18Feb

『轻小说・三秋缒』我曾打着电话的那个地方(三十九)

时间: 2016-2-18 分类: 我曾打着电话的那个地方 作者: kk

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

僕の勝ち?」

僕が訊き返すと、千草は頷いた。

「ええ、そうです。あなたは数々の逆境を乗り越え、見事、初鹿野さんと両想いになったんです。自分では気づいていなかったようですが」

「どういうことだ?」僕は思わず声を上ずらせた。「そんなはずがないじゃないか。だって初鹿野は……」

千草は被せるようにしていった。「深町くんが考えているほど、初鹿野さんは鈍い人間じゃありませんよ。あなたが檜原裕也の名を騙る深町陽介であることなど、彼女はとうに見抜いています」

唖然として、言葉が出てこなかった。

是我赢了?”

我反问道。千草点点头。

“嗯,是的。你克服掉种种困境,出色地跟初鹿野两情相悦了。不过你自己像是没有注意到就是了。”

“怎么回事?”我不禁拔高了声音。“不可能的吧,初鹿野她明明……”

千草打断了我的话。“初鹿野才不是你想象中那么迟钝的人哦。她早就看穿了,‘你是打着桧原裕也名号的深町阳介’什么的。”

我哑然失惊,说不出话来。

 

「先ほどの長い話は、初鹿野さんの遠回しな告白です。今までもずっと好きだったし、今はもっと好きだということを目の前にいるあなたに伝えようとしていたんです」千草は肩を竦めた。「そんなことにも気づかなかったんですか?」

両脚の力が抜けて、僕はその場にへたり込んだ。その反応を見て千草はくすくす笑った。

「彼女としても、騙されていることにした方が、色々と都合がよかったんですよ。正面を切って深町くんに好意を表明するのはためらわれたけれど、『深町陽介演ずる檜原裕也』になら、気兼ねなく自分の想いを伝えられたんでしょうね」

“方才那长长的一段话,都是初鹿野她迂回的告白。她是想向眼前的你传达出‘至今为止一直都喜欢着你、现在更加喜欢了’的讯息。”千草耸了耸肩。“连这也没有注意到吗?”

双腿没了力气,我就地泄气地坐了下来。看到我的反应,千草哧哧地笑了起来。

“对她而言,装作被骗到的样子从各种方面来说也都比较方便哦。虽然会犹豫要不要当面向深町直接表露自己的好感,可是要是‘深町阳介所扮演的桧原裕也’的话,那就可以毫不拘束地传达出自己的感情了吧。”

 

ここ数日間の初鹿野とのやりとりが、僕の頭の中を駆け巡る。

あのときも、あのときも、あのときも。

初鹿野は、僕の正体に気づいた上で、僕の好意を受け入れてくれていたのか。

僕は仰向けに寝転がり、片手で顔を覆った。「馬鹿みたいだ」

「ええ。馬鹿みたいです」と千草が同意した。

这几天来与初鹿野的对话开始在我的脑海中回荡起来。

那时也是,那时也是,那时也是。

初鹿野原来是明白着我的真实身份、来接纳我的好感的吗。

我仰面躺下,一只手遮住脸。“真是笨蛋一样。”

“嗯。是像个笨蛋。”千草赞同道。

 

「つまり、何もかも、最初から僕のために仕組まれていたんだな?」

「そういうことです」

僕手をどけて訊いた。「それにしても、どうしてあんな回りくどい方法をとったんだ? ただ僕の恋を成就させたいだけだったら、痣を消す必要もなかったし、荻上千草として僕の前に現れる必要もなかったはずだろう?」

「二人には、ありとあらゆる困難を経験してもらいたかったんですよ。初鹿野さんの共感を得る上で最高の武器となるはずだった痣を奪ったのも、荻上千草の姿を借りてあなたの気持ちを揺さぶろうとしたのも、初鹿野さんを殺す以外に助かる方法がないという状況を作ったのも、二人がそれを乗り越えていけることを証明してほしかったからなんです」

“也就是说,这一切,从最初开始就是为了我而谋划的吗。”

“正是如此。”

我挪开手问道。“话虽如此,但又为什么要用这么拐弯抹角的方式呢?若只是想让我的恋爱成功,既没有必要消去那颗痣,也不必扮作荻上千草出现在我面前的吧?”

