21Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(二十九)

时间: 2016-2-21 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

187: 2012/06/07(木) 18:26:19.28 ID:+beSXCVE0

翌朝。

第二天早晨

 

前日に不安と緊張でなかなか寝付けなかったせいで、私はいつもより遅く目を覚ました。

時間は10時過ぎ。

因为前一天的不安以及直到很晚都没睡着的缘故,我醒的比平时要晚

时钟的指针已经过了10点

 

慌てて飛び起きリビングを見ると、先生の姿はどこにもなかった。

慌忙地起身进到客厅,但却到处看不到老师的身影

 

あれ?っと不思議に思いつつ、顔を洗って出かける準備をしていると、

先生はなにやら大きな紙袋を持って帰ってきた。

啊咧?虽然觉得不可思议,但还是先洗了脸,正在做外出的准备时

老师拎着一袋相当大的纸袋回来了

 

「あぁ、おはようございます。しっかり寝れたみたいですね。」

「啊,早上好。看样子有好好睡过了呢」

 

ちょっと恥ずかしくて「すみません…」と返事をすると、私は紙袋に目をやった。

視線に気がついて、先生がガサゴソと紙袋を漁る。

稍微有些难为情的「对不起…」这么回应后,我的视线转移到纸袋上

注意到了我的视线后,老师手探进纸袋里开始寻找些什么

 

「渚さん制服しか持って無かったでしょう?とりあえず買ってきてみました。」

「渚桑除了制服就没有别的衣服了吧?总之给你买了一些」

 

そういいながら、何枚かの女物の洋服を出す。

パーカーに何枚かのシャツにスカートとジーパン…

いずれも黒系統の服でお世辞にも可愛いとは言えなかったが、その選択が先生らしくって私はフフっと笑った。

边这么说道边拿出了几件女性的洋服

派克大衣加上几件衬衫,短裙加上牛仔裤…

都是黑色调的衣服就算恭维说也称不上可爱,

但是看到这很有老师风格的选项我不禁哧哧地笑出了声音

 

「サイズがよく解らなかったから店員さんに身長とか大体で説明したんですけど…大丈夫かな?」

「因为不太知道大小所以跟店员说明了下大致的身高…没问题吗?」

 

先生は恥ずかしそうに笑う。

私はその中からジーパンとパーカーを手に取って広げると、先生に向かって頷いた。

老师很难为情地笑道

我从袋子里取出牛仔裤和派克大衣展开后,朝向老师点了点头

 

「あぁよかった。流石にその恰好で行かせる訳にはいきませんから。」

「じゃあ私、着替えてきます。」

「啊太好了,果然没办法让你穿成那样去见面呢」

「那么我去换衣服」

 

立ち上がった時、まだ紙袋の中にもうひとつだけ小さな紙袋が入っているのに気がついて

「それは?」と先生に質問する。

站起来的时候,发现纸袋里面还有个小小的纸袋在里面

「这是?」这么向老师询问道

 

「あぁこれ?手土産です。会いに行くのに手ぶらって訳にもいかないでしょう?」

「啊你说这个?是礼物哦,也不能空着手去拜访吧?」

 

私は「そんなに気を使わなくても…」と言って苦笑いをした。

「就算不用这么客气也可以啦…」我苦笑道

 

188: 2012/06/07(木) 18:28:34.70 ID:+beSXCVE0

実家に向かう車の中で、私は不安と緊張で押しつぶされそうになっていた。

在面向家里的途中,我感觉快要被不安和紧张压垮了

 

先生はラジオから聞こえる曲に合わせて、のん気に鼻歌を歌っている。

このまま家に誰も居ないとか…ないかなぁ…

そんな事を考えていると、車はあっという間に実家に到着した。

老师却只是在一旁应和着广播里播放着的歌曲,悠闲地哼着鼻歌

希望就这样到家里也没有任何人在…没有任何人在…

正当我想着这种事情时,车已经一眨眼到了家门前

 

「さ、行きましょうか。」

「呼,我们进去吧」

 

そう言われてドキドキしながら車を降りる。

実家のドアに手を掛けると、私は暫らく固まってしまった。

被这么说后,我虽然忐忑不安但还是下了车

手放在家的门把上,我的姿势暂时就这样固定了下来

 

