23Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(三十一)

时间: 2016-2-23 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

193: 2012/06/07(木) 18:40:33.65 ID:+beSXCVE0

母がいやらしい声でマッタリと話し続ける。

母亲用讨人厌的的声音慢悠悠地继续说道

 

「やっと人生やり直せると思ったらコイツに全部ぶち壊されたんだよ。コイツのせいで…」

「还以为总算能重新开始人生了结果被这家伙全毁了哦,都是因为这家伙…」

 

下を向いていても、母が私を睨みつけているのがわかる。

好き放題言われて悔しいのに、訳のわからない喉の痛みが邪魔をして声が出せない。

就算面朝下,也能感受到母亲正在瞪着我

明明被那恣意妄为的话弄得很恼火,却因为喉咙莫名的疼痛发不出声音

 

「私は全部失ったんだ。コイツのせいなんだから、これから償っていくのは当然だろ?」

「償い…ですか。」

「そうだよ。たんまり稼いで楽させてもらわなきゃ、ねぇ?渚。」

「我失去了全部啊。因为这家伙,这种程度的补偿是理所当然的吧?」

「补偿…吗」

「没错哦,得好好赚钱让我高兴才行哦,呐?渚」

 

甘ったるい声で名前を呼ばれて、私はビクっとした。

被甜腻的声音喊了名字,我吓了一跳

 

「大事な大事なお母さんだもんねぇ?

 自分のせいでお母さんこんなになっちゃったんだもんねぇ?」

「很重要的很重要的母亲哦?

 因为自己的缘故母亲都变成了这个样子哦?」

 

語尾が段々と、いつもの母に戻っていく。

頭にガンガンと響いてくるその声に、私はまた考えるのが嫌になって来る。

頷かなきゃいけない……だんだんとそう思えてくる。

句尾渐渐地,变成了平时的那个母亲

因为在脑子里当当响的那个声音,我又变得讨厌思考了

不得不同意……渐渐变得会这么去想了

 

「なぎはお母さんが可哀相だねぇ?お母さんを幸せにしてあげなきゃいけないよねぇ?」

「呐母亲好可怜不觉得吗?必须得让母亲幸福起来才行不觉得吗?」

 

母の声が本格的に猫撫で声になった時、先生はハァっと大きく溜め息をついた。

当母亲的声音真的开始发嗲的时候,老师哈~地大大叹了一口气

 

「…話は以上ですか?」

「…话就只有这么多了吗?」

 

先ほどまでとは別人の様な、先生の冷たい声がした。

和刚才为止相比像是换了个人那样,老师用冰冷的语气说道

 

197: 2012/06/07(木) 18:43:28.66 ID:+beSXCVE0

その声が凄く怖くて、私はそっと先生を見た。

先生はゾッとするような薄ら笑いで、母を見つめている。

那个声音很叫人害怕,我不禁悄悄看了老师一眼

老师露出一种叫人胆战心惊的冷笑,看着母亲

 

「はぁ?」

「話は以上ですか?このまま不幸自慢をされ続けても困りますので。」

「哈啊?」

「话就这有这么多了吗?继续听你这样炫耀自己的不幸我也很困扰啊」

 

先生が鼻で笑う。

母はまた、般若のような顔に戻っていった。

老师不屑地笑道

母亲又回到了像是般若一般的表情

 

「不幸自慢…?」

「ええ、そうですよ。聞いていたら全部自業自得じゃないですか。お嬢さんはアナタのせいで、もっと辛い思いをしていますよ。」

「はあああああああ!?」

「結局のところ、アナタは金づるが欲しいんですね。何だかんだ色々言っていますが、僕にはそうとしか聞こえません。」

「…わかった風なこと言ってんじゃねーぞ?」

「炫耀不幸…?」

「没错哦。听了结果全都是你的自作自受不是嘛。小姐因为你的缘故,可是留下了更加痛苦的回忆哦」

「哈啊啊啊啊啊啊啊!?」

「结果你就是想要个摇钱树而已吧。虽然说了一大堆,但从我听来也就是这么回事」

「…别说的跟什么都知道一样啊?」

 

母が今にも飛び掛りそうな勢いで、拳を握り締めている。

母亲以一种就算是马上也要飞出来的势头,紧紧握着拳头

 

「わかりますよ。僕はアナタの様な人を、よく知っていますから。」

「我知道的哦。像你这样的人,我可是清楚的很」

 

母の歯軋りが聞こえる。

能够听到母亲咬牙切齿的声音

 

