11Mar

『中篇创作・2ch』塔摩利「世界奇妙NEET物语」(六)

时间: 2016-3-11 分类: 塔摩利「世界奇妙NEET物语」 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

上一章 目录 下一章

 

169: 2013/02/11(月) 23:39:36.56 ID:UcMrseUd0

イケメンはニート女をある建物まで連れてきた。

帅哥把NEET女带到了某栋建筑

 

ニート女「ね、ねえ……」

ニート女「なんか家っていうか、倉庫って感じなんだけど……」

イケメン「ここは人通りも少ないし、保管にちょうどいいからね」

ニート女「保管……?」

イケメン「君にもボクの副業……いや本業を手伝って欲しいんだ」

ニート女「え?」

NEET女「呐,呐……」

NEET女「感觉与其说是家,不如说有种像是仓库的感觉……」

帅哥「这里人比较少,作为保管来说正合适呢」

NEET女「保管……?」

帅哥「也想让你来帮一下我的副业……不应该说是主业」

NEET女「诶?」

 

倉庫には十数個の灯油タンクが並んでいた。

仓库里面摆着10几个燃油桶

 

イケメン「ボクの本当の仕事はコレ、燃料関係」

イケメン「灯油でボヤを起こして、人が混乱してるスキに金品をいただく!」

イケメン「どうだい? 最高にイカしてるだろ!?」キラッ

ニート女「は……!?」

帅哥「我真正的工作就是这个,跟燃料有关的」

帅哥「通过灯油点火,趁人陷入混乱的间隙里夺取钱财!」

帅哥「如何? 帅呆了吧!?」kira

NEET女「哈……!?」

 

171: 2013/02/11(月) 23:44:33.66 ID:UcMrseUd0

イケメン「何度かデートを重ね、君ならボクの素顔を理解してくれると分かった!」

帅哥「随着几次约会,觉得如果是你的话应该可以理解我的真面目!」

 

 

 

ニート女(に、逃げなきゃ!)クルッ

NEET女(得、得逃跑才行!)转身

 

ガチャンッ! ボワァァァッ……!

咔擦! 哄————……!

 

火炎瓶の炎がニート女の逃げ道をふさぐ。

火焰瓶里的火阻挡住了NEET女的退路

 

ニート女「ひぃっ!?」

イケメン「あぁ~……ダメなのかい……残念」

イケメン「ダメなら燃やすしかないなぁ~……」

ニート女「い、いやぁぁぁぁぁっ!」

NEET女「噫!?」

帅哥「啊啊~……不行吗……遗憾」

帅哥「不行的话就只能烧掉了呢~……」

NEET女「不、不要啊啊啊ーー!」

 

173: 2013/02/11(月) 23:49:47.22 ID:UcMrseUd0

すると──

这时ーー

 

男「そこまでだっ!」ダッ

イケメン「!」

ニート女「えっ!?」

イケメン「な、なんだお前は!?」サッ

男「到此为止!」踏

帅哥「!」

NEET女「诶!?」

帅哥「谁、谁啊你!?」后退

 

イケメンが火炎瓶を投げつけようとするが、男の動作の方が速かった。

帅哥虽然打算扔火焰瓶,但男人的动作更快

 

男「てやあっ!」ガシッ

男「喝啊!」投

 

ブオンッ!

桄榔!

 

イケメン「ギャッ!?」ドサッ

男「さあ、観念しろ!」

帅哥「呃啊!?」

男「撒,你就死心吧!」

 

押さえつけられるイケメン。

帅哥被制服住

 

男「殺人未遂及び火炎瓶処罰法の現行犯で逮捕する!」

男「以违反杀人未遂以及火焰瓶处罚法的现行犯逮捕你!」

 

ガチャッ……!

咔擦……!

 

174: 2013/02/11(月) 23:51:03.87 ID:hvQ10x7x0

面白いです

有意思

 

176: 2013/02/11(月) 23:55:15.03 ID:UcMrseUd0

駆けつけた応援によって、イケメンは連行された。

在随之赶来的警察支援下,帅哥被带走了

 

男「ふう、危ないところだったね」

ニート女「あなた、どうしてここに……」

男「実は俺は刑事で、ずっとアイツを連続放火犯として目をつけていたんだ」

男「あのパーティーにいたのも、実はそのためさ」

男「しかし、表向きには大手石油会社のエリートで、後ろ暗いところが全くない男だし」

男「なかなか尻尾を出さないから、捕まえることができなかった」

男「呼,好危险」

NEET女「你,为什么会出现在这里……」

男「其实我是刑警,因为连续纵火犯的嫌疑一直在盯着那家伙」

男「在那个party里,其实也是为了这个目的」

男「只是,因为他表面上是大型石油公司的精英,是完全没有不可见光地方的男人」

男「因为很少露出马脚,所以一直没能抓住他」

 

男「だが、どうやら奴は君に本当に心を許したようで」

男「ようやく、こうやって捕まえることができた」

男「ハッキリ助言しておけば、君をこんな目にあわさずに済んだかもしれないのに」

男「オトリにするような形になってしまって、本当にすまない」

ニート女「いえこちらこそ……ごめんなさい。助けてくれて、ありがとう」

男「但是,看样子那家伙好像真的对你卸下了心防」

男「这样子,总算能够抓住他了」

男「明明如果给出明确的助言的话,你可以不用遭到这种事情的说」

男「把你当成了类似诱饵的存在来使用,真的很对不起」

NEET女「不,我这边才是……对不起。谢谢你救我」

 

