17Mar

『中篇创作・2ch』女幽灵「……啊啦,你不怕我吗?」(一)

时间: 2016-3-17 分类: 女幽灵「……啊啦,你不怕我吗?」 作者: lu

TAGS:

语言:   大陆 港澳 台湾

引用元:http://llike.net/2ch/ss/ghost2.htm


 

目录 下一章

 

女幽霊「……あら貴方、私を怖がってくれないの?」

女幽灵「……啊啦,你不怕我吗?」

 

lu:这又是一篇男主不会说话的创作,中途开始不止是楼主也有其他人参与

 

1: 2007/09/18(火) 21:36:55.25 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「ノリが悪いのねぇ」

女幽灵「真没劲啊」

 

9: 2007/09/18(火) 21:45:01.32 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「塩?」

女幽霊「……しょっぱい」

女幽霊「え? それだけよ?」

女幽灵「盐?」

女幽灵「……好咸」

女幽灵「诶? 仅此而已哦?」

 

12: 2007/09/18(火) 21:48:05.82 ID:cKY4UrFwO

それなんてツンデ霊?

你那是什么傲娇灵?

 

13: 2007/09/18(火) 21:49:03.33 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「寒気がする、って?」

女幽霊「きっと風邪じゃない? あったかくして寝なきゃ駄目よ?」

女幽霊「おやすみなさい。ね」

女幽灵「你说感到一股寒气?」

女幽灵「肯定是感冒吧? 得暖和了再睡才行哦?」

女幽灵「晚安哦」

 

18: 2007/09/18(火) 22:02:28.31 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「背後霊だからって、どこにでも付いて来るなって?」

女幽霊「いいじゃない。幽霊は寂しいと死んじゃうのよぉ?」

女幽灵「你说就算是背后灵,也不要什么地方都跟来?」

女幽灵「有什么不好嘛,幽灵寂寞的话就会死掉哦?」

 

19: 2007/09/18(火) 22:07:13.07 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「シャンプーする時、視線を感じる事ってなぁい?」

女幽霊「もちろん、犯人は私よ」

女幽霊「びっくりした?」

女幽灵「在洗头的时候,有没有感觉到视线?」

女幽灵「当然了,犯人就是我哦」

女幽灵「吓了一跳?」

 

20: 2007/09/18(火) 22:12:12.44 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「お札?」

女幽霊「……なんて書いてあるの? 読めないわぁ」

女幽霊「こういう、お金の無駄使いはやめたら?」

女幽灵「符咒?」

女幽灵「……上面写着什么? 我看不懂哦」

女幽灵「这种浪费钱的行为还是停下来比较好吧?」

 

21: 2007/09/18(火) 22:13:34.69 ID:Gv+9QjTmO

いいね

真好啊

 

22: 2007/09/18(火) 22:20:15.17 ID:4QOt1EBp0

俺の嫁かとおもた

还以为是我老婆

 

25: 2007/09/18(火) 22:27:04.34 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「ふわぁ……今日も朝日が気持ち良いわぁ」

女幽霊「……あら、おはよう」

女幽霊「日の光? 別に平気だけど……」

女幽灵「呼哇……今天的晨光也很舒服呢」

女幽灵「……啊啦,早上好」

女幽灵「日光? 我倒是没事哦……」

 

26: 2007/09/18(火) 22:34:48.01 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「ねぇ貴方、好きな女の子いる?」

女幽霊「幽霊の女の子もいいものよ?」

女幽霊「……守護霊として」

女幽灵「呐,你有喜欢的女孩子吗?」

女幽灵「幽灵的女孩子也很不错的哦?」

女幽灵「……作为守护灵」

 

27: 2007/09/18(火) 22:40:23.57 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「せっかく霊能者に見て貰ったのに、無駄だったわねぇ」

女幽霊「私の姿が見えないなんて、インチキもいいところよ」

女幽霊「……あの人、私も本物だと思ってたのに」

女幽霊「世知辛い世の中だわぁ」

女幽灵「难得给灵能者看了的说,完全白费了呢」

女幽灵「看不到我的模样什么的,假也要有个限度呢」

女幽灵「……明明我也以为那个人是真货的说」

女幽灵「真是艰难的世道啊」

 

28: 2007/09/18(火) 22:46:09.73 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「私のお墓?」

女幽霊「……さあ。どうなってるのかしら」

女幽霊「なんにせよ、貴方が来てくれたら歓迎するわ」

女幽霊「もちろん、草むしりくらいはしてくれるんでしょ?」

女幽灵「我的墓?」

女幽灵「……撒,变成怎样了呢」

女幽灵「不管怎样,如果你来的话我会很欢迎的哦」

女幽灵「当然,除草这种程度会为我做的吧」

 