「いくら欲しいですか?1億でも2億でも、好きなだけ差し上げますよ。アナタが彼女を解放してくれるなら。」

「想要多少?不管是1亿还是两亿,想要多少都给你哦,只要你肯解放她的话」

 

先生の冷たい声に、その場が凍りつく。

老师那寒冷的声音,把整个场面都冻结了

 

そんな大金をいとも簡単に口から出す先生に、私は少し恐怖を覚えた。

对轻而易举报出这种大金额的老师,我稍稍感觉到些恐怖

 

198: 2012/06/07(木) 18:46:05.96 ID:+beSXCVE0

母は予想もしなかった言葉に、戸惑って固まっているようだった。

母亲听到那完全没预料到的话,因为困惑停下了动作

 

「借金もある…そうおっしゃっていましたよね?もしかして〇〇さんのお店にですか?」

「有欠款…你是这么说的吧?难不成是〇〇桑的店吗?」

 

固まっていた母はその名前を聞くと、一瞬だけビクッとした。

保持着僵直的母亲听到那个名字,只有一瞬间吓了一跳

 

「彼女から仕事の話をされてまさかとは思いましたが…〇〇さんのお店ですよね?この辺りでストリップやってるのはそこくらいですから。」

「それは…」

「她告诉我工作的事情的时候虽然我也觉得不至于…是〇〇桑的店吧?这附近跳脱衣舞的也就只有那里了」

「这是…」

 

母はさっきまでの威勢が嘘のように、急に大人しくなった。

母亲刚才为止的威势仿佛从来没有过那样,突然变得老实了起来

 

「大方、前払いで幾らか貰ったんでしょう。彼女が居なくなって困るのは、そのせいじゃないんですか?」

「我猜多半是从他们那拿了订金的一部分吧。她不在你会困扰,也就是这个原因不是吗?」

 

〇〇さんって誰?あのお店のガラの悪い店長?

二人の間では淡々と話が進んでいく。

私は一人だけついていけなくて、混乱していた。

〇〇桑是谁?那个店里的看上去很不正经的店长?

两人的对话只是淡然地持续着

只有我一个人跟不上对话,感到很混乱

 

「〇〇さん、怖いですからね。このまま彼女が居なくなってしまったら、何をされるかわからない。」

「因为〇〇桑,很可怕呢。她就这样消失的话,可不知道会被做些什么」

 

母は怯えた顔をして床を眺めている。

母亲露出害怕的表情看着地板

 

「…幾ら、頂いたんですか?それさえ返せば、もうアナタが困る理由は何処にも無くなります。」

「…从他们那拿了多少?只要还回去的话,你应该没有困扰的理由了才对」

 

だが、母は黙ったまま答えない。

先生はまた大きく溜め息をつくと、持ってきた紙袋を母の前に差し出した。

但是,母亲只是沉默着不回答

老师又大大地叹了一口气后,把带来的纸袋推到了母亲面前

 

「2千万入っています。お嬢さんを戴きに来た手前、結納金だと思って持って来ました。」

「里面装了2千万。想着作为是领小姐回去的聘金,带了过来」

 

2千万!?

2千万!?

 

私と母は驚いて先生を見た。

先生は相変わらず冷ややかに微笑みながら、母だけをじっと見つめていた。

我和母亲吃惊地看着老师

老师脸上依然挂着冷淡的微笑,直直盯着母亲

 

200: 2012/06/07(木) 18:48:24.32 ID:+beSXCVE0

「いくらなんでも、それだけあれば借金返せますよね?」

「不管再怎么说,这么多用来还借款肯定是够了吧?」

 

母は呆然としながら、小さくコクリと頷いた。

母亲只是愣愣的,轻轻地点了点头

 

「日取りの取り決めも無く、勝手に持ってきてしまい恐縮ですが、どうぞお納めください。」

「虽然没有事先商量就随便拿过来有些不好意思,不过请您收下」

 

先生が頭を下げる。

私は慌てて止めに入った。

老师低下了头

我慌慌忙忙地制止了老师

 

「先生ダメです!そんな大金…」

「ダメじゃありません。これは結納金なんですから、普通の事ですよ。」

「老师不行!这么大的金额…」

「才不会不行。这个是聘金,是很正常的事情」

 

私を遮るように強く言うと、先生はニコッと微笑んだ。

でもすぐ冷ややかな笑顔になって、また母をじっと見つめる。

用强硬的语气遮住我的话后,老师爽朗地微笑了下

但马上又恢复到冷淡的笑容,又直直地盯着母亲

 

「それにこれだけあれば、当面は生活していけますね?

