25Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(三十三)

时间: 2016-2-25 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

211: 2012/06/07(木) 19:05:12.54 ID:+beSXCVE0

リビングで母と二人静かに座っていると、玄関が開く音がした。

急いで玄関に向かう。

在客厅正和母亲两人安静地坐着时,门口响起了开门的声音

快步跑向门口

 

「お待たせしました。用意、出来ましたか?」

「让你久等了。准备好了吗?」

 

先生は私を見ると、ニコッと笑ってそう言った。

老师看了我一眼后,微笑着这么问道

 

「はい、掃除もちゃんとしました。…先生は大丈夫でしたか…?」

「はいこの通り。無事に帰ってきましたよ。…お母さん、どうですか?」

「嗯,卫生已经打扫过一遍了。…老师没问题吗…?」

「嗯,就跟你看到的一样,平安无事地回来了。…母亲,怎么样?」

 

私はリビングの方を振り返った。

我回过头看了下客厅那边

 

「もう…大丈夫だと思います。」

「そうですか、それならよかった。……じゃあ行きましょうか。」

「あ、荷物取ってきます。」

「あ、渚さんちょっと待って」

「已经…没问题了我想」

「是这样吗,如果是这样那就太好了。……那我们走吧」

「啊,我去拿一下行李」

「对了,渚桑稍微等一下」

 

リビングに戻ろうとした私を呼び止めると、先生は一枚の封筒を差し出した。

これは?という目で先生を見る。

叫住了正准备回到客厅的我后,老师向我递出了一枚信封

这个是?…我露出了疑惑的目光看向老师

 

「領収書です。念の為、書いてもらいました。お母さんに渡してあげてください。」

「是收据哦。为了以防万一,让他们写下了。请这个交给母亲」

 

あぁなるほど…そう思いながら封筒を受け取ろうとして、私はドキッとして固まった。

差し出した先生の手のひらが、傷だらけで真っ赤になっている。

ビックリして先生を見た。

啊原来如此…这么想着正准备接过了信封时,我吓了一跳整个人都呆住了几秒

伸出来的老师的手心,到处布满了伤口变得通红

吃惊地看着老师老师

 

先生は相変わらずニッコリ微笑んで、「早く」とだけ言った。

老师一如既往地微笑着,只是「快点」这么说道

 

「先生…手…」

「いいから、早く。僕は車に行ってますから。」

「老师…你的手…」

「好了啦,快一点。我先去开车了」

 

先生が後ろ手に、玄関を開ける。

私は封筒を受け取ると、慌ててリビングに戻った。

说着老师用另一只手打开了门口

我接过信封后,慌忙地回到了大厅

 

214: 2012/06/07(木) 19:08:45.71 ID:+beSXCVE0

荷物をまとめた鞄を肩にかけ、母に封筒を渡す。

把整理好的行李塞包裹背起来后,将信封交给了母亲

 

「…領収書だって。先生が返しに行ってくれたから…」

「…说是收据。老师已经帮忙还回去了…」

 

母はまた泣きそうな顔になって、封筒を受け取った。

母亲又露出了快要哭出来的表情,接过了信封

 

「じゃあ…私、行くから…」

「那么…我去了…」

 

そういって母に背を向ける。

玄関でワタワタと靴を履いていると、母は慌てたように「なぎ!」と私を呼び止めた。

这么说着我背向母亲

在门口正手忙脚乱地穿着鞋时,母亲慌慌张张地「渚!」这么叫住了我

 

振り返ると、母が何やら言いたそうに口をアワアワとさせている。

回过头后,看见母亲像是要说些什么那样,嘴巴一张一合的

 

「…なぁに?」

「…怎么啦?」

 

優しく聞くと、母は少し泣きそうな顔で「またね…」と小さく言った。

这么轻柔地问道后,母亲露出了有点想哭的表情「再见…」这么小声的说道

 

私は少しだけ微笑んで「うん。…またね」と返事を返して家の外に出た。

我稍稍微笑了下「嗯。…再见」这么回复后走出了家门

 

 

 

家の前では、先生が車に乗って待っていた。

家门前,老师已经坐上车在等着了

 

私は後部座席を開けて荷物を放り込むと、そのまま後ろに座って扉を閉めた。

何故だか、助手席に座るのは気が引けた。

我打开后座席把行李放进去后,就那样坐到后面关上了门

不知为何,对于坐到助手席上有些犹豫

 

先生は私がしっかり座ったのを確認すると、「さーて、帰りましょうか。」と言って車を出した。

老师确认我坐好了以后,「那么,我们回去吧」这么说着开动了车

 