29: 2007/09/18(火) 22:53:49.42 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「きっと私、貴方と一緒に心霊写真として写っちゃう事もあると思うのよ」

女幽霊「でも、写真写りは良い方だから心配しないでね」

女幽灵「我想拍照的话一定会和你一起作为灵异照片映在上面的哦」

女幽灵「但是,映在照片上的方式应该是好的所以不用担心哦」

 

31: 2007/09/18(火) 23:03:39.28 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「あら、お線香」

女幽霊「何だか辛気くさいわねぇ。何なの?」

女幽霊「……え、私のため?」

女幽霊「ああ私、そういえば幽霊だったわね」

女幽霊「ありがとう」

女幽灵「啊啦,线香」

女幽灵「总感觉心情很烦躁呢,为什么呢?」

女幽灵「……诶,是为了我?」

女幽灵「啊啊,这么说来我是幽灵呢」

女幽灵「谢谢」

 

32: 2007/09/18(火) 23:04:48.98 ID:7XG1muDu0

喋り方が銀様に似てる

说话方式好像银大人

 

33: 2007/09/18(火) 23:08:35.17 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「さっきまで焼いてた秋刀魚が無い、って?」

女幽霊「猫が取っていったわよ」

女幽霊「可愛かったわぁ」

女幽霊「……ごめんなさい。だって、私は見てる事しか出来なかったし……」

女幽灵「你说刚才烤的秋刀鱼不见了?」

女幽灵「被猫拿走了哦」

女幽灵「真可爱啊」

女幽灵「……对不起。因为我除了在一旁看着外做不了别的事情呢……」

 

34: 2007/09/18(火) 23:11:18.90 ID:jvbmQ+4/0

ヤバイ、興奮してきた

これには期待せざるえない

不妙,兴奋起来了

这个不得不期待一下

 

36: 2007/09/18(火) 23:13:24.74 ID:lJDzB3Pd0

女幽霊「またHなサイト見てるの?」

女幽霊「なになに・・・足コキ?」

女幽霊「・・・・・・私足ないし。」

女幽灵「又在看H的网站吗?」

女幽灵「什么什么・・・足X?」

女幽灵「・・・・・・但我又没有脚」

 

37: 2007/09/18(火) 23:25:13.64 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「ねぇ貴方、映画館にデートしに行かない?」

女幽霊「面白そうな映画がいっぱいあるのよ」

女幽霊「ね、連れてって」

女幽霊「しかも相手が私なら、一人分は無料で観られるし、何にも食べないから……」

女幽霊「デートするにもすっごくお金がかからないのよぉ?」

女幽灵「呐,你,去不去电影院约会?」

女幽灵「有很多看上去很有意思的电影哦」

女幽灵「呐,带我去吧」

女幽灵「而且对象是我的话,可以省下一人份的费用,而且什么都不用吃……」

女幽灵「约会也基本不用花钱哦」

 

38: 2007/09/18(火) 23:25:57.51 ID:iuDuNMNBO

何かちょっとゆゆ様を思い出した

不知为何突然想起了幽幽子大人

 

40: 2007/09/18(火) 23:29:31.90 ID:rA0BVQR10

ゆゆさまはもうちょいおっとりしてるでしょ

幽幽子大人更加稳重一点吧

 

42: 2007/09/18(火) 23:31:57.05 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「ねぇ、貴方を金縛りにしていい?」

女幽霊「暇なのよ」

女幽霊「私に金縛りされるの、怖い?」

女幽霊「……あら、怖くないなんて言っちゃっていいのぉ?」

女幽灵「呐,可以对你鬼压床吗?」

女幽灵「因为好无聊嘛」

女幽灵「被我鬼压床,怕吗?」

女幽灵「……啊啦,说不怕什么的真的没问题吗?」

 

44: 2007/09/18(火) 23:35:27.41 ID:D2aylbS2O

水銀燈とゆゆ様を足して2で割った感じだな

有种(水银灯+幽幽子)/2的感觉呢

 

46: 2007/09/18(火) 23:48:33.57 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「誕生日と命日、貴方はどっちが重要だと思う?」

女幽霊「分からない? でも、決めて欲しいのよ」

女幽霊「だって、私にも一年に一度くらい、特別な日があったっていいじゃない……」

女幽霊「そういう日は、ケーキでも供えてくれると嬉しいわぁ」

女幽灵「生日和忌日,对于你来说哪天更重要?」

女幽灵「不知道? 但是希望你能决定下来哦」

女幽灵「因为就算是我,一年有一次特别的日子也可以不是嘛……」

女幽灵「在这样的日子里,如果能为我献上蛋糕的话我会很开心的哦」

 

