26Feb

『长篇故事・2ch』关于我贯彻了我的初恋的故事(三十四)

时间: 2016-2-26 分类: 关于我贯彻了我的初恋的故事 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

220: 2012/06/07(木) 19:17:02.33 ID:+beSXCVE0

先生は音楽教師。手は商売道具のような物だ。

一歩間違ったら、先生は一生ピアノが弾けなくなっていたかもしれない。

老师是音乐老师,手就像是他的饭碗一样

一步搞不好,老师可能一辈子都弹不了钢琴了也说不定

 

それなのに先生は相変わらずニコニコして、気にも留めてる気配が無い。

明明是这样老师却一如既往面带笑容,丝毫没有介意的样子

 

「ごめんなさい…先生ごめんなさい…大事な手なのに…」

「对不起…老师对不起…明明是很重要的手…」

 

私は複雑な思いで胸が一杯になって、謝ることしか出来なかった。

立ったまま、泣きながら先生に謝り続ける。

我内心充满了复杂的心情,除了道歉以外已经做不到别的事情了

就这样站着,边哭着边不停向老师道歉

 

「大丈夫ですって。……それに僕の方こそ、貴女に謝らないといけません。」

「…どうして…ですか?」

「没事啦。……而且我这边才是,必须向你道歉才行」

「…为什么呢?」

 

私がシャックリをしながら聞くと、先生は凄く神妙な面持ちで下を向いた。

我边哽咽着边这么问道后,老师用很奇妙的表情看着地面

 

「…貴女をお金で買うような事をしてしまいました。……もう二度としませんから…許してください。」

「…我做了像是用钱买了你这样的事情。……已经不会再做第二次了…请原谅我」

 

私は泣きながら、ブンブンと首を振った。

我边哭着,边使劲摇着头

 

「…先生の…大事な…お金を……先生のお父さんが…遺してくれた…大事な……」

「…是老师的…重要的…钱……是老师父亲…遗留下来的…重要的……」

 

息が詰まって言葉にならない。

因为呼吸困难没办法流利地说出来

 

「いいんです。それは僕が勝手にやってしまったんですから。…お願いだから、泣き止んで、謝りますから…」

「没事啦。那只是我自己随意做的事情而已。…所以拜托了,请不要哭了,我会道歉的…」

 

先生が段々と困った顔をしていく。

老师的表情变得越来越困扰

 

それでも益々涙は止まらなくなっていき、私は幼い子供のようにわんわんと泣き続けた。

就算是这样泪水势头也丝毫没有停下来的迹象,我像是小孩子那样哇哇地哭着

 

222: 2012/06/07(木) 19:19:44.53 ID:+beSXCVE0

「あぁもう…泣き虫なんだから……」

「啊真是的…真是爱哭鬼呢……」

 

先生は優しくそう言って立ち上がり、私をぎゅうっと抱きしめた。

老师这么温柔地说完后站了起来,紧紧地抱住了我

 

「ごめんなさいぃ…」

「对不起…」

 

抱きしめられると、もっと申し訳なくなってくる。

被紧紧抱住后,感觉更加过意不去了

 

「だから大丈夫だってば。ほら、泣かないで。お願いだから。」

「所以都说没问题的啦。好啦,别哭了,拜托了」

 

先生は困ったように笑う。

それでも私の涙は止まらなかった。

老师好像很困扰地笑道

但就是这样我的眼泪仍然停不下来

 

「大切な人を守るためなら、手の1本や2本、どうって事ないじゃないですか。渚さんだって、そう思うでしょ?」

「为了守护重要的人,一两根手指根本算不了什么不是嘛。渚桑也是这么想的吧?」

 

先生はちょっと照れくさそうにそう言った。

老师很难为情地这么说道

 

私はその言葉で更に胸が苦しくなって、立っていられなくなった。

听到这句话我内心更加难过,站都站不起来了

 

先生は「おっと…」と言いながら、私を支えるように一緒に座り込んだ。

老师「小心…」这么说着,像是支撑我一样一起瘫坐了下来

 

223: 2012/06/07(木) 19:22:19.07 ID:+beSXCVE0

あぁ先生が困ってる…泣き止まなきゃ……もう何で涙が止まってくれないの…

啊啊,老师在困扰了…不能再哭了……真是的为什么泪水停不下来呢…

 