“是想让你们两人体验一下世上的各种艰辛哦。夺去那颗作为获得初鹿野共鸣的最佳武器的痣也是,假借荻上千草的身份来动摇你的感情也是,创造出要活下去只有杀掉初鹿野这一个选择的困境也是,都是想让你们两人来证明自己可以渡过这些难关。”

 

「……なるほどな」と僕はいった。「そういえば、荻上から届いた手紙に『二人で生き残る方法』が書かれていたけれど、あれも罠だったのか?」

「ええ。初鹿野さんがあなたの正体を見抜けたのは、十日間、あなたが彼女につきっきりだったからです。もし手紙に従って『電話の女』を探すという選択をしていたら、二人で過ごせる時間はずっと少なくなって、今日までに初鹿野さんが深町くんの正体を見抜くことは不可能になっていたでしょうね」

僕は納得しかけたが、そこでふと新たな疑問を覚えた。「でも、一度だけ、わざわざ僕と初鹿野の電話を繋げて二人で話す機会を作ってくれたよな? あれはなんだったんだ? ただの気まぐれか?」

“……原来如此。”我说。“这么说来,你寄来的信里有写着‘两人一同存活的方法’,那也是陷阱吗?”

“嗯。初鹿野能看穿你的身份,是因为这十天里你一直紧紧陪伴在她身边。要是选择按信中所写去寻找‘电话里的女人’,两人能呆在一起的时间就会缩水很多,初鹿野也就不可能在今天之前看清你的真身了吧。”

我正要接受她的解释,却又突然产生了新的疑惑。“可是,你之前有过那么一次,特地把我和初鹿野的电话接通,给我们制造交谈的机会的吧?那是怎么回事?只是一时心血来潮吗?”

 

千草は困ったような顔で頬を掻いた。「あれは完全に私の想定外でした。まさか顔を焼こうとするなんて思わなかったんですよ。そんなことしたって、何の意味もないのに。あまりに的外れな行動に呆れてしまいましたが、同時にちょっと感心しました。初鹿野さんのためにそこまでやれるのか、と。その無謀さに免じて、十分間だけ初鹿野さんと電話をさせてあげることにしたんです。……ところで、灰皿ありますか?」

「持ってない。ここに入れてくれ」

僕が煙草の空き箱を差し出すと、彼女はにやりと笑い、吸い殻を自分の手のひらの上に乗せて僕の目の前に掲げた。次の瞬間、吸い殻は白椿の花に変わっていた。僕の手品と違って、種もしかけもないのだろう。彼女は花を僕に手渡し、得意げな顔をした。白椿を花の前にかざすと、微かに甘い匂いがした。

千草为难地挠挠脸颊。“那件事完全不在我的计划之内。根本没想到你竟然会去烧伤脸颊。那么做明明什么意义都没有。虽然对那样不得要领的行动感到很吃惊,同时又觉得有些佩服。‘竟然能为初鹿野做到那种地步’之类的感觉。看在那样那份鲁莽的分上,就决定给你十分钟和初鹿野通电话的机会了。……对了,有烟灰缸吗?”

“没带。放在这里吧。”

我掏出了空烟盒,她抿嘴一笑,把烟蒂放到自己的手心上、举到我眼前。下一瞬间,烟蒂便变成了一朵白色山茶。与我的戏法不同,她该没有耍什么把戏的吧。她把花递给我,一副得意的神情。把白山茶凑到鼻子跟前,闻得见些微的甜香。

 

「檜原が少し気の毒だな」僕は花を見つめたままいった。「あいつは荻上のことがずいぶん気に入っていたみたいだった」

「そうなんですか?」千草は手のひらを合わせて目を丸くした。「でも、ご心配せずとも、夜が明ければ私のことを覚えている人間はいなくなりますよ」

「それは、僕も例外じゃないのか?」

「ええ。嬉しいでしょう?」

僕はその問いには答えたくなかった。正直に答えても嘘をついても、どちらにしろ後悔する気がしたのだ。

“桧原有点可怜啊。”我继续盯着花说道。“那家伙看起来相当喜欢荻上的样子。”

“是这样吗?”千草合起手掌、瞪大了眼睛。“但是不必担心,天亮以后就没人会再记得我了。”

“这个,我也不例外吗?”

“嗯。开心吧?”