49: 2007/09/18(火) 23:54:08.43 ID:QhI6RXqeO

女幽霊「タンスの裏に千円札を発見したわぁ」

女幽霊「偉いでしょう? 山分けよぉ?」

女幽霊「でも、私には使い道が無いわね……」

女幽霊「このお金預けるから、干菓子でも買ってくれない?」

女幽灵「衣柜背后发现了一千元纸钞哦」

女幽灵「了不起吧? 平分?」

女幽灵「但是我拿了又没用……」

女幽灵「这个钱给你了,能为我买干点心吗?」

 

50: 2007/09/18(火) 23:56:09.73 ID:rsjQKQ/A0

イイ・・・

good・・・

 

51: 2007/09/18(火) 23:56:29.35 ID:s8Z8HhOP0

ダメだ…俺の嫁決定

不行…决定是我老婆了

 

54: 2007/09/19(水) 00:03:08.98 ID:smcLXnQMO

女幽霊「今日は雷が凄いわねぇ。あ、また光った」

女幽霊「……きゃっ」

女幽霊「い、今のは音が近かったわね」

女幽霊「……何よ、物陰に隠れる幽霊がそんなにおかしい?」

女幽灵「今天的雷好大呢。啊,又闪了」

女幽灵「……呀!」

女幽灵「刚、刚才的声音很近呢」

女幽灵「……什么啦,躲在暗处的幽灵就这么奇怪吗」

 

59: 2007/09/19(水) 00:18:18.68 ID:smcLXnQMO

女幽霊「夜の暗い道を歩くのって、怖いわぁ……」

女幽霊「貴方もそうよね?」

女幽霊「あら、私以外の幽霊が出たら怖いって言うの?」

女幽霊「じゃあ私、家に帰ったら本気で怖がらせてあげるけど……」

女幽霊「とりあえず今は、くっついて歩きましょう?」

女幽灵「走在夜晚的道路上很可怕呢……」

女幽灵「你也是这样吧?」

女幽灵「啊啦,你说如果出现我以外的幽灵会很可怕?」

女幽灵「那回到家后我会让你知道什么叫真的可怕的……」

女幽灵「总之现在先贴在一起走吧?」

 

61: 2007/09/19(水) 00:22:15.02 ID:DCDb0QEl0

田中理恵の声で自動再生された。

用田中理惠的声音自动重现了

 

目录 下一章

 

没看够?点击查看更多中短篇故事长篇故事


↓喜欢我们的文章请您与朋友分享


lu

本文作者:

我要投稿

相关文章:

Comments

目前有 14 条精彩评论

  1. skylark
    skylark 发表于: 2016年3月17日 15:36:41

    [doge]lu大又开新坑。。。

  2. kyocare
    kyocare 发表于: 2016年3月17日 16:19:45

    好呆,好萌的样子。

  3. 11111111
    11111111 发表于: 2016年3月17日 17:20:51

    黄油什么时候出啊?

  4. Rosky-罗斯基
    Rosky-罗斯基 发表于: 2016年3月17日 17:23:52

    总觉得这样的故事也挺有意思的。

  5. Cloud
    Cloud 发表于: 2016年3月17日 17:32:57

    总感觉有点忧伤啊……

  6. 冥土
    冥土 发表于: 2016年3月17日 18:05:50

    貌似看过一本女主是幽灵的轻小说加《幽灵什么的看不见》

    • 恩赫里亚
      恩赫里亚 发表于: 2016年3月18日 22:04:09

      那本的女主不是幽灵而是除灵师,而且是小学生

      • 冥土
        冥土 发表于: 2016年3月19日 09:12:41

        那就是另外一本,忘记名字了

  7. 向你的心shoot♥love
    向你的心shoot♥love 发表于: 2016年3月17日 18:51:20

    男主不说话的话很有代入感

  8. 炤炤穆穆
    炤炤穆穆 发表于: 2016年3月17日 22:00:46

    又是小黄油

  9. mdd
    mdd 发表于: 2016年3月18日 00:50:08

    太萌了

  10. Tmotsai
    Tmotsai 发表于: 2016年3月19日 00:01:25

    莫名想到假如天晴
    我觉得把明穗姐当做封面更合适吧

  11. 影分身
    影分身 发表于: 2016年3月19日 13:13:51

    幽幽子大人的话会额外花很多钱的吧

  12. kyu
    kyu 发表于: 2016年4月15日 00:50:41

    哈哈,第一句跟我以前写的一个短篇小说第一句话一样的。这个小说还被朋友改成漫画了[笑cry]

Comments
发表评论

电子邮件地址不会被公开。*标记为必填选项

按 [ Ctrl+Enter ] 键直接提交

  • 正确格式为: http://www.yourwebsite.com

返回顶部