 

 

来た時と同じように、二人とも何も話さなかった。

和来的时候同样,两人什么话也没说

 

218: 2012/06/07(木) 19:14:48.52 ID:+beSXCVE0

はい、続けます。

继续写

 

 

家に帰りリビングに入ると、先生はフワーッと大きく背伸びをした。

回到家进入客厅后,老师呼哇地大大伸了个懒腰

 

「何だか大変な一日でしたね~。あー疲れた。」

「怎么说呢真是够受的一天啊~。啊累死了」

 

そう言いながら、ニコリと私を見る。

边这么说着,边微笑着看着我

 

私はずっと気になっていた事を質問した。

我问出了一直在意的事情

 

「…手…どうしたんですか…?」

「ん?手?」

「…手…怎么了吗…?」

「嗯?手?」

 

先生は自分の両手を広げて、不思議そうに眺めた。

老师伸出自己的双手后,很不可思议地看了下

 

「怪我しただけですよ。傷も深くないし、ほっときゃ直るでしょう。」

「只是受了伤而已哦。伤也并不深,放着不管很快就好了吧」

 

そう言うと、ハハっと恥ずかしそうに笑った。

这么说着哈哈地很难为情地笑了笑

 

「違います!そうじゃなくって…どうして怪我をしたのか聞いてるんです。」

「才不是呢!不是想问这个…是说为什么受伤了」

 

私が少し強く言うと、先生は困ったように苦笑いしながら、ドカっとソファに腰を下ろした。

我加强了一点语气后,老师很困扰的苦笑着,整个摊在了沙发上

 

「いやぁ…お金を返した後領収書くれって言ったら、じゃあコレを握れって小さいナイフの束みたいのを差し出されたんですよ。」

「不…还了钱后我说请给我收据后,『那你握住这个』这么说着对我递出了小小的刀片捆一样的东西」

 

先生は楽しい思い出を語るように、ニコニコしながら話している。

老师像是在叙述什么美好的回忆那样,边面带笑容边说着

 

「だからそれをこう…ギュッと。そしたらいきなり引っこ抜くもんですから……まぁこんなもので済んで良かったですよ。」

「所以就…那样紧握着。结果突然间被抽了出来……光是这样就能了事已经算不错了」

 

先生が笑う。

老师笑着说道

 

私はニコニコしながら握ったであろうその時の先生を想像して、思わず顔をしかめた。

我想象了下边面带笑容边握着那个时的老师,眉毛情不自禁地挤作了一团

 

「大丈夫、大した事無いですから。心配しないで。」

「没问题,没什么大不了的,不要担心」

 

明るく言う先生の声に、私の目から涙が溢れた。

听到老师那说起来好像很轻松的语气,泪水从我眼睛里流出

 


追加:晚上有急事,来不及翻译了,让我请一天假吧,抱歉(´・ω・`)

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 12 条精彩评论

  1. rjcbsaj
    rjcbsaj 发表于: 2016年2月25日 17:34:18

    光是想象一下都觉得好痛Σ(゚д゚lll)
    (同时脑中浮现了雅人叔的颜艺

    • CyclizePei
      CyclizePei 发表于: 2016年2月25日 18:37:22

      不要破坏气氛啊喂 Σ(  ̄□ ̄;)

  2. cirno
    cirno 发表于: 2016年2月25日 18:50:30

    好痛啊啊啊啊

  3. ♿
    发表于: 2016年2月25日 18:54:29

    明明不是曬姊曬妹放閃光,我卻覺得好想自盡是為什麼呢

  4. ringo
    ringo 发表于: 2016年2月25日 19:09:15

    听到老师那说起来好像很轻松的语气,泪水从我眼睛里流出

  5. 。
    发表于: 2016年2月25日 20:40:36

    噫。。。

  6. nemuiNekosama
    nemuiNekosama 发表于: 2016年2月25日 23:16:34

    大胆预言:弹不了钢琴了……

  7. 白煮蛋
    白煮蛋 发表于: 2016年2月25日 23:50:08

    好痛啊……老师(#゚Д゚)

  8. 只是路過不肯走的人
    只是路過不肯走的人 发表于: 2016年2月26日 00:40:55

    眞是溫柔呢

  9. Sfa06305
    Sfa06305 发表于: 2016年2月26日 12:14:26

    身為鋼琴家真的沒問題?[t喷]

  10. 路过
    路过 发表于: 2016年2月28日 01:13:03

    真男人

  11. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2016年3月2日 22:03:18

    真男人!

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部