我不想回答这个问题。隐隐约约感觉不论是诚实回答也好、撒谎也好,我都会后悔的。

 

「私、ずっとあなたを騙してたんですよ?」と千草が穏やかな口調でいった。「きっとこんな風にふるまえば深町くんの心は揺らぐだろう、って内心ほくそ笑みながら架空の『荻上千草』を演じていたんです。あなたはもっと腹を立ててもいいんですよ」

「……確かに、そうなのかもしれない」僕は白椿から視線を外し、立ち上がって千草に向き直った。「だが、それでも僕は、荻上と過ごす時間が好きだったんだ。そして多分荻上も、僕と過ごす時間が嫌いじゃなかった。そうだろう?」

「……痛いところを突きますね」

千草は僕の胸に額をこつんと当て、感情を押し殺した声でいった。

「深町くんは、やっぱり悪人です」

「お互い様さ」と僕はいった。

“我可是一直都在欺骗你哦?”千草用柔和的语调说道。“一直都是一边在内心里偷笑着‘这样做就能动摇深町的心了吧’、一边扮演着那个虚构的‘荻上千草’的。你可以再生气一点哦。”

“……确实,也许是吧。”我把视线从白山茶上挪开,站起来转身面向千草。“不过就算是那样,我也喜欢和荻上一起度过的那些时间。而且荻上你,大概也不讨厌和我一起度过的那些时间。对吧?”

“……被戳到痛处了啊。”

千草咚地把额头撞在我的胸口,声音压抑着感情说道。

“深町你,果然是个坏人。”

“彼此彼此啦。”我说。

 

千草は顔を上げ、悲しげに笑った。「最初は、単なる当て馬の役割を果たすつもりで深町くんに近づいたんです。でも、荻上千草を演じ始めてから半月が過ぎた頃、私は自分がその演技を心の底から楽しんでしまっていることに気づきました。私の作り出した架空の人格に、私自身が飲み込まれてしまったんです。演技に入り込み過ぎて、自分の正体を忘れてしまうことさえありました。深町君と過ごしているとき、私は昔のことは何もかも忘れて『荻上千草』でいられたんです。……でも、まあいいです。失恋なんて、初めてのことじゃありませんからね。こんなことでは傷つきません」

彼女は僕の胸から離れると、堤防の縁を背にして立ち、ゆっくりと夜空を仰ぎ、それからあらためて僕と向き合った。

「最後に、種明かしをしてあげましょう。私が消した深町君の顔の痣ですが、実をいうとあれは最初から、放っておいても自然に消えるはずだったんです。私は、その時期をほんの少し早めただけ。何もしていないも同然なんですよ」

千草抬起头,悲伤地笑了起来。“最开始,只是为了做个试探才去接近你的。可是,从开始扮演荻上千草起过了半个月之后,我发现自己已经在发自心底地享受着这样的扮演了。我被自己创造出来的虚构人格吞没了。有时甚至会入戏太深,连自己的本来面目都忘记掉。跟你在一起的时候,我就可以忘掉以前的一切,作为‘荻上千草’来活着。……不过,都算了。失恋什么的,又不是第一次了。才不会因为这点事情就受伤的。”

她离开我的胸口,背朝向堤岸边缘站着,安然地仰望着夜空,接着又重新面朝向我。

“最后来说个秘密吧。虽然确实是我消去了你脸上的痣,但是其实它本来就算放着不管也会自然而然消褪掉的。我不过是把它消去的时间稍微提早了一些而已。跟什么都没做也差不多哦。”

 

僕は少し考えて、首を振った。「その“ほんの少し”が重要だったんだ。あの再会の時点で僕の顔に痣が残っていたら、僕と初鹿野の関係は、もっと共依存的で破滅的なものになっていたと思う。だから、ありがとう」

「どういたしまして」千草は目を細めた。「……さて、深町くん。私がいなくなっても、気を抜かないでくださいね。あなたにはまだ、最後の仕事が残ってるんですから」

「最後の仕事?」

千草は小声で何かを呟いた。僕がそれを聞き取ろうとして彼女の顔に耳を近づけると、千草は背伸びをして僕の右頬にそっと唇を押し当てた。

我稍稍思考了一下,摇摇头。“那个‘稍微’很重要。若是再会的时候我脸上的痣还在,我和初鹿野的关系,就会变得更倾向于相互依存那样、也更易毁坏。所以,谢谢了。”

“不客气。”千草眯起眼睛。“……那么,深町。就算我不在了,也请不要懈怠哦。还有最后一份任务要你来做。”

“最后一份任务?”

千草轻声低语了些什么。我试着想去听清她在说什么,把耳朵凑近她的脸,她便踮起脚、悄悄把嘴唇印在了我的右边脸颊上。

 

僕が驚いているのを見て満足そうに微笑んだ直後、千草は堤防の縁から飛んだ。僕は反射的にその手を摑もうとしたが、間に合わなかった。そして次の瞬間、僕は彼女が海面に着地するのを見た。着水ではない。彼女は水の上に着地した。まるで水面の一センチ下に透明な床があるかのように、彼女は海の上を音もなく歩いていった。僕は呆然と立ち尽くし、その背中を見送った。