 アナタは僕とさほど歳も変わらない。まだいくらだってやり直しがきくでしょう。」

「有这么多的话,目前的生活应该没问题了才对吧?

 你和我岁数并不会差很大,重新开始人生的机会还有很多的吧」

 

母は何も答えない。

母亲什么也没回答

 

202: 2012/06/07(木) 18:50:36.01 ID:+beSXCVE0

「正直、僕はアナタが許せません。でも渚さんにとっては大事な母親のようです。

 このまま捨てるように逃げても、彼女はずっと後悔し続けるでしょう。

 だから僕はアナタが憎くても憎みきれないし、捨てたくても見捨てられないんですよ。」

「说实话,我无法原谅你。但是对渚桑来说你好像也是重要的母亲。

 就这样舍弃你逃走的话,她一定会一直后悔下去的吧

 所以我就算恨你也恨不起来,就算想舍弃也舍弃不掉」

 

自分でも気がつかない振りをしていた本心を見透かされて、私の胸は何故だかグッと痛んだ。

黙り込んでいる母に目をやると、母も複雑な表情で私を見つめていた。

就算自己也装作没注意到的内心被看透,我的胸口不知为何猛地一痛

看了看沉默下去的母亲,母亲也正在用复杂的表情看着我

 

「…それで身の回りを整理して…やっていけますね?」

「…用这个来应付自己的生活…没问题吧?」

 

先生が言い聞かせるように言うと、母は微かにコクリと頷いた。

老师仿佛像是在劝告般的这么说道后,母亲轻轻点了点头

 

母が頷くと、先生はやっといつもの顔に戻った。

看到母亲点头后,老师也回到了往常的表情

 

「じゃあ、これでもう大丈夫ですね。……渚さん。」

「那么,这样已经没问题了吧。……渚桑」

 

急に名前を呼ばれて、私は慌てて返事をした。

突然被喊道名字,我慌忙地回应道

 

「自分の荷物をまとめなさい。それから…」

「整理下自己的东西吧,然后…」

 

先生は正座のまま、辺りをぐるりと見渡す。

老师保持着正座的姿势,看了一圈周围

 

「少しだけ、ココを片付けてあげなさい。このままじゃ、いくらなんでも酷い有様ですから。」

「稍微整理一下这里吧。这样下去的话,不管再怎么说也太不像样子了」

 

え?っと思って先生を見る。

相変わらず穏やかにニコニコ笑っている先生の顔を見ていたら、私の心も不思議と穏やかになっていく。

我露出诶?的表情看着老师

看着老师那一如既往的安稳的笑容,我的心也不可思议地变得安稳了起来

 

私は呆けている母をチラリと見ると、ハイと微笑み返した。

我瞄了眼还在发愣的母亲,「好」,也露出了笑容这么回应道

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 11 条精彩评论

  1. 烤火鸡
    烤火鸡 发表于: 2016年2月23日 17:36:47

    壕………..

  2. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年2月23日 17:44:56

    可怕

  3. Chacha
    Chacha 发表于: 2016年2月23日 18:18:50

    有钱真好

  4. Akane
    Akane 发表于: 2016年2月23日 18:37:29

    郭嘉欠我一个这样的音乐老师!

  5. waox
    waox 发表于: 2016年2月23日 18:47:35

    给穷鬼钱简直是最麻烦的处理方法啊····

    • 雫の梦想天生
      雫の梦想天生 发表于: 2016年2月23日 19:55:35

      重点不只是给钱,而是让她知道自己对于那些所谓的赚钱门路实际上都是知道,甚至是认识的,暗地里再耍小聪明只会吃大亏,不如拿下眼前这点钱息事宁人

      • waox
        waox 发表于: 2016年2月24日 17:42:04

        那和给钱是完全不一样的另一部,而且是在下一话才有提到呢

  6. 撸迅先生丶
    撸迅先生丶 发表于: 2016年2月23日 18:49:25

    有钱真好,,

  7. 啊啊啊
    啊啊啊 发表于: 2016年2月23日 19:25:44

    穷得只剩下钱,原来老师说得是真的啊

  8. ♿
    发表于: 2016年2月23日 19:39:16

    高富帥到國小釣未來的妻子,還順帶光源式地將妻子養成歌姬…

  9. Rosky-罗斯基
    Rosky-罗斯基 发表于: 2016年2月24日 00:23:13

    [t喷]我也好想成为像老师一样的人啊~~~~~有钱就是爽…

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部