177: 2013/02/11(月) 23:55:17.18 ID:DV2m1VFC0

刑事だったのかよw

原来是刑警么w

 

178: 2013/02/11(月) 23:56:28.23 ID:XYcu14raO

やるじゃん

很能干嘛

 

179: 2013/02/11(月) 23:56:34.48 ID:t1d1Mxox0

まぁ、たしかに公務員だ罠。

嘛,记得确实说过是公务员呢

 

180: 2013/02/11(月) 23:58:03.70 ID:Z8KODf6l0

オチに期待

期待急转直下的展开

 

182: 2013/02/11(月) 23:59:30.88 ID:UcMrseUd0

男「……ところで、実はあのパーティーの日、俺も君を指名してたんだ」

男「どうだろ……? 今度、一緒に食事でも」

ニート女「いいの? 私、あんなひどいこといったのに」

男「こっちだって刑事のくせにストーカーまがいのことしたんだ、お互い様さ」

ニート女「……だったら、私の手料理ごちそうしてあげる!」

男「……顺带一提,其实party的那一天,我也指名了你哦」

男「怎么样……? 下次找个时间一起吃个饭」

NEET女「可以吗? 我明明说过那么过分的话」

男「我这边才是明明是刑警却做了像是跟踪狂一般的事情,彼此彼此啦」

NEET女「……那样的话,我请你吃我的亲手料理吧」

 

男「おお、それはありがたい!」

男「……それにしても」

ニート女「?」

男「家事手伝いなだけに、火事手伝いにならなくてホントよかったね!」

男「な~んちゃって!」

ニート女「あらら……」ガクッ

男「哦哦,那真是太好了!」

男「……不过话说回来」

NEET女「?」

男「还好只是帮忙家事,没有变成帮忙火事(火灾)真是太好了呢!」

男「开~玩笑的!」

NEET女「啊啦啦……」垂头

※家事和火事(火灾)在日语中的读音一样

 

                           ~おわり~

                           ~完~

 

 

183: 2013/02/12(火) 00:00:23.08 ID:RMpMaiRW0

グッド

Good

 

184: 2013/02/12(火) 00:00:31.29 ID:1Qt9pqm00

これは寒いギャグ漫画っぽい終わり方だなw

这是冷笑话漫画般的完结方式呢w

 

186: 2013/02/12(火) 00:02:05.79 ID:JkzVCHQk0

だがそれがいい

然而这样真会

 

196: 2013/02/12(火) 00:08:44.36 ID:H3P1VcyA0

女ニートは美少女

女NEET是美少女

 

197: 2013/02/12(火) 00:09:07.85 ID:lKPPfu/e0

これは良スレ

这是个好贴

 

198: 2013/02/12(火) 00:09:55.15 ID:PzokBNDq0

扉を開こうと、懸命に扉を押し続けるタモリ。

塔摩利拼命用力推着门想要将其打开

 

タモリ「う~ん、う~ん……」グッ グッ…

タモリ「開かない……」ハァハァ

タモリ「スポーツや仕事、勉強、日常の仕草にいたるまで」

タモリ「どんなことにも必ずそれに適した方法、というものがあります」

タモリ「引いて開けるタイプのドアを、いくら押しても開くことがないように……」グイッ

塔摩利「嗯~,嗯~……」用力

塔摩利「打不开……」哈啊哈啊

塔摩利「从运动、工作、学习到日常的动作」

塔摩利「无论做什么事情都有适用它的方法」

塔摩利「就像靠拉才能打开门那样,无论怎么用力都推不开一样……」

 

ガチャッ……

咔擦……

 

タモリ「でも、あなたの知っているその方法」

タモリ「本当に一番適しているんですかね?」

塔摩利「但是,你所知道的那个方法」

塔摩利「真的是最合适的吗」

 

199: 2013/02/12(火) 00:11:05.90 ID:kglvlDXs0

ナイス導入

Nice导入

 

200: 2013/02/12(火) 00:11:33.61 ID:gK4HX9gm0

おもしろい

有趣

 

201: 2013/02/12(火) 00:12:30.92 ID:exFzhU5AO

最後か頑張れ

最后一个了吗,请加油

 

203: 2013/02/12(火) 00:12:41.31 ID:nMwTuebU0

いよいよ最後の話か

终于到最后了吗

 

206: 2013/02/12(火) 00:14:45.39 ID:PzokBNDq0

『無職を減らす方法』

『减少无业人士的方法』

 

 

 

 

職員(俺は行政から委託を受けているニート更生センターの職員だ)

職員(これまでに何人ものニートの更生……ようは就業を手伝ってきた)

職員(正直いって、ニート更生のプロフェッショナルだと自負している)

職員(さて今日のニートは、と……)

職員(一軒家に一人暮らしとは)

職員(こりゃまた、ずいぶん恵まれたニートがいたもんだな)

职员(我是接受了行政委托的NEET更生中心的职员)

职员(至今为止已经让好几个NEET更生……简单说就是帮助他们就业了)

职员(实话实说,我自负自己可以算是NEET更生的专业人士)

职员(那么今天的NEET是……)

职员(在独立房中过着单人居住的生活)

职员(这还真是过着富裕生活的NEET啊)

 

ピンポーン……

叮咚……

 

 

 

 

上一章 目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 2 条精彩评论

  1. 。
    发表于: 2016年3月11日 18:14:42

    职员也变成neet的flag已经高高地立起来了。。。[t喷]

  2. 777
    777 发表于: 2016年3月12日 12:15:59

    写这贴的人好有才啊,好有趣

Comments
发表评论

邮箱地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部