求死而奔走全国。在漫长的旅途里,她不知不觉中获得了法力,便开始在周游途中用那法力去治疗病人、帮助贫困的人。而从永生中解脱的线索却一直都寻觅不到。恍若隔世般漫长的年月过去了,她渐渐连自己的名字都想不起来了。到了连自己为什么持续着这段旅行都不清楚了的时候,她偶然地抵达了故乡那个村庄。

 

——ここまでは、吾子浜の人魚伝説と八百比丘尼伝説との間に違いらしい違いはない。より厳密な話をすれば、八百比丘尼伝説は福井以外の地も伝わっており、地方によって主人公が長者の娘だったり人魚の肉が謎の男によってふるまわれたことになっていたりするが、不老長寿となった娘が比丘尼となって全国を行脚し最後に故郷に戻ってくるという点は皆一緒だ。

——至此为止,吾子滨的人鱼传说与八百比丘尼传说之间并无什么像样的差别。更严谨一些来说,八百比丘尼传说在福井之外的地区也有流传。根据地域不同,有说主人公是富翁的女儿的,也有说人鱼肉是神秘男子所招待的,而女孩变得长生不老之后游历全国、最终回归故乡这一点却是全部统一的。

 

八百比丘尼伝説は、この後娘が入定したところで幕を閉じる。しかし、吾子浜の人魚伝説について言えば、むしろここからが話の本筋なのである。数百年かけて故郷の漁村に帰り着いた娘は、他人の死を看取り続けるだけの人生に疲れ、人との交わりを絶って海の中で生きていくことを決める。しかし困っている人間を見ると手を差し伸べずにはいられず、遭難した船を岸まで戻してやったり溺れている人を助けてやったりしているうちに、いつしか彼女は海の神として村で祀られるようになる。

之后待到女孩圆寂,八百比丘尼传说便落下了帷幕。然而,要说吾子滨的人鱼传说,倒不如说是从这里开始才是故事的正题。女孩经过了数百年重新回到故乡那个渔村,厌倦了只有无尽地目送他人离世的人生,决意断绝与他人的联系、到海里继续生活。而每当看到有人遇到困难便会忍不住去伸手帮扶,把遇难的船只挪回岸边啊、救下溺水的人啊,不知不觉中,她开始在村子里被当作海神供奉起来了。

 

ある夜、娘は嵐に遭い溺れていた若い漁師を助ける。漁師はほとんど意識がないにもかかわらず娘に礼をいい、その手を強く握り締める。この出来事がきっかけで、娘は何百歳も年下のその漁師に恋をしてしまう。彼が漁に出てくるたび、彼女の胸の鼓動は高まる。そのとき、彼女は十六歳の少女そのものになっている。

某个夜晚,她救下了一位遇上风暴而溺水了的年青渔夫。渔夫虽然几乎已经意识不明,却还是向女孩道了谢,用力紧握住她的手。以此事为契机,女孩喜欢上了这个比自己年轻了有几百岁的渔夫。每当他出海来捕鱼,她胸口心脏的搏动就会激烈起来。那时,她便彻底变成了十六岁的少女。

 

それから数年が経ったある日、娘のもとを若い人魚の娘が訪れる。人魚は彼女の法力の助けを借りたくてここにきたという。話を聞いてみると、どうやらその人魚は人間の男に恋をしてしまったらしい。人間になってその男と共に暮らしたい、そのためならどんな犠牲でも払うと人魚という。娘は若い漁師を思う自身の心境に人魚の心境を重ねて同情し、尾鰭を人間の脚に変えてやる。人魚の恋している男と自分の恋している漁師が同一人物だとも知らずに。

几年后的某一天,有一个年轻的人鱼女孩来到她的住处拜访。说来这里是想借她的法力来帮自己一个忙。听她所讲,她像是喜欢上了一名人类男子。人鱼说她想要变成人类、与那男子一同生活,为此不论付出怎样的牺牲都可以。自己迷恋着那年青渔夫的心情与人鱼的心情在女孩心中重合,感到一阵同情,便把她的尾鳍变作了人类的腿。也不知道人鱼所爱的男子与自己所爱的渔夫是同一个人这回事。

 

別れ際に人魚はいう。「よりによって漁師に恋をしてしまうなんて、私は何を考えているんだろう? 私の母親は漁師に殺されたというのに」。それを聞いた娘は思う。ひょっとすると、「漁師に殺された母親」というのは、私の父親が獲ってきたあの人魚だったのではないか? あのとき私が食べたのは、彼女の母親の肉だったのではないか?