先生がノブを握っている私の手の上に、後ろからスッと自分の手を乗せる。

老师静静地把自己的手,放在了紧握着门把手的我的手上

 

「大丈夫だから。ね?」

「没关系的,呐?」

 

私は頷くと、そっと静かに扉を開けた。

我点了点头后,安静地打开了房门

 

 

相変わらず、テレビの音だけが聞こえる。

一如既往地,只能听到电视机的声音

 

私はゆっくり靴を脱ぐと、先生が入って来た事を確かめてからリビングに進んだ。

我慢慢地脱掉鞋子后,确认老师也进来后进入了客厅

 

 

「…お母さん…」

「…母亲…」

 

私がそう声をかけると、相変わらず酒瓶に囲まれて横になっていた母は、かったるそうにこちらを見た。

我这么发出声音后,一如既往地被酒瓶包围着的母亲,懒懒地望向了我这边

 

そして私だと解ると、なにやらギャーギャー叫びながら物凄い速さで立ち上がり私に向かってくる。

然后知道了是我的那一瞬间,边发出了哇哇地叫声边以骇人的速度向我扑了过来

 

ビクッとして身構えると、私は凄い力で後ろに引っ張られた。

正因为惊吓而紧绷着身体时,我被很大的力量拉向后方

 

189: 2012/06/07(木) 18:30:12.42 ID:+beSXCVE0

驚いて硬直したまま、恐る恐る前を見る。

吓了一跳我保持僵硬的姿势,忐忑不安地看向前方

 

後ろにいたはずの先生が、母の振り上げた両手をがっしりと掴んでいた。

先生の体越しに、先生を見つめている母のひどく驚いた顔が見えた。

本来应该是站在我后面才对的老师,正牢固地抓住了母亲上扬的双手

越过老师的身体,能够看见看着老师的母亲的那吃惊的面庞

 

「…お邪魔します。」

「…打扰了」

 

いつものようにニコニコしてるであろう先生の声がした。

腕を掴んだまま先生はジリジリと前に進み、ダイニングテーブルの椅子に母をドスッと座らせる。

是那和平时一样恐怕是正面带笑容时的老师的声音

老师保持着抓着母亲双手的姿势前进,强硬地让母亲坐在了茶几前的椅子上

 

母はよっぽど驚いたのか、抵抗する事無く大人しく椅子に座っていた。

母亲不知是因为相当吃惊的缘故吗,并没有什么太大抵抗,老实地坐在了椅子上

 

先生は座っている母から2.3歩後ずさると、ゆっくりと板の間に正座をした。

老师从正在坐着的母亲面前退后2、3步后,缓缓地在木板房间上正座了下来

 

「さて……渚さん、そこの紙袋持ってきて。」

「那么……渚桑,把那里的纸袋拿过来」

 

そう言いながら私に振り返り、自分の隣の床をポンポンと叩く。

私は慌てて紙袋を取ると、先生の横におひざまを付いた。

边这么说着边面向我,拍了拍自己旁边的地板

我慌忙地拿过纸袋后,在老师旁边跪坐了下来

 

何やらずっしり重たい紙袋を渡しながら、先生の顔をそっと見る。

边把这有点沉甸甸的纸袋递过去,边悄悄看了下老师的神色

 

相変わらずニコニコしている先生は、「ありがとう」と言うと真っ直ぐ母に向きなおした。

一如既往面带笑容的老师,「谢谢」这么说完后重新直直面向了母亲

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 6 条精彩评论

  1. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年2月21日 18:02:15

    老师的等级好高啊

  2. 星空融入
    星空融入 发表于: 2016年2月21日 18:04:00

    老师帅气到不行啊wwwwww

  3. Cloud
    Cloud 发表于: 2016年2月21日 18:20:23

    不愧是豪门出身,老师身手不凡啊

  4. Rosky-罗斯基
    Rosky-罗斯基 发表于: 2016年2月21日 20:08:32

    [doge]难道会是1包钱?

  5. magichp
    magichp 发表于: 2016年2月22日 06:31:20

    果然只有高富帅才能拯救妹子啊

  6. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2016年3月2日 21:57:18

    有一句颜色错了233

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部