泣きながらもどこか冷静な頭の片隅で、私はずっとそんな事を考えていた。

明明正在哭泣,脑子里的某处却不知道为什么一直在想着这样的事情

 

「……ほら…こっち向いて。」

「……好啦…看我这边」

 

優しくそう言われて、嗚咽を堪えながら先生を見つめる。

先生は優しく微笑むと、フッと顔を近づけた。

被温柔地这么说道,我忍耐着哽咽看向老师

老师温柔地微笑后,脸忽地靠近了过来

 

先生の唇が、私の唇に軽く触れる。

老师的嘴唇,轻轻触碰了我的嘴唇

 

私の頭は、途端に真っ白になった。

我的脑袋一下子变得一片空白

 

息をする事も忘れて、私は自然に目を閉じた。

连呼吸都忘记,我自然而然地闭上了眼睛

 

先生の顔が、スーっと離れる。

老师的脸,静静地分开

 

私は思い出したように、そっと息を吐いた。

薄っすらと目を開けて、先生を見る。

我像是在回想那个余韵那般,静静地呼了一口气

微微睁开眼睛,看着老师

 

「…泣き止んだ。」

「…停止哭泣了」

 

先生は私と目が合うと、ニコッと微笑んだ。

老师和我对上视线后,这么微笑道

 

 

 

「…せんせい…」

「…老师…」

 

私がやっとで呟くと、先生は恥ずかしそうにクスっと笑った。

过了一会儿我总算挤出了这么一句后,老师很难为情地笑了出来

 

「その…先生って呼ぶの、そろそろやめにしませんか?」

「那个…那个老师的称呼,差不多可以换了吧?」

 

私は少し困った顔をした。

少しだけ考えて、先生に小さな声で聞き返す。

我露出了稍微有些困扰的表情

稍微想了想后,小声反问老师

 

「……じゃあ何て呼べばいいですか?」

「……那我该叫你什么才好呢?」

 

先生もちょっと困った顔をしながら笑った。

暫らくぼーっと何処かを見て黙り込んでいたが、またフッと笑うとまっすぐ私を見つめた。

老师也露出了有些困扰的表情笑了笑

暂时呆呆地看着某处沉默了下,忽地又笑了出来直直地看向我

 

「んー………わからない…」

「嗯~………不知道…」

 

そう言いながら、ゆっくりと顔を近づけてくる。

边这么说着,边将脸缓缓地靠了过来

 

私はまた、目を閉じた。

我又再一次,闭上了眼睛

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 11 条精彩评论

  1. King of poison milk
    King of poison milk 发表于: 2016年2月26日 17:45:46

    甜的不行

  2. 智障少年
    智障少年 发表于: 2016年2月26日 17:45:52

    甜到忧伤啊真的好甜

  3. CyclizePei
    CyclizePei 发表于: 2016年2月26日 18:06:42

    。。。。。。;y=ー( ゚д゚)・∵.咚

  4. rjcbsaj
    rjcbsaj 发表于: 2016年2月26日 18:14:05

          ,,…-:':::":~~ ,,..  .~~""''':::..,,,
          :::::,         :..::::::::  ,
      ;y=ー~"''-::..,,,. ;;;;;,,,…:::–''''"~
      \/| y |)

  5. 问题儿童s
    问题儿童s 发表于: 2016年2月26日 19:49:18

    这个绝对是小说啦QAQ

  6. ♿
    发表于: 2016年2月26日 21:45:37

    ٩(๑´3`๑)۶

  7. ringo
    ringo 发表于: 2016年2月26日 22:47:07

    真的不是小说吗!qwq

  8. Sfa06305
    Sfa06305 发表于: 2016年2月27日 00:18:31

    被學生攻略了[doge]

  9. 只是路過不肯走的人
    只是路過不肯走的人 发表于: 2016年2月27日 01:27:03

    寫的眞好呢

  10. YSNMJ
    YSNMJ 发表于: 2016年2月27日 01:42:50

    堺,雅人,啊那塔
    在里面挑一个[doge]

  11. magichp
    magichp 发表于: 2016年2月27日 02:54:50

    真是一个好老师啊

Comments
发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部