人魚の想い人というのがあの若い漁師のことなのだとわかったとき、娘は自分の行いを悔やんだ。しかし人魚の恋路を邪魔するわけにはいかなかった。彼女の母親の肉を食べてしまった私には、彼女の幸福に貢献する義務がある。それがせめてもの贖罪というものだ。

分别时人鱼说道:“我到底在想什么,偏偏要去喜欢上一个渔夫?明明我的母亲就是被渔夫杀害的。”女孩听到这话,想到:莫非,她所说“被渔夫杀害了的母亲”,会不会就是我父亲捕来的那条人鱼?那时我吃下的,难道就是她母亲的肉吗?

知道人鱼所爱之人便是那名年青渔夫时,女孩懊悔起了自己的作为。可是她又不能去妨碍人鱼的恋爱。

我吃掉了她母亲的肉,有义务去为她的幸福做出贡献。也算是去赎去一些罪过了。

 

こうして若い漁師は人魚と結ばれる。二人は幸福な日々を送る。そこには不幸のつけ入る隙などないように見える。しかし、そこには運命の皮肉があった。ある日、人魚は夫に自分のすべてを知ってもらいたいという欲求を抑えきれなくなり、自分がもともとは人間ではなく人魚であったことを漁師に打ち明ける。これが悲劇の発端となる。漁師は幼い頃に嵐で両親を亡くしていたのだが、当時その村では、嵐は人魚の唄によって引き起こされるものだと信じ込まれていた。それゆえ彼は人魚を親の仇として深く憎悪していたのだ。

就这样年青渔夫与人鱼结合了。两人过着幸福的日子。看似并没有不幸的可乘之机。然而,命运的捉弄在此降临。某天,人鱼按捺不住想要让丈夫了解自己的一切的欲望,向渔夫坦白了自己原本并非人类、而是人鱼的事。这便是悲剧的开端。渔夫幼时双亲在风暴中身亡,然而当时村庄里迷信着“风暴是由人鱼的歌唱引发的”一说。因而他一直把人鱼当作弑亲的仇敌,深深地憎恶着。

 

自分の妻が人魚だったと知った漁師は、絶望して荒れた海に身を投げた。人魚はそれを助けようとして海に飛び込んだが、尾ひれを失った彼女にはもはや一人の男を抱えて泳ぐだけの力はなかった。不老長寿の娘が駆けつけた頃には、二人はとうに溺れ死んでしまっていた。娘は嘆き悲しみそれ以後、一人海の底でひっそりと暮らすようになった。

それが、吾子浜の人魚伝説の概要だ。

だが、千草はつけ足す。

知晓了自己的妻子竟是人鱼,渔夫绝望地投身汹涌的大海。人鱼想要救他、也跳入了海里,然而失去了尾鳍的她,已经没有了抱着一个男人游泳的气力。等到长生不老的女孩赶到的时候,两人早已溺死掉了。女孩悲叹着,从此开始独自一人在海底默默生活。

这便是吾子滨的人鱼传说的概要了。

不过,千草补充道。

 

「そして数百年が過ぎ、久しぶりに海の外を見にいった娘は、そこで溺れかけていた少年を助けます。あの若い漁師とどこか似た雰囲気を持つ少年は、何を思ったのか、その日から毎日のように海を訪れるようになり、娘はそんな彼のことを次第に気にかけるようになります。少年はある女の子に恋をしていて、けれども自分は彼女に相応しい人間ではないからとその気持ちを胸のうちにしまい込んでいるようでした。彼の力になってやりたい、と娘は思います。今度こそ、上手くやってやろう。あのときのような過ちは犯さない。私はこの少年の恋を、最良の形で成就させてやるんだ、と」

“然后又过了几百年,女孩久违地离开大海出去看看的时候,救下了一名快要被淹死的少年。那名有着与那个年青渔夫相近气质的少年,不知道在想些什么,从那天开始,每天都会到海边来。女孩渐渐挂念起他来。少年喜欢上了某个女孩,可是却觉得自己并不与她相配,便把这份感情憋在心底。女孩想要成为他的助力。这回一定要好好让它成功。不再犯当初那样的错误。想着,‘我一定会让那个少年的恋爱,以最完美的姿态实现的’。”

 

     *

 

kk:ฅ•̀∀•́ฅ

lu:ฅ•̀∀•́ฅ

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 3 条精彩评论

  1. 烤火鸡
    烤火鸡 发表于: 2016年2月14日 16:24:59

    啧,lu跟kk在秀,烧了他们[t滑稽]

    • CyclizePei
      CyclizePei 发表于: 2016年2月14日 21:03:56

      [滑稽]

    • 777
      777 发表于: 2016年2月17日 12:51:50

      好!烧了他们

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部