十メートルほど歩いたところで、彼女は振り返った。

「さようなら、深町くん。こんなに楽しい夏は初めてでした。唯一の心残りも消えたことですし、これでようやく、私は私自身にけりをつけられそうです」

千草看到我震惊的样子,满足地微笑起来,紧接着便从堤岸边缘跳了出去。我条件反射般想去抓住她的手,然而错过了。在下一个瞬间,我便看到她着陆在海面上。不是落水。她在水上着陆了。仿佛水面下有一公分厚的透明地板一般,她无声地在海面上走着。我呆立在原地,目送着她的背影。

走了大约十米的时候,她转过身来。

“再见了,深町。第一次有能这么愉快的夏天。唯一的遗憾也没有了,这样,我似乎就总算能跟自己做个了断了。”

 

直後、目を開けていられないほどの突風が吹いた。

風が止み、僕が再び目を開けたときには千草の姿は消えていた。

紧接着突然刮起了一阵暴风,眼睛都快要睁不开。

风停了,我再睁开眼睛时,千草的身影已经消失了。

 

     *

 

水平線が橙色に染まり、空の紺色との境目にうっすらとした黄緑色が見えた。早朝のひぐらしやスズメが鳴き出し、次第にものの輪郭がはっきりし始める。朝日にきらめく海面に、太陽から伸びた白い光の筋が水平線と直角に境界線を描く。地表が温められて朝凪が生じ、長い間肌に感じていた風がぴたりと止んだ。

初鹿野が目を開いた。僕の膝の上で眠っていた彼女は、僕の顔を見ると嬉しそうに微笑み、「よかった、まだいたんだ」といって体を起こし、僕が本当にそこにいるか確かめるかのようにぎゅっと僕にしがみついて頬ずりした。

地平线被染成了橘色,它与绛蓝天空的界线处隐隐约约透着些黄绿色。清晨的茅蜩和麻雀开始了鸣叫,事物的轮廓也渐渐开始清晰了起来。从太阳延展出的白色光线与地平线垂直,往在朝阳下熠熠闪光的海面上画下分界线。地表被烘得温热,带来早晨短暂的风平浪静,吹拂了肌肤许久的风骤然止住。

初鹿野睁开眼睛。一直在我腿上睡着的她,看到我的脸、开心地微笑起来,说着“你还在啊,真好”、坐了起来。她紧紧搂住我、蹭蹭脸颊,像是来确认我是不是真的在这里。

 

「なあ、初鹿野。どうやら僕は、まだ死ななくて済みそうなんだ」

「……本当?」

「本当さ。僕はこれからも、ここにいていいらしい」

「いつまで?」

「いつまでも」

「ずっと?」

「そう、ずっとだ」

“呐,初鹿野。我看起来好像暂时不用死掉了的样子。”

“……真的?”

“真的哦。好像以后也可以继续呆在这里了。”

“能呆多久?”

“多久都行。”

“一直?”

“嗯,一直。”

 

「嘘じゃない?」

「ああ。もう初鹿野に嘘をつくのはやめたんだ。だから初鹿野も、もう僕に騙されているふりはしなくていい」

数秒の沈黙の後、腕の中にいる彼女の体温が急速に高まっていくのを感じた。

「陽介くん?」初鹿野はおそるおそる訊いた。

「そう」僕は頷いた。「もう檜原じゃない」

初鹿野は顔を上げて至近距離から僕の瞳を覗き込んだ。

“不是骗人的?”

“嗯。不会再对你说谎了。所以你也不必再装作被我骗到的样子了。”

数秒的沉默过后,感觉到臂弯里她的体温在飞快地升高。

“阳介?”初鹿野忐忑地问道。

“嗯。”我点点头。“已经不是桧原了。”

初鹿野仰起头,在超近的距离里打量着我的瞳仁。

 

「おかえりなさい、陽介くん」

「ああ。ただいま」

初鹿野は両手を僕の背中に回したまま、気恥ずかしそうな笑みを浮かべて瞼を閉じた。

僕は千草に教わった“最後の仕事”を遂行した。

“欢迎回来,阳介。”

“嗯。我回来了。”

初鹿野用两臂环住我的脊背,露出羞涩的笑容,闭上了眼帘。

我执行了千草告诉我的那份“最后的任务”。

 


“嗯。”我点点头。“已经不是会员了。”

 

还有一更就结束了(˙灬˙) 。

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


kk

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. 777
    777 发表于: 2016年2月18日 07:49:10

    唔……这感觉好奇怪啊。

    (´・ω・`)不是会员233。开始我还以为是不在是牛郎俱乐部的会员了的意思

  2. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年2月18日 12:40:59

    不是会员